ここから本文です

投稿コメント一覧 (2601コメント)

  • 2020/01/08 18:11

    GeForce NOW Powered by SoftBank
    @softbank_gfn
    ·
    20分
    GeForce NOW上でゲームが起動できないというお問い合わせをいただいております。
    アプリ初回起動時にエラーが起きる事象を確認しており、現在原因調査中です。

    ご迷惑をおかけいたします。原因判明次第また改めてご連絡いたします。

  • ソニー、時価総額10兆円視野に。エンタメ軸に複数の事業が連携する「One Sony」確立

    ソニーが成長株としての輝きを取り戻している。軸となるエンターテインメント事業で強い基盤を築き、プレイステーション4(PS4)のゲームソフトや音楽再生などソフトを武器に利益成長と高い資本効率を両立している。スマートフォン向け需要が伸びる半導体事業への期待も強く、2019年には年間で4割の株価上昇率を記録した。ハードとソフトの融合に苦しんだ時期を乗り越え、複数の事業が連携する「One Sony」の確立で、時価総額10兆円台の回復が視野に入ってきた。

    いったん基盤を確立すれば、ソフトで稼ぐモデルは極めて効率が良い。19年3月期の投下資本利益率(ROIC)はゲーム部門が55%、音楽部門は36%だった。金融を除く全社ベースの20%と比べて突出した高さだ。
    そして、この2部門を他の事業と融合して稼げるのが、今のソニーの強みだ。

    無論、課題もある。最大の悩みの種は、稼ぎ頭のエンタメ事業のなかで際立って低い映画の収益性だ。エンタメ部門の利益の大半はゲームと音楽から生まれており、映画のROICは電機と比べても低い。過去に米サード・ポイントに求められた高コスト体質の是正については一定の成果が出始めているものの、映画ビジネスは当たり外れが大きいうえ、制作費が高騰する傾向は強まっている。他事業に比べて見劣りする資本効率を高めるのは容易ではない。

  • Xiaomi製カメラ利用で他人の家の画像が表示される問題、Googleはアクセスの無効化を発表


    中国のハイテク企業シャオミ製のカメラで撮影した映像をグーグルのスマートディスプレー「グーグル・ネスト・ハブ」にストリーミング配信して確認しようとしたところ、他人の家の中の画像が表示されたとの指摘を受け、グーグルは3日、シャオミ製品からのグーグル端末へのアクセスを無効化したと発表した。

    グーグルは声明で、「この問題はすでに把握しており、シャオミと連携して問題解決に取り組んでいる」とし、「当面シャオミ製品とわれわれの端末との統合を無効化する」と述べた。

    発端はこの2日前、オランダ在住のシャオミ製カメラのユーザーが、カメラの映像をグーグル・ネスト・ハブで見ようとしたところ、他人の家の静止画が表示されたと指摘したことだ。画像にはベビーベッドで寝ている赤ちゃん、ひじ掛けいすでうたた寝する高齢男性、日当たりのいいリビングなどが写っていたという。

    シャオミによると、調査の結果、今回の問題はカメラのストリーミングの質を向上させるために先月26日に行ったキャッシュアップデートが原因だったことが判明したという。同社は問題は修正したとし、ユーザーに迷惑をかけたことを謝罪した

  • 2020/01/02 11:49

    🎍
    Mathilda
    🍊
    @hitman_5648
    ·
    2時間
    ◆注目株、チャート妙味の小型株
    モリテック スチール <5986>
    ソリトンシステムズ <3040>
    ソルクシーズ <4284>
    Kudan <4425>
    キャリアリンク <6070>
    ブロードメディア <4347>

  • 総務省は25日、有識者会議を開き、携帯電話で動画など特定のアプリの通信を使い放題にする「ゼロレーティング」サービスに関する指針案をまとめた。

    対象コンテンツの選択基準を明確にすることや、月の通信量の上限を超過し通信速度が制限される際はゼロレーティングサービスも含めて一律に実施することが望ましいとし、大手通信事業者に対応を求めた。

    総務省は同プランの契約者以外の利用者の通信品質に悪影響が出ないなど公平にするようにし、サービス対象になる巨大IT(情報技術)事業者のコンテンツを優遇することがないようにすることを狙いとしている…

  • ついに海外では「DVDの終焉」が騒がれ始めた。

    映画産業大国であるアメリカでは、DVDの落ち込みが加速し、スタジオやホームエンタテインメント産業は頭を抱えている。DVD購入者離れがアメリカでは深刻で、2018年はDVDとBlu-rayなどフィジカルメディアの売上高は前年比15%も減少した。

    アメリカでは現在、映像ストリーミング同士の競争が過熱しているが、映画スタジオやホームエンタテインメント産業はその影響を直接的に受けて、フィジカルメディアに依存してきた事業モデルから、ストリーミングを中心としたライセンスビジネスや広告ビジネスにシフトしている。映像ストリーミングでは2019年にApple TV+とDisney+(日本未上陸)が正式ローンチ。2020年にはHBO MaxとPeacockと大手メディア会社のサービスインが確定しているため、映画やドラマ、ドキュメンタリー、アニメなど人気コンテンツの配信に加えて、オリジナル・ドラマや映画の製作やライセンス獲得に各社が注力することが予想される。

     アメリカではこれまで大手メディア企業同士の合併や買収が相次ぎ、地上波TV局やケーブルテレビのビジネスとデジタル配信サービスが混在しながら競争してきた。それが最近ではディズニーのように単一企業で複数の映像ストリーミングサービスを運営するような大手企業も生まれている。大資本を軸にした巨大エンターテイメントの産業構造において、今後は映像ストリーミングビジネスが中心的役割を占めることは疑問の余地もない。

  • IRのひとがGフォースナウも実際にサービスが行われるまでは評価できませんと言っていたが、風呂目がやってきた実績ってのはそれなりに大きなものなのかもしれない

    GeForce NOW Powered by SoftBank
    @softbank_gfn
    ·
    1時間
    ただいま「ゲームプレイ」が正常に行えない事象が発生しております。現在、確認・復旧作業を行っております。復旧しましたら改めてお知らせいたします。

    お客様にはご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。

  • ソフトバンクグループが出資するカナダのリチウム鉱山会社、ネマスカ・リチウムは23日、ケベック州高等裁判所に日本の会社更生法に相当する企業債権者調整法(CCAA)の適用を申請すると発表した。

    ソフトバンクGにとって、ネマスカは最初の鉱山投資案件だった。傘下で手掛ける太陽光発電事業の蓄電池への利用を想定していたが、戦略の練り直しを迫られることになりそうだ。

    ネマスカは2次電池の主要な材料であるリチウムの採掘や精錬を手掛ける。リチウムは電気自動車(EV)市場の拡大を見込んだ増産が相次ぎ、2018年以降は供給過剰への懸念から相場が低迷している。

    ネマスカも19年に入り資金繰りが急速に悪化。ケベック州内で進めていた採掘・製錬場の新規開発案件などが暗礁に乗り上げていた。CCAAの申請により、債権者保護を取り付けた上で追加資金の調達を進め、事業再建を目指す。資産売却や合弁化の可能性も検討するとしている。

  • >>No. 9989

    ガラポン需要は海外在住日本人だろ

  • Apple、Amazon、GoogleのIT大手3社がスマートホームデバイスの新規格で連携

    アマゾン・ドット・コム、アップル、グーグルの米IT(情報技術)大手3社がインターネットにつないで使う家庭機器を対象とした共通の通信規格を作ることを決めた。

    2020年後半に技術仕様を公開する計画だ。規格の乱立を防ぐことにより消費者や機器を開発・製造するメーカーの利便性を高め、機器の普及を加速する。

    3社に加え、無線通信規格の策定を担う業界団体、ジグビー・アライアンスが18日、「プロジェクトコネクテッドホーム・オーバーIP」を立ち上げると発表した。

    3社はコンテンツ配信や電子商取引といった分野で激しく競り合っているが、成長が見込まれる「スマートホームデバイス」の分野では利便性を優先する。今回の取り組みが成功すれば消費者は規格の違いを意識しないで製品を購入・利用できるようにり、メーカーも規格にあわせて作り分ける必要がなくなる。

  • もう今年はこのまま終わりっぽいですね
    年末に日経暴落があるかなしかくらいのイベント期待しかない

  • ソニー、あらゆるゲームをマルチプレイにする特許取得。SEKIROもマルチプレイ実現か

    ソニーの次世代ゲーム専用機プレイステーション5(PS5)には謎に包まれた部分が多いのですが、同社があらゆる1人用のゲームを多人数で遊べるマルチプレイにできる特許を取得したことが明らかとなりました。

    これは複数のゲームコントローラー(ソニーの場合はDUALSHOCK4など)を1つのゲームコントローラーのように使えるようにするもの。
    基本的にはXbox OneのCopilot(副操縦士)の延長上にありますが、あちらはローカルで2人(2つ目のコントローラーをゲーム機本体に接続する必要)に限られていたのに対して、こちらはローカルおよびクラウドゲームの両方で最大4人までが想定されています。

    例えば2人のプレイヤーが『Call of Duty』や『Destiny 2』などFPS(一人称視点シューティング)をプレイする場合、1人がプレイキャラクターの移動を担当し、もう1人が射撃の照準を担当できるといったぐあいです。
    さらに3人目が射撃のトリガーを引く係となり、4人目に装備の使用を割り振ることもできます。

  • ことしは雪も少なくてスキー場がヤキモキしてるらしいですね

  • 風呂目って本当に株主1万4千人もいるんですかね
    表で書き込んでるホルダーなんてせいぜい数名でしょ
    大半はホルダーでもなく意味なく遊んでるだけだし
    だいたい釣り事件から一応の決着がついてからも40円まで落とされ
    そこからまた80円台でながいこと大した動きも見せず沈黙
    こんなので新しい個人株主が入るとも思えないし
    事件前からのホルダーも脱落したのがほとんでしょ
    個人株主なんて多く見積もっても300人程度の感覚だわ

本文はここまでです このページの先頭へ