IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • >>No. 920

    株ド素人ですが、今の世の中の流れに逆行して、ここは無傷。
    こんなわけない、この後が怖い、と思い木曜1479円で売りました。
    公募1500円で買ったため、2回の配当で殆どプラマイゼロですが。

    「配当を餌に高値売却」。こんな気がして仕方ないです。
    オリンピック前には売ろうと思っていましたが、まさかこんな展開になるとは。

    逃げろ、兎に角、逃げろ。胸騒ぎが激しかったので。
    1493円まで上昇した時は1485円の指し値を変更してしまったことを悔やみましたが、頭と尾は云々の格言を思い出し、自分を納得させています。

    1500円からどれだけ上がるのか楽しみしかありませんでしたが、予想に反しての下げで呆然。何とか持ち直してプラマイゼロで終わりましたが、ド素人は金を追い掛ける能力がないことが分かりました。仕事してコツコツ貯めるしか凡人は出来ません。それではハイクラスにいけませんが。それだけの器しかないのがやっと分かりました。

  • >>No. 643

    再度のコメントありがとうございます。義理人情に厚い?とたいがい貧乏暮しです。まず人を信じることから始めてしまいますから。そこに欲がからむと裏切られた?時のダメージは相当のものに。ちなみに会社説明会は新宿で参加者にはサンドイッチが配られました。当時の社長、某一流商社の出身で今でもあの社長は本気だったと思います。日本初(発)の資源会社として席捲しようと。ただ、外資のシナリオは途中から変わったのか、ある程度までいったら引くことに最初からなっていたのか?

    家族同意の敗戦もこの額は強烈でした。長期ホールドを促すある人を神とまで崇めていました、当時は。数年後にはきっと天空に連れて行ってくれるが殺し文句でした。

    今は償いの意味で父だけに支給されている年金には手をつけておりません。しかし、生来が山師。貯まってくると悪い虫が騒ぎだすのです。何回、小さい事業を興して失敗させたことか。

    私の将来はいいのです。ただ、両親が野垂れ死ぬさまは見たくないし、させたくない、それが本音です。でも私の独りよがりでみすみす儲けの機会を失わせてしまうのも申し訳ない。金儲けの話を振られると酷です。結果が全てですから、気になってしまいます。

    日本の企業には頑張って貰いたい。本当に再生に向けてならいいのですが、IBDの事例もありますし、マネーゲームに終わらないか心配なのです。末端のシャープ社員の方々の信頼を裏切らないでほしい、が本心なのですが。

  • >>No. 591

    コメントありがとうございます。お恥ずかしい話ですが、本当の話です。400万円程です。家族が内緒で監理株のIBダイワを買い、それを知った私は最初は激怒したのですが、IBのHPを見たりしている内にミイラ取りがミイラになってしまい、逆に出せるだけの金を何度にも分けて総動員しました。一時はプラスになりました。

    ご指摘の通り、IBは従業員が確か5名程度のほぼ業務は外注会社でした。株価を下げた後、会社説明会にも一度行き、社長の疲れた表情を垣間見ましたが、この人を信じたからには絶対に盛り返すと宣言したのだから塩漬けに。以後、放っておいたらほとんど0に等しい金額に。

    高齢者末期に来て、数年後には老人ホームに入居するかもしれない父親がシャープ株で少し儲けたいと言い出したからです(母は認知症でほぼ寝たきり状態)。何もせず、つまらないのでしょう。何とか儲けたいのでしょう、いざの時のために最低限の生活をしているから。株の何たるかを知らない私が親の将来の安定を願う気持ちから、今は反対しておりますが、それでも低位株であるシャープが復活するのであれば、これに乗りたいという気持ちも当然あります。思惑から板に投稿する方の意見が○×に分かれるのは当然ですが、研究されてきた皆さんのご意見を参考にさせて頂きたい気持ちから、この板に来ました。そして私はまだ、×なのです。

  • 以前、アイビーダイワという会社を信じて最期まで持って一財産なくした者です。

    中国系外資・外資系証券会社に弄ばれ、しかも当時の社長の名字は高橋氏。ホルダーとして遂に急騰したその時は、やっと来た。もっと騰がれ!と興奮したものの、それまでのマイナス収支状況では処分出来ずにおりました。その日の取引終了間際に暴落を開始。結局は焼け野原状態へ。確かホルダーは買え、買え!の大号令だった。

    本当に状況が似ている。私の家族は強く買いたいらしく、何の根拠もなしに勘で500円まで軽く行く、というが、この倒産寸前までの状態で、株価が200円を超えて500円を目指すなど、考えられない。電化製品は新機能を搭載しても直ぐに値崩れする。結局はハゲタカの餌食になるべく、仕組まれたシナリオを忠実に実行しているのではないだろうか? 外資証券会社、ホンハイ、シャープの一部の人が。

    羹に懲りて、膾を吹く、ですかね?

本文はここまでです このページの先頭へ