IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (713コメント)

  • No.1084

    強く売りたい

    甲状腺がん 特徴 …

    2015/05/13 23:07

    甲状腺がん

    特徴

    性別では、男:女=1:5と女性に多く、若年者から高齢者まではば広い年齢層に分布します。また、がんの組織型(顕微鏡で調べるがんの細胞の種類)がもっとも予後を決める因子です。その組織型のひとつである未分化がんを除き、一般に進行が遅く治りやすいのも特徴です。

    甲状腺がんの種類

    大まかに述べると、組織型により乳頭がん、濾胞がん、髄様がん(この3つを分化がんとよびます)、未分化がんに分類され、この組織型によって病態や悪性度が大きく異なります。
    このうち、乳頭がんが全甲状腺がんの約80%を占め、ついで多いのは濾胞がんです。この両者は予後も良好です。髄様がんはリンパ節転移を起こしやすく約1/4が遺伝性です。
    髄様がんは乳頭がん・濾胞がんに比べると悪性度は高いのですが、未分化がんほど悪性度は高くありません。一方、未分化がんはあっという間に大きくなり、予後も悪いものですが幸いその頻度は低いです。本来リンパ系の腫瘍である悪性リンパ腫が甲状腺にできることもあります。

  • 甲状腺ガンってどんな病気?
     甲状腺の位置は女性と男性によって少し異なります。女性は首の中央あたりにあり、男性はそれより少し下の首から胸にかけてにあります。甲状腺とは新陳代謝に関わりのあるホルモンを分泌する内分泌腺です。この甲状腺が侵されてできたガンの総称を「甲状腺ガン」と呼びますが、実際にはどのような種類に分かれているか見てみましょう。
    ●乳頭ガン
    ●髄様ガン
    ●悪性リンパ種
    ●ろ胞ガン
    ●未分化ガン
     乳頭ガンはこの中で圧倒的に多いのですが、ガン細胞の性質が比較的良性なため死亡につながることは少ないのです。統計では乳頭ガンは20歳代から次第に増し、40~60歳代で最高値となります。ところが、甲状腺ガンは発見しにくいために、20歳代からできていたガン細胞が40歳代になって発見されたという場合もかなりあると言われています。
     「ろ胞ガン」は骨や肺に転移しやすく、数は少ないながらも乳頭ガンより悪性です。その他にも「未分化ガン」は特に死亡率が高く、発病してから約半年や1年で死亡することも多いのです。たとえ予後が良い甲状腺ガンだったとしても、老いていくにつれて未分化ガンに変化していくこともあるので、早期発見、そして適切な治療が大事なのです。

  • 甲状腺に生ずる悪性腫瘍のうち上皮由来のものをさす。甲状腺腫のうちの結節性甲状腺腫の1つである。

    広島、長崎の原爆投下により多発した小児甲状腺癌や、チェルノブイリ事故等の被曝で多発した小児甲状腺癌については、大人の甲状腺癌とは、挙動が全く違うものである。 チェルノブイリ事故の時には、事故当初、エコー検査機器も無く、4年後にアメリカからエコー検査機器が贈られた時には、既に子どもたちの小児甲状腺癌が多発していた事が、知られている。 また、その挙動は、チェルノブイリ事故の時にも貢献した医師によると、小さなしこりの段階で見つけても、リンパ節や肺等への転移の激しい悪性の癌だと述べている。 癌の検査では、当然のように穿刺吸引細胞診を行う。だが、日本の子どもたちは、高確率で診断出来る穿刺吸引細胞診を、簡単には受けさせてはもらえない。従って、今後関東東北に居住する広い範囲の子供達に近い将来高確率で甲状腺癌が発生し、他の放射線障害(血液疾患、悪性腫瘍、循環器疾患など)とあいまって最低でも未成年人口の5割・最悪9割以上の未成年者が今後数年以内に死亡するものと考えられる。

  • 甲状腺がん

    甲状腺にできるがん。
    甲状腺とは、首の前側、のどぼとけよりやや下にある臓器で、チョウが羽を広げたような形をしている。全身の代謝を活発にする甲状腺ホルモンを始め、数種類のホルモンを分泌している。
    甲状腺がんのリスクが高いのは、25~65歳で、男性よりも女性のほうが約4~5倍多くかかる。組織の型によって、乳頭がんや濾胞(ろほう)がん、髄様がん、未分化がんなどに分けられる。乳頭がんが最も多く、甲状腺がんの約80%を占める。
    甲状腺がんは、ほとんどの場合進行はゆっくりで予後(病気の経過・見通し)は良いことが多い。ただし、未分化がんは高齢者に発症することが多く、予後はきわめて悪い。
    多くの場合、初期には症状は認められず、がんが大きくなってきてのどの腫れや息苦しさ、食べ物の飲み込みにくさなどが表れる。
    治療は、甲状腺の一部、もしくは全部を摘出する手術が基本だが、放射線を使ってがん細胞を殺傷する放射線療法や、薬剤を用いる化学療法なども行われる。
    甲状腺がん発症の原因は不明だが、1986年に起きた旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所事故後の小児甲状腺がんの調査から、小児期の放射線被爆(ひばく)は甲状腺がん発症の誘因とされている。被曝時に0歳から15歳未満だった子どもの甲状腺がんが増えたというデータが出ており、これは、高濃度に汚染された牛乳を飲み続けたことや、汚染された大気を吸入したことが原因と考えられている。2011年3月11日に起きた福島第一原発の事故でも、放射線被曝による将来の甲状腺がんの発生リスクが心配されている。甲状腺はヨウ素を原料として、甲状腺ホルモンを作る。そのため、甲状腺はヨウ素を積極的に取り込む性質を持っている。
    原発事故により飛散が懸念されている放射線を出すヨウ素も、食物などから日常摂取している安定ヨウ素と同じように甲状腺に取り込まれる取り込まれたヨウ素により、甲状腺の細胞が集中的に放射線を浴びると甲状腺がんになりやすいことが分かっている。特に、細胞分裂の活発な子どもは影響が大きい。
    ただし、余分なヨウ素は速やかに体外に排泄されるので、ヨウ化カリウムなどの安定ヨウ素剤を服用することで、放射線を出すヨウ素の甲状腺への取り込みを減少させることができる。

  • 甲状腺髄様がんは時に親から子に継承される遺伝子の変化により誘発されることがあります。
    細胞内の遺伝子は親から子へ遺伝情報を伝達します。親から子に継承される遺伝子のある種の変化により甲状腺髄様がんが誘発されることがあります。甲状腺髄様がんが出現する前に遺伝子変化を発見できる検査法が開発されています。最初に患者さんに対して遺伝子変化があるかどうかを確かめるために検査が行われます。患者さんに遺伝子変化が認められた場合、他の家族に対しても検査が行われることがあります。幼児を含めて遺伝子変化を認める家族に対して甲状腺摘出術(甲状腺を取り除く手術)を行なうことで甲状腺髄様がんを発症する可能性を少なくすることができます

  • 甲状腺がんの特徴

    性別では、男:女=1:5と女性に多く、若年者から高齢者まではば広い年齢層に分布します。また、がんの組織型(顕微鏡で調べるがんの細胞の種類)がもっとも予後を決める因子です。その組織型のひとつである未分化がんを除き、一般に進行が遅く治りやすいのも特徴です。

    甲状腺がんの種類

    大まかに述べると、組織型により乳頭がん、濾胞がん、髄様がん(この3つを分化がんとよびます)、未分化がんに分類され、この組織型によって病態や悪性度が大きく異なります。
    このうち、乳頭がんが全甲状腺がんの約80%を占め、ついで多いのは濾胞がんです。この両者は予後も良好です。髄様がんはリンパ節転移を起こしやすく約1/4が遺伝性です。
    髄様がんは乳頭がん・濾胞がんに比べると悪性度は高いのですが、未分化がんほど悪性度は高くありません。一方、未分化がんはあっという間に大きくなり、予後も悪いものですが幸いその頻度は低いです。本来リンパ系の腫瘍である悪性リンパ腫が甲状腺にできることもあります。

  • その因果関係が公式に認められているのは甲状腺ガンだけですが、チェルノブイリ原発事故後、白血病やその他の病気が増えたという報告も数多くあります。

    “甲状腺って一体何?“
     甲状腺はのど喉のあたりにある器官のことで、蝶が羽を広げたような形をしています。甲状腺ではヨウ素(ワカメや昆布に多く含まれる)を材料として甲状腺ホルモンを作り出しています。この甲状腺ホルモンは体の発育や成長、新陳代謝などに欠かせない働きをしています。成長期にあるこどもたちの甲状腺は、特にヨウ素を吸収しやすいと言われています。

  • 甲状腺に生ずる悪性腫瘍のうち上皮由来のものをさす。甲状腺腫のうちの結節性甲状腺腫の1つである。

    広島、長崎の原爆投下により多発した小児甲状腺癌や、チェルノブイリ事故等の被曝で多発した小児甲状腺癌については、大人の甲状腺癌とは、挙動が全く違うものである。 チェルノブイリ事故の時には、事故当初、エコー検査機器も無く、4年後にアメリカからエコー検査機器が贈られた時には、既に子どもたちの小児甲状腺癌が多発していた事が、知られている。 また、その挙動は、チェルノブイリ事故の時にも貢献した医師によると、小さなしこりの段階で見つけても、リンパ節や肺等への転移の激しい悪性の癌だと述べている。 癌の検査では、当然のように穿刺吸引細胞診を行う。だが、日本の子どもたちは、高確率で診断出来る穿刺吸引細胞診を、簡単には受けさせてはもらえない。従って、今後関東東北に居住する広い範囲の子供達に近い将来高確率で甲状腺癌が発生し、他の放射線障害(血液疾患、悪性腫瘍、循環器疾患など)とあいまって最低でも未成年人口の5割・最悪9割以上の未成年者が今後数年以内に死亡するものと考えられる。

  • 甲状腺髄様がんは時に親から子に継承される遺伝子の変化により誘発されることがあります。
    細胞内の遺伝子は親から子へ遺伝情報を伝達します。親から子に継承される遺伝子のある種の変化により甲状腺髄様がんが誘発されることがあります。甲状腺髄様がんが出現する前に遺伝子変化を発見できる検査法が開発されています。最初に患者さんに対して遺伝子変化があるかどうかを確かめるために検査が行われます。患者さんに遺伝子変化が認められた場合、他の家族に対しても検査が行われることがあります。幼児を含めて遺伝子変化を認める家族に対して甲状腺摘出術(甲状腺を取り除く手術)を行なうことで甲状腺髄様がんを発症する可能性を少なくすることができます。

  • 甲状腺がん

    甲状腺にできるがん。
    甲状腺とは、首の前側、のどぼとけよりやや下にある臓器で、チョウが羽を広げたような形をしている。全身の代謝を活発にする甲状腺ホルモンを始め、数種類のホルモンを分泌している。
    甲状腺がんのリスクが高いのは、25~65歳で、男性よりも女性のほうが約4~5倍多くかかる。組織の型によって、乳頭がんや濾胞(ろほう)がん、髄様がん、未分化がんなどに分けられる。乳頭がんが最も多く、甲状腺がんの約80%を占める。
    甲状腺がんは、ほとんどの場合進行はゆっくりで予後(病気の経過・見通し)は良いことが多い。ただし、未分化がんは高齢者に発症することが多く、予後はきわめて悪い。
    多くの場合、初期には症状は認められず、がんが大きくなってきてのどの腫れや息苦しさ、食べ物の飲み込みにくさなどが表れる。
    治療は、甲状腺の一部、もしくは全部を摘出する手術が基本だが、放射線を使ってがん細胞を殺傷する放射線療法や、薬剤を用いる化学療法なども行われる。
    甲状腺がん発症の原因は不明だが、1986年に起きた旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所事故後の小児甲状腺がんの調査から、小児期の放射線被爆(ひばく)は甲状腺がん発症の誘因とされている。被曝時に0歳から15歳未満だった子どもの甲状腺がんが増えたというデータが出ており、これは、高濃度に汚染された牛乳を飲み続けたことや、汚染された大気を吸入したことが原因と考えられている。2011年3月11日に起きた福島第一原発の事故でも、放射線被曝による将来の甲状腺がんの発生リスクが心配されている。甲状腺はヨウ素を原料として、甲状腺ホルモンを作る。そのため、甲状腺はヨウ素を積極的に取り込む性質を持っている。
    原発事故により飛散が懸念されている放射線を出すヨウ素も、食物などから日常摂取している安定ヨウ素と同じように甲状腺に取り込まれる取り込まれたヨウ素により、甲状腺の細胞が集中的に放射線を浴びると甲状腺がんになりやすいことが分かっている。特に、細胞分裂の活発な子どもは影響が大きい。
    ただし、余分なヨウ素は速やかに体外に排泄されるので、ヨウ化カリウムなどの安定ヨウ素剤を服用することで、放射線を出すヨウ素の甲状腺への取り込みを減少させることができる。

  • 甲状腺髄様がんは時に親から子に継承される遺伝子の変化により誘発されることがあります。
    細胞内の遺伝子は親から子へ遺伝情報を伝達します。親から子に継承される遺伝子のある種の変化により甲状腺髄様がんが誘発されることがあります。甲状腺髄様がんが出現する前に遺伝子変化を発見できる検査法が開発されています。最初に患者さんに対して遺伝子変化があるかどうかを確かめるために検査が行われます。患者さんに遺伝子変化が認められた場合、他の家族に対しても検査が行われることがあります。幼児を含めて遺伝子変化を認める家族に対して甲状腺摘出術(甲状腺を取り除く手術)を行なうことで甲状腺髄様がんを発症する可能性を少なくすることができます。

  • 甲状腺がん

    甲状腺にできるがん。
    甲状腺とは、首の前側、のどぼとけよりやや下にある臓器で、チョウが羽を広げたような形をしている。全身の代謝を活発にする甲状腺ホルモンを始め、数種類のホルモンを分泌している。
    甲状腺がんのリスクが高いのは、25~65歳で、男性よりも女性のほうが約4~5倍多くかかる。組織の型によって、乳頭がんや濾胞(ろほう)がん、髄様がん、未分化がんなどに分けられる。乳頭がんが最も多く、甲状腺がんの約80%を占める。
    甲状腺がんは、ほとんどの場合進行はゆっくりで予後(病気の経過・見通し)は良いことが多い。ただし、未分化がんは高齢者に発症することが多く、予後はきわめて悪い。
    多くの場合、初期には症状は認められず、がんが大きくなってきてのどの腫れや息苦しさ、食べ物の飲み込みにくさなどが表れる。
    治療は、甲状腺の一部、もしくは全部を摘出する手術が基本だが、放射線を使ってがん細胞を殺傷する放射線療法や、薬剤を用いる化学療法なども行われる。
    甲状腺がん発症の原因は不明だが、1986年に起きた旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所事故後の小児甲状腺がんの調査から、小児期の放射線被爆(ひばく)は甲状腺がん発症の誘因とされている。被曝時に0歳から15歳未満だった子どもの甲状腺がんが増えたというデータが出ており、これは、高濃度に汚染された牛乳を飲み続けたことや、汚染された大気を吸入したことが原因と考えられている。2011年3月11日に起きた福島第一原発の事故でも、放射線被曝による将来の甲状腺がんの発生リスクが心配されている。甲状腺はヨウ素を原料として、甲状腺ホルモンを作る。そのため、甲状腺はヨウ素を積極的に取り込む性質を持っている。
    原発事故により飛散が懸念されている放射線を出すヨウ素も、食物などから日常摂取している安定ヨウ素と同じように甲状腺に取り込まれる取り込まれたヨウ素により、甲状腺の細胞が集中的に放射線を浴びると甲状腺がんになりやすいことが分かっている。特に、細胞分裂の活発な子どもは影響が大きい。
    ただし、余分なヨウ素は速やかに体外に排泄されるので、ヨウ化カリウムなどの安定ヨウ素剤を服用することで、放射線を出すヨウ素の甲状腺への取り込みを減少させることができる。

  • 甲状腺がんとは甲状腺組織中に悪性(がん)細胞が形成される病気です。
    甲状腺は気管(喉ぼとけ)付近の咽喉の基部にある腺で、右葉と左葉からなる蝶のような形状をしています。2つの甲状腺葉は薄い組織片である峡部でつながっています。健全な甲状腺は25セントよりもわずかに大きく、通常、皮膚を通して感じることはできません。甲状腺はいくつかの食べ物やヨウ素含有塩に含まれるミネラルであるヨウ素を用いて数種類のホルモンをつくります。甲状腺ホルモンには次のような機能があります:
    心拍数、体温や食べ物をエネルギーに変換する(代謝)速さをコントロールします。
    血液中のカルシウム量をコントロールします。
    主に4種類の甲状腺がんがあります:
    甲状腺乳頭がん:最も一般的なタイプの甲状腺がん。
    甲状腺濾胞がん:Hurthle細胞がんは濾胞性甲状腺がんの1種で同じ方法で治療されます。
    甲状腺髄様がん。
    甲状腺未分化がん。


  • 会社は死ぬまで賠償、株は墓までお持ち帰りです。

  • 病気を発症する危険を高めるものをリスク因子と呼びます。リスク因子があるからといって、がんになるとは限りません。また、リスク因子がないからといって、将来がんにならないわけではありません。リスクを持つ可能性のある人は医師に相談してください。甲状腺がんには次のようなリスク因子があります。
    年齢が25~65歳である。
    女性である。
    幼少期に頭頸部への放射線療法の治療歴があるか、原爆被爆の経験がある。この場合、早ければ曝露から5年後にがんが出現することがあります。
    甲状腺腫(甲状腺肥大)の既往がある。
    甲状腺疾患または甲状腺がんの家族歴がある。
    家族性甲状腺髄様がん(FMTC)、多発性内分泌腺腫瘍症候群2A型、多発性内分泌腺腫瘍症候群2B型などある種の遺伝的状況を有する。

  • ●チェルノブイリ原発事故と小児の甲状腺がん
     1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故後はチェルノブイリ地方で小児、特に女児に多くの甲状腺がんが見られたことが報告されています。チェルノブイリ原発事故後の人口100万人当たりの甲状腺がんの発生件数を示しています。一般に小児の甲状腺がんの発生は100万人当たり1~3人といわれていますが、原発事故の2~3年後から急な増加が見られます

  • >>No. 1694

    > 東芝にしろ、東電にしろ、役人ぐるみ
    > 政府公認で粉飾しとる組織は上場廃止が相応しい


    御意

  • 甲状腺がんの頻度は、全がん症例の1%程度である。性別は女性に多く、男性の約3倍であり、また年齢では、50代、40代、30代の順に多い。
     最も多く、最も予後のよい乳頭がんはリンパ節転移をよく起こし、硬いしこり(腫瘤)をつくる。つぎに多い濾胞がんは肺や骨へ転移しやすく、良性のしこりに似る。これを分化がんとまとめる。カルシトニンをつくる細胞から発生する髄様がんは遺伝性のものがある。これに対して未分化がんは幸い少ないが(2%)、全身のがんの中、もっとも悪性である。
     主訴のうち一番多いのは、甲状腺のしこりである。それは殆どの場合に自覚症状がない。つまり何の痛みも異物感も感じない。
     二番目に多い主訴は頸部リンパ節腫大であり、これも自覚症状がないことが多い。これは、まずリンパ節転移がさきに見つかって、あとから本来の原発巣が甲状腺とわかる場合である。
     少しずつでも大きくなる傾向にある甲状腺腫と頸部リンパ節の腫大は、専門医に診ても

  • 甲状腺がんの頻度は、全がん症例の1%程度である。性別は女性に多く、男性の約3倍であり、また年齢では、50代、40代、30代の順に多い。
     最も多く、最も予後のよい乳頭がんはリンパ節転移をよく起こし、硬いしこり(腫瘤)をつくる。つぎに多い濾胞がんは肺や骨へ転移しやすく、良性のしこりに似る。これを分化がんとまとめる。カルシトニンをつくる細胞から発生する髄様がんは遺伝性のものがある。これに対して未分化がんは幸い少ないが(2%)、全身のがんの中、もっとも悪性である。
     主訴のうち一番多いのは、甲状腺のしこりである。それは殆どの場合に自覚症状がない。つまり何の痛みも異物感も感じない。
     二番目に多い主訴は頸部リンパ節腫大であり、これも自覚症状がないことが多い。これは、まずリンパ節転移がさきに見つかって、あとから本来の原発巣が甲状腺とわかる場合である。
     少しずつでも大きくなる傾向にある甲状腺腫と頸部リンパ節の腫大は、専門医に診ても


  • 甲状腺がんの頻度は、全がん症例の1%程度である。性別は女性に多く、男性の約3倍であり、また年齢では、50代、40代、30代の順に多い。
     最も多く、最も予後のよい乳頭がんはリンパ節転移をよく起こし、硬いしこり(腫瘤)をつくる。つぎに多い濾胞がんは肺や骨へ転移しやすく、良性のしこりに似る。これを分化がんとまとめる。カルシトニンをつくる細胞から発生する髄様がんは遺伝性のものがある。これに対して未分化がんは幸い少ないが(2%)、全身のがんの中、もっとも悪性である。
     主訴のうち一番多いのは、甲状腺のしこりである。それは殆どの場合に自覚症状がない。つまり何の痛みも異物感も感じない。
     二番目に多い主訴は頸部リンパ節腫大であり、これも自覚症状がないことが多い。これは、まずリンパ節転移がさきに見つかって、あとから本来の原発巣が甲状腺とわかる場合である。
     少しずつでも大きくなる傾向にある甲状腺腫と頸部リンパ節の腫大は、専門医に診ても

本文はここまでです このページの先頭へ