ここから本文です

投稿コメント一覧 (538コメント)

  • 巻き線の専業メーカーではなくFA企業への変身可能性を持つ(販売先もスマホメーカー、EVの自動車メーカー、Iotの物流タグなど)成長企業との認識。目標株価は個人的には4000円として長期投資銘柄として保有します。

  • 30年この業界に携わっていますが、昨年の小野薬、そーせいに劣らないボラティリティですね。参加者の健闘を祈るのみ。

  • 日経が取り上げると一旦は売却したくなるのが心情。何処まで調整するかでこの株に対する投資家の評価が垣間見える
    があくまで短期筋の話。設備投資関連株は少し長いスパンで見てみたい。

  • 賛同者が増加して割安と考えて来たらこの株の優位性は薄れる。流動性が無茶少ないので過熱が冷めたら下落値幅は大きい。私の資金運用額ではこのボラティリティに耐えられないので購入を控えてました。

  • REITを組み込んだ投信は、素性のしっかりしたREITはベンチマーク(東証REIT指数)に負けないように必ずどこかでファンドに組み入れて行きます。当初、ブックビルディングの時に割高と踏んでいたFMもさすがに我慢できなくて、突然個人投資家のロットをはるかに超える数量を機械的に発注する場合があります。数日前の急騰はその類かと推測します。配当落ち後もこのREITはしっかりした値動きになると思います。NISAで利回り狙いなら問題ないREITとして保有継続です。

  • 為替感応度の高い銘柄が調整入りするなら内需の小型成長株の見直し買いを期待します。

  • 長い間、株主として事業を見てきましたが、フィンテックやスマホ決済の進展で現金引き出し需要が鈍化し手数料代替ビジネスの独自性が薄れる事が気になっております。単にコンビニ店舗数の拡張やCD設置台数の増加だけでは、他のコンビニの参入も含めてバラ色でもないかと・・・。とは言ってもオムニチャンネル?のセブン・イレブンの戦略や
    売り上げキャッシュ管理等の相乗効果には期待をしているのですが。アナリストのレポートも読んでみたい。

  • MOLの掲示板は卓見、知見、あり期待仮説沢山あって楽しいですね。海運株は曾祖父が日本郵船のボックス取引を信用でやってた記憶があって、下がったら買い上がったら売りの繰り返し。魚の相場を生業にしていた人なので一財産を築いた。私も海運物流から先行的な逆張りが出来るので、ベースメタル等の鉱山株精錬株と同じく海運株は面白いと思っております。(東邦亜鉛株も、20年来の付き合いです)MOLも郵船も大波越えて日本株を支えてください。

  • 好決算。中期計画に沿っての成長を期待。長期投資の本命銘柄として保有方針。

  • この日経記事のリリースの意図が良く判らない。これまでの営業経費から逆算すると売り上げ想定(期待)が逆算出来るがかなり先の話。これを中期計画の代替として日経に書かせたのか?予想を公表しないといいながら判断に苦しむ期待を述べられても・・・。このアンビバレントなディスクローズ姿勢が投資家の真逆の評価をきたす根本の原因となっている。それでも投資家が社長と同じ夢をみれるのは、技術に相応の信頼を置いており自己責任の範囲で投資しているのでとやかくコメント出来る立場ではないのですが・・。開示姿勢だけにはやや疑問を持ちます。

  • ぺプチドリームのIR資料(本日開示)の中に、マイクロ波化学(MWCC)がPDと連携して技術開発にあたる旨の記述がありました。太陽化学はマイクロ波化学と今年3月に食品添加物の量産工場を立ち上げています。太陽化学の可能性を示唆する支援IRと感じています。

  • 着実に成長して欲しい。分配金もしっかり頂きました。IPOの時の不人気が嘘のようです。

  • 悲観は気分の属性であり、楽観は意思の属性と言いますから、この銘柄の上げ下げには余り反応せずにのんびり事業の先行きを見て行きたいと思っています。

  • 現状の課題の対処の首尾を占うのは現段階では難しい。この会社の経営および現場担当者が課題の難しさを一番理解し対応を時間をかけて工夫してゆくでしょう。どう会社が変革し、人材も育成しつつ成長してゆくかを長期投資でフォローしてゆきたいです。この会社の強みとかも含めて成長を期待しています。

  • 出来高に過熱感もなく空売りの機関投資家(ついこの間まで一世風靡したL/S系のファンドを含む)も流動性が少ない株だけに参加しづらい。これがこの銘柄の個人投資家にとっての利点だと思います。アナリストの予想を越える株価を狙って頑張りましょう。

  • 板の見方について取引所の場立ちの方が教えてくれました。板は鳩胸の見て買えと・・・。極端なほど胸が膨らんでいる(売り板が多い)場合の方が、逆張りでチャンスが多いとの教えです。この銘柄はまだそこまで膨らんでないような気がします。なぜか買い板も相応にあります。やっぱり公募価格から嫌と云うほど下げないと会社も頓着しないのでしょうか。

  • アナリストのレポートを読んでみたいですね。証券会社のアナリストは、専門的なプロを任ずるだけに目標株価(フェアバリュー)なるものを算定するのに、現状のデータをベースに賢く妥当と思われるロジックを組み立て試算します。そして世間に公表するのでその緊張感たるや大変なものだと思います。なので当然無理のない目標株価に収めてしまいます。なにせ外れると非難ごうごうどころか、その存在意義すらなくし職を追われかねません。
    とんでもない株価は公表できない立場でしょう。無論、算定には仮定(前提条件)を置いてますから、予想が外れても前提条件が変わったと言い訳することも可能ではありますが。

     いわゆる理路整然と市場に負ける事がある職業です。個人投資家は長期投資(現物)の利点があるので、目先の過熱や値動きに振らされずに辛抱忍耐が可能です。利食い千人力と短期で利益確定をする事もスキルだと思うのですが、この銘柄にはとことん付き合ってみたいと思っていますので楽しみです。

  • No.545

    強く買いたい

    27/1-3月の第4四半期決算…

    2017/06/03 18:36

    27/1-3月の第4四半期決算でのEPS54.6円。この実績が今年度持続するとすると年間で218.4円となる。PE20倍で
    4368円の株価が計算出来る。繁忙で生産余力が乏しいとしても、既存の設備・人員で四半期ベースで54.6円を稼ぐ生産能力が現実にあるという事(他の特殊要因は一切考慮せず)だと理解しています。無論、季節要因や四半期毎の特殊要因は考慮していませんので単なる願望予想ではあります。

     先週は、大型株に流れがシフトしこれまで牽引してきた中小型株の好業績銘柄は軒並み利食い売りの展開となりましたが、循環物色の流れの中で再度、成長銘柄に着目する相場になればと思います。27/4-6の決算実績で保守的な会社予想を越える決算が出ればと期待して、今回の調整は良い買場になると思っています。3000円割れがあればと思いますが意外と切り返しは早いかも知れません。

  • 超成長株長期投資として今日初Entry。神の御利益ご加護を期待しております。

  • 久々の欠陥銘柄だな。IPOからどれだけ日数が経ってるかな?この業績下方修正が他のIPOに波及するは必定。

本文はここまでです このページの先頭へ