IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2737コメント)

  • LME価格長期チャート-USD/lb

    銅、ニッケル相場はなぜか右肩上がり、バルチック海運指数も連動している

    ケブラダブランカ鉱山はいかがですか

  • PHEは地球温暖化防止必須アイテム

    ●ろう付けブレージングプレート式熱交換器市場は巨大な成長と成長予測
    2020年期待(特に中国、インド、中近東、東南アジア)
    詳細はMarket Insights Reports(有料)参照されたし

  • 株式投資は楽して儲けられん、研究、研鑽努力は大切やね

    737MAX、月内に生産再開へ=ボーイングCEO

    [8日 ロイター] - 米航空機メーカーのボーイング(BA.N)のカルホーン最高経営責任者(CEO)は8日、墜落事故を受け運航停止中の737MAX機について、今月から生産を再開する見通しを示した。

    FOXビジネスとのインタビューで「月内のMAX生産ライン再開を確信している」と述べた。

  • 技術の千代田化工建設

    数年以内に自己資本比率20%台達成を目標
    慌てず騒がすじっくりや

    『期待が高まる次世代エネルギー、水素・燃料電池戦略』NEDO2020年76号
    ●千代田化工建設の国際水素サプライチェーンが11面に掲載
    スペラ水素は常温・常圧で輸送可能なMCH活用
    ハンドリングが容易で低コストで大量輸送・貯蔵が可能
    次世代電池にもMCHが有望

    ●三菱ふそうはボルボ・グループ&ダイムラートラックと燃料電池量産化に向けた合弁事業を設立
    『この合弁設立は、われわれが共に水素燃料電池商用車の将来性を確信していることを明確に示している』

    見事なまでに一本の糸でつながる、ロマンに溢れたストーリーが描けますね

  • 2020年3月期決算短信拝読

    業績実績(要点抜粋)
    ●売上高2937億円+5.5%
    ●営業利益161億円+14.1%
    ●経常利益163億円+13%
    ●純利益115億円+22.2%
    ●1株当り純資産2288円+94円
    ●年間配当100円(株式分割前ベースでは200円に増額)
    ●配当性向48.2%

    注目点(要点抜粋)
    ●電線ケーブル類の販売増加、西日本エリアで大型案件受注より受配電設備や発電機の売上が好調に推移
    ●人手不足に伴う省力化投資の拡大に伴いロボット関連やAGVの売上が増加
    ●熱中症対策による学校空調の導入拡大を受け被覆銅管が大幅な増収、空調配管化粧カバー「スリムダクトシリーズ」などの売上が伸長


    ここは株式市場で脚光を浴びずアナリストのレーティングもない地味で目立たない『日本語=漢字名』の関西企業だが、今後深刻化が予測される地球温暖化対策の切り札として、活躍が大いに期待できる企業の1社 洋上風力発電、太陽熱発電、太陽光発電、地熱発電・・・日本全国張り巡らす膨大な発電網の整備なくしては実現不可能 さらに給水システム、FAセンサシステムに関する独創的製品も開発している カバーリングするアナリストの登場を期待する

  • >>No. 462

    那須電気はPBR0.3倍の4000円から電線地中化でPBR1.2倍の2万円、オルガノはPBR0.4倍2000円から純水プラントでPBR1.2倍の8000円、共に低PBR株価で長期底練り後急騰 日阪は命と健康で市場シェアー90%の食品加工・医療器具の滅菌・殺菌装置、地球温暖化抑制でプレート式熱交換器、いずれがくるかですね

  • 決算短信拝読

    要点抜粋
    ●2021年度連結業績予想
    売上高1350億円+0.4%
    営業利益108億円+12.5%
    経常利益115億円+11.6%
    純利益84億円+12.8%
    1株利益103.52円
    前期31円配当から36円配当に増額

    ●セグメント別業績予測
    環境エネルギー事業及び民生熱エネルギー事業における受注高、売上高、営業損益、受注残高の堅実な伸びに注目

    ●年間配当
    厳しい経済環境化、強固な財務体質と堅調な業績の伸びにより、13円、16円、22円、31円、そして今期36円と毎期連続増額実施している

    目立たない地味な関西企業だが、創業者の田熊常吉氏は大正時代に10大発明家として表彰されたとおり、突出した独創的発想と技術開発力により様々な分野で社会貢献しているなくてはならない企業の1社 地球温暖化抑制による低炭素・脱炭素・減炭素社会に向けて再生可能エネルギーは今後益々重要な分野となるのは必至

  • 決算短信&『新中期経営計画「G-20」の概要に関するお知らせ』拝読

    注目点(要点抜粋)
    a.2021年度決算予想
    ●新型コロナウイルスの影響により修正をかけている
    ●緊急事態宣言継続を前提とした保守的な予想、変更生じた場合速やかに修正

    b.企業価値の増進と株主還元策⇒ROE重視と純資産配当率導入
    ●連結株主資本利益率(ROE)を株主価値向上にかかわる重要な指標に据える
    ●連結純資産配当率(DOE)1.5%以上を目途に継続的・安定的な配当に努める
    ●自己株式取得は経営環境の変化&株価動向から弾力的・機動的に対処する

    『専門機関のレポート』精読(要点抜粋)
    熱交換器の市場規模は2024年までに205億ドルに達する見込み
    ●世界の熱交換器市場は、2019年の153億ドルから2024年までに205億ドルに成長し、年平均成長率(CAGR)は6.0%になると予測
    ●熱交換器市場は、工業化の進展により、中国、インド、サウジアラビア、ブラジルなどのさまざまな国で台頭、アジア太平洋(APAC)地域は予測期間中に最高の成長率を記録すると予測
    ※詳細はMarketsandMarkets (有料)参照されたし

  • 配当性向50%、株主を大切にするすばらしい企業ですね

    独創的製品&強固な財務体質&絶対の信頼、これが関西企業の3大特質

    ●因幡電産(PBR1.1倍)
    自己資本比率62%、利益剰余金909億円、有利子負債4億円
    営業CF87億円、現金等588億円

    ●タクマ(PBR1倍)
    自己資本比率54%、利益剰余金605億円、有利子負債9億円
    営業CF108億円、現金等610億円

    ●日阪製作所(PBR0.4倍)
    自己資本比率82%、利益剰余金370億円、有利子負債1億円
    営業CF20億円、現金等146億円、有価証券(株式等)数百億円

  • チタン原料輸出が最多 1―3月9884トン

    チタン原料輸出が過去最多を更新 財務省がこのほど発表した貿易統計速報によると、スポンジチタンを主とする「チタン塊・粉その他」の3月輸出量は前年同月比41・4%増の4114トン

  • 2020/05/07 01:45

    ウイルスに強い微酸性電解水生成装置の製造メーカーです

  • 日本政府の対応がベスト、西村大臣はさすがです

    今だ経験したことがない未知のウイルス、今後どういう状況になるか慎重に対応するのが冷静かつ客観的適切な対応 一度陰性になった患者さんが再び陽性になるケースも多々生じている 今後大量のデータを収集し分析した上で、宣言解除に向けた基準を設定するのが、私たち日本国民の命と健康をあずかる国としては当然のことだと思う 国民の要望に迎合してこの時期に解除基準を設定するのは極めて拙速、リスクが大きすぎるのではなかろうか むしろ、日本政府の対応の方が、株価に好影響をもたらし上昇させていくと思う いずれが国民にとってプラスであったか、いずれわかるでしょうね

    ●解除15日で感染者元通りに 東大准教授試算、対策継続を
    大橋氏は4月16日の宣言の全国拡大を受け、人口10万人の都市で新型コロナの感染者が50人になったと想定し、「接触削減」の対策を取った場合の感染者の動向を試算。8割削減を1カ月続けると、感染者はしばらく増えた後に急激に減るが、対策を解除した途端に15日間で感染者が元に戻るとの推計が出たという

  • ホルダーの皆さん、おはようございます

    コロナウイルスは消滅するかインフルエンザと同じく弱毒化して人類と共存、時が経てば解決する 一方、地球温暖化は時とともにより一層深刻化していく 未来を担う子供、孫達に快適な環境の美しい地球をバトンタッチすることが今を生きる私たち全人類に課せられた重い十字架 いみじくもコロナが示したように、経済成長と人の命・健康とのバランスが大切 いくらお金があっても莫大な資産を蓄えても人はいつか死にます それで生物としての存在は消滅し終わります あの世はありません 再生、復活などありません しかし、地球はこれからも何十億年と存在し続けます 21世紀最大の課題である地球温暖化問題、これを解決しうる技術、人材、財供給しうる企業の応援、これこそが株式投資の醍醐味、私たち個人投資家が社会に貢献し得る最高の行為といっても過言ではありません 利益は後になってついてきます これが天性自然の摂理 自分は何年でもホールドしますよ

  • 東京都知事は汗水流して働く庶民サイドに立った人情ある政治

    協力金追加、妊婦さんにタクシーチケット、ベビーシッター、学生に貸付制度とバイト提供、医師に手厚い支援・・・よくぞこれだけ思いついたと感心した 今は死語となった人の情がわかる、庶民目線の昭和の人情ある政治

  • 小池都知事の会見拝聴

    微に入り細に入り圧倒的な手厚い都民に対する支援、感心した
    ここまでやるならば8割接触回避は達成するだろう
    5月末解除はほぼ確実になったと思う
    なんか中選挙区時代の自民党の国会議員を連想した

  • ネットに流れる刹那的・皮相的・大衆迎合的言動は一切無視
    今こそ知識ではなく知恵を、自分の頭で考えるべし

    目先の事象にあたふた慌てふためいている人たちよ、冷静に先を見据えて考えるべし 今回の政府の対応が極めて妥当なものであるか気づくはずだ


    コロナ後の日本感染症頻発の裏に環境破壊、終息まで1年以上=山本・長崎大教授

    文明社会と感染症の関わり合いの歴史を研究テーマの1つとする長崎大熱帯医学研究所の山本太郎教授は、ロイターとのインタビューで、新型コロナウイルスなど新しい感染症が頻発するようになったのは、人類による生態系の破壊が影響している

    ●新型ウイルス頻発には環境破壊が影響
    山本教授によると、新型コロナのような新しいウイルスは野生動物からヒトへと感染する形で一定頻度で発生してきた。ところが近年、エボラ出血熱や新型コロナなど、その頻度が高まっているという。少し時間をさかのぼるが、エイズもその1つだとした。山本教授はその理由として、人間による環境破壊で生態系が混乱を起こしている影響だ」と指摘。「開発や地球温暖化によって野生動物とヒトの暮らす空間が近づき、ウイルスがヒトに伝播しやすくなった

    ●感染スピード遅らせることの意味
    山本教授は新型コロナの終息見通しについて、人口の7割程度が感染あるいはワクチンの接種によって免疫を獲得する必要があると指摘。1918-20年に流行し、2000万から4000万人の死者を出したとされるスペイン風邪のように、第2、第3の波が来る可能性があると懸念を示した。その上で、なるべく多くの人口が免疫を獲得していれば、第2波の影響を小さくできると語った。
    集団免疫の獲得には、自宅待機などで人と人の接触を減らし、感染スピードを遅くするやり方が望ましいという。時間はかかるものの医療崩壊を防ぐことができ、ワクチン開発の時間を稼ぐことができると述べた。感染スピードが遅ければ、毒性の強いウイルスの行き場がなくなり淘汰される7割が免疫を得るまでにはスペイン風邪などの経験から、直感的に最低1年、長くて2ー3年必要

    ●同じ世界には戻れず
    山本教授はコロナが終息した後について同じ世界には戻れないと強調 新たなウイルスの発生頻度を減らさないと人類が対応しきれなくなるとして地球環境に配慮した持続可能な経済活動が必要との考えを示した

  • 絶妙なバランス

    会見文を読んだ 私たち日本国民の命と健康を絶対守るという政府の強い意思がひしひしと伝わってきた 一方、国民経済、国民生活の正常化に向けて一歩一歩着実に進めていく方針 博物館、図書館、公園など公共施設の利用がその端緒だ 実にありがたい対応、いくら感謝してもし尽くせない 人類が今だ経験したたことがない未知のウイルス その場その場その時その時の状況に合わせて柔軟に臨機応変が最適解と時間が経過すればわかる 一貫性がない、解除に向けて基準を示せと無理難題言う人たちがいるが、目先の事象に目を奪われて感情的になり、真剣真摯にコロナウイルスの実体を捉えているのか、甘く考えているとしか思えません 【君子豹変する】素晴らしい言葉ですね

  • 緊急経済対策として追加すべき必須事項あり

    固定資産税の対前年度比半額実施

  • 明るい希望の灯火が点火した感あり 750円向けてテイクオフ!

    素晴らしい会見であった 最短2週間、最長1ヶ月で宣言解除の展望が開けてきた あと少しの踏ん張り、明日から改めて気を引き締め直して極力接触8割削減に邁進する意欲が湧き上がってきましたね 日本に生まれて本当に良かったと改めて痛感 ここもそれに合わせてPBR1倍750円目指して大きく羽ばたいていくと痛感しました

本文はここまでです このページの先頭へ