ここから本文です

投稿コメント一覧 (996コメント)

  • 2019/05/28 19:02

    >>No. 471

    > 貸付残高。

    なるほど、日証協ですね
    シブイところに目がいきますね。
    個人の投資家はあまり目がいかない所ですよ。

    銘柄別信用取引週末残高(売残高)+銘柄別株券等貸借週末残高報告(貸付残高)+直接貸株が実際の空売り残高に比較的近いかもという数字になるのではと予想されます。

     ただし、 日本証券業協会が公表する『銘柄別株券等貸借週末残高報告』には、証券会社間における貸借取引の繰り返しによるダブルカウントにより、 実態のポジション以上に数値上の残高 が膨らんでいる可能性が指摘されています。つまり『その実際の空売りの数字に数値が近いというだけ』で、正確ではないということです。

  • 2019/05/28 18:17

    >>No. 459

    拝啓
    猫一様

    貴殿は、03/19もしくは、05/07からの下げを機関の空売りと見ていて、今日の引けで買い戻したのだと読んだのですか?

    2019/01/08のBarclays Bankによる空売りの機関の空売り残高情報消失の後は、機関の空売り残高情報は出ていません。

    しかし、報告義務の0.5%未満(JTの場合は1000万株未満)での空売りであれば貴殿の読みどおり引けで買い戻しは当たりかもしれません。

    また、空売りでは無くてリバランスの為の現物売りと、その買い戻しの可能性であれば大有りと思います。

    クロス売買との言葉は言葉遣いの単純なポカで、言いたいことは理解できます。

    敬具

  • >>No. 453

    > なるほど、リバランスのためのクロス取引ですね~
    > JTだけではありませんね。
    > 大型株のほとんどで、引け成りで多量の出来高になっています!

    こんにちは rir さん

    機関がリバランスのための買い、もしくは売りは有るかもしれませんがクロス取引は無いと思うよ。
    節税の為のクロス取引や、優待確保のためのクロス取引は有りますが・・・
    しかしながら、この時期に節税の為のクロス取引は考えにくいし、優待確保のためのクロス取引は機関では考えにくいと思うのですが!

  • 空売り機関の買い戻しが静かに始まったのか。
    個人のカラ売りさんは早めに・・・・・
    (@^^)/~~~

  • くたびれた!

    今日は、平和の日和だったので庭の草むしりをしていたら、ついつい根を詰めてしまって、くたびれた。
    (^.^)/~~~

  • 待てば海路の日和あり

    2019/05/21 Credit Suisse Securities (Europe) Limited 空売り継続中

    2019/05/21 JPモルガン証券 報告義務消失

  • 思案のしどころ!

    長期(新規参入)⇒買い
    短期(新規参入)⇒おそるおそる買い(ロスカットルールに忠実に)
    空売り     ⇒地獄行の覚悟があるなら

    な~んてね!
    (@^^)/~~~

  • 板を荒らす事しか出来ない資産を溶かした哀れな青二才!
    南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 ポクポクポク
    (@^^)/~~~

  • >>No. 159

    > ネガ投稿を繰り返されると
    >  無意識の内に、意地を張って
    >   本来の自身のリスク許容を越え
    >    買い進めてしまう人が出てくるかもしれぬ。
    >
    > もしや、そこが狙い?
    >  ま、虫かご行きが、よろしいのではなかろうかと・・・


    見透かされたようで、車を止めました。
    判断力と対策の出来ない投資に向かない人は、地獄へ落ちるのだから
    どうせ落ちるなら早い方が良いでしょう(自身の投資の失策を他に転嫁して不快にさせる人)
    ではでは、車を再スタートさせます。

  • さてと!

    いつものように仲間たちとのセーリングを楽しみに(そのあとのお酒も)ハーバーへ出かけるとしよう。(@^^)/~~~

  • >>No. 145

    > JTは、日中貿易戦争に全く関係のない銘柄ですが、日経の調整には、同調してしまいますね。(嘆)

    こんにちは rir さん。
    日経の調整であれNYの調整であれ、すべての銘柄が影響を受けるのは当然の帰結でしょう。
    いまさら、申すまでもない事ですが調整とは機関の資金の引き上げ(売り)でありポートフォリオの再構築です。
    例えばJT株の外人による直接の資金の引き上げは終わっていても、日経やトピックスから資金の引き上げを実行すれば(JT株もそこに含まれる)さらに下がりますからね。
    この資金の引き上げを、弱小な個人が安いからと買い支えるのですから、下がるのは当然ですよね。
    いずれにしても、来るべくして来た米中覇権争いによる景気減速懸念(実は米国経済は、いまだに絶好調)から機関が手元資金を増やしている今はある意味チャンスです。
    但し、欲張らずに慎重に!
    (@^^)/~~~

  • >>No. 143

    > 長期長期言ってるくせに、数秒おきに上がる上がると必死の連投してる連投厨は何なんだよw?

    長期現物ホルダーは下落局面を喜びます。
    自身の取得単価を下げる絶好のチャンスだし配当金を再投資(福利の旨味)する機会でもある。

    しかしながら、長期現物ホルダーと言えども永久にホルダーかと問われれば否だ。
    その時がくれば、上がっていて欲しいだろうね。

    きみが言う「数秒おきに上がる上がると必死の連投してる連投厨」さんは、売り時が来ている仁か、自身の取得単価を下げる努力を怠った方か、あるいは、すでに資金が底をついて、取得単価を下げる努力をやりたくても出来ない方かもしれないね。

  • No.127

    度し難い

    2019/05/25 02:14

    度し難い

  • No.122

    サウジ

    2019/05/24 23:51

    サウジ

  • 自身の失策をJTの責任に転嫁しているようにでは、トホホだな!

    自身の金をJT株に投資すると決めたのは誰なのか、少しばかり下がったからと(事前に想定もせずに)狼狽してロスカットしたのは誰なのか、全て自身の判断と責任ではないのか。
    あげくのはてに、それは長期がダメで短期が良いなどとは、残念至極!

  • ほんとにそうなのか?

    " 投資は、売買回数に比例して経験値も知識も身につくのか?

    テニスやゴルフや釣りでも何でも同じ、1回だけやって、1球だけ打って、一回だけ釣って、自分はその世界知ったというのは、ありえない。
    手の皮が擦り剝けるほど練習したり、
    試合をした人がプロになれるのは本当?

    時間と情熱をかけない人は、それをかけた人には、遠く及ばないのか? "

    そうでない事は現実が物語っている。
    勿論、努力をして成功した人はいる。
    だが、努力をした人が全員成功者かと問えば、答えは否だ。
    血の滲む努力をしてもプロになれるのは、ほんの一握り。
    逆に努力をしなくても(皮肉ではない)才能ゆたかでプロになれる人もいる。

    一年程度で長期と言い、含み損がでたからとロスカットして長期のなんたるかを語られても困ってしまう。
    私は、かれこれ30年ほど投資の世界に身を置いているが通算で資産が、約10倍になっている。

  • イバラの道

    短期投資を否定はしないが!
    スキャルピングやデイトレードはイバラの道だ。
    かつて多くの投機家が上手くいっている時は声高らかに吹聴していたが、やがて一人減り二人減りと市場から多くの投機家が去っていった。
    自身が、ほんの一握りの成功者になれると思うならばイバラの道を進むのもまた一つの見識!

    私は長期現物ホルダーとしての道を選んだが。

  • >>No. 105

    > 25日を起点として考える発想がありませんでした。
    > 非常に勉強になりました。ありがとうございます。

    人間、いくつになっても勉強です。
    ともに、励みましょう。
    あなた様に、幸おおきことを祈り申し上げます。

  • てなことで!

    前回権利確定日 12月25日 2587.0円
    前回権利落日  12月26日 2511.5円
            12月27日 2606.0円
            12月28日 2616.5円
            01月04日 2587.0円
            01月07日 2642.5円

    てなことで、権利確定日以後は配当金以上に株価下落が通説ではあるけれども
    ここまで株価が安ければ上記の様に通説通りにいかないこともあるようだ。
    25日までに買えば配当とキャピタルゲインの2重取りも有るかもね。

    タラレバの話!

本文はここまでです このページの先頭へ