ここから本文です

投稿コメント一覧 (996コメント)

  • 2019/06/05 00:54

    MSCI その1と2で説明した通りですが、指数のリバランスを行ったからといってMSCI社が株の売買を実行するわけではない。
    ただし、この指数を利用している投資信託やETF(上場投信)がリバランスされた指数に基づいて株の売買を実行する。

    今夜は遅くなったので、続き(投資信託のリバランス編)は次の機会にする。

  • 2019/06/05 00:42

    MSCI その2

    MSCIによると、世界中で運用されている資産の約11兆ドルがMSCI指数をベンチマークとして運用されており、ETFについては950本以上のETFがMSCI指数をベンチマークとしています。

    日本の運用会社が運用している投資信託やETFの中にもMSCI指数をベンチマークとしているものが多くあります。東京証券取引所に上場しているETFに関しては、2017年10月末日現在、222本のETFが上場していますが、そのうち1割以上の24本のETFがMSCI指数をベンチマークとしています

  • 2019/06/05 00:41

    MSCI その1

    MSCI指数は、MSCI社(Morgan Stanley Capital International(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社)が算出・公表している指数のことです。

    MSCI社は世界的な指数算出、金融リサーチの会社で、米国のニューヨークを本拠地としています。主に株式市場を中心に、世界中の市場について、毎日約190,oooの指数を算出・公表しており、その内10,000以上の指数についてはリアルタイムで算出されています。これらの指数を総じてMSCI指数と呼びます

  • >>No. 591

    まだ、そんなレベルか。
    これから明日の0時30分まで所用だ。
    それまでにMSCIのリバランスを検索して、キチンとMSCIのリバランスを理解しろ。

  • >>No. 589

    これから明日の0時30分まで所用だ。
    それまでにMSCIのリバランスを検索して、キチンとMSCIのリバランスを理解しろ。

  • >>No. 587

    > おまえ、よほどの馬鹿だな。
    >
    > 引けに買われたら確実に構成比率が増えているという話はないんだよ。

    誰が構成比率の事を言った。
    構成比率にこだわる限り見える物も見えないぞ。

  • >>No. 585

    MSCIのリバランスを検索して、キチンとMSCIのリバランスを理解しろ。
    それが出来たら、レポートを提出しろ。
    まったくもって、幼稚園児みたいに世話の焼ける人だ。
    MSCIのリバランスが理解出来たら次に進んでやるよ。

  • >>No. 581

    ほらほら、まだ、そんなこと言ってるの。
    いい加減、理解できないかねぇ~

  • >>No. 578

    > えっ、あなたMSCIのバランスで自分のポートフォリオもリバランスする!!みたいな事言っていなかった?
    > そして、リバランス日の引けに陽線立てると、構成比率が上がっていると断定しているおかしな人もあなただよ。
    >
    > 大幅にプラスであるとか強がりはどうでもいいから。

    私のスレを、よく確認する事だ。
    「MSCIのバランスで自分のポートフォリオもリバランスする」などの文言がどこにあるのか?
    未だに、MSCIのリバランスを正しく理解していないうえに、投資信託のリバランスや個人のリバランスを混同してMSCIのリバランスの利用方法もトンチンカンな事を言っているとは、とことん・・な方ですな。
    (@^^)/~~~

  • >>No. 569

    吾輩は一国である
       👆
    吾輩は一国一城にMSCIのリバランスの無知ぶりを指摘され逆恨みからストーカーしている元プリウスである。あぁぁ~恥ずかしい~!

    含み益はまだない
       👆
    JT株での含み益はないが、今までのトータル損益は大幅にプラスである。

  • >>No. 491

    > なんで、引けの陽線で大喜びしていたんだろうか(^^♪

    ストーカーの元プリウス君じゃないか。
    これから夜まで所用で出かけなければならないから、夜までは無理だが、教えてほしくば礼節を持って問いかけたまえ。

  • >>No. 483

    > 相場全体で考えると、今が上げ局面の最終段階を少し過ぎた段階である可能性があることが一番の懸念なのです。
    > 今から長きにわたり、下げ局面が到来するとなると、JTにしても今では考えられないような安値で買える可能性が出てくるわけで。それが悩ましい。

    なるほど、そのような一面もありますね。
    下げ局面(大きなうねり)で○○%下げたら、○○○株買い増し、下げ局面(大きなうねり)の中にも小さな上げ局面が有りその時の○○%上げたら、○○○株売りといたように持ち株数を基本方針通りに調整する事が肝要と考えています。
    上げ局面(大きなうねり)では上記の逆となることは言うまでもありません。

  • 6%されど6%

    6%の利息で10年あるいは、30年で複利運用した時のパフォーマンスはバカにできない。

    長期投資においては、適切なポートフォリオと、その後の適切なリバランス(メンテナンス)を行えば、下げ局面で将来のパフォーマンスが配当+下げ局面から上げ局面への転換によるキャピタルゲインをゲット出来る。

    まぁ、指数のリバランスや指数を利用している投資信託のリバランスを理解できなくてスレを消去し、ご丁寧にHNまで消して新たなアカウントでストーカーする方もいるくらいだから、難しいかな!

    繰り返しますが、長期投資においては、ホッタラカシは✖、適切なポートフォリオと、その後の適切なリバランス(メンテナンス)が重要、さすれば下げ局面を恐れる必要はない、むしろ取得単価を下げる好機と捉えるべき。

    短期には短期の投資理論があり、それを否定はしないが長期には長期の投資理論がある。
    (@^^)/~~~

  • 礼節をわきまえない者に答える気はない。
    以後、私への送信を控えなさい。

  • あなたが、教えてと言ったから答えたが、それに対して「そんな奴」呼ばわりとは・・・
    自分の考えに固執するのは、あなたの勝手だが無作法過ぎ。
    人としての基本

  • 発想が逆だと思うよ。
    前回のポートフォリオから3ヶ月が過ぎて、今回のポートフォリオ割合よりも上がった(価格ベース)銘柄は(トヨタなど)売り、下がった(価格ベース)銘柄(JTなど)は買う事でメンテナンスされた。
    簡単に言えば、構成比率が上がった為に買ったのではなくて、株価が前回よりも安くなったので買う事でリバランスした。

  • 一般的な情報を提供しているつもりだが、それをどのように考えるかは、まさに個人の自由。
    コトサラ誰かを説得しようとか、言い負かす事が目的ではない。


    ただ、" 今日陽線付けて引けたからと言って、「リバランスで買われた銘柄(構成比率が増えた銘柄)である」という判断はできない。" と本気で思っているなら驚きを禁じ得ない。

  • 追加!

    MSCI指数の算出方法は浮動株調整後時価総額加重平均

    年に4回(2月・5月・8月・11月の最終営業日)メンテナンスを実施

    メンテナンスの内容の1つに「構成比率の変更」があり、

    それを「リバランス」と呼んでいる

    また「銘柄入れ替え」もメンテナンスに含まれ

    メンテナンス日の10営業日以上前にMSCIのサイトで告知される

    あとは、自分の脳味噌で考えてね!
    (^.^)/~~~

  • モルガン・スタンレイ・キャピタル・インターナショナルが算出・公表する株価指数が変更された事で、それを採用する多くのインデックスファンドが(おもに外国人投資家が使う)リバランスを実行した。
    リバランスにおいては、当然売る銘柄もあれば買う銘柄もある。そこでJT は買われた。
    これ、どうでも良い情報かな。

  • リバランスの話!

    長期投資にとってリバランスは基本中の基本。
    一般的には投資信託のリバランス(運用会社が定期的に行っている)が知られているが、個人投資家による株式投資においても、その重要性は変わらない米国株式投資の
    ダウの犬や同じ手法で日本株のコア30投資などはリバランスが大前提だ。

    他人の、あるいは機関の投資でも無視する事でも無いと思ふ!

    話は、外れるがクロス取引(両建て)は通常は一時的なリスクヘッジで使う手法で、こちらは超短期的な視野で見る者と心得る。

    (@^^)/~~~

本文はここまでです このページの先頭へ