ここから本文です

投稿コメント一覧 (950コメント)

  • こんばんは、

    いつから株価は上昇するのでしょう?

    単純に考えると、それは機関投資家がジーエヌアイの業績の推移をどう捉えるか、それ次第かなと思います。

    そこで、最近の売上高の推移をみてみると、
    2017年12月までの売り上げは伸びていますが(右上のグラフ)、
    まだまだ先はわからなかったと思います。

    しかし2018年12月においては、順調に売り上げが伸びてきています(左下)。

    さらに2019年12月の予想も、これまでの経緯から手堅いと推測できそうです(右下)。

    となると、機関投資家もジーエヌアイを長期の投資対象としてみなす事に躊躇しなくなると推測します。

    よって、この2月18日の説明会後から、徐々に株価の回復が見込まれると期待したいです。

  • 2019/02/08 21:45

    >>No. 158

    資料は
    mhlw.go.jp/content/12601000/000469066.pdf
    で検索を

  • 今更ながらですが、オンライン診療は国策ですね~

    国は、オンライン診療を行う医療機関や薬局に初期導入費(システム整備、改修費)を補助するそうです。 
    予算は、電子カルテの標準化も含めて300億円。


    117回 社会保障審議会医療保険部会 資料3 より 
    平成31年1月17日

  • こんにちは こんな記事がでてました。

    「創薬関連銘柄としては、ゲノム解析に強みを持ち、特発性肺線維症薬で中国での地域展開が進捗しているジーエヌアイグループ、、、」

    ・・・・
    みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「創薬」関連が16位と話題を集めている。

     創薬とは薬剤を製品にするまでのプロセスのこと。ひとつの薬を作るまでに数多くの候補物質のなかから選定するためのスクリーニングを行い、その後も臨床試験などの過程に進んでいく。新薬を作りだすには10年以上にわたる長期の時間が必要と言われている。

     過去には、医薬品開発のための投資が先行することから、赤字体質から抜け出せない企業が多いといったマイナスイメージを持たれがちだったものの、近年は黒字への浮上や高成長軌道に乗るケースも珍しくなくなってきた。

     創薬ベンンチャーのサンバイオが1月29日の取引終了後、同社と大日本住友製薬が、慢性期脳梗塞を対象として米国で共同開発中の再生細胞医薬品「SB623」のフェーズ2b臨床試験について、主要評価項目を達成できなかったという解析結果の速報を得たと発表、、
    ただ、サンバイオの株価は7日にストップ高、8日前場も小幅続伸となるなど、やや落ち着きをみせている。

     創薬関連銘柄としては、ゲノム解析に強みを持ち、特発性肺線維症薬で中国での地域展開が進捗しているジーエヌアイグループ<2160>、創薬用マウス作製技術で先行するトランスジェニック<2342>、がん治療用ワクチン開発を手掛けるオンコセラピー・サイエンス<4564>、国際的なバイオベンチャー企業を目指しグローバルに研究開発を展開するそーせいグループ<4565>がある。

     更に、抗がん剤開発に特化した創薬ベンチャーのキャンバス<4575>、眼病治療薬開発に特色のあるデ・ウエスタン・セラピテクス研究所<4576>、北大発創薬ベンチャーでノーリツ鋼機<7744>グループ傘下ジーンテクノサイエンス<4584>、米国MIT(マサチューセッツ工科大学)から取得した技術を応用した医療製品の開発を手掛けるスリー・ディー・マトリックス<7777>、独自の抗体作製技術を持ち医薬品候補抗体導出と技術供与を収益源とするカイオム・バイオサイエンス<4583>にも注目したい

    出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

  • イオンは550店舗で、商品の説明を多言語で通訳し、訪日観光客が安心して購入できるサービスを始めたそうです。

    薬などの商品を買った後は、フードコートで軽食を楽しむ訪日観光客も多いはず。

    となると、イオンが考える次のおもてなしには、Putmenu が欠かせない!

    ・・・

    イオン 10言語対応の店内通訳サービスを本格導入

    スマホ画面でオペレーターが対応 550店舗で
    ネット・IT サービス・食品 小売り・外食
    2019/2/4 14:40 日経電子版

    イオンは訪日観光客へのサービス向上のため、スマートフォン(スマホ)などを使った多言語映像通訳サービスを本格的に開始した。

    店員が通訳したい言語を選んで通訳オペレーターにつなぐと、英語や中国語など10言語に対応できる。訪日客にとって、言葉の壁が買い物の悩みとの声が多く聞かれており、IT(情報技術)を活用した接客サービスで顧客満足度を高める。

    このほど、通訳サービス「みえる通訳」を全国の「イオン」や「イオンスタイル」など約550店舗に計2万台導入した。
    中国の旧正月の「春節」やスポーツの世界大会など海外から訪れる外国人観光客は増えており、今後は同サービスをグループ企業でも順次採用していく。

    4日午後、イオン成田店(千葉県成田市)を訪れたタイの観光客が、医薬品の商品について店員に尋ねた。店員はスマホからすかさず通訳につなぎ、医薬品の内容について通訳を介して説明した。

    イオンによると、商品の概要や、ほかの商品との比較について聞いてくるケースが多いといい、説明を聞いて納得する消費者が増えれば、購入の機会はさらに増えるとみる。

    対応言語は英語や中国語のほか、ポルトガル語やスペイン語、タガログ語など10言語。店員が社内用のスマホやタブレット端末を使い、言語を選んで話しかけると別の建物に常駐するオペレーターが通訳する。映像を見ながら対応できるのも特徴だ。

  • >>No. 7560

    ※ つづきです
    記事の後半に、PROTCに関わる製薬企業の関係が記載されていました。
    近いうちにCullgenの名前が出れば嬉しいですね。
    また日本の製薬会社が、今後どういう連携を行うのか、これも興味あるところです。

    ・・・後半の抜粋・・・
    タンパク質分解には多くのパートナーシップがある。
    アルビナスは、おそらく人間の研究でタンパク質分解をテストする最初の会社になるでしょう。しかし、他の人たちもそれに従う可能性があります。この技術には製薬会社が大きな投資をしています。

    ・CelgeneはEvotecと提携しています。
    ・RocheとBiogenはC4 Therapeuticsと提携しています。
    ・GlaxoとKymera Therapeuticsは契約を結んでいます。
    ・Amgen(AMGN)とEli Lilly(LLY)のベンチャーキャピタルアームもKymeraに資金を供給した。
    Evotec、C4、Kymeraはすべて民間企業です。

    他には学術的なパートナーシップがあります。
    ・ノバルティスはカリフォルニア大学バークレー校の研究者と提携しており、
    ・私有のベーリンガーインゲルハイムはダンディー大学と提携しています。

    JMPのAprilakisは、大手製薬会社の動きが特に興味深いと指摘しています。

    同氏は、「アムジェン、アストラゼネカ、グラクソ、ノバルティス、ロシュはそれぞれ独自の社内プログラムを持っていると述べた」と語った。

    ほとんどの製薬会社は、彼らの特定の目標を熟知しています。アストラゼネカは、腫瘍、心臓血管、腎臓、代謝、呼吸器系の疾患におけるタンパク質分解を調査している、と代表者は電子メールでIBDに語った。しかし、彼は研究がどれほど進んでいるかについては言いませんでした。

    GlaxoのBenowitz氏によると、同社は臨床試験にタンパク質分解剤をまだ持っていないという。彼はGlaxoが臨床試験に入ることをいつ期待するかについてコメントしません。

    医薬品開発の分野
    GlaxoのBenowitz氏によると、タンパク質の分解は「治療領域にとらわれない」ため、刺激的です。
    この技術は、腫瘍学、心血管系疾患、肺疾患、中枢神経系障害などを含む、医薬品開発のさまざまな分野で機能する可能性があります。

    「あなたが探しているのは、タンパク質の存在が病気の原因となっている病気です」と彼は言った。 「あなたはタンパク質を取り除くことによってそれを改善することができます。いくつかの病気では、より多くのタンパク質がほしいと思うか、またはタンパク質の機能を変更するために。」

    JMPのAprilakisは、腫瘍学におけるタンパク質分解への希望を見ています。
    例えば、研究者らは、KRASとして知られている遺伝子配列が膵臓癌と関係のあるタンパク質のコードを提供することに同意しています。しかし、KRASを抑制しようとしている医薬品開発における失敗した実験の「墓地」があります。

    「私たちはKRASに薬を飲むことができない」と彼は言った。 「しかし、KRASをノックアウトすることができれば、あなたは膵臓癌のためのあなたの最初の薬を見ているかもしれません。それは薬用するのが難しいです、しかし、我々はそれをタンパク質分解でひび割れるかもしれません」

    成功すれば、これらのタンパク質はもはや「手に負えない」ものにはならないでしょう。

  • おはようございます。
    今日のPROTAC関連ニュースです。

    Investor's Business Dailyというサイトでタンパク質分解誘導薬の記事がありました。

    Cullgen の名前は見当たりませんが、米国の投資家もこの新しい創薬に注目しているようです。


    タンパク質分解:最後に、「手に負えない」病気を治療する方法は?
    ( Protein Degradation: Finally, A Way To Treat 'Undruggable' Diseases? )

    特定の病気を治療するための革新的なアプローチであるタンパク質分解は、人間の細胞が厄介なタンパク質にタグを付けて細胞のゴミ圧縮機に送るという自然なプロセスを利用するでしょう。

    アリソン・ガトリン
    2/01/2019
    狂気症候群は何十年もの間製薬会社を苛立たせてきました:人体の大部分のタンパク質が「手に負えない」という考え。 しかし、企業は現在、タンパク質分解と呼ばれるプロセスでそのアイデアに挑戦しています。

    今までのところ、タンパク質の機能不全に関連するいくつかの疾患 - アルツハイマー病や数種類の癌 - は、ほとんどの医薬品で治療できません。

    小さなバイオテクノロジー在庫、およびPfizer(PFE)やMerck(MRK)のような少数の大手製薬会社での研究開発は、それを変えることを目指しています。
    タンパク質分解では、薬は体の自然なゴミ処理をハイジャックして、厄介なタンパク質を患者から取り除きます。


    あるアナリストは、タンパク質分解を1兆ドル規模にさえ達する可能性がある数十億ドル規模の機会と呼んでいます。 それは壊滅的な病気を持つ数え切れないほどの患者に希望を提供するかもしれません。

    現実的には、5%から10%のタンパク質が治療可能であり、「伝統的な医薬品はそれらに関連する疾患を治療できることを意味している」とJMP SecuritiesのアナリストKonstantinos AprilakisはInvestor's Business Dailyに語った。 我慢できないものを撃退するだろう」と語った。

    小さなバイオテクノロジー企業であるArvinasは、9月にタンパク質分解がうまくいくことを前提に公開しました。 そして製薬会社はArvinasを含む多くのタンパク質分解会社を支援しています。

    Arvinas(ARVN)は、Pfizer、Merck、およびRoche(RHHBY)と約20億ドル相当の取引を行っています。 Celgene(CELG)、Novartis(NVS)、GlaxoSmithKline(GSK)およびBiogen(BIIB)は他の企業と提携しています。

    大手製薬会社がタンパク質分解に取り組んでいるバイオテクノロジーに集まってきたという事実は多くのことを言います、とAprilakisは言います。

    「それは、技術の約束とそれがどれほどエキサイティングであるかについて信じられないほど言っている」と彼は言った、、

  • 今晩は、今日のPROTAC関連ニュースです。

    アービナスが臨床試験Ⅰを始める許可がFDAから下りたことは、既に発表された通りです。
    またCullgenのもう一つのライバル、キメラもアメリカ血液学会2018で前臨床試験のデータを発表したそうです。

    各種研究会でのPROTACの発表は、最近活発に行われているようですが、正式な学会で発表が行われたということは、PROTACの研究が進んでいる証しだと、ある関係者は述べていました。

    そこへ、Cullgenも2019年度中にINDに向けた試験を始めると発表がありました。
    Cullgenも順調に進んでいるようで安心です。

    がんばれ Cullgen !


    下はアメリカ血液学会2018で発表した「リンパ腫の細胞増殖の要となる蛋白質をPROTACで分解した」のレポート。

    Kymera TherapeuticsがMYD88変異リンパ腫におけるIRAK4タンパク質分解剤の最初の検証を発表

    Kymera治療社、患者のための画期的な薬を作成するために、対象タンパク質の分解を開拓バイオテクノロジー企業、今日は、同社のファースト・イン・クラスのヘテロ二小の前臨床活性を示す研究を発表しました。
    MYD88(骨髄分化原発性反応88)変異リンパ腫において特異的にIRAK4を分解する分子 データは、サンディエゴで開催されたASH2018で発表) 、、

    「これは、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)およびKymeraのPegasus創薬エンジンが新しいヘテロ二官能性タンパク質分解剤を提供することを検証するための画期的な出来事です。」

    「IRAK4は、癌、自己免疫疾患、炎症性疾患を含む複数の疾患の病態生理に関与すると期待されている標的である、ミドソームの重要な構成要素です、、

    2週間にわたるKymeraのIRAK4分解剤の1日1回投与は、OCl-LY10マウス異種移植片試験において完全な腫瘍退縮および> 80%のIRAK4分解をもたらした。
    腫瘍内のKymeraのIRAK4分解薬の薬物動態学的および薬力学的特性は、MYD88駆動リンパ腫における臨床開発への進歩を支持する。

    アメリカ血液学会の発表は、
    american society of hematology 2018 × Kymera   で検索を。

  • >>No. 3506

    ebiさん こんばんは

    ジーエヌアイは今お買いごろではないでしょうか?

    昨日木曜の昼は、私は通帳と印鑑もって銀行へ行ってお金を降ろし、少しですがジーエヌアイを買いました。

    2/14?の決算に向けて、再び3000円を切ることは考えにくと思っています。

  • 微力ながら裏版の皆様のお役に立てて幸いです。オードリーさん、本当に今年こそ!
    ですよね!

  • >>No. 7463

    この会社に出資したのは、「FDAが要求するNASH線維化の評価基準」を満たすような画像診断ソフトを、
    ジーエヌアイの意向に沿った形で作ってもらうためじゃないでしょうか?

  • >>No. 7461

    こんばんは、この会社のHPをG翻訳で見ていたら、下の図が出てきました。

    やはり組織の線維化(コラーゲン線維など)を定量的に測定する検査を以前から手がけていて、
    今後は、AIを用いて線維化をより客観的に評価する方向なのだと思います。

    この度、この会社はAIでNASHを評価するということを当面のプロジェクトと位置づけていることから、
    同じような要望が他社からも届いているのではないでしょうか?
    (ジーエヌアイ1社だけの要望で、プロジェクトにするのは考えにくので、、)

    さきのFDAのNASHの臨床試験のガイダンスでも、
    より客観的な評価をすることが条件になっていて、それにジーエヌアイが対応したと状況だと推測します。
    (キャロットさんが、本版で指摘ずみ)

    ということで、
    ジーエヌアイはNASHの臨床試験の準備を着々と進めている、ですね!

    がんばれ、ジーエヌアイ !!

  • >>No. 7454

    研究と臨床試験
    前臨床研究および臨床試験、、、
    現在のプロジェクトはNASH、、
    だそうです。

  • おはようございます。今日のPROTAC関連ニュースです。

    アービナスの Craig Crewsが2019年Pharmacia-ASPET実験治療賞を受賞
    2019年1月14日
    化学部門は、 2019年のPharmacia-ASPET実験治療賞を受賞した 、Craig CrewsのLewis B. Cullman分子・細胞・発生生物学教授および化学教授を祝福したいと思います。
    この賞は、薬理学および実験治療学、基礎実験室または臨床研究における優れた研究を認識し、刺激しています。
    FDAは、クリューズのラボのPROTACタンパク質分解技術の最初の臨床試験を承認しました 。

    アービナスに追いつき、追い越せ Cullgen !

  • Twitterのコメント これは本当ですか? 既出ですか??

    ”日本新薬がデュシェンヌ型筋ジストロフィー向けのアンチセンス・ビルトラルセンを18年度中に申請予定“

  • おはようございます。

    昨年、「訪日外国人を呼び込みたい観光地での普及拡大も見込まれている。観光地(温泉街等)では街全体にビーコンを設置してIoT化し、キャッシュレス商業圏を確立するといった構想も出ている。
    観光自治体と連携をして、地方で実施される食、物産、体験などのあらゆるイベントシーンで「PutmenuR」の導入を推進して、2019 年 3 月末までには、5 観光地のテスト導入、2019 年 9 月末までには 20 観光地、2020 年 3月末までには 100 観光地の導入が計画、、」
    というニュースがありました。

    5観光地の一つには、北海道が含まれるかも?
    です。

    今朝のTV で下のようなクイズをやっていました。

  • こんばんは 今日のPROTAC関連ニュースです、、

    ですがネタ切れなので、
    牡蠣の鉄板焼を載せます。

    今日は、牡蠣の養殖が盛んな海辺の町へ行き、10人も入れば一杯になる小さな店で
    とれたての牡蠣を鉄板で焼いてもらいました。

    目の前で丁寧に裏表しながら焼くのを見ていると、なぜかすごく幸せな気分になれました。

    もちろん、本当に美味しかったです。

    今が旬の新鮮な牡蠣の鉄板焼、牡蠣フライでは味わえない味覚を堪能しました!

    頑張れ Cullgen !

  • >>No. 7420

    NASH や研究会の情報ありがとうございます。
    7419、iPhoneでは見えてますよ。

  • こんばんは NASH関連ニュースです。
    GileadのNASHへの取り組みがすごいですね。

    ・・・
    2019.1.7 Gilead Sciencesが韓国Yuhan Corporationにひとまず1500万ドルを払い、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)による進行線維症を治療しうる低分子化合物を開発して販売する権利を手にします。

    Gileadは最近、癌の研究開発に多大な支出をしているという見出しをたたきながら、肝疾患の根源に注目し続けており、NASHの初期の研究協定に入っています。

    Gileadは、Nimbus、Scholar Rock、および独自の社内プログラムと提携しているため、すでにNASHのパイに参加しています。しかし、この分野では多くの人がそうであるように、試行錯誤が見られましたが、今後10年間で数百億ドルに達する可能性がある市場から逃げるのを見るのに明らかに十分ではありません。

    正確な詳細はまだ明らかにされていないが、現在は韓国のバイオテクノロジーYuhanから新しいプログラムをそのパイプラインに追加している。で短い声明、企業はギリアドは柳韓洋行は、特定の商業化権を保持します韓国を除いて、すべての国で2つの未公開の標的に対して「小分子に買うと述べました。YuhanとGileadは共同で前臨床研究を行い、Gileadは世界的な臨床開発を担当します。ギリアドはまた、韓国におけるYuhanの権利の範囲外で、世界規模での商品化にも責任を持ちます。」

    Yuhanはたった1500万ドルの先行投資を受けているが、7億7000万ドルものバイオバックを見ることができた。

    これはすべて初期段階の作業であり、Gileadは、Allergan、Genfit、およびIntercept Pharmaceuticalsと共同で、後期段階での取り組みに注力しています。今年はフェーズ3データの配信を開始する予定です。

本文はここまでです このページの先頭へ