ここから本文です

投稿コメント一覧 (1083コメント)

  • おはようございます。 今日のPROTAC関連ニュースです。

    PROTACの研究会が、この秋 香港で開催

    これまで米国、ヨーロッパ、中国でPROTACの研究会が多く開かれていましたが、
    先日の日本(湘南)やこの度の香港など、より多くの場所で開かれるようになりました。この勢いはしばらく止まらないでしょう!

    (Cullgenの参加表明はまだのようですが)

              ・・・・・
              なぜ参加するのか
    「標的タンパク質の分解は、新世紀の小分子創薬における最大の革新となることを約束します。」 - Manfred Koegl、Lab Head Oncology Research、Boehringer Ingelheim

    最初の欧州蛋白質分解会議は、蛋白質分解プローブをヨーロッパ内で安全で効果的な治療に変換する方法を議論するその種の最初のものでした。

    11月には、香港でのシリーズの土地-タンパク質分解アジア、再び内で一緒に業界をリードする選手をもたらす大きな製薬およびバイオテクノロジーと一緒に専門家の学者ユビキチンスペース内-オープンフォーラムを提供し、in vitroでの共有を容易にし、生体内でユビキチン経路と技術をより深く機械的に理解して、「手に負えない」薬物を治療可能なものにする。

    これらの二機能性および単一実体分子の発見および開発に関連した構造生物学、薬理学および化学的障害を克服するための戦略を聞くことを期待してください。

    h◯ps://www.kisacoresearch.com/node/3894

  • >>No. 635

    岡山ファジアーノ Putmenu の

    現地レポートありがとう!

    いけそうですね ‼️

  • >>No. 8830

    IRへ問い合せていますが、最近返事ないこと多いです。ルオCEOがお元気なら、それでOKです。

  • >>No. 8829

    本当に IR しっかりせーよ、です。

    (2) 、、Dr. Jialiang Wangが、2019年7月5日に上海にて開催された『2019 China Anti-Cancer Forum』においてプレゼンテーションを、、

  • >>No. 635

    岡山ファジアーノのPutmenuについて、
    どなたかレポート お願いします。

    ここでうまく行けば、どんどん広まりそう!

  • >>No. 8821

    ルオCEOは、なぜ抗がん剤サミットを欠席したのか? (続き)

    やはり 2019中国抗がん剤サミットでは
    CullgenからルオCEO は講演しないで、
    Jialiang Wangさんが行なっていました(写真左下)。

    写真右下に演者28人が写っていますが、ルオCEO の姿は見えず、上段左から4番目にJialiang さんがいます。

    ということで、ルオCEO は、7/12-13日 中国国内の28人の精鋭が集まる研究会の講演に代役を立て、もっと大事なことに時間を充てたということになります。

    この時期だから、香港に行って最後の詰めの仕事をしたのではないでしょうか?

    h◯ps://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzI5NzY0NDQyNQ==&mid=2247511482&idx=1&sn=109b78645de8cccb441caa1bef4d48f0&chksm=ecb3155cdbc49c4a29fb1396dd1ca73cd24f49b05a4b9906aa3c873b1ca05a5850eb53373d17&token=776562446&lang=zh_CN&scene=21#wechat_redirect

  • >>No. 8822

    こんばんは
    7/12,13 ルオCEOは2019中国抗がん剤サミットで
    講演をしたかどうか会社に問い合わせてみます。

  • ルオCEOは、なぜ中国抗がん剤サミットを欠席したのか ?

    2019/7/13 上海で開かれた中国抗がん剤サミットのHPでは、ルオCEOが発表する予定になっていました。

    しかしジーエヌアイのお知らせでは、「Dr. Jialiang Wangが、2019年7月5日(13日の間違い?)に上海にて開催された『2019 China Anti-Cancer Forum』においてプレゼンテーションを行いました」とあります。

    これは、ルオCEOはこのサミットを欠席し、代役を頼んだということになります。

    この中国抗がん剤サミットは国内の有名な研究者28名が選ばれていて、顔写真入りのHPまで作られていて、当然CEO自らが参加予定でスケジュールは調整していたはずです。

    それなのに代役とは? ルオCEOになにか急に大事なことが起こったのではないかと想像したくなります。
    風邪引いて寝込んでしまい大事をとったか、香港あたりで最後の詰めの仕事があって、そっちを優先したか、、、

    本当のことはわかりませんが、薬姫につづいて香港の株を買う準備完了しました!

  • >>No. 8816

    黒枠になっていますが、副社長はお元気です。

    h◯ps://www.ibtool.biz/tpd-forum/

  • おはようございます。
    ついに日本でも蛋白質分解誘導薬の研究会が開催!

    Cullgenからは、副社長が講演

    Targeted Protein
    Degradation Forum
    in Japan
    At Shonan iPark
    August 22 - 23 , 2019

    標的タンパク分解誘導剤 (Targeted Protein Degradation, TPD)は世界中で注目を集めている新規モダリティである。ユビキチン-プロテアソームシステムを介して標的タンパクを分解に導く方法が主流であり、PROTACに代表されるbi-functional型 や IMiDなどで知られるMolecular Glue型の手法が知られている。一方、プロテアソーム系以外の方法で分解する手法も研究がなされており、多くの研究者がTPD分野の発展に注目をしている。従来の低分子では標的とすることが困難であった分子を標的とすることが可能になると考えらており、本年、米国Arvinas社がPROTACの初の臨床試験を開始したことでさらなる注目を集めている。
    海外では TPDフォーカスのConferenceが多数開催されており、研究者同士の交流や情報交換が盛んにおこなわれ、本分野の研究が急速に発展している。本フォーラムではTPDの研究領域における著名な研究者たちによる講演のほか、参加者同士のネットワーキング や ビジネスマッチングの機会を提供することで、日本およびアジアにおける標的タンパク分解誘導剤の研究の活性化と画期的な医薬品の創出につながることを期待している。

  • >>No. 278

    素晴らしいご意見 !

    これ、あるんじゃないかと期待しています‼️


    >じん肺の政府主導の対応策。
    >
    >ゼロ・コスト治験、迅速承認、まではまず間違いない。
    >――― そしてじん肺患者のかなりの割合で、線維症治療薬が有効と出るだろうから、あとは必要な薬代をどうするか?
    >
    >たとえば、国家が薬を買い上げて、じん肺患者に無償で処方、ということにでもなれば、製薬会社にとっては、「棚から牡丹餅」に等しい利得となる。
    >
    >日本でのB型肝炎補償の例をみると、低所得層が多いじん肺に中国政府の補償が『政治決断』される可能性はあるのではないだろうか?、、、

  • >>No. 8792

    ellaさんへ
    「事業の進展について情報開示が少ないので心配している。
    この抗がん剤サミットでルオCEOが発表したと聞くが、日本にいると何もわからない。
    もっと情報提供をよろしく」
    と会社へメールしておきました。

  • おはようございます。

    上海で開かれた抗がん剤サミットと、そこで発表したルオCEOの紹介文です。

    ・・
    2019年7月12日と13日に、上海の浦東で「新たなターゲットと新技術、そして新たな機会が飛躍に役立つ! - 2019年中国抗癌剤サミットフォーラム」が開催されます。

    28名のゲストが、PD-1 / L1、Protac、PDO、バイオシミラー、ADC、コンボ、AI、中米ダブルレポート、科学技術委員会などの人気のある分野での最新の開発に焦点を当てて、素晴らしい共有を行います。

    私は中国の製薬会社が時代に遅れずについていき、方向性を明確にし、レイアウトを最適化し、そして最終的に中国と外国の患者に利益をもたらすより速い速度でますます多くのより良い薬を開発するのを助けます。

    仲間と一緒に中国の企業のためによりよい未来を計画するために私達に加わり、医学の時代に集まることを暖かく歓迎します!

    ルオCEOの紹介文

    ルオ・イン生物学科に、1982年北京大学医療財団は/中国北京協和医科大学は、米国におけるウイルスRNAスプライシングの特に力を研究するためにコネチカットの大学に行ってきました1986年に医学を勉強します。

    1991年に生物医学科学の博士号を取得した後、カリフォルニア大学サンフランシスコ校でポスドク研究員としてHIV遺伝子制御の研究に従事しました。

    1993年から2000年まで、彼はアメリカのシリコンバレーにある様々なバイオ医薬品会社で働き、インフルエンザワクチンの開発に参加し、そして機能的ゲノム研究を主導しました。以前はRigel Corporation(NASDAQ)の医薬品ターゲット担当シニアマネージャー。

    2001年に、彼は上海Ruixing Geneの会長とゼネラルマネージャになるために中国に戻りました。
    2007年、GSIとGNIの合併および買収後に東京証券取引所に上場し、Luo博士がGNIグループの社長兼CEOに就任しました。

    2011年に、GNIは北京Contini Pharmaceuticalsに投資し、Continy Pharmaceuticalsの会長を務め、同じ年に、同社の特発性肺線維症治療薬Ai Siruiの治療は、国家食品医薬品局(1.1カテゴリー)によって承認されました。

    Dr. Luo Weiの指導の下、GNIグループは、Cullgen、Berkeley Advanced Biomaterial、Reveal、R&D、およびIrisysを含む、米国のライフサイエンスへの一連の投資を行ってきました。そしてM&Aは、急速に多国籍企業へと発展しました。

    Dr. Luoは中国におけるいくつかの「863」プロジェクトのプロジェクトリーダーを務め、35の学術論文および業界レビュー、ウォールストリートジャーナル、ロンドンファイナンシャルタイムズ、日本日経/ CNBCテレビ、北京テレビ、上海テレビなどを発表しました。メディアが報じた。

  • >>No. 8788

    テストのCTR20191392状態登録番号

    王海燕は、最初の公開連絡先情報日2019年7月11日を後援します
    名前上海ジェノミクス社をスポンサー/いいえ

    A、タイトルや背景情報
    登録番号CTR20191392
    肝線維症の兆候のB型肝炎
    健常者の薬物動態試験でテストヒドロキシ人気のトピックピルフェニドンカプセル
    テストプロフェッショナルタイトルヒドロキシピルフェニドンは、中国での健常者(IC)での臨床薬物動態試験をカプセル

    プロトコル番号GNI-F351-201902;バージョン番号:1.1
    ない企業は、公共受け入れるしないことを選択しませんでした
    医薬品名ヒドロキシピルフェニドンのカプセル
    薬物の化学物質の種類
    第二に、スポンサー情報
    名前上海ジェノミクス社をスポンサー/いいえ
    連絡先の名前王海燕
    連絡先電話番号18672199116連絡先メールwanghaiyan@shanghaigenomics.com
    住所浦東新区、王チュアンロード、上海、230 6郵便番号201202件の連絡先にお問い合わせください
    完全に自己資金

    第三に、臨床試験情報
    1、実験目的
    評価ヒドロキシピルフェニドンカプセル:速度論的特性(サイズを30mg /錠)健常者および薬物動態に対する食物の効果薬物動態、フェーズII / III臨床試験プログラムのための基礎を提供します。

    2、実験計画
    分類テスト薬物動態/薬力学的テスト
    第I相試験段階
    設計タイプのクロスオーバーデザイン
    ランダム化のランダム化
    盲目オープン
    中国のテストのテスト範囲

  • >>No. 8788

    h◯ps://www.sosyao.com/index.php?page=item&id=2190945

  • こんにちは 
    今話題の臨床試験は、下のようです。

    登録番号:CTR20191392
    試験実施状況:実施中(未募集)
    初期広報日:2019-07-11

    スポンサー名:1上海Ruixing Gene Technology Co. / Ltd. /
    表示なし:肝線維症を伴うB型肝炎
    検査人気のトピック:ヒドロキシル健常者の薬物動態試験におけるカプセルのピルフェニドン
    ヒドロキシピルフェニドンのカプセル:薬剤名
    、薬剤の種類:化学薬品

    資金源:完全セルフ

    テスト目的:ヒドロキシピルフェニドンカプセルを評価する(サイズ:30ミリグラム/錠)で健常人の薬物動態プロファイルおよび薬物動態に対する摂食の影響は、第II / III相臨床試験プロトコールの基礎を提供する。

    テストカテゴリ:薬物動態/薬力学試験用
    テスト段階:私はステージ
    クロスオーバーデザイン:デザインの種類

    無作為化は:ランダム化された
    ブラインディングを:オープン
    テスト:国内のテスト
    詳細ファイル:CTR20191392.docを

  • ファジアーノ
    昨年末、千葉へ見学に行って
    気に入ったのでしょうね!

    もっともっと出てきてほしいですね!

  • HIS は外国人の利用で賑わっているホテルユニゾの株式を買い増すそうです。

    Putmenu をユニゾにもよろしく!

    ・・・

    HIS、ユニゾHDにTOBへ ホテル事業を強化
    サービス・食品
    2019/7/10

    エイチ・アイ・エス(HIS)が、旧日本興業銀行系の不動産会社で東証1部上場のユニゾホールディングス(HD)の株式を買い増す方向で検討していることが10日、わかった。TOB(株式公開買い付け)を実施し、現在4.5%の保有比率の大幅な引き上げを目指す。ユニゾHDはホテルを運営しており、HISはホテル事業の規模拡大を狙う。


    HISは2019年3月末時点でユニゾHDの筆頭株主。ユニゾHDの9日の株価終値は1990円で、TOBの価格は一定のプレミアムを上乗せする見通し。

    HISは旅行事業が主力だが、旅行サイト運営会社経由で予約する人が増えており、今後の成長が見込みにくくなっている。ハウステンボスなどのテーマパーク事業も伸び悩んでいる。このためホテルなど収益源の多様化を進めている。

    ロボットが接客する「変なホテル」に加え、他ブランドも含めて積極的に出店しており、5月末時点で国内外で35棟を保有する。
    HISは中期的に100棟まで増やす方針を掲げている。

    一方、ユニゾHDは「ホテルユニゾ」や「ユニゾイン」などのブランドで関東や関西を中心に手掛けている。
    4月末時点で国内で24棟を運営しており、インバウンド(訪日外国人)需要の拡大でホテル事業は好調だ。HISはホテルに加え、運営ノウハウや人材の獲得などが狙いとみられる。

    ユニゾHDは1959年設立の旧日本興業銀行系の不動産会社で東京駅の八重洲口など好立地にオフィスビルを保有する。19年3月期の売上高は560億円、営業利益は176億円、2009年に上場した。19年3月期の有価証券報告書によると、賃貸不動産の含み益が約1360億円。株価は9日時点で1株当たりの純資産を4割下回る水準にとどまっていた。

  • >>No. 8776

    誰か中国まで行って、発表内容を伝えてくれたら嬉しですね。

本文はここまでです このページの先頭へ