ここから本文です

投稿コメント一覧 (20451コメント)

  • >>No. 921

    <万が一停電したら>”昔乍らの灯油ストーブ”を使えば良い。

    ファン・ヒーターは電気を利用するので不可。

  • >>No. 860

    <不法移民>の密入国防止に<壁建設>など役に立たない。

    なんとなれば、不法移民のアメリカ入国は大多数がマフィアに依って掘られた「数百メートルにも及ぶ”地下トンネル”」を通って行われているのが実状。
    どんな高い壁を造ろうがその地下にトンネルを造られれば無意味だ。

    因みに、これは最近見たアメリカの”セミ・ドキュメンタリー映画”に依るもの。

  • >>No. 869

    <治る可能性がないステージ4のがん>の治療は実質的に”痛みの緩和ケア”。

  • >>No. 847

    「ウソを言うだけタダ」の安倍より遙かにマシだ。(苦笑)

  • >>No. 831

    <バイトテロ>防止には「入店時に責任者がバイト全員のスマホを取り上げれば良い」。

    それも出来ないような店は潰れても仕方無い。

  • >>No. 828

    <今晩ダウも上げる>?

    その根拠や如何に?
    「米中通商協議が進展した」とは露程も報道されていないがね。

  • >>No. 786

    <今日はおしまい>ではなかろう。

    後場は「材料出尽くし」で”じり安”になると見る。

  • >>No. 739

    <共産主義者のための賞>?

    はて、トランプは<共産主義者>だったかね?(失笑)

  • >>No. 893

    若干補足・修正すると、
    「韓国政府の”反日”が<自分らしさの宣言>」と言うべきであった。

    遡れば、韓国政府の”反日”が加速したのは特に廬武鉉政権以降であった。
    それ以降現在の文政権まで共通するのは「政権基盤の弱さ」だ。
    政権基盤の弱い政権が何をするかは古今東西決まっている。
    即ち、”国民へのバラマキ”と”外に敵を作る”ことを「同時並行的に行う」のが特徴。

    よくよく考えれば、年間750万人もの訪日観光客や数千人にも上るだろう韓国人就職希望者達は「日本が嫌いであれば来日はおろか就職など希望する訳が無い」。

    従って、近年の韓国政府の”反日行動”は専ら「国民の不平・不満を日本にすり替える」為の”保身作戦”と見るべきだろう。

  • >>No. 378

    現在のイタリア人と古代ローマ人は違う。

    現在のイタリア人はどちらかと言えばイタリア全土を占拠した「西ゴート族の子孫」。

  • >>No. 398

    <韓国流に言うなら>?

    日本流で言えば何か?

  • <日経平均先物、夜間取引で下落 70円安の2万1230円
    2019/2/19 6:51 日本経済新聞 電子版

    日本時間19日早朝の大阪取引所で日経平均先物は下落した。3月物は前日の清算値に比べ70円安の2万1230円。>

    ジワリと下げ始めたようだ。

  • <2015年6月のことだった。東アジア研究専門のアメリカ人政治学者で韓国の釜山国立大学准教授のロバート・ケリー氏は、「なぜ韓国は日本への脅迫観念にこれほどとりつかれているのか」と題する論文を発表した。アメリカの政治雑誌「ナショナル・インタレスト」など数誌に載った同論文はまさに韓国の反日の本質を論じていた。

     ・韓国の反日は歴史や政治を原因とするよりも韓国民の自己認識(identity)そして朝鮮民族としての正統性(legitimacy)を内外に認めさせるため主張であり、自分の自分らしさの宣言なのだ。

     ・韓国は朝鮮民族としての歴史や伝統での純粋性、自主性を説いても北朝鮮にはかなわない。そのギャップを埋めるのが日本叩きなのだ。北朝鮮との正統性主張の競争での道具として反日を使っているのだ。

     ・韓国独自の北朝鮮に対する優位を説くには韓国側には米欧諸国や日本からの影響が多すぎる。民主主義も腐敗が多すぎる。だから日本を悪と位置づけ、叩き続けることが自国や自国民礼賛の最有効な方法となるのだ。

    以上がケリー論文の最重要点だった。

    ケリー氏の指摘が真実を指し示しているとすると、韓国の反日は日本の過去や現在の言動にかかわりなく存在するということになる。反日はその存在自体に意義があるのだから日本が謝罪しても補償してもなにも変わらないことにもなる。

    日本の学者や政治家がこんな見解を述べたら大変なこととなろう。だが日本との特別なきずなもないアメリカ人学者が韓国に長期、住んだうえでのこうした論考ならば客観性は否定できない。韓国側も文句はいえないだろう。

    韓国側の反日の原因も責任も実は日本側にはないのだとすれば、韓国の日本叩きはますます不当で理不尽ということになる。自分たちの独特の劣等感さえがからんでいるような勝手な感情だとすれば、日本側はそんな不当な感情の発露には代償を払わせる必要があるだろう。勝手に他国、他国民を誹謗中傷して、なんの制裁も懲罰も報復も受けないというのは一般の人間社会でもあってはならない状態である。まして理性や規則が尊重されるべき国際社会ではさらにあってはならない状況だといえる。(古森義久氏 麗澤大学特別教授)>

    興味深い第三者による考察ではある。
    韓国人の”反日”が<自分らしさの宣言>ならば未来永劫続くことになる。

  • <韓国とは きちんと 話し合い>が出来て居れば此処まで問題がこじれて居ない。

    話し合いもせず逃げ捲る相手には「具体的制裁で応える」しかあるまい。
    なにせ、韓国人の国民性には「強きに靡き、弱きを挫く」という”根深い習性”が染みついており、結局「力の優劣」が諸問題の決め手となってきたのは韓国・朝鮮の歴史が証明している。

  • <ロンドン株10時 反落 石油と銀行株が安い
    2019/2/18 19:38

    【NQNロンドン】18日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反落している。英国時間10時時点では、前週末の終値に比べ23.38ポイント安の7213.30で推移している。構成銘柄の約6割は下落している。
    5日続伸した後だけに、この日は売りが先行している。石油と銀行株の値下がりが株価指数を押し下げている。>

    その後一旦持ち直すも18.92ポイント安となった。
    19日の日経平均は18日終値と横ばいでスタートし、後場はやや弱含みで推移すると見る。

  • <数年以内に半島で大地震>?

    その”情報ソース”を明らかにせよ。

  • いい加減なことを言うな。
    <パクリの語源>はこれ↓。

    <ぱくりとは、大口を開けてものを食べるさまを示す擬態語。盗むという意味の隠語から普及した俗語。一部で「捕縛する」の変形が語源とされているが、三省堂の大辞林第二版によれば、ぱくりの動詞形であるぱくるが語源とされる。 (Wikipediaより抜粋)>

  • >>No. 685

    <アンマッチ>?

    それを言うなら「ノンマッチ」だ。
    これだから”バカウヨ”は困ったもんだ。(失笑)

  • <制裁>の参考にすべきは「仏伊間の摩擦」対応法。

    伊副首相による”度重なる暴言”に激怒したマクロン大統領が”駐伊大使召還”を実行したところ、伊政府は「慌てて火消しに乗り出した」もの。
    事ほど左様に、「一国家の責任ある立場の人間の”暴言”が国家間の制裁に結びつく」ことは十分にあり得る話だ。
    日本政府も”フランスの果断な行動”を学ぶべし。

    <フランス本国に召還されていた在イタリアのフランス大使が、ローマに「大変近いうちに」戻ることになったと、2月14日に発表された。
    今まで、イタリアの内務大臣マッテオ・サルヴィーニ(極右の「同盟」党の党首)は、何度もマクロン大統領を「劣悪大統領」「人々に反する大統領」呼ばわりしてきた。
    おまけに、「同盟」と連立政権を組む「五つ星運動」党の党首で、副首相であるルイジ・ディマイオが、2月5日フランスにやって来て「黄色いベスト」の運動家と会合。これで、フランスの「堪忍袋の緒が切れた」(ル・ドリアン仏外務大臣)と、2月7日に在伊フランス大使を召還した。

    びっくりしたサルヴィーニ内相は、即座にマクロン大統領に会うことを提案、さらに仏内相をローマに招待する手紙を書いたという。
    続いて、マクロン大統領と、イタリアの大統領セルジョ・マッタレラとの電話会談が行われ、事態は沈静化へと向かっていった。>

  • <「国同士で決めたことを政権が変わったからといって反故にしてはいけない」>のは「当たり前の国際常識」。

    <ひたすら言い続け>ても聞かない相手には「制裁在るのみ」。

本文はここまでです このページの先頭へ