IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1080コメント)

  • >>No. 78

    4月のIRは引け後の出て
    次の営業日ストップ高で始まったから
    また、IRが出るとしたらやっぱり、引けてからの可能性高いのかな
    だいたい、会社で傾向があるからな

  • とりあえず、繊維新聞の内容を
    会社がIRで出す可能性を考えて寄りで買いました。

    IRで売り買いする人多いし
    他の内容も含まれるかもしれないんで

  • >>No. 72

    これ、すごく大きい話で、一部買う動きあったわけだけど
    なんで売る人がいるのか不思議ですね
    おそらく、知らないんじゃないでしょうか

    今週、シキボウに聞いたら、今工業用に対応できるようにしてるところで
    そのあと発売ですって言ってたから、もっと時間かかるのかと思ってた
    ほかにもいろんなところに、いろいろ聞いたけどここでは書かない
    もうでたからこの話はOK

  • >4/10のIRから1か月経ちました。長くても3か月以内になんらかの進展があるはずです。

    4/10のIR
    今後、防護服やマスク、医療従事者向け衣料などに使われる不織布に同加工を提供し、製品の性能向上を目指す。


    今日、進展有りましたね。製品の性能向上というのはこのことです。
    これで、防護服や白衣が売れるわけです

    シキボウ「フルテクト」/工業洗濯にも対応/抗菌性も改めて打ち出す

    2020年06月26日(金曜日) 午後1時14分

     シキボウはこのほど、抗菌・抗ウイルス加工「フルテクト」で工業洗濯にも対応した高洗濯耐久性タイプを開発した。これによりリネンサプライサービスに向けたアイテムにも導入が可能になる。

     フルテクトは従来、通常の家庭洗濯に対する洗濯耐久性は確保していたが、工業洗濯に対応した耐久性を確保できていなかった。このため業務用寝装品や一部ユニフォームなどリネンサプライサービスが前提となるアイテムへの提案が難しかった。

     シキボウではフルテクトの改良を進め、工業洗濯後も機能が低下しない高耐久タイプを開発した。これにより、リネンサプライサービスが前提となる病院向け寝装品やユニフォームなどへの提案が加速する。

     機能面でも打ち出しを強める。

     フルテクトは抗ウイルス性に加えて抗菌性も早くから確認していたが、他の抗菌加工商品との住み分けのため、特段に抗菌性能はうたってこなかった。だが近年、市場では抗ウイルス性と抗菌性を併せ持つマルチ機能素材への引き合いが強まる。このため改めてフルテクトでも抗菌性を打ち出し、“ウイルス除去・除菌”機能加工として幅広い用途・アイテムへ提案する。

     同社は25日から7月末までインターネットを活用したバーチャルリアリティー展示会を開催している。ここでもフルテクトを重点提案する。

  • 株主総会、出席した株主が30人くらいなのに
    スタッフが10人以上いて
    いらんだろと思った

    あのひとたちは何のためにいたんでしょうか

    出席者は例年の半分くらいでしょうか
    会場は蒲田のほうが行くの楽ですね

  • 株主総会行ってきた
    オンライン診療やりたいとかいってたけど
    絶対できないと思いました

  • いま、抗ウイルス加工をうたった製品が雨後の筍のように出てきてるんだよね
    完全にブームが起きますよ
    素材メーカのここは大きな恩恵を受けますよ
    また1か月書き込まないんでさいならね
    俺は、書き込まないほうが得なんだ


    サンゲツ 抗ウイルスカーテン好調
    2020年06月18日(木曜日)

     サンゲツの抗ウイルスカーテンの販売が好調だ。新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療・福祉施設向けの注文が増加した。このカーテンを収録するコントラクト向け見本帳は秋ごろに新作を発刊する。新見本帳でも抗ウイルスカーテンは継続する計画だ。


    播州織工業協同組合 生地に抗ウイルス加工

    2020年06月17日(水曜日)

    播州織産地の播州織工業協同組合(兵庫県西脇市)が6月から生地への抗ウイルス加工を始めた。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、マスク用生地などで高まる抗ウイルス機能への需要をターゲットとする。

    抗ウイルス技術|テクノロジー|ロンシール工業
    床や壁はもちろん、イスやテーブルなどの家具にも。 抗ウイルス技術 ロンプロテクト

    抗ウイルス機能:「ビオタスク」|製品情報|DAIKEN-大建工業
    DAIKENの抗ウイルス機能「ビオタスク」をご紹介しています。 業界の基準制定に先駆けて確立した技術。 空気中や手から製品上に付着した特定ウイルスの数を減少させます

  • もう国は自粛しないという方針らしいので
    身の回りのウイルス殺していくのが一番安全ですよ

    よく、ビニールやアクリルで敷居作ってるけど
    結局あそこに生きたウイルス付着してるってやっぱ危ないでしょ
    ウイルス自体殺さないと

    しかし、移動自由、どんどん旅行しろとか
    どうなるか、誰でもわかる。ああ怖ろしや

  • 今日の安倍総理の記者会見
    「感染症に強い国を作る」

    フルテクト、ドストライクですねえ

    会見で「(19日に)社会・経済活動レベルをもう一段引き上げる」と表明。一方で「感染症に強い国づくりに着手する」と述べ、政府の未来投資会議を拡充し新たな社会・国家像を構想する議論を7月から始める方針を示した。

  • 今月から受注したフルテクト商品が市場に出てくるって報道されてるし
    そろそろ、商品として出てくるタイミングだよ

    白衣でも介護服でもタオルでも通常のものと変わらない値段だから
    俺は、抗ウイルス加工した商品を買うと思ってるだけ
    思わない人は自由ですから

  • 医療スタッフや、介護スタッフは抗ウイルスのユニフォームを着るべきだと思うんだよね
    今後普及する可能性が大きい状況。
    普及したときの業績インパクト非常に大きくて、広く普及したら株価5倍は堅い

    これから、日本でもコロナで数十万人の犠牲者が出ることでしょう
    できることは何でもやらないと
    マスクが効果ないといわれていたのに、結局再評価されたので
    抗ウイルス繊維もマスクの成功効果で期待があつまるはず

  • マスクなんてどうでもいい
    この会社の得意分野はユニフォームで、フルテクトのターゲットもユニホーム、白衣でしょう


    シキボウのユニフォーム地/抗ウイルス加工普及へ/国内外から引き合い急増
    2020年05月20日(水曜日) 午前11時25分

     シキボウは、抗ウイルス加工や抗菌・制菌加工など清潔・衛生に焦点を当てた機能素材の提案をユニフォーム分野で強化し、ワークウエアから学販シャツ地まで幅広い用途での普及を図る。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)を背景に引き合いが急増しており、繊維製品を通じた感染リスク低減を目指す。

     同社の2019年度(20年3月期)のユニフォーム地販売は学販シャツ地が堅調ながらもワークウエア地がやや苦戦した。企業別注向けこそ堅調だったが、備蓄アパレル向けが流通在庫増加で勢いがない。

     このため20年度も市況は厳しいと見ている。備蓄アパレル向けは依然として流通在庫が大きく、受注が劇的に回復するとは考えにくい。新型コロナの影響で世界経済が大きな打撃を受けたことで企業別注ユニフォームの需要の先行きにも不透明感が漂う。

     こうした中、ユニフォーム分野でも引き合いが急増しているのが、抗ウイルス加工「フルテクト」など清潔・衛生加工素材。国内だけでなく海外からも引き合いが寄せられている。このほど、通常のコロナウイルスへのフルテクトの抗ウイルス性も確認した。通常のコロナの亜種である新型コロナに対しても抗ウイルス性を発揮すると推定されることから注目が一段と高まった。

     このため20年度はワークウエア地や学販シャツ地のほか、サービスユニフォーム、食品白衣、メディカル白衣、介護ユニフォーム向けでもフルテクトを中心とした機能素材の普及を目指す。

  • コロナ自粛から自衛に

    政治家が、自分で感染しないように予防しろと言っております
    感染予防製品が次々作られて売れることでしょう

  • ほんと、みんな今年の冬どうする?

    熱が38度でて、多分また風邪だろうかといって寝てたら
    急激に悪化して、コロナってわかっていきなり人工呼吸とかなるんだろ
    絶対、風邪もインフルも罹れないじゃない
    徹底的に予防策準備したうえで巣ごもりしようって考えてるんだけど
    みなさん、心配じゃない?

    都知事もみんな自衛しろって言ってるしなんとか考えないと


    「自粛から自衛の局面」 都知事選には言及せず―小池都知事
    6/11(木) 22:04配信

     東京都の小池知事は11日、都庁で記者団に対し、新型コロナウイルス感染への警戒を呼び掛ける「東京アラート」を同日で解除し、休業要請の緩和も12日午前0時からカラオケ、パチンコ店、ネットカフェなどを含む「ステップ3」へと移行させると説明した。これまで自粛のお願いばかりしてきたが、これからは自衛、自らを守る自衛の時代ではないか。『自粛から自衛』の局面ではないかと思っている」と語った。

  • 今一番心配されていること
    今日の国会でも公明党が質問している
    国策としてインフル予防がこれからのテーマ


    この冬 新型コロナとインフルエンザが重なり深刻に
    [2020/06/05 10:38]

     アメリカの感染症予防機関のトップが議会で証言し、この冬は新型コロナウイルスの感染とインフルエンザの流行が重なって深刻になるとの見通しを示しました。

     アメリカ下院で証言に立ったCDC(疾病予防管理センター)のレッドフィールド所長は、「この冬は新型コロナの感染とインフルエンザの流行が重なることで医療システムに大きな負担が掛かり、難しい対応を迫られる」と述べました

    https://www.youtube.com/watch?v=P385l933S7k

  • 今年の冬はパニック

    通常、1回は冬に風邪をひく、さらにインフルエンザにもかかる
    コロナと区別付かず大変な混乱状況に陥るのはわかりきってる

    今回、コロナが流行したのが風邪の季節ではない4月だったからこれで済んだけど
    今年の冬は4月のようにはいかない

    とにかく、コロナだけではなく風邪にもインフルエンザにも罹ってはいけない
    国民全員でウイルス予防に取り組まないと医療崩壊してしまう

    この銘柄、冬に上がる傾向がはっきりしている訳だけど
    逆に言えば夏に買う人が賢い人でしょう

  • 株主総会に行ってきた
    岡本さんお疲れの様で

  • ここって、50億くらい使って
    東証1部の200億くらい売り上げがある企業をTOBすればいいのに

  • シキボウのユニフォーム地/抗ウイルス加工普及へ/国内外から引き合い急増
    2020年05月20日(水曜日) 午前11時25分

     シキボウは、抗ウイルス加工や抗菌・制菌加工など清潔・衛生に焦点を当てた機能素材の提案をユニフォーム分野で強化し、ワークウエアから学販シャツ地まで幅広い用途での普及を図る。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)を背景に引き合いが急増しており、繊維製品を通じた感染リスク低減を目指す。

     同社の2019年度(20年3月期)のユニフォーム地販売は学販シャツ地が堅調ながらもワークウエア地がやや苦戦した。企業別注向けこそ堅調だったが、備蓄アパレル向けが流通在庫増加で勢いがない。

     このため20年度も市況は厳しいと見ている。備蓄アパレル向けは依然として流通在庫が大きく、受注が劇的に回復するとは考えにくい。新型コロナの影響で世界経済が大きな打撃を受けたことで企業別注ユニフォームの需要の先行きにも不透明感が漂う。

     こうした中、ユニフォーム分野でも引き合いが急増しているのが、抗ウイルス加工「フルテクト」など清潔・衛生加工素材。国内だけでなく海外からも引き合いが寄せられている。このほど、通常のコロナウイルスへのフルテクトの抗ウイルス性も確認した。通常のコロナの亜種である新型コロナに対しても抗ウイルス性を発揮すると推定されることから注目が一段と高まった。

     このため20年度はワークウエア地や学販シャツ地のほか、サービスユニフォーム、食品白衣、メディカル白衣、介護ユニフォーム向けでもフルテクトを中心とした機能素材の普及を目指す。

  • 繊維ニュース 編集部ブログ

    NEW 抗ウイルス加工「フルテクト」に注目

    【大阪本社】布団地製造卸の丸ホームテキスタイル(大阪市中央区)を4月半ばに取材した際、同社内の展示場に布団地とともにマスクケースが積み上げられていた。

     そのマスクには、親会社のシキボウの抗ウイルス加工「フルテクト」が採用されており、同加工を軽寝具にも提案するとのことで、ディスプレイ用に置いていた。

     マスクケースの中にマスクが入っているか聞くと、フルテクト加工マスクがしっかり詰められていると言う。今でこそマスク不足が緩和しつつあるが、4月半ばは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスク不足が続いていた。しかも日本製の抗ウイルス加工は希少。そのマスクが印象深かった取材だった。

     同社が軽寝具向けに提案するフルテクト生地の採用を決めた顧客があり、6月初旬に寝具市場に出る予定という。

     フルテクトはコロナウイルスに対する抗ウイルス効果を持つことが確認されている。コロナウイルスの亜種である新型コロナウイルスに対しても同様の効果があると推定されており、さらに需要が高まりそうだ。(長)

本文はここまでです このページの先頭へ