ここから本文です

投稿コメント一覧 (841コメント)

  • またしても

    落ちこぼれ

    の犯罪でしたね


    実社会で通用しないで、親からの相続で食ってるというのは
    大変な劣等感でしょうね

  • なぜ、1998年のもっとも景気が悪かった時代に
    彼くらいの人がキーエンスなんて入社できたんでしょうか

  • いやー
    あの不景気の時代に良く入社できたなあ

    仕事はできなかったという。
    「入社後の新人研修では断トツでビリでした。ビジネスマナー講習の時には、白いワイシャツの下にハードロックバンドの黒のTシャツを着て、怒られていました。

     キーエンスには3つの事業部がある。彼は研修後、名古屋のMECT事業部に配属されてマイクロスコープ(高性能顕微鏡)の販売担当になりましたが、辞めるまでに1台も売れなかったのでは?」(同前)

    “オレはビッグになる”と言い残し、入社1年たたずに退社

     宮崎容疑者は、入社1年たたずに退社した。

    「辞める時、“オレはビッグになる”と言っていました。田原俊彦のビッグ発言は5年も6年も前のことでしたけど(笑)。それに、“中古車屋でもやるわ”とも言っていました。

      同期に手を挙げるなどの暴力傾向は見えませんでしたが、上司に怒られても、まったくこたえていなかったのが印象的です。怒られた意味を理解していない、と思うほどでした。

     彼が辞めた2、3年後に未登録番号の着信があり、出てみると彼でした。“オレのこと分かる?”と聞いてきて“いや”と答えると、“冷たいなあ”と言って30分ぐらいネチネチと絡まれました」(同前)

     宮崎容疑者は事件後、大阪市内で食べた牛タン定食の画像を自身のインスタグラムに投稿するなど不可解な行動も見せていた。今回も、まったくこたえていないのだろうか。

  • 世界的に炭酸不足
    非炭酸飲料に商機?

    夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨らむ
    設備の老朽化で稼働率低下、原料調達厳しく


     夏本番となり液化炭酸ガスやドライアイスの需要期を迎えた。液炭は石油精製やアンモニア製造工程の副生ガスとして発生する二酸化炭素(CO2)を原料とするが、近年、老朽化による設備トラブルや製油所の稼働率減少で需給逼迫(ひっぱく)が慢性化している。今年は特に西日本を中心に4月から顕著になっており、液炭を一番多く使用する溶接や飲料用の影響が懸念されている。コスト高などを嫌気する需要家からは、早期解消を望む声が多い。

  • 日本の大問題
    暑さ対策


    トライアスロン開始繰り上げも=酷暑によるリスク抑制へ-東京五輪
    2019年08月15日20時34分
    トライアスロンの東京五輪テスト大会が行われ、給水所で水分補給する選手=15日、東京・お台場
     国際トライアスロン連合(ITU)のマルクシュ・スポーツディレクターは15日、酷暑が予想される来夏開催の東京五輪で、競技開始時間をさらに繰り上げる可能性に言及した。「リスクを抑えるために提案するかもしれない」と述べた。


    15日は猛暑おさまるも16日から再び猛暑

    関東甲信地方および東海地方では、あす15日は最高気温35度以上の猛暑にはならないと予想されますが、暑さが落ち着くのは一時的です。16日からは再び、連日猛暑日が予想されています。
    17日(土)は埼玉県熊谷市で最高気温39度など、週末を中心に来週の前半にかけて、各地で体温を超える気温が予想されています。
    現在は台風の接近に伴い、大雨や暴風に警戒が必要な期間となっていますが、台風の通過後は猛烈な暑さに警戒が必要です。この先もしばらくは、暑さ対策を万全になさってください。

  • 名前が硝子とついてるから、ガラスの会社に見えるけど
    実態は、ペットボトルや紙容器の飲料容器がほとんど主力

    四季報によると
    ホールデイングになるようだから
    そうしたら評価変わるでしょう

  • ダウ反発、飲料が買われる
    こういう時は、飲料が買われるはずなんだけどねえ


    米国株、ダウ反発し99ドル高 ディフェンシブ株に買い
    2019/8/16 5:32799文字

    【NQNニューヨーク=横内理恵】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比99ドル97セント(0.4%)高の2万5579ドル39セントで終えた。前日に急落した反動で自律反発狙いの買いが入った。飲料や日用品など業績が景気の影響を受けにくいディフェンシブ株の上げが目立った。米中貿易摩擦や世界景気の減速への懸念から下げる場面もあるなど値動きは不安定だった。


    前日は12年ぶりに10年債利回りが2年債の利回りを下回る「逆イールド」が発生し、景気後退の前兆とされるとあって投資家心理を冷やした。ダウ平均は前日に800ドル安と今年最大の下げ幅となったが、15日は急落の反動から押し目買いが優勢だった。


    15日に好決算と業績見通しの引き上げを発表した小売り大手ウォルマートが6%あまり上昇した。ベトナム航空に中型機「787」を納入したと発表した航空機のボーイングも買われ、2銘柄でダウ平均を95ドル程度押し上げた。飲料のコカ・コーラや日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などディフェンシブ株にも買いが向かった。

  • なんで、ここがいいかというと
    世界経済の影響をほとんど受けないから

    景気が悪くても、水分はとる
    こういう時は、景気に左右されない銘柄監視するしかない

  • 来年の東京オリンピック
    この暑さどうするんでしょうね

    甲子園の開会式でも球児はペットボトルで水分補給してたし
    来年のオリンピックを契機に企業や学校でも
    ペットボトル持参で、こまめな水分補給が推奨されるでしょう

    なんか、電車の運転手は水分補給してると
    乗客に批判されるとのことで、水分補給しないって話が出てたけど
    もう、これだけ暑いと
    仕事中の水分補給は当たり前というコンセンサスが出来上がるの間違いないです

  • 本当に水分取りまくり

    なぜ、飲料容器作ってるこの会社が買われないんでしょうか

  • 7月時価総額10億、期末も平均も超えたけど
    改善報告書出さない間は上場廃止猶予期間のままなのでしょうか

  • 見たことない好決算だな

    いつも、1Qは10億くらい赤字なのに

  • クラフトボスって、街で95円くらいで売ってるから安いよねえ

    仮にペットボトル1個0.5円だとして1割り上げたとしても
    0.55円でほとんど売り上げに影響を与えない

    サントリーのほうが物流コストとか負担大きいんで、ペットボトル会社に対する理解があるんでしょう
    本当に業績的には何の心配もないなあ

  • 本当に業績的には抜群の安定性がある会社だ

    しっかり、価格訂正でマージンが取れるからなんだろうけど
    この数年ほとんど、計画を下回ることがない

  • 物流コスト上昇や原材料価格で営業利益が下がったと書かれてるけど
    経常利益は6%増だし
    そもそも、よく読むと、原材料価格や物流コストによる価格改定と書かれてるから
    、コスト上昇分は価格に転嫁できる会社なんでしょう

    ペットボトルも紙容器も一つ一つは非常に安いものだから、価格転嫁できるんでしょう

  • 第一四半期で進捗率25%超えてて、何が不満があるんだろうか

  • >>No. 795

    なぜ?

    理論的には1400くらいでしょ

    第一四半期同じくらいの業績の冶金工業は210円あるんだから
    1400(140)あったっておかしくないじゃない

  • 決算は、通期の予想通り進捗してるし
    世界経済の影響ほとんど受けない
    この数年、抜群の安定性のある会社なのにねえ

  • >>No. 840



    この会社サントリー紅茶作ってるの知らないの

本文はここまでです このページの先頭へ