ここから本文です

投稿コメント一覧 (93コメント)

  • 広島高裁の裁判官は今まで活躍の場がなかった火山
    者の痴見を信用したの、それより小学校で地図をしたほうがよい、火山硫は玄海灘を越えるの。

  • 広島には確かに左巻きと在日が多いことも裁判官さまに影響したのかな。明治時代には大津事件の裁判官のような気骨のある人物がいた。こんな判決は朝日も毎日も呆れるでしよう。神話の時代にカセキ硫があっことを証明してください。

  • 広島高裁の呆れた判決に流石に朝日も同調しなかったようですが、NSの番組でFが広めた風評によって福島産の果物があまり売れていないことも事実です。たとえば放射能による甲状腺のリスクが高まる報道していた。国連の調査では否定していたにもかかわらず。

  • MBSのラジオ放送でこんちゃんが、この判決は「画期的」と宣っていたが、その後他の出演者が常識的な発言をしたため、少し困惑しているように感じた。MBS には白髪で口髭を蓄えた左巻きの論説員がいるがその影響をうけている。

  • 年末の忙しい時期に、「神話の時代に大規模な火砕流があった。」と妄想する裁判官が突如現れた。法務省の人事担当者はこの人物の日頃の言動に異常がなかったかを調査しているのかな。

  • このMBS のkなる人物は、2年ほど前に口永良諸島の火山が噴火したときに、川内原発が再稼働であり火山灰の影響を危惧するコメントをしていた。その時の気象庁の風向き予測は南向きで川内原発にはかからないことがわかっていた。
     この事実を知っていたコメントならば自分の主張に都合の悪いことを隠匿する悪意、知らなかったならば知的能力のなさを感ずる。

  • 書き込みをしたことから、長く見ていなかったSMにチャンネルをあわせた。するとこの件について奇しくも、若く可愛い弁護士が「画期的」とコメントしていた。制作側にすり寄っていることは明らかである。この番組は「日本国の日曜日のお茶の間」にふさわしくない反日集団である。
     理由 ①在日若しくは帰化の出演が多い。②反日の記者も多い。③外交の基本を弁えず、感情で反核で大衆迎合していた。(ICANのコメント)

  • 時価総額世界一の東電が崩壊した理由は、震災前の確か前年に第三者割り当ての増資をし、何十億なの資金調達した。その資金で恐らく原発の輸出も考えたと思慮される。ところが、足許の国内の原発の安全対策を疎かにした。今から140年位前に大きな津波が東北地方にあったことを知っている社員がいたかわからないが。その資金で外壁を造っていれば防げた。経営者の危機管理能力がなかったからである。
     この140年前の事実を考えれば今回の広島高裁の野上が妄言する9万年前の作り話に呆れ返る。

  • 9万以上年前は縄文時代以前で日本人が列島にいた足跡があった弥生時代(卑弥呼が魏誌倭人伝に登場)した遥か前である。そもそも日本列島が形成されていたのか。専門的な知識はないがプレートがぶつかり合ってできた日本列島の誕生期にカルデラ噴火があった話ではないのか。その後地盤が安定した。 
     今回は規制委員会のコメントがないのは、審査対象を超越する妄言に相手する暇はないからである。

  • 前回140年前と書き込みしましたが正確には121年前でした。事実に基づき書いていますので訂正します。この5年末前に岐阜、大垣地方にも大きな地震がありました。政府の地震災評価委員会が北海道沖の地震による津波を警告していますが十分に起こる可能性があります。これと泊原発の再稼働をリンクするのは性急な意見です。なお、この1年前に日清戦争に勝利しています。来年は明治維新150年をむかえます。日本では維新と書きますが英訳ではリボリュウションです。世界史に残る大偉業でした。
    日清戦争では短期間に近代化された日本軍の前に清は完敗し、戦争地の朝鮮では「指をくわえて只見ているだけの状態」でした。

  • 高裁の裁判官は今月、誕生日を迎え定年退職する。おそらく4000千万円を越える退職金を手にする。最高裁の人事担当者は今までこの人物の異常な言動を把握していなかたのか。あとは文春、新潮の記者に期待するしかない。いいネタになるかも😊

  • 小泉純一郎こそイカレテイル。「ともだち作戦」の記事どんな内容かしらないが、
     あるエピソードを紹介します。東北地震の復旧に従事した米兵が「ともだち作戦」に従事した際、放射能に汚染されたとアメリカでバカげた提訴をした。その応援にわざわざアメリカに駆けつけたが、現職のときに親交のあったブッシュ元大統領にも相手にされず帰国した。

  • 「ともだち作戦」の裏で秘密裏に進められた作戦はビーンラーディンの斬首作戦です。アメリカ本土への同時多発テロへの報復です。アングロサクソンは執念深い、いやこれが世界の常識です。

  • 異議審では覆ると期待いもあるが、審査請求と異なり同じとこるが審査する。間違っていると思う判事がいても、撤回したら高裁の面子を潰すことになるからである。時間の無駄になるが最高裁の判断を待つしかないだろう。
     行政の専門的な知見に基づいた判断に司法は介入できない不文律がある。(行政の裁量権を侵害できない)その結果を受けて、電力会社は原告に損害請求することになる。
     その額を見て、原告は腰を抜かすことになる。見ものである。

  • バカより、精神疾患を疑う。(アルコール中毒、精神分裂症、薬物依存等)

  • 原告弁護団のなかに確か東京都知事選に落選したU氏の名前があったと思う。この裁判に関わったらまた金運にみはなされます。弁護士のなかには慰安婦(prostitute)の裁判に関わり有名になり国会議員になった運強い先生がいまが?

  • 震災直後、原発が停止しアラブ諸国から足許を見られ高い天然ガスを買わされ、毎日億単位の国富が海外に流失した。
     ①震災地では自衛隊、警察官、ボランティア等が必死で復旧活動に従事した。②電力会社は停電を回避するため、老朽化した石炭火力を再稼働させながら電力供給を調整した。
     ①ではアメリカ兵と異なり被爆したと訴える自衛隊員などいない。②では停電は皆無であった。
    日本人の資質の高さを証明している。
     忘れてはならない事実です。

  • 岡山大学でウイルスを使って癌細胞を消滅さすことを確認(読売新聞) 
    ここは関連する技術を有する。

  • 岡山大学でウイルスを使って癌細を消滅さすことに成功。血液の中にミクロのカプセルにウイルスをいれる方法で免疫作用を抑えた。
     前社長はナノテクノロジーの医学への応用を言っていたがこの事と関係はないのかな。

  • 老犬二匹、国会で遠吠えする。組するはマイナー集団ばかりなり。

本文はここまでです このページの先頭へ