ここから本文です

投稿コメント一覧 (909コメント)

  • アキュセラの前期末終値2770円だからここの被害額も
    ほとんどないだろうし、今期業績は現段階では間違いなくここは
    割安でしょう、ブランも120万株のストックオプションと
    猫騙し企画多分収益面で間違いなく壁にぶち当たる可能性多いにあり
    3四半期からが分水嶺だろう、人間関係も見城さんの呼び掛けで
    秋元さんと松浦さんが参加したが、見城さんはハワイの不動産投資
    しか頭にないし、猪突猛進の近藤では誰が見たって将来性に不安しかない
    見城さんに対して義理で参加している秋元さんが気の毒しょうがない

  • アキュセラを持ってる人が掲示板で逆恨みして暴れていたが
    アキュセラの内紛誰も知らない人達が買っているんだ。
    まるで賭博場だ、ブランの近藤のDV係争について誰も言わないし
    大量の4月から解禁になったストックも誰も知らない見たいで
    新興を博打のように考えていて、将来展望で投資している人を
    バカにしている御仁こんなに多くいるのですね

  • ビットコインなど規制する法律の改正案が成立
    NHK NEWS WEB  5月25日 11時21分

    ビットコインなどの仮想通貨を実際の通貨と交換する業者を登録制とするなどの規制を盛り込んだ法律の改正案が、25日の参議院本会議で可決・成立しました。


    ビットコインなどインターネット上の仮想通貨を巡っては、おととし、取り引きを仲介していた東京の業者が経営破綻したことなどから、政府は利用者を保護するため、資金決済法など関連する法律の改正案を国会に提出し、25日の参議院本会議で賛成多数で可決・成立しました。

    法律では、仮想通貨の定義について、財産的な価値があり、インターネットなどを通じて不特定多数の間で物品やサービスの購入に使ったり、ドルや円などの通貨と交換ができたりするものと定めています。そのうえで、仮想通貨を実際の通貨と交換する業者に金融庁への登録を義務づけます。

    金融庁によりますと、ビットコインはことし3月末の時点で国内の1400を超える店で決済に利用できるということで、取り引きが拡大するなか、今回の法改正を利用者の保護につなげることができるかどうかが課題となります。
    このほか、金融と最新のIT技術を融合したフィンテックと呼ばれる新しい金融サービスの普及を後押しする規制緩和が盛り込まれた銀行法の改正案も可決・成立しました。
    これらの法律は来週にも公布され、それから1年以内に施行されます。

  • まじめスパークスを皆で応援しょう
    「復活の方程式が見えてきた」と阿部社長、営業益2.1倍の15年度決算ダイジェスト
    https://youtu.be/UPAmq2KqiZc

  • 焦点:三菱自悩ます不正の代償 顧客補償だけで1000億円規模も
    [東京 29日 ロイター] - 燃費不正の代償は三菱自動車(7211.T)に重くのしかかりそうだ。不正が確認された軽自動車4車種だけで、顧客などへの補償は1000億円超になるとの試算もある。追加調査で不正対象車が増えれば、その額はさらに膨らむ。ブランド毀損による販売減少が続く可能性もあり、業績悪化は避けられそうにない。
    <特損1500億円の試算も>
    詳細は下記より
    http://sekai-kabuka.com/news.html

  • YOMIURIONLINE
    2016年4月28日11時47分
    燃費偽装、国自ら再試験へ…不正4車種対象に
    三菱自動車が軽乗用車の燃費を偽装していた問題で、国土交通省は28日、対象4車種の燃費や排出ガスを再試験すると発表した。

    道路と接するタイヤの摩擦で生じた抵抗などの「走行抵抗値」は通常、自動車メーカーが測定して国に提出するが、異例の措置として、国の審査機関が実際に走行試験を行う。結果を6月中に公表する。

    三菱自が生産中の9車種についても再試験を予定している。
    対象は「eKワゴン」「eKスペース」、日産自動車向けに生産した「デイズ」「デイズルークス」の4車種。独立行政法人「自動車技術総合機構」が5月2日から、現在販売中の最新モデルについて、自らのテストコースなどで実際に車を走らせて、走行抵抗値を測定する。その上で改めて台上検査を行い、実際の燃費と排出ガスの数値を出すことになる。
    詳細は下記より確認下さい
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160428-OYT1T50119.html?from=ycont_top_txt


  • 三菱自の燃費不正4車種、5月2日から再試験へ=石井国交相
    ロイター提供
    [東京 28日 ロイター] - 石井啓一国交相は28日、閣議後の会見で、三菱自動車(7211.T)の燃費不正問題で不正が発覚した4車種について、国交省所管の自動車技術総合機構が5月2日から再試験を行うと述べた。結果は6月中に取りまとめ公表する。また、同社の他の車種についても4車種に続き再試験を行う方針。
    三菱自が26日に発表した燃費試験の不正について、同相は「わが国の自動車審査の信頼性を根本から損なうもので、断じて許すことはできない」と述べた。
    詳細は下記より確認下さい
    http://jp.reuters.com/article/japan-mitsubishi-motor-idJPKCN0XP06B

  • > さぁ、BCCCで上げなかったフィンテック関連銘柄が銀行法改正で上げるかが注目ですね。
    > またクロスゲージはロックオンだけとかじゃなかろうな~

    私も同感です、今後マイナス金利で自ら銀行が利益を生み出さなくてはいけません
    当然効率化つまり銀行協会全体がスクラップビルトしなけなければならなくなるのです
    実施に当たり水面下では民法・商法・銀行法等等話し合いがされていることでしょう
    IT革命を超える一大プロジェクトが動いているのだと推察します、信じて就いて行きたいです
    ブロックチェーン推進協議会理事長に平野洋一郎社長社長が就任された事誇りにすべきです

    🎊平野社長理事長ご就任本当におめでとうございます💐

  • 東洋経済
    日本株「底放れ」のタイミングは整いつつある
    日本株が底放れしてきた。過度な原油安と円高が一服し、足元では一時1万7500円台まで急回復する場面もあった。これは日銀がマイナス金利導入発表した3カ月前の水準まで戻したことになる   みずほ証券 シニアテクニカルアナリスト(中村 克彦)
    http://sekai-kabuka.com/

  • 日本経済新聞
    銀行とIT企業の連携促す 衆院委が改正銀行法案可決
    衆院財務金融委員会は27日、金融とIT(情報技術)を融合し多様なサービスを提供するフィンテックの促進に向けた銀行法改正案を賛成多数で可決した。銀行や銀行持ち株会社による事業会社への出資制限を緩め、IT企業に出資しやすくするのが柱だ。銀行とIT企業による連携を促し、金融サービスの利便性向上につなげる。
     銀行法は健全性の維持などの観点から銀行の業務範囲を厳しく制限しており、銀行は事業会社に5%まで、銀行持ち株会社も15%までしか出資できない。改正法案はこれを緩めて当局の認可を得れば制限を超えてIT企業などに出資できるようにする。資本面でのつながりを深められれば、役員派遣含めてより踏み込んだ連携が可能になる。
     一方、金融庁は27日、フィンテック関連のベンチャー企業の育成や集積に向けた課題を洗い出す有識者会議を立ち上げると発表した。必要な環境整備やフィンテックが金融界に与える影響などを議論する。

  • 日経コンピュータでも掲載されていました
    インフォテリアや日本MSなど、ブロックチェーン推進協会を設立
    理事長にはインフォテリアの平野洋一郎社長、副理事長にはカレンシーポートの杉井靖典CEO(最高経営責任者)とテックビューロの朝山貴生社長、理事にはさくらインターネットの田中邦裕社長、日本マイクロソフトの大谷健エグゼクティブプロダクトマネージャーが就任する。
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/509445/042500476/?n_cid=nbpitp_twcm

  • 四季報オンラインにも社長の理事長就任掲載あり
    💐祝平野社長理事長就任おめでとう💐

     4月25日、ブロックチェーン技術の研究開発や実装推進を行う有志企業が集まり、日本におけるブロックチェーン技術の普及啓発、研究開発推進、関連投資の促進および海外のブロックチェーン団体との連携を目的とした「ブロックチェーン推進協会(理事長:平野洋一郎インフォテリア代表取締役社長)」を設立しました。
    http://shikiho.jp/tk/news/articles/0/115511

  • >>No. 909


    乖離が拡大しています。要因としては、未公開株が5 銘柄と減少している現状、今
    後の市場価格の上昇期待を持つ投資家が減少し、投資主の換金売りが継続している
    こと等が考えられます。その結果、投資主の皆様が期待される価値での換金性を維
    持できない状況が続いております。そのため、現在の規約には存続期間が定められ
    ておりませんが、新たに存続期間を定めることにより、分配という最終的な選択肢
    を確保することが投資主の皆様の利益にかなうものと判断し、存続期間の満了日を
    平成29 年7 月30 日と定めるものです。
    なお、本議案が平成28 年7 月13 日に開催される投資主総会で承認可決された場
    合、「投資信託及び投資法人に関する法律」第143 条により、本投資法人は存続期
    間の満了により解散することとなり、また、東京証券取引所が定める「有価証券上
    場規程」に従い、本投資法人の存続期間の満了により、本投資法人が発行する投資
    証券の上場が廃止されることとなりますので、ご留意ください。

    *成28 年7 月13 日に開催される投資主総会で承認可決された場合の事ですね

  • 日本銀行 議題「決済システムフォーラム」
    3月17日~18日15時より

    日銀総裁 黒田 東彦 「決済イノベーションとFinTech-中央銀行の視点」

    16:45~17:45(60分) プレゼンテーションと質疑
    プレゼンター:株式会社bitFlyer、カレンシーポート株式会社
    「分散型元帳の実用に向けた開発現場の最前線」(仮題)

    https://www.boj.or.jp/index.html/

  • 光増感剤又は5-アミノレブリン酸類を用いる光線力学的治療に関する特許取得のお知らせ(SBIファーマ)

    ALAを光増感剤として投与した後、波長480~580nmの励起光を照射することで、600nmより長波長側の光を用いる場合よりも光増感剤を効率よく励起することが可能となり、PDTの効果を向上し、治療時間を短縮できる可能性を見いだし、特許を取得。

    (※)5-アミノレブリン酸(ALA)とは:体内のミトコンドリアで作られるアミノ酸。ヘムやシトクロムと呼ばれるエネルギー生産に関与する機能分子の原料となる重要な物質ですが、加齢に伴い生産性が低下することが知られています。ALAは、焼酎粕や赤ワイン、高麗人参等の食品にも含まれるほか、植物の葉緑体原料としても知られています。(詳細は下記にてご確認下さい)
    http://www.sbigroup.co.jp/news/2016/0315_10255.html

  • こんなのがありました
    【インキュベーション事業についてのお知らせ】株式会社アカツキ発行価格等の決定
    http://www.lmi.ne.jp/ir/news/2016/201603081226926.html

  • こんなのがありました
    日経CNBCに仮想通貨最前線~システム進化の光と影(80名様限定で公開収録にご招待!

    チエーンメールとビットコイン及びNEMのコア開発者ドラゴンフライ武宮誠さんの公開収録が掲載されていました
    ご都合言い方は応募されて見てはいかかですか、【3月24日です】
    http://www.nikkei-cnbc.co.jp/program/kinyutouron/

    住信SBIネット銀行のブロックチェーン実証実験のプロトタイプ構築を担当して見えます。
    https://www.coin-portal.net/2016/01/11/5024/

  • 270万株越え、どれだけの負傷者がいるの笑えて来る

  • 昔は小笹さんが株の半数近く持ってて会社の銀座に住んでたみたいだけど
    大株主フェニックスに変わっている、会社と どういう繋がりなの
    高くなったら売却してきそう

本文はここまでです このページの先頭へ