ここから本文です

投稿コメント一覧 (381コメント)

  • ノジマ 

    寄付き前

    ストップ高気配

  • >>No. 117

    決算は上方修正と同じでサプライズはないけど、中期経営計画は2年後の売上・利益の倍増を会社がコミットメントした内容で、明日はこの点が好感されると思います。

  • >>No. 748

    バークレイズのレーティングは、去年(2015年1月8日)の話ね。

  • 【IR速報】

    「ウルティブロ」当四半期の売上78百万ドル、前年同期比 年同期比 54 %増)は、当四半期において、堅調に伸張し続けました。

    「シーブリ」 (当四半期の売上 35百万ドル、前年同期比 0%増)は、為替変動の影響を除け の影響を除けば、 世界的に前年同期比と同様の売上なりました。

    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material&sid=51553&code=4565

  • 平成 28 年 2 月 1 日
    再生細胞薬 SB623 の慢性期脳梗塞を対象とした米国フェーズⅡb 治験における被験者への投与遅延および業績に与える影響について

    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1322037

    過去に治験遅れの内容、経緯、影響についてIRがありました

  • 「業績予想の修正及び営業外費用(為替差損)の計上に関するお知らせ」

    来期(平成 29 年2月1日~平成 30 年1月 31 日)の業績予想については、上記の内容を踏まえ、平成 29 年3月中旬に発表する予定であります。

    h ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1425842

  • 大日本住友製薬「2016年度(平成29年3月期) 第3四半期連結業績概要」
    h ttp://dsp-kazoku.net/ir/library/presentation/pdf/ir20170127.pdf


    みずほ証券のレポートが治験遅れにより目標株価を引き下げたことを批判している人がいましたが、先週金曜に提携先の大日本住友製薬の「2017年3月期 第3四半期決算発表」が出たことで、みずほの分析が正しかったことが裏付けられました。

    資料の「再生・細胞医薬分野 事業化計画(2017年1月更新)」(27ページ)の「実用化に向けたスケジュール」では、SB623の慢性期脳梗塞の臨床フェーズ2の矢印が2018年の枠を突き抜けて、2019年初頭まで伸びています。
    そして、フェーズ3の矢印が2019年からスタートし、「2020年~2022年」の真ん中の位置まで来ているので、終了は2021年頃と推測します。
    そこから承認審査は約1年かかるので、承認は2022年になります。
    現時点で販売まであと約6年もかかる計算です。

    臨床遅延が明らかになると(正式には「2017年1月期決算発表」のある3月中旬?)、空売りしているノムさんや他の証券会社が一斉にレーティングを引き下げてくると予想します。

  • >>No. 1245

    治験の遅れは「SB623の価値」ではなく、「企業価値」に影響します。
    現に、昨年12月にみずほ証券のレポートが出て、試験の進捗についてスケジュールへの不透明感が高く、従来の同証券予想に対して約1年間後ろ倒しになり、米国でのPhase2b試験の終了は2019年、承認は2023年と見通しを改めると、株価が下がりました。
    それだけ収益化が遅れ、新興ベンチャーの経営上の不確実性が高まるのですから、当然です。

    (参考)「サンバイオ---反落、みずほ証券が「中立」継続で目標株価引き下げ」
    12月14日に発表された第3四半期の決算内容と通期業績予想の見直しから、特に米国の慢性期脳梗塞を対象としたPhase2b試験の進捗について、スケジュールへの不透明感が高いとみている。みずほ証券では、米国でのPhase2b試験の終了は19年、承認は23年と見通しを改めている。
    h tps://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201612210223

  • 帝人は、日本で脳梗塞の治験申請すら行っていないそうです。
    帝人は「石橋を叩いて渡る」と言われるくらい保守的な企業です。
    大日本住友と違い、治験費用を全額負担していこともあり、有効性が確実になった時点、つまりアメリカでの脳梗塞の臨床結果を見届けてからではないと、動かないと思います。

  • >>No. 1258

    みずほのSB623の開発スケジュールの「新予想」によると、日米同時試験を進める外傷性脳損傷の臨床フェーズ2については、2018年半ばに投与が完了し、6カ月の観察を経て、2018年末に完了です。
    その後、常識的には有効性の確認後に導出するので、製薬会社との契約は2019年、すなわち2年後ですね。

  • >>No. 1311

    リンク先は当初の治験スケジュール(2016/10/3更新)ですね。2016/12月、2017/1月の大日本住友の決算説明でアナリストから質問が出て、脳梗塞の治験遅延について会社から回答がありました。
    また、誤解しそうなので訂正しますと、「認可」する権限を持つのはトランプではなくFDAで、臨床フェーズ3の結果が判明した後、承認申請を待ってです。

  • >>No. 1752

    脳梗塞:2.5、5百万個のSB623の投与とプラセボ群
    TBI:2.5、5 、10百万個のSB623の投与とプラセボ群

    TBIの投与量が一つ多い以外は、基本的に同じ治験デザインとなっています。

  • >>No. 1799

    治験の遅れはまだ織り込まれたとはいえません。
    会社が正式に見通しを示すまで「宙ぶらりん」の状態です。
    大日本の決算説明のなかでは脳梗塞の治験スピードが「改善」する見込みありと言及があった一方で、資料の図では2相が2年ずれ込むととれるタイムテーブルになっています。
    この掲示板でも治験が何時終わるのかかなり意見が割れています。
    中途半端な状態を終わらせるためにも、会社側のIRが待たれるのです。

  • みずほ証券が投資判断「中立」を継続し、目標株価を従来の1760円から1420円に引き下げている。
    12月14日に発表された第3四半期の決算内容と通期業績予想の見直しから、特に米国の慢性期脳梗塞を対象としたPhase2b試験の進捗について、スケジュールへの不透明感が高いとみている。
    みずほ証券では、米国でのPhase2b試験の終了は19年、承認は23年と見通しを改めている。

    h ttps://kabutan.jp/stock/news?code=4592&b=n201612210223

    1か月を切った決算発表に注目しています。

  • >>No. 1943

    >現在、TBIの既存治療薬の市場規模は世界で1,500億円程度でしょうか

    TBIの治療薬は現在ないものと思っていました。
    また「市場規模は世界で1,500億円程度」の算定根拠が不明ですが、どういう試算なのですか?

  • 受賞IRでは株価は線香花火ほどの反応もなかったですが、三菱UFJが立ち上げた100億円規模の「創薬・再生医療ファンド」の一部資金がここに投じられると、これから少し需給が改善するかもしれませんよ。

  • >>No. 2142

    みずほの予想によると、脳梗塞の2相終了が2019年半ば、外傷性脳損傷の2相終了が2018年末。
    当初は両方とも年内に結果発表を行うスケジュールだったはずです。
    2年も遅延するのは治験デザインや進捗管理に難があるからで、トップの責任が問われても仕方がないと思います。
    株主総会ではこの問題を正面から追及し、治験の加速を求めるべきです。

  • 中期経営計画は将来の事業環境の不透明さや未達リスクが高く、現時点での「青写真」にすぎません。
    アメリカでは大半の企業が中期経営計画を策定していません。
    今回の帝人の中計のなかで確かに「パイプライン戦略」でB623が出ていますが、SBB623はこれまでも同社の「パイプライン」の一つだったのに契約後8年間も進展がなかったわけで、非常に曖昧な位置づけであることに変わりはありません。
    ちなみに、日経新聞も今回の帝人の中計に懐疑的です。
    h ttp://www.nikkei.com/article/DGXLZO12605940W7A200C1TJC000/

    中計はあくまで大雑把な「計画」で拘束力もないので、過信していると梯子を外されることになりかねません。

  • >>No. 2220

    TBIの2相終了後、ライセンスアウトして資金が逼迫する前にまとまった契約金を受け取れば増資の必要性は薄れます。
    増資にするにしても、SB623の適応拡大と合わせれば市場は好感するでしょう。
    そのシナリオ通りいくのかは今後の治験加速と経営手腕にかかっていると思います

  • >>No. 2313

    治験の失敗ではなくても、遅延するのは一本足打法の創薬ベンチャーには打撃であることは間違いないと思います。

    機関のアルゴか空売りか分かりませんが、なぜこのタイミングで仕掛けてきたかです。

本文はここまでです このページの先頭へ