ここから本文です

投稿コメント一覧 (5コメント)

  • ザクティ の赤字は年間20億円。
    せめてドラレコでも扱っていれば起死回生はあったろうが。
    台湾もシンガポールもダメ、KUDANも業績悪化、小水力の会社も赤字。
    哲夫の泣き顔が見たいわ。

  • 不動産売却で得たキャッシュが既に手元にない。結局資金繰りに苦しみ不動産売却をしたということだ。また40億円の売却益が無ければ前年同様大幅な赤字。現時点での赤字は事業の性質上やむを得ないが、このまま損失が拡大すれば事業の切り売りもあり得るかもしれない。

  • 確保したキャッシュをどう運用するのか、借金の返済か、新たな投資か、ザクティの整理か、哲夫のポケットを膨らませることがあってはならない。

  • 国際航業が長い間保有していた資産を売却した。短期借入の返済や受注減の影響がある可能性。これまでも資産売却時は危機に立たされた時だった。山下も窮地に立たさたか。

  • 山下陽子、懐かしい名前だ。その昔、この子はテツオの会社Japan Landの子会社LUX Partnersにいたよ。役員だったか。若いくせにたいそうな報酬をもらっていた。結局Japan LandもLUXも閉鎖(事実上の倒産)したけどね。テツオのJapan Landは不適切な情報開示、データセンター事業のトラブルによりシンガポール株式市場からつまみ出された。ぽいってね。あきれた監査会社もさじを投げておりてしまったよ。Japan Land、最後は哀れだった。株価0.3シンガポールドルまで落ちてしまった。よく覚えてないが最後の年の決算は50億円とか60億円の赤字になり、資産を手放した。それでも残った借金はどうしたかって?し、しらない。やつのことだから、あの手この手を使って自分の懐を痛めないようにすることだろうよ。日本アジアグループ、決算が楽しみだ。どういう姑息な手を使って、赤字から免れるか、じっくりみさせてもらうよ。テツオは逆境に強いからな。これまでも何社も会社を閉鎖にしては生き延びてきたからな。ただし、ただしだ、株価には無頓着。シンガポールの哀れな株価は日本では見たくない。頼むぞテツオ。

本文はここまでです このページの先頭へ