IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3173コメント)

  • >>No. 379

    当人の投稿を読んでみたが、あまりに身に覚えのない決めつけ方をされ
    攻撃されたので仕方無く、経歴を披露したようですね。自慢話にとられたのは
    本人にとっては、不本意だったようですね。

    ある人さんの頭の中には、一般公務員は、不必要ということですか。
    人の幸せの為に働き、幸せを感じないような公務員さんには
    辞めてもらうしかないと思いますが、どれだけいるのかは定かでは
    ありません。

    逆に、社会の為頑張っている公務員には、プライド、責任感を持って
    国を、地域を引っ張って行ってもらわなければなりません。

    昨今、高級官僚の不祥事が目に付き、評価を落としてますが
    事実を明らかにし、国民の納得できる対応は必要だろうと思います。

  • >>No. 376

    >形のないプライドや名誉にしがみついて、本当に価値のあるものに気づかず人生>を終えるのか、このおじいさんは。
    >与えられたレールをただ歩んだだけの借り物人生。あなたの代わりは沢山いる。

    男は、プライドや、名誉に価値を感じる人が多いからね。
    それはそれで、一つの生き方。いきがいは、ひとそれぞれ。

    食べる為には、与えられたレールを歩まざるを得ない人が多いかも。
    ただ、その中で、自分らしさを出し、楽しさを味わう事は
    出来る。

    ところで、ある人さんの考える「本当に価値あるもの」って
    なんだろう?

  • 昨年の急騰場面では、想定以上の利益を享受し、一旦全株売却しましたが
    株価も底を打ちそうなので、再参入する事にしました。

    全固体電池、新型熱電発電素⼦の進捗に期待してます。ただ、足元では
    業績に懸念があるので、それなりの保有数です。下がったら買い増ししていく
    スタンスです。

  • >>No. 177

    こういう拡散は、やめて欲しいね。
    目先の株価だけ追うイナゴが大量発生し、なにもいい事無い。

  • >>No. 99

    私のネーム部分をクリックすると、過去コメが見れます。
    そこで、ステムリムに関する概要を投稿してるので
    参考にしてみて下さい。投資するかどうかは、自己責任で
    お願いします。

  • 姫さんに贈る言葉(格言)

    楽天証券解説より↓
    「卵は一つの籠(かご)に盛るな」

    相場格言であり、「資産運用の王道」を表す言葉。
    欧米で古くから言われる「Don’t put all your eggs in one basket.」を日本語訳したものだ。

    「卵を1つの籠に盛ると、その籠(かご)を落としたときに全部割れてしまう可能性がある。複数の籠に盛っておけば、そのうち1つの籠を落としても、他の籠に盛られた卵からやがて“ヒヨコ”が生まれ鶏(にわとり)に育つ可能性がある」との意味。

    【投資の世界では】
    1つの個別銘柄、1カ国の市場(マーケット)に、1つの資産(たとえば、株式だけ)に集中投資するのは、それだけリスク(リターンのブレ)を取ることでもある。リスクを抑えたければ、分散投資(バランス運用)するべき。これは、投資や資産運用のセオリーだ。

  • >>No. 5

    阪大のHPを見ると、大塚製薬が関係しているように思われます。
    実用化の段階でどうなるか現時点で不明のようですが、流れから言って
    関わりの深い大塚製薬が導入するのではないでしょうか?
    ttp://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~hmtonc/vaccine/organization.html

  • 伸びしろが半端ない。
    いずれ、そう遠くない時期に全世界に拡大していくことを
    考えると、今の株価の上げ下げは、そう神経質になる必要は
    無いと思うが・・・

  • NO10306ちぃ☆ほしよみさん投稿記事ですが
    とても分かりやすくまとめられた投稿文なのに、非表示なっています。
    もったいないので、ステムリムに関心のある投資家の方々に見てもらうべく
    了解を得ないまま、コピペさせて頂きました。問題があるようなら
    削除しますので、よろしくお願いします。

    以下コピペ
    ① ニャント 自己資本比率 96.5%

    ② 既存のライセンス契約で定められたマイルストーンや
      ロイヤルティーとは別に
      新たに最大で総額31億円の対価を受領予定

    ③ 20年7月期の営業損益を従来予想の10.90億円の赤字から
      4.09億円の黒字(前期実績7.26億円の赤字)に上方修正 

    ④ HMGB1ペプチド(レダセムチド)に関し、塩野義製薬との間で
      複数の疾患に対する臨床開発を加速度的に展開するための
      新たな契約を締結し、黒字に転換

    ⑤ レダセムチドは、怪我や病気で損傷した組織を生きた細胞を用いることなく
      薬の投与により再生させる再生誘導医薬で
      患者の骨髄内に存在する間葉系幹細胞を刺激し血液中に放出させる

    ⑥ 表皮水疱症患者に対するP2相医師主導治験は
      良好な成績が確認されており、現在、承認申請に向けて 準備

    ⑦ 塩野義製薬とステムリムは共に新たに3つの疾患
     (慢性肝疾患、変形性膝関節症、心筋症)を対象とした
      医師主導治験を推進していく。

    ⑧ 再生誘導医薬候補S-005151(一般名:レダセムチド)は

      【全世界における独占的開発・製造・販売権】を保有している

    ⑨ 急性期脳梗塞患者を対象とした国内P2相試験についても進行
     


       変形性膝関節症を 患う高齢者は多いのです
       現在の治療は ヒアルロンサンの注射をし 痛みを和らげるだけ

  • 情報が錯綜しているようなので正しい情報を載せておきます。
    塩野義のHMGB1ペプチドに対する信頼感と、期待感が拡大されているのが
    見て取れます。

    上場前の市場での悪評価は、今回のIRで払拭されたのではないだろうか?
    塩野義からの新たな研究開発費支給というサプライズは、ステムリムに対する
    評価を一変させ、改めて投資に前向きな投資家を引き込んだように思う。


    参考
    四季報より↓
    【受 領】HMGB1ペプチドは表皮水疱症治療薬の医師主導治験終了、導出先の塩野義製薬から開発達成報奨金。後続の新規ペプチド薬開発へ開発費高水準。21年7月期も新規ペプチド医薬研究開発費かさむ。

    【申請準備】表皮水疱症治療薬は治験2相終了で導出先が承認申請準備。急性期脳梗塞薬も導出先で治験2相進む。新規ペプチド等の治験開始目指し非臨床試験推進。

    参考
    6月30日発表のステムリムIRの抜粋↓

    HMGB1 ペプチドの適応拡大に向けた新たな契約締結に関するお知らせ

    当社は、本日開催の取締役会において、2014 年 11 月 14 日付のライセンス契約で塩野義製薬株式会 社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下、「塩野義製薬」)へ導出済みの HMGB1 ペプチド[開発コード:S-005151、一般名レダセムチド]に関して、塩野義製薬との間で、今後、複数の疾 患に対する臨床開発を加速度的に展開していくための新たな契約を締結することを決議致しましたので、 お知らせ致します。

    本契約により、当社は、塩野義製薬との既存のライセンス契約で定められたマイルストーンやロイヤリテ ィとは別に、新たに最大で総額 31 億円の対価を塩野義製薬から受領する予定です(契約条件に関する これ以上の詳細は非開示とさせて頂きます)。

  • いまいち胡散臭さが感じられたステムリムに、塩野義の契約拡大で
    安心感、信頼感が出て来たことは大きい。今週中は寄らないだろうと
    思う。

    ******************
    日経電子版より抜粋↓
    <マザーズ>ステムリムが買い気配 今期最終の黒字転換を好感
    2020年7月1日 11:16 [有料会員限定記事]

    SBI証券の長谷川稔シニアアナリストは「販売力のある塩野義との契約で着実な業容拡大を確認でき、投資家に安心感をもたらした」と指摘した。
    〔日経QUICKニュース(NQN)〕

  • 今回のIRで、さらに信頼度が高まって来た。
    予想以上にスピーディーな開発進捗。
    ステムリムの目指す荒野は、果てしなく広い。

  • 参考
    日経電子版より抜粋↓
    楽天系、がんの光免疫療法新薬 厚労省に早期承認申請
    2020/6/29 11:52

    楽天メディカル(米カリフォルニア州)は29日、がんの光免疫療法に使う新薬について、日本の厚生労働省に「条件付き早期承認制度」の承認を申請したと発表した。同療法の医薬品の承認申請は世界初という。認められれば、年内にも再発した頭頸(とうけい)部がん向けに実用化される可能性がある。

  • >>No. 7

    >光免疫療法
    >条件付き承認おめでとうございます

    まだ、申請ですね。

    *********************
    日経電子版より抜粋↓
    楽天系、がんの光免疫療法新薬 厚労省に早期承認申請
    2020/6/29 11:52

    楽天メディカル(米カリフォルニア州)は29日、がんの光免疫療法に使う新薬について、日本の厚生労働省に「条件付き早期承認制度」の承認を申請したと発表した。同療法の医薬品の承認申請は世界初という。認められれば、年内にも再発した頭頸(とうけい)部がん向けに実用化される可能性がある。

  • 日経電子版より↓一部抜粋
    そーせい、炎症性疾患の創薬で米アッヴィと提携
    2020年6月25日 18:22

    そーせいは25日、米製薬大手アッヴィと提携したと発表した。主に炎症性疾患や自己免疫疾患を標的にした低分子医薬品の開発に取り組む。

    そーせいは、細胞間の情報伝達にかかわる「Gタンパク質共役受容体(GPCR)」を標的にした独自の創薬技術を持つ。医薬品につながる候補品を見つけ出し、前臨床試験までの研究開発を進める。

    アッヴィは独占的なライセンス料を支払うことでグローバルでの医薬品開発・販売を進めることができる。
    炎症性疾患や自己免疫疾患には一般的に関節リウマチや炎症性腸疾患などがあるが、今回の創薬で具体的な疾患ターゲットは非公開としている。

    そーせいは、契約一時金と初期マイルストンとして最大で約34億円を受け取る。さらにオプションや開発・販売の達成に応じて、最大約402億円を受け取るほか、グローバルでの販売高に応じて段階的にロイヤルティーを受けとる権利を持つ。
    アッヴィは最大4種類の標的まで拡大できるオプションを持っており、総額約1065億円を超える取引額となる可能性があるという。

  • 朝日新聞デジタル↓
    鹿児島大、コロナ治療薬候補の化合物確認「増殖を抑制」
    6/22(月) 20:59配信


     鹿児島大の研究チームは22日、新型コロナウイルスの治療薬として有望な化合物群の特定に成功した、と発表した。治療薬として特例承認を受けた「レムデシビル」と同等かそれ以上のウイルス増殖の抑制効果を、実験レベルで確認できたとしている。抗ウイルス薬の発明として特許庁に出願済みで、特許譲渡契約を結んだ創薬会社が治療薬の開発に着手するという。

     鹿児島大ヒトレトロウイルス学共同研究センターによると、3月に国立感染症研究所からウイルスの提供を受け、センターで保有する薬剤の中で有用な化合物がないかを調べた。効果が高いと予想される化合物から優先的にサルの培養細胞を使った実験をして比較した結果、ウイルスの増殖を強く抑制する化合物群を特定できたという。

     馬場昌範センター長は「治療薬として使えるよう、研究を積み重ねていきたい」と話す。この特許の譲渡契約を結んだオンコリスバイオファーマ(東京)が今後、国際特許の出願や大量合成法の開発、安全性の試験などを行う予定としている。(

  • NHKニュースWEB↓抜粋
    新型コロナ 30分以内に感染判定 新検査法開発 実用化へ
    2020年6月22日 14時55分新型コロナウイルス

    新型コロナウイルスに感染しているかどうか、特別な装置を使わずに30分以内に判定できる新たな検査法を日本大学などの研究グループが開発し、製薬大手の塩野義製薬が実用化を進めると発表しました。感染の第2波が懸念される中、早期の実用化を目指したいとしています。
    ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20200622/k10012479561000.html

  • 日経電子版より一部抜粋↓
    塩野義、コロナ判定キット開発へ 日大などとライセンス契約
    新型コロナ ヘルスケア 2020/6/22 11:06

    塩野義は日本大学、群馬大学、東京医科大学との間でSATIC法に関するライセンス契約の締結で基本合意した。専用機器を必要とせず、30分程度で判定できるのが特徴。新型コロナに限定せず、インフルエンザなどの感染症も対象となる。

    新型コロナの検査キットを実用化した場合、海外からの渡航者を受け入れる際の感染者のスクリーニングでの活用も想定する。早期診断による重症化の予防対策が可能になるとしている。

    加藤勝信厚生労働相は22日の参院決算委員会でSATIC法を応用した検査法に関して「今回の方法を含めて現場で使えるということであれば積極的に取り入れる」と述べた。

  • >>No. 781

    一部の専門家対象のメディアでなく日経1面で大きく取り上げられた意義は
    大きい。この記事で、初めて塩野義の現況が分かった投資家は多いと思う。
    がんばれ塩野義。

本文はここまでです このページの先頭へ