ここから本文です

投稿コメント一覧 (563コメント)

  • >>No. 612

    >
    > 粉飾、ゾンビ企業なんでもあり、
    > コントロール出来ているのは株価操縦だけです。

    支持率も株価でコントロール。

    インチキ市場、あははは


  • 東証も潰れろ、インチキ市場

  • >>No. 612

    >
    > 粉飾、ゾンビ企業なんでもあり、
    > コントロール出来ているのは株価操縦だけです。

    ぱき〜ん


  • 粉飾、ゾンビ企業なんでもあり、
    コントロール出来ているのは株価操縦だけです。



  • こんな希釈化された糞株を誰が買うんだよ、


  • おい、東証、

    株価操縦だろ、
    > Q.機構が保有する株式の売却が、新・総合特別事業計画で計画されていますが、いつ頃に予定されていますか。
    > A. 新・総合特別事業計画では、機構が、国や社外取締役と協議しつつ、「責任と競争に関する経営評価」を行うこととしております。2020年代半ばの経営評価において、進展が評価された場合、一定の株価を前提に、機構が保有する株式の市場売却を開始すると計画しています。
    >
    >
    >
    > つまり、希釈化された糞株が市場に垂れ流し。


    > Q.機構が保有する株式の売却が、新・総合特別事業計画で計画されていますが、いつ頃に予定されていますか。
    > A. 新・総合特別事業計画では、機構が、国や社外取締役と協議しつつ、「責任と競争に関する経営評価」を行うこととしております。2020年代半ばの経営評価において、進展が評価された場合、一定の株価を前提に、機構が保有する株式の市場売却を開始すると計画しています。
    >
    >
    >
    > つまり、希釈化された糞株が市場に垂れ流し。


  • おい、東証、

    株価操縦だろ、

  • > > 【大口が買い上げてますが、
    > >
    > > …】
    > > 大口が買い上げてますが、
    > >
    > > 提灯が付かないから、
    > >
    > > 近々、暴落します。
    > >
    > > ご注意

  • > 火事が起きても見て見ぬふり
    >
    > 福島第一原発での配水管入れ替えの様子。いたるところで汚染水が漏れ、毎時100ミリシーベルト以上の場所も点在する
    >  都内に住む高橋南方司(なおし)氏(71)は、2011年まで22年間1Fで働いていた。仕事は作業員の健康をチェックし、足場を作る指示を出す安全管理。ボヤが起きていないか、構内を見回るのも仕事だった。
    >
    >  「原発では火の出る作業はいくらでもありますが、第一発見者は『あなたが火元じゃないんですか』と東京電力から疑われるのがイヤで、報告などしません。見て見ぬふり。小さい火事なら、まわりに燃えるものがなければ広がらない。木片などをどかすぐらいです。
    >
    >  モニター管理している東電や東芝などの元請けが気づき、火を消す際も消火器など使いません。布をかけて酸素を遮断するなどして、なんとかするんです。水をまいたり消火器を使うと火災扱いになり、消防署へ届ける義務が生じる。だからシートをかぶせたり踏んだりして、痕跡を残さないようにモミ消しているんです」
    >
    >  被曝制限量超えを嫌う下請け作業員が、高線量を知らせるアラーム・メーターをハズして仕事するのも日常的。なかには地下にモレた汚染水と思われる水を、「バケツを素手で持ってかき出せ」と元請けから指示された作業員もいる。

  • > 【大口が買い上げてますが、
    >
    > …】
    > 大口が買い上げてますが、
    >
    > 提灯が付かないから、
    >
    > 近々、暴落します。
    >
    > ご注意

  • No.295

    強く売りたい

    ぶっ、潰れろ

    2015/07/16 11:25


    ぶっ、潰れろ


  • 大口が買い上げてますが、

    提灯が付かないから、

    近々、暴落します。

    ご注意

  • 甲状腺に生ずる悪性腫瘍のうち上皮由来のものをさす。甲状腺腫のうちの結節性甲状腺腫の1つである。

    広島、長崎の原爆投下により多発した小児甲状腺癌や、チェルノブイリ事故等の被曝で多発した小児甲状腺癌については、大人の甲状腺癌とは、挙動が全く違うものである。 チェルノブイリ事故の時には、事故当初、エコー検査機器も無く、4年後にアメリカからエコー検査機器が贈られた時には、既に子どもたちの小児甲状腺癌が多発していた事が、知られている。 また、その挙動は、チェルノブイリ事故の時にも貢献した医師によると、小さなしこりの段階で見つけても、リンパ節や肺等への転移の激しい悪性の癌だと述べている。 癌の検査では、当然のように穿刺吸引細胞診を行う。だが、日本の子どもたちは、高確率で診断出来る穿刺吸引細胞診を、簡単には受けさせてはもらえない。

  • Q.機構が保有する株式の売却が、新・総合特別事業計画で計画されていますが、いつ頃に予定されていますか。
    A. 新・総合特別事業計画では、機構が、国や社外取締役と協議しつつ、「責任と競争に関する経営評価」を行うこととしております。2020年代半ばの経営評価において、進展が評価された場合、一定の株価を前提に、機構が保有する株式の市場売却を開始すると計画しています。



    つまり、希釈化された糞株が市場に垂れ流し。

  • 火事が起きても見て見ぬふり

    福島第一原発での配水管入れ替えの様子。いたるところで汚染水が漏れ、毎時100ミリシーベルト以上の場所も点在する
     都内に住む高橋南方司(なおし)氏(71)は、2011年まで22年間1Fで働いていた。仕事は作業員の健康をチェックし、足場を作る指示を出す安全管理。ボヤが起きていないか、構内を見回るのも仕事だった。

     「原発では火の出る作業はいくらでもありますが、第一発見者は『あなたが火元じゃないんですか』と東京電力から疑われるのがイヤで、報告などしません。見て見ぬふり。小さい火事なら、まわりに燃えるものがなければ広がらない。木片などをどかすぐらいです。

     モニター管理している東電や東芝などの元請けが気づき、火を消す際も消火器など使いません。布をかけて酸素を遮断するなどして、なんとかするんです。水をまいたり消火器を使うと火災扱いになり、消防署へ届ける義務が生じる。だからシートをかぶせたり踏んだりして、痕跡を残さないようにモミ消しているんです」

     被曝制限量超えを嫌う下請け作業員が、高線量を知らせるアラーム・メーターをハズして仕事するのも日常的。なかには地下にモレた汚染水と思われる水を、「バケツを素手で持ってかき出せ」と元請けから指示された作業員もいる。

  • 核燃料プールに潜る外国人ダイバー

    線量の高い建屋地下での作業では、20kg近い酸素ボンベなどを背負って仕事する(写真・東京電力)
     「(核燃料)プールに入る外国人ダイバーをよく見かけました。休憩所では会わないけど、現場に行くときにスレ違うんです。航路で全国をまわるんでしょう。船のカタログを見ていましたから。プールに入ると、200~300ミリシーベルトの被曝をする。1回のダイブで200万円はもらえると仲間から聞きました」

     こう証言するのは、2010年から福島第一原発で働いている30代の現役作業員・水野豊和氏(仮名)だ。建屋内の巨大なタービンを分解し、機能を点検する仕事をしている。

     日本人作業員の年間被曝制限量は、50ミリシーベルト。水野氏によると、大量被曝する危険な仕事には外国人作業員がかり出されているという。

     外国人作業員の問題は以前から指摘されていた。1977年にはカメラマンの樋口健二氏が敦賀原発(福井県)で働く黒人作業員の写真をとり、存在を否定していた科学技術庁と通商産業省(いずれも当時)が国会で追及され認めた経緯がある。

     「プールの底には、タバコの吸ガラやペンなどさまざまなものが落ちています。それを拾うために放り込まれるのでしょう。1F(イチエフ、福島第一原発のこと)には黒人だけでなく白人もいました」(水野氏)

     事故直後だけでなく、平時の原発作業もズサンで、電力会社の発表はウソにまみれている。ここで紹介するのは、『原発労働者』(講談社現代新書)などの著書がある音楽家・寺尾紗穂氏(33)が聞いた作業員3人の決意の証言だ。

  • 「原発はズサンでウソだらけ」作業員3人、決意の重大証言! データを書き換え、ボヤを見逃し、黒人を燃料プールに放り込む・・・

  • その因果関係が公式に認められているのは甲状腺ガンだけですが、チェルノブイリ原発事故後、白血病やその他の病気が増えたという報告も数多くあります。


    ○甲状腺って一体何なのさ?“
     甲状腺はのど喉のあたりにある器官のことで、蝶が羽を広げたような形をしています。甲状腺ではヨウ素(ワカメや昆布に多く含まれる)を材料として甲状腺ホルモンを作り出しています。この甲状腺ホルモンは体の発育や成長、新陳代謝などに欠かせない働きをしています。成長期にあるこどもたちの甲状腺は、特にヨウ素を吸収しやすいと言われています。

  • 病気の特徴

    甲状腺癌の種類のひとつで、一番多いタイプです。原因はまだ不明で、症状がないことが多いのですが、あったとしても甲状腺にできる痛みのないしこりや、リンパ節の腫れ程度です。乳頭という名前ですが、胸にある乳腺とは全く関係がありません。この癌細胞を顕微鏡で観察すると、癌細胞が「乳頭」のような形をつくっているので、この名前がつけられています。
    甲状腺乳頭癌には、以下のような特徴があります。
    ゆっくり発育し、性格がおとなしい症例が多い
    頚部のリンパ節への転移が多い
    肺や骨など遠隔臓器への転移は少ない
    進行すると、反回神経(声を出す神経)や気管に浸潤することがある
    約5%の確率で家族内発症がある

  • 悪性リンパ腫
    悪性リンパ腫は、全身のあらゆるリンパ組織を起源に起こってきます。甲状腺にはもともとリンパ組織はありませんが、リンパ球が浸潤(周囲の組織を侵していくこと)するような橋本病では、悪性リンパ腫を発症することがあります。甲状腺原発の悪性リンパ腫は、悪性リンパ腫全体の約1~2%を占め、甲状腺原発悪性腫瘍の2~5%を占めます。
    甲状腺の悪性リンパ腫は橋本病を基盤として起こることが多く、当院の統計では悪性リンパ腫の患者様のなかで82%の人が橋本病を合併しており、また男女比が1:4.3と、女性に多くみられます。
    この病気の場合、急に甲状腺が大きくなったり、腫瘍のようにはれてくるのがもっとも特徴的な症状です。また大きくなってくると、飲みづらい、声がれ、呼吸が苦しい、などの症状が出ることがあります。
    検査方法としては、超音波検査(エコー)、細胞診(エコー下穿刺吸引細胞診 )でこの病気を疑い、確定診断のためには甲状腺試験切除(生検)を行います。治療法は、悪性リンパ腫のなかのさらに細かい分類や、病気の広がりによって決まりますが、化学療法、放射線治療などを行います。なお、当院での5年生存率は93.7%となっています。

本文はここまでです このページの先頭へ