ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • 9:10でもう950、4.05%。

    今日は1000突破、最後の900台。これから「どんどん騰がる」。


    現在値/前日比[円]
    ↑ 950 (09:10:44) +37 (+4.05 %)

  • 決算速報】フライト<3753>---18年3月期1Qは増収・黒字転換、経常利益は7200万円
    18時08分配信 フィスコ
    フライトホールディングス<3753>が09日の15:00に発表した2018年3月期の第1四半期決算は、第1四半期会計期間では、売上高が前年同期比199%増の6億500万円、経常利益が7200万円

  • h ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170809-00000517-stkms-stocks

    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月9日発表分)
    20時00分配信  ヤフーファイナンスニュース

    ■フライトホールディングス <3753> [東証2]
    4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過。

  • 平成30年3月期 第1四半期決算短信 〔日本基準〕(連結)から抜粋すると、相当に好調だな!!!


    h ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1506012

    1.当四半期決算に関する定性的情報
    (1)経営成績に関する説明当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益、雇用環境や個人消費に改善が見られ、緩やかな回復基調が続いております。

    このような状況の中、当社グループは、既存顧客向けのシステム開発及び電子決済ソリューション
    (「Incredist」、「Incredist Premium」及び「ペイメント・マイスター」)の開発及び販売に注力しました。
    以上の結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、売上高605百万円(前年同期比199.0%増)、営業利益は66百万円(前年同期は営業損失103百万円)、経常利益は72百万円(前年同期は経常損失115百万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益は57百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失116百万円)となりました。

    (以下略)

  • h ttps://kabutan.jp/stock/news?code=3753&b=k201708090099

    フライトホールディングス <3753>【連結】
    2017年08月09日15時00分 株探ニュース

    フライト、4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過
     フライトホールディングス <3753> [東証2] が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は7200万円の黒字(前年同期は1億1500万円の赤字)に浮上し、4-9月期(上期)計画の3000万円に対する進捗率が240.0%とすでに上回った。

     直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-51.0%→10.9%に急改善した。

  • アップルペイの環境がバッグンにいいね。

    さらにフライトの経営を上昇させるね。

    h ttp://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H31_Z00C17A8EE8000/?dg=1&nf=1
    スマホ経由、消費全体の8% 総務省の16年度調査
    2017/8/9 20:00 日本経済新聞電子版

     スマートフォン(スマホ)を使ったネットショッピングによる消費額が2016年度、消費総額の8%になったことが総務省の調査で分かった。スマホ向けゲームのほか、娯楽施設のチケットの購入などで多く使われた。旅行のための情報収集など、間接的に消費につながるような使い方も多く、スマホが消費に及ぼす影響は大きいと総務省は分析している。

     総務省がスマホの利用動向についてアンケート調査し、その結果をもとに初めて算出した。直接買い物した金額を年代別でみると、最も多かったのは30歳代で月に平均1万235円だった。20歳代も9459円と1万円前後使っている。

     あわせてスマホで情報収集したことがどれだけ消費につながったかも分析した。最も多かったのは旅行・宿泊で月平均1404円となった。スマホでの情報収集の影響力が大きいと総務省では分析している。

     ただ、米国ではスマホによる消費額は消費総額の19%で、日本はまだ半分に満たない。日本のスマホ消費は発展途上だ。

  • h ttp://portal.morningstarjp.com/StockInfo/pts/ranking

    PTSランキング22位。5.14%アップ。960。


    現在値 PTS:リアルタイム 20分ディレイ
    PTS(リアルタイム) 株価比較
    960+47(+5.14%) (08/09 22:46)
    始値 968 (08/09 17:58)
    高値 968 (08/09 17:58)
    安値 950 (08/09 22:04)
    出来高 700 (08/09 22:46)
    売買代金 671,800
    基準値 913

  • 対上期進捗率240%なら,通期でも相当な進捗率だな!

    明日はSTOP高だろう。もう3桁で買うことは,明日が最後だろう。

  • h ttps://kabutan.jp/stock/news?code=3753&b=k201708090099

    フライトホールディングス <3753>【連結】
    2017年08月09日15時00分 株探ニュース

    フライト、4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過
     フライトホールディングス <3753> [東証2] が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は7200万円の黒字(前年同期は1億1500万円の赤字)に浮上し、4-9月期(上期)計画の3000万円に対する進捗率が240.0%とすでに上回った。

     直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-51.0%→10.9%に急改善した。

  • h ttps://kabutan.jp/stock/news?code=3753&b=n201708090642

    ★本日の【サプライズ決算】 続報 (8月9日) 株探ニュース

    フライトホールディングス <3753> [東証2] 4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過

  • PTSではもう4.05%アップ。

    現在値 PTS:リアルタイム 20分ディレイ
    PTS(リアルタイム) 株価比較
    950+37(+4.05%) (08/09 22:04)
    始値 968 (08/09 17:58)
    高値 968 (08/09 17:58)
    安値 950 (08/09 22:04)
    出来高 500 (08/09 22:04)
    売買代金 479,800
    基準値 913

  • Incredistは日本製です。韓国製とは、悪質なウソデマ情報なので,証券等監視委員会に取り締まるように通知いたしました。

    小職は株主総会に出席しているから,断言できます。

    「あ」はいつもデマウソの悪質投稿の常連だね。


    h ttp://www.nikkei.com/article/DGXNASHC02042_S1A201C1000000/

    ヤフー掲示板に虚偽の提携情報 風説の流布容疑
    投稿した男逮捕
    2011/12/3付 日本経済新聞

     自分が株を保有する企業の株価つり上げを狙い、インターネット大手「ヤフー」が運営する掲示板に、ジャスダックと東証マザーズに上場する4社に関する虚偽の提携情報などを書き込んだとして、兵庫県警捜査2課と垂水署は2日、無職の男(40)を、金融商品取引法違反(風説の流布など)の疑いで逮捕した。県警などは投資家を誤信させるネット上の虚偽情報の悪質性を重くみている。

     逮捕されたのは神戸市垂水区桃山台1、無職、佐藤昇容疑者。

     同課などによると、佐藤容疑者は投稿後の株取引で計約5万円の利益を上げたとみられ、「間違いない」などと容疑を認めている。

     逮捕容疑は8月24~29日、保有する4社の株式を高値で売り抜こうと画策。自宅のパソコンを使い計15回にわたり、ヤフーの掲示板に虚偽の書き込みをした疑い。

     同課によると、佐藤容疑者が虚偽情報を書き込んだ後で、実際に数人が投稿を閲覧して当該企業の株式を買っていたことが確認された。

     虚偽情報を書き込まれたのは関西を中心に介護サービスを展開する「ロングライフホールディング(HD)」、製造請負・派遣の「日本マニュファクチャリングサービス(nms)」など。

     2社は「投稿内容は事実ではなく、当社は直接関係がない。詳細は捜査中のためコメントできない」などとしている。

     佐藤容疑者は投稿時、情報源として「日本経済新聞」や専門情報検索サービス「日経テレコン21」を掲示板で挙げていたが、日本経済新聞と日経テレコン21は、投稿内容の記事や情報を一切掲載していない。

     日本経済新聞社広報グループの話 当社とは一切関係ない情報に日経グループの名前が使われ、ネット犯罪に悪用されたことは大変遺憾です。

  • h ttp://www.nikkei.com/article/DGXMZO18958760Y7A710C1000000/

    アップル、モバイル決済の普及度 米では年内に50%へ
    2017/8/8 6:30 日本経済新聞

    米Apple(アップル)のモバイル決済サービス「Apple Pay(アップルペイ)」。このサービスについて関係各所を取材していると、同サービスの登場前後で業界地図が大きく変化しており、「そのインパクトは非常に大きい」という話が必ずといっていいほど聞こえてくる。


     例えば日本ではJCBがApple Payの登場後にカード発行枚数とトランザクション数で「従来のカード業界では例を見ない増加」を達成しているなど、国内でのサービス開始から半年程度で無視できないレベルの影響が顕在化している。

    2017年6月に開催された開発者会議「WWDC17」で講演した米Appleソフトウエアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのCraig Federighi氏。Apple Payは業界ナンバーワンのモバイル決済サービスと話した

     一方で、Apple Payに関する具体的な統計データはいまだ出されておらず、アップル自身も意図的に明言を避けているとみられる。関係パートナー各社でもApple Payの利用状況が分かる具体的な数字の拠出については“箝口令”が敷かれているようだ。

     2017年5月2日には、アップルの2017年度第2四半期(2017年1~3月期)決算会見において、ごく一部の最新データが紹介された。このように、断片的に出てくる周辺情報からある程度推測するしかないのが現状だ。

    ■1年間で450%の増加

     同四半期決算会見でCEO(最高経営責任者)のTim Cook(ティム・クック)氏は、台湾とアイルランドでApple Payが開始され、サービス提供国・地域が15カ国となり、非接触決済が利用可能な小売拠点は2000万以上に達したと紹介された。さらに5月17日にはイタリアでサービスが開始された。

    (以下略)

本文はここまでです このページの先頭へ