IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2110コメント)

  • >>No. 930

    前回、教えて頂きアクセスしたがPDFのダウンロードができませんでした。
    やっと、PDFがダウンロードできましたので、コメントを1つ。

    ◎街づくりに活用できるニューラルポケットのAI技術
    個人特定できない。データ複製しない。データ保存しない。
    ―― 画像データは残らない。人が映像を確認しないので、
    プライバシーを守りつつ、街づくりにカメラ画像処理の
    AI技術を利用しやすくなる。

    NPの端末内での顔認証は、設置端末の視界においての分析は有効であるが
    町全体の分析としては、正確性に欠けると思っています。

    そこで、NPは「複数の端末データを地域BWAなどの通信を用いて一度集約して
    データ化を中継地点にて行い、その場にて元データを消去する方法も検討する」
    ことで対応しようとしていると思いますが、皆さんのご意見は如何でしょうか?

  • 11月からの日経平均急騰は、海外投資家の2.4兆円の買いに対し
    個人投資家は、▲2.5兆円の売り越しです。
    そして、日経平均3万円台になると現物を売った個人投資家が
    居ても立っても居られないで買いに向かうのが歴史ですよ。(笑い)

  • 稚拙なコメントに反論する気も起りませんが、本人は直ぐ消すからと安易に
    思っているでしょうから、コピーを掲示板に残し「疾風丸の特集編」の投稿
    で警告しましょうかね(笑い)

    疾風丸1月14日 05:06
    利益確定したのか、一生懸命長文で解説した奴らが一斉に居なくなったから、今度は下目指すか😁自作自演とか💦💦
    知った様な投稿を繰り返してる奴らは、意外に短期信用組が多かったりして😍

  • >>No. 237

    gooさんへ
    丁重なる返信を頂き、誠にありがとうございました。
    私も来期以降の西松屋の成長を願っていますが、心配な点が1つあります。

    それは、12/11毎日新聞との社長対談で2025年までに200店舗拡大し、
    1,200店舗にすると宣言していますが、IR担当部長は、「今後も毎年
    50~60店舗程度の出店および30店舗程度の閉店(基本的に置き換えによる
    閉店)で年間20~30店舗程度の純増を目指す。」と回答しています。

    新社長が経営陣になってからスクラップ店が急増し、2年連続の2店純増
    になりそうですが、何故、こんなに出店計画が出鱈目なのでしょうか?
    店舗出店計画は、業績(営業利益)と異なり天候や月次売上などに影響されず
    計画的に推進されるべきと思いますが、ご意見は如何でしょうか?

  • >>No. 416

    大変貴重な情報、ありがとうございました。
    これで、スマートシティ案件がスッキリしましたよ。
    前回の決算発表と異なる案件は、
    石川県加賀市が無くなり、柏の森(個人的な推測)に変わった点
    ですね。

    既に、すべての案件が昨年7/27に開示されていたのですね。
    残念ながら、現在はそのページアクセス出来ないようですが.....
    海外も含め、やはりソフトバンク関連の案件が期待できるようですね。

  • >>No. 233

    gooさんへ
    流石ですね。毎日、稚拙な投稿が続き久しぶりに真面なコメントを拝見できて
    嬉しく思います。
    しまむらは、現在¥11,770と新年入りしてから好調が続いていますが、その
    切っ掛けは12/16野村證券の新規Buyのレーティングであったと思っています。
    まあ、問題児の三菱UFJMSの小場氏は、先週末にやっと1万円台に引き上げた
    レベルですが.....(苦笑)
    2021-01-08 三菱UFJMS Neutral継続 9700円 → 10300円
    2021-01-06 水戸 B+継続 12000円 → 13500円
    2020-12-30 大和 3 → 2格上げ 12000円
    2020-12-29 野村 Buy継続 13100円 → 13300円
    2020-12-29 GS 中立継続 8300円 → 9400円
    2020-12-16 野村 新規Buy(再開) 13100円
    2020-12-15 三菱UFJMS Neutral継続 8500円 → 9700円

    それにしても、西松屋のアナリスト評価は何故、厳しいのでしょうか?
    主幹事の野村證券は、2014年11月以降レーティング評価もしていません。
    私は、アナリストが西松屋を評価しないのは、IRの閉鎖性が最大の原因と
    考えています。
    以前に指摘しましたが新社長になって、有価証券報告書の開示レベルが悪化
    しました。
    個人的には、下記の項目をIR担当者に要求しましたが、
    1.決算説明会資料のHP開示
    2.決算発表にて出店計画の説明(店舗規模別、地域別)
    3.中期経営計画の作成と開示

    残念ながら改善される様子はありませんが、どのように思われますか?

  • >>No. 334

    > 誰か言ってたけど、ソフトバンク出資会社のAgoopって、NPと関係あるの?
    ⇒関係は全くありません。

    前の方が説明された通り、AgoopはスマホのGPS情報に基づいた解析であり
    NPは、映像解析のため双方の長所と短所が真逆の関係になります。
    簡単に説明するとGPSは、広域に強く、NPは狭域に強いと言えます。

    一般的にGPS情報は、特殊なアンテナを設置しない限り地下街、高層ビル内
    の位置取得が出来ませんのでビル内導線解析は対象外となります。
    また、GPS情報入手先は、スマホ携帯会社(キャリア)かスマホアプリに限定
    されるため移動者全員の位置取得には適しません。

    一方、NPが保有する技術は、狭域な視界が特徴ですが、難しいですよね。
     ・映像解析を用いた人流・属性分析技術
     ・映像解析を用いた視線検知技術
     ・映像解析を用いた交通量分析技術
     ・単眼カメラでの検知物体の位置推定
       2次元平面・地図へのプロット技術(特許技術)
     ・映像解析を用いた駐車場の利用状況分析技術
     ・走行中車両のナンバープレート解析技術
     ・顔認証
     ・車載カメラを用いた物体検知、環境情報収集、
       車間距離計測技術

  •  毎年恒例の楽天セミナーが今年はコロナ禍でオンラインセミナーとなりました。
    いつもの竹中平蔵氏の講演から始まりましたが、師弟関係の菅総理と先日2度目
    の単独会談をした師匠が今年は何に注目しているかを拝聴していました。
     結論としては、「スーパーシティ」でしたので早速、ネット検索で調べました。

     出来れば、この連休中に注目点について幾つか勉強を兼ねて投稿したいと思っ
    ています。ホルダーの皆さんも色んなご意見を頂けたら感謝致します。

    現在は、『新型コロナの影響もあり、予定を後ろ倒しにして2020年12月末から
    2021年2月ごろに募集を締め切り、2021年3月にスーパーシティ区域を5カ所
    程度、指定する。指定された自治体は住民や関係する事業者の意向を確認した
    上でスーパーシティを整備する計画だ。』となっているようです。

    前回の投稿は、東京都は2020年7月17日に採択した3件のプロジェクトの1つ。
     「大丸有(大手町・丸の内・有楽町地区スマートシティプロジェクト)」
     「竹芝(Smart City Takeshiba)」
     「豊洲エリア(豊洲スマートシティ)」
    本プロジェクトは、「スマート東京・TOKYO Data Highway戦略」の推進に
    向けた先導的事業となるようです。

     私は、スーパーシティと言えば「静岡県裾野市東富士エリア」位しか記憶に
    無く、「スマートシティプラットフォーム」を共同で構築し、政府の都市OS
    アーキテクチャを参照し、他都市と連携も進める計画となっているようです。

     政府が進める「スーパーシティ」構想とトヨタ自動車やNTTが共同で構築
    する「スマートシティプラットフォーム」などが、共通のデータ連携基盤で
    構築できるようになれば、他の都市への展開が加速することが期待されます。

    続く

  • >>No. 292

    カワウソさんへ
    投稿後外出したので返事が遅れ失礼しました。
    ご要望の画像は、下記のページありますので参照してください。

    東京都が実施する「スマート東京」の実現に向けた プロジェクトに
    「Smart City Takeshiba」が採択

    https://takeshiba.org/smart-city-takeshiba/?

  • IR担当者へ
    より詳細なNRを期待していますよ。

    ■「Smart City Takeshiba」について
    1.背景
     竹芝地区では、東急不動産と鹿島建設が2社共同で開発する「東京ポートシティ
    竹芝」(2020年9月14日開業予定)において、CiP協議会を中心に、複数の事業者
    が連携してデジタル×コンテンツ産業の集積による国際ビジネス拠点の形成を目指
    しています。
    また、竹芝エリアマネジメントが活動を行うエリアにおいて、東急不動産とソフト
    バンクは、2019年7月から最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマート
    シティのモデルケースの構築に取り組んでおり、これらの取り組みの延長とし
    て「Smart City Takeshiba」を推進することになりました。
    2.プロジェクトの概要
     竹芝地区において収集した人流データや訪問者の属性データ、道路状況、交通
    状況、水位などのデータをリアルタイムでさまざまな事業者が活用できるデータ
    流通プラットフォームや、先端技術を活用したサービスなどを竹芝地区に実装す
    ることで、回遊性の向上や混雑の緩和、防災の強化などを実現し、竹芝および
    周辺地区の課題を解決します。
    分野を横断したサービスにより、地区の経済的発展と付加価値の創出を目指し
    ます。

  • 新西松屋チェーン物語 ⑭
    (※物語は、個人的な分析による妄想ですから投資判断には注意願います。)

     昨日は残念ながらWボトム確定までの上昇とはなりませんでしたが、来週
    も上昇継続になると期待しています。
     しかしながら、三菱UFJMSのレポートを受けて来期のコンセンサスが大きく
    下方修正されました。
     現在、コンセンサスは2人のアナリストで算出されており、もう一人は
    岩井コスモスと想定し逆算しました。
     クイックリサーチのレポートも拝見できないため不明ですが、四季報に
    ついては、コンセンサスの算出に入らないようですね。
     以前にも投稿しましたが、四季報は業績分析した結果ではなく、ただ単に
    西松屋の業績予想に追随しているレベルですから参考になりません。

    ■西松屋 2022/02期 業績予想
                売上高 営業利益 経常利益 当期利益
    1/8コンセンサス    159,300  9,850  10,200  6,500
    三菱UFJ MS証券   158,600  9,200   9,700  5,900
    岩井コスモス(推定)   160,000  10,500  10,700  7,100
    四季報         165,000  11,300  11,600  7,650 
    クイックリサーチ(不明)

    ■西松屋 今期通期予想
            、   売上高 営業利益 経常利益 当期利益
    四季報         162,000  10,900  11,200  7,400
    個人予想        163,000  14,000  14,200  9,500 
    尚、三菱UFJMSのアナリストは、4Qの当期利益を
     前回▲661 → ▲113の赤字で算出しています。(笑い)

     さて、問題は4月の本決算発表です。このままコンセンサスが変わらない
    としたら、今期上場最高の増収増益から一転、大幅な減収減益となりかねま
    せんね。株価はそれを織り込みに来ています。多分.....

    続く

  • 12/3「めちゃくちゃ仕込んでいるので、年末年明けに
       かけて、どんどんスマートシティ関係は発表し
       ていきます!」
              ↓
    もしかして、年末年明けにかけてのプレスリリースとは
    12/25鎌倉市の案件だけだったのでしょうか?(苦笑)

  • 本日の日経Webより抜粋しますが、そろそろNRからのIRを期待しています
    が如何でしょうか?

    東急不動産岡田正志社長 
    「竹芝で蓄えたノウハウ、渋谷や九段の再開発に生かす」

    ――2020年は再開発「東京ポートシティ竹芝」(東京・港)が完成しました。

    「スマートビルの新しいモデルとなるオフィスタワーはリアルタイムデータ活用
    で施設内の混雑回避や利便性向上に貢献する。
    入居テナントのソフトバンクにはビルの企画から参加してもらったことで想定し
    ていたよりも一段高いレベルのビルをつくることができた」
    「今後は竹芝全体や来街者のデータを取っていき、竹芝全体のスマートシティー
    化を進めていく。
    エリアマネジメント組織にはソフトバンクや地域の企業、学校、住民、港区に
    入ってもらっている。
    スマートシティー化の実現にはいかに大量の情報を集められるかがカギになる
    からだ。これだけ恵まれているエリアは他にない」
    「竹芝での取り組みは当然今後の渋谷での再開発にも生かしていく。
    23年度にオフィスや店舗、住宅などで構成する『渋谷駅桜丘口地区第一種市街地
    再開発事業』(同・渋谷)が竣工するが、東京ポートシティ竹芝を超えるスマート
    ビル化を実現したい。
    22年竣工の『九段会館』(同・千代田)建て替えもスマートビル化するが、
    歴史的建造物と最先端デジタル技術のミックスというのは面白い」

  • 何故、日経新聞がHIS連携を今報道するのかと思いましたが、多分販売開始が
    本日1月8日から開始となっているからですね。

    西松屋は、人材不足で首都圏店舗開拓も出来ない状況で海外店舗開拓など絶対に
    やってはいけないが、HISとの連携は、相手の経営状況から好結果が得られる
    と推察していますよ。

    さあ!本日でWボトムを完成させてね!

    西松屋、海外のHIS店舗で子供服 タイやシンガポールで
    2021年1月7日 23:35

    子供服・ベビー用品の西松屋チェーンは8日から、旅行大手エイチ・アイ・エス
    (HIS)の海外店舗で自社のプライベートブランド(PB)衣料品を売り出す。
    タイとシンガポールのHIS店舗を通じて肌着やベビー服、水着など約5万点を販売。
    販路拡大と海外での知名度向上を狙う。
    タイとシンガポールは比較的在留日本人が多く、現地邦人などの購入を見込む。
    1月中には中国のHIS店舗でも販売する方針。
    タイ、シンガポールではオンライン販売も手掛ける。
    今後は衛生用品などの取り扱いも検討する。
    HISは海外65カ国に201拠点(2020年11月末時点)を持つ。
    西松屋チェーンは販路拡大でさらなる連携も検討する。
    西松屋は海外に直営店を持たないが、15カ国・地域に衣料品などを卸販売を
    している。

  • 昨日紹介した三菱UFJモルガンスタンレー証券のアナリスト小場氏が本日、
    しまむらのレポートを出しました。
    西松屋は、『この先今期並みの利益水準を維持し続けることは容易でない
    と考えている。新型コロナウイルス感染拡大一巡後の消費者の購買行動は
    不透明であり、再び消費者が郊外立地以外で買物をする機会を増やす可能
    性は低くないとみている。』
    これに対し、しまむらの評価は下記の通りです。
    また、前回の投稿通り西松屋は恣意的な減収減益に対し、しまむらの
    バースデイ事業の売上高は、来期1.9%増、翌年以降1.7%増と見ている。
    本当に、同一人物とは思えない評価ですが皆さんのご意見は如何でしょうか?

    ■しまむら
    同社は厳しい業績が続いていたなかで、短期生産による在庫コントロール、
    PBや取引先と共同開発したJB の展開を中心とした商品力強化、プロパー
    品打ち出しを強めたチラシの展開やレイアウト変更などに力を入れてきた。
    弊社では、小売業界全体でみられる郊外店の集客力アップという事業環境
    変化が契機になり、同社が長年進めてきた施策の効果が一気に消費者の間
    に認知されたとみている。
    業績の進捗等を踏まえ弊社業績予想を上方修正する。
    同社では、新型コロナウイルス感染下での消費者ニーズに合わせPB・JB・
    ファイバーシリーズといった戦略商品の展開を強化するほか、消費動向の
    変化・地域ごとの需要に対応した新たなチラシ作りやデジタル広告強化と
    いった広告宣伝の見直しを図り、さらに昨年10 月からオンラインストア
    をオープンするなどEC事業にも乗り出している。
    弊社では、こうした施策により業況改善一巡にあたる新年度2Q 以降も
    堅調な業績を残し、改めて安定成長軌道に乗せることが重要と考えている。

  • >個人的には、本日25日線をブレイクし、今週末にはWボトムを
    >完成させ、来週以降は1,600円台に短期間で回復すと予想して
    >いますが、如何でしょうか?

    今日、明日で¥1,592突破してWボトムの完成を期待しています。
    これから上昇スピードが上がって来ると予想していますが
    如何でしたでしょうか?

  • > レーティング1,600円って、適正株価3,000円超の約半分ですよ。相変わらず
     証券各社はスーパービッグバカですね。

    いつもの辛口コメント! ありがとうございました。

    アナリストの分析内容は下記のようですが、株価予想は恣意的に下げられて
    いますよ。
    その根拠は、来期の販管費が11億円増大し、特別損失を前期の倍増まで
    見積もっていますがその理由は一切触れていませんね。

    ■アナリスト評価
    事業環境の変化が契機となり同社が進めてきた施策の効果が一気に消費者に
    浸透し、長年低下傾向をたどってきた同社の集客力・利益水準が相当程度
    回復したとみる。
    ただし、同時にこの先今期並みの利益水準を維持し続けることは容易でない
    と考えている。
    新型コロナウイルス感染拡大一巡後の消費者の購買行動は不透明であり、
    再び消費者が郊外立地以外で買物をする機会を増やす可能性は低くないと
    みているためだ。
    弊社では底堅い成長を続けるためには、効果が出てきた「製造業からスカウト
    した技術者が開発するPB 商品の拡充」「仕入コントロールや店舗に納入され
    る前段階からの在庫管理強化」の一段の推進とともに、中期的には「人口集中
    地域店舗やスクールサイズの取り扱いを強化した大型店舗の収益性改善」
    「店舗網の適正配置」「EC 基盤整備」等もポイントとみている。
    また、3Q 決算と同時に自社株買いも発表されたが、この先業績が伸び悩む
    ような局面があれば、株式市場で一段の株主還元拡大の要求が高まる可能性が
    あるとの見方を継続する。
    目標株価算出根拠は、13/2 期から18/2 期までの6 期間の平均PER16.8倍
    (PER は年度実績EPS と該当年度1 年の株価で計算)。
    目標株価1,600 円は、22/2 期弊社新予想EPS95.0 円に妥当PER16.8 倍を
    乗じて算出。

    ■株価下落のリスク
    (1) 天候不順のほか急激な円安、
    (2)新しい PB商品の販売不調による在庫過剰感、
    (3)カジュアル衣料品専門店大手のベビー・子供服の販売強化による競争激化 。

  • > キンタロウさんが特許11個持ってるのにかなり驚きました笑
    >
    > その中身も気になります笑

    残念ながら内容はお話することは出来ませんので特許証の1つを
    掲載します。

    中には、カメラ画像、顔認識などの活用した特許もありますが、
    当時(10年前位)は、端末で画像認識することは出来ませんでした
    ので顔画像を取り出し、クラウド上に認識する方式でしたね。

  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券のレポートですが、コロナ感染収束後の
    減益を見込んでいますね。
    もう少し、深く分析して頂けないものでしょうか?(苦笑)

  • >日系大手証券が1月6日、西松屋チェーン<7545>のレーティングを中立(Neutral)に据え置いた。
     一方、目標株価は1,350円から1,600円に引き上げた。

    2020-10-07 三菱UFJMS Neutral継続 1080円 → 1350円
    2020-10-05 岩井コスモ A継続 1150円 → 1800円

    引き上げたのは三菱UFJモルガンスタンレー証券ですね。
    後で、レポートを探して見ておきます。

    それにしても、コンセンサスは今期の業績を引き上げましたが来期は減益
    予想と厳しい評価となっていますね。
    相変わらず、アナリストは分析もしないでいい商売ですね。(苦笑)

本文はここまでです このページの先頭へ