ここから本文です

投稿コメント一覧 (7234コメント)

  • >>No. 731

    >>仕手筋のパイオニア、近藤紡績所を忘れないで。

    なつかしいね、売り将軍、ソニーの空売りでステンテン。
    近藤おやじ。小豆にも手をだし失敗、現物で引き取った小豆、近藤紡績所の従業員、小豆ごはんを散々食わされたwww

  • >>No. 724

    >>1,700円付近の価格帯に落ち着いてから大きな下げはほとんどありませんし、機関投資家はこの株を本気で売り崩す気がないのでは、という印象を受けました。

    MSは執拗に売り崩していますが(3,765,923株)、それ以上に買い圧力が増え、株価の下落を防いでいるようです。 買い本尊が組織的なもので16年年末と同一機関、今回は推測800億円以上の資金があると見られる。16年年末の再現が期待される。

    機関の空売り残高情報
    計算日 空売り者 残高割合 増減率 残高数量 増減量 備考
    2019/12/05 モルガン・スタンレーMUFG 0.700% +0.080% 3,765,923株 +421,822

  • >>No. 703

    >>不正取引を繰り返す

    不正な安部ソンタク文スルのシャープ売りのJDI買いwww
    勉強せいよ。

  • 「8Kエコシステムは想定外に健闘」
     液晶テレビ、液晶パネル、事務機械の8Kエコシステム・セグメントは厳しいが、2Qは1Q比で営業利益が増加した。液晶パネルの市況は厳しく、業界最大手が赤字を記録するほどだが、同社はカスタム品に特化することで利益を確保している模様で、想定外に健闘している。

  • 空前の債券バブル到来 金利0%の社債が完売する異常事態

    11/30(土) 9:26配信

    日刊ゲンダイDIGITAL
    空前の債券バブル到来 金利0%の社債が完売する異常事態

    日銀の金融政策が影響(黒田総裁)/(C)日刊ゲンダイ

    【富を拡大するインテリジェンス2.0】

     現在、空前の債券バブルです。債券バブルとはリスクが高い債券や、メリットの少ない債券が大きく買われているということです。

     トヨタ自動車グループのトヨタファイナンスは先月、3年満期で200億円の社債を発行しましたが、利回りは何と0%です。

  • 企業価値研究所12/2の配信レポー
    【シャープ(6753)】
    ◇厳しい環境下2Qは健闘。堅調な推移を見込む利益予想に変更なし
    「液晶テレビなどの不振を他の分野がカバーへ」
     企業価値研究所は20/3期の連結予想営業利益850億円(前期比1%増)を据え置いた。液晶テレビや液晶パネルなどは厳しくみたが、白物家電やPCなどの伸び、コストダウンでカバーできるとみたため。前期との比較でもこれらの差し引きでほぼ同レベルを維持するとみた。来期以降も連結全体の利益予想に変更はない。液晶テレビや液晶パネルなどの業況は予断を許さないが、連結全体としては緩やかな営業増益が続くとみている。
    「8Kエコシステムは想定外に健闘」
     液晶テレビ、液晶パネル、事務機械の8Kエコシステム・セグメントは厳しいが、2Qは1Q比で営業利益が増加した。液晶パネルの市況は厳しく、業界最大手が赤字を記録するほどだが、同社はカスタム品に特化することで利益を確保している模様で、想定外に健闘している。

  • これ誰が買うたのかのうwwww


    2016/12/8 248
    2016/12/7 227
    2016/12/6 208
    2016/12/5 192
    2016/12/2 190
    2016/12/1 190
    2016/11/30 189
    2016/11/29 184
    2016/11/28 186
    2016/11/25 184
    2016/11/24 189
    2016/11/22 183
    2016/11/21 183
    2016/11/18 180
    2016/11/17 173
    2016/11/16 174
    2016/11/15 173
    2016/11/14 173
    2016/11/11 171
    2016/11/10 174
    2016/11/9 164

  • ディスプレーの大きさ自在に シャープ、五輪需要に期待

    2時間前 - シャープは4日、設置場所や用途に応じて大きさを自由に変えられる大型ディスプレーを来年3月に発売すると発表した。60インチの画面を複数台組み合わせて使う仕組みで、 顧客の要望に応じて調整する

  • 企業価値研究所12/2の配信レポート
    6753 シャープ 企業調査
    「厳しい環境下2Qは健闘。堅調な推移を見込む利益予想に変更なし」

  • >>No. 396

    >>それって海外のHFが日本から逃げそうじゃな

    欧米の市場では投資銀行の自己勘定の空売りは禁止されている(ボルガールール)。
    日本は空売り天国、特にここはwwww

  • >>No. 391

    東海東京調査センターの鈴木誠一マーケットアナリストは「GPIFがパッシブで持ってる東証1部の小型株の空売りは仕掛けにくくなる。レンディング市場の調達に不透明感が出れば、レンディングのコストも上がるだろう」と指摘。ヘッジファンドの動きに制約が出てくる可能性があるとみていた。

  • 2019/12/03 17:39

    >>No. 391

    Bloomberg

    小野満剛、長谷川敏郎
    2019年12月3日 15:13 JST 更新日時 2019年12月3日 15:48 JST

    所有権移転で、保有に実質的な空白状態が生じるため
    空売りしにくくなりヘッジファンドに影響も-東海東京調査の鈴木氏

    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3日、株式レンディング(貸株)を停止すると発表した。

      GPIFは現在、株式の証券貸付運用を行っている。株式レンディングは所有権が借り手に移転し、GPIFの保有に実質的な空白状態が生じるため、スチュワードシップ責任との整合性を欠く懸念があると判断した。

      今後、透明性の確保が図られ、課題が改善されると考えられる場合にはレンディングのスキームを改めて検討するという。債券についてはレンディングを停止しない。

  • >>No. 338

    企業価値研究所12/2の配信レポー
    6753 シャープ 企業調査
    「厳しい環境下2Qは健闘。堅調な推移を見込む利益予想に変更なし」

  • 【シャープ(6753)】
    ◇厳しい環境下2Qは健闘。堅調な推移を見込む利益予想に変更なし
    「液晶テレビなどの不振を他の分野がカバーへ」
     企業価値研究所は20/3期の連結予想営業利益850億円(前期比1%増)を据え置いた。液晶テレビや液晶パネルなどは厳しくみたが、白物家電やPCなどの伸び、コストダウンでカバーできるとみたため。前期との比較でもこれらの差し引きでほぼ同レベルを維持するとみた。来期以降も連結全体の利益予想に変更はない。液晶テレビや液晶パネルなどの業況は予断を許さないが、連結全体としては緩やかな営業増益が続くとみている。
    「8Kエコシステムは想定外に健闘」
     液晶テレビ、液晶パネル、事務機械の8Kエコシステム・セグメントは厳しいが、2Qは1Q比で営業利益が増加した。液晶パネルの市況は厳しく、業界最大手が赤字を記録するほどだが、同社はカスタム品に特化することで利益を確保している模様で、想定外に健闘している。

  • >>「JDI、再建に新たな火種 不適切会計で調査委」

    特設ポストから乗馬廃止wwww
    タマ手当て困難、売り残どうする。

  • >>No. 326

    >>自閉症バカにすんな! ×

    戦争に負けて、わしら生きることでせい一杯、自閉症になる暇もなかった。

  • なんども言うがなwwww

    シャープ1997-2004年の8年間平均時価総額1兆7千億円

    シャープ時価総額 540,403百万円(06/07)は消えた三洋電機の暖簾代と同じ。
    どうして??? 安部ソンタク文スルの大量AI空売りのせい。
    しかし売り残の半分以上が焦げついている。
    07年4月には、シャープの時価総額は2.5兆円(純利益1,017億円)あった ...
    シャープ今期純利益800億円だと時価総額2兆円のはず、株価5000円なるのはあたりまえ。 年末8000円をめざす。

  • 証券取引等監視委員会よシャープの株価も調査してよwww


    日本経済新聞
    『上場企業の不正会計などを調査する証券取引等監視委員会の幹部は「監視委による調査が必要かどうかも含め検討する段階」と話しており、JDIの調査の進捗を注視するもようだ』


  • しらじらしいなwwww

    JDIが特別調査委 過年度決算の会計処理

    12/2(月) 20:10配信

    共同通信

     経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は2日、会社資金を着服したとして懲戒解雇した元経理担当幹部から、着服とは別に「過年度決算で不適切な会計処理を行っていた」との通知を受け取ったことに関し、特別調査委員会を発足させたと発表した。

本文はここまでです このページの先頭へ