ここから本文です

投稿コメント一覧 (1006コメント)

  • >>No. 1998

    残念ながら下落の流れはまだまだ続きます。イメージダウンによる販売不振の底が見えません。1000円時代からは半値になりましたがここから8掛け2割引までは覚悟が必要です。300円台に向かっていると思われます。

  • >>No. 319

    東証一部が絶対条件です。マザーズに滞留する限りは他のゾンビ銘柄と大差なく扱われまともな評価を受けることは期待できません。好IR,好決算の連続でも機関の金儲けの手段としての扱いしか受けれない現実は心を何回も折られながらこの半年間しっかり学んだことです。一刻も早くプレミアム市場移行へ向け全力投球してほしい。

  • バイオベンチャーでこの黒字決算。それでもPTSは下げる。マザースに滞留する限り正当な評価はもらえないと思っているがやっぱり残念ですね。今期の売り上げ見込みやMI、プレミアム市場への移行に関することをもっと語って欲しい。

  • >>No. 141

    3000円ならPER3倍ちょっと、配当利回りは7%近くになり超高配当のJTやソフトバンクを上回りますね。また時価総額は350億程。黒鉛(問題の中国との取引は元々ゼロ)だけでなく炭素繊維、ハイ二カンロン、負極財等の有力な材料があり今期も落ち込むとはいえ100億近くの利益を予定している。また超保守的な会社であるにもかかわらず200円配当据え置くことも業績には自信があると思われる。こんな銘柄は東証の中で探しても他には見あたりません。有力な材料と100億の利益確保できる企業がたった350億の価値は冷静に考え判断してあり得ないと思いますし日経平均13000円ぐらいの水準値です。買収防止策ばかりに全力投球している経営姿勢をあらため企業価値をわかりやすく株主に説明する努力に全力投球してもらいたい。経営としては時価総額がいくら下がろうが決して買収されなければ良いと考えているならとっても恥ずかしいことです。ここまで低評価で長期間放置されるのは東証一部の信用にもかかわりますし株主にとっても、社員にとっても不幸です。ちなみに私はここの現状の適正価格は材料の有望性、PER、配当利回り、東海の6掛け、社員優待持ち株譲渡価格を考慮すると最低5500円~6000円ぐらいは自然と思います。
    今日の日経朝刊の決算公告の欄を見て軒並み下方が目立つ中カーボンの数値も下方とは言えとても安心感のある数字に見えました。

  • >>No. 87

    配当利回りも5.4パーセント。業績修正事前発表がないので利益減であっても30%以内で半滅はありません。東海とは違いここは超保守的ですが読みは堅い。一体何故ここまでコケにされるのかわかりません。

  • >>No. 25

    田中化学を見ればわかります。決算に期待はできないでしょう。

  • これは本当に酷い決算ですね。この1~2年の大幅な人員増強、大きな設備投資は一体何なのか。米中貿易戦争等で中国経済の低迷はあるとしても前年売り上げの60パーセントはあり得ない。また相変わらずの資源安の言い訳は聞くに値しない。経営陣の無能ぶりに驚くばかり。この売り上げで良く14億の赤字ですんだものだ。コロナウイルス収束が見えない中、これから中国中心に世界経済はますます不安定のうえ100億のシンジケートローン。今回、株主は裏切られた感を強く感じているとともに期待感より不安の方が大きくなっている。もう少し丁寧な説明を聞きたい。経営陣の報酬全額返上は当然であろう。

  • >>No. 239

    ある程度織り込んでいる気がするのでストップ高は難しいだろうが新高値大幅更新は間違いない。7500円近くまで伸びて欲しい。

  • QVMの米国販売はやる気も力もないサノビオンに任せていたら絶対ダメ。豚に真珠、ネコに小判は見えている。折角のブロックバスターを台無しにする気がする。
    サノビオン以外の販売ルートが絶対必要。

  • 2020/02/06 13:43

    >>No. 59

    前回予想より30%以上の下方修正なら1週間前には公表する義務があります。月曜日に公表していないので仮にあったとしても30%以内の修正でしょうからめちゃ悪いと言うことはないと思います。

  • >>No. 123

    官公庁売り上げがほとんどのため毎年4Qは売り上げは極端に落ち込み必要経費だけが発生するのでこのような数字になるのです。しかしこの決算でストップ安、さらにPTSでも下落継続中。これでは個人投資家は拠り所を失い腰が引けるのは当たり前。更なる丁寧な説明があってしかるべき。東証一部企業としての品格が疑われても仕方ない。

  • 11月に上方修正、増配、災害対策大型補正予算。期待が高かっただけに今日の決算発表および今期の業績予想にはちょっとがっかり。明日は残念ながら売られても仕方ない。ただし中長期で見たらまさに社会の要請に応えられる会社であり国交省、環境省もここなくしては行政が進まない。春以降は着実に下値切り上げて新高値奪回は間違いないような気がしてならない。

  • マザーズは理不尽な市場です。自らの利益のためには手段を選ばない輩がごろごろしています。優等生を徹底的に叩きのめすことぐらいは屁のカッパです。ESGの視点等もこの市場では不要であり無視されます。まともな理屈は通じませんので正当に評価されることも期待できません。こんな市場に長期滞留してきた事は経営責任とも言えます。一刻も早い東証一部プレミアム市場への脱却が最重要経営課題です。

  • トヨタが空飛ぶ自動車開発強化方針に向けての関連銘柄でNEC等のハイテク銘柄が紹介されていたが車体の軽量化・剛性強化のため必至な炭素繊維に関する銘柄で東レや日本カーボンの名前が挙がっている。他のカーボン兄弟は全く出てこない。もう社名変更した方が良いのでは。日本ハイテクマテリアルとか。

  • アジアと言っても他のカーボン兄弟と違いここは中国との取引はもともとゼロ。11月の3Qの決算数値を見ても東海のような落ち込みは考えられない。200円配当も余裕の数字。東海に振り回されるのは愚の骨頂。間もなく見直されると確信している。

  • 経営陣は企業価値を守ろうとする意志が本当にあるのか疑わしくなってきた。200円配当は助かるがPER4倍、時価総額460億を一体いつまで放置するつもりなのか。買収防止策を毎年重点施策として強化しているが株主にとってはありがくはない。むしろどこかにTOB仕掛けられて株を適正な水準まで訂正してもらった方が良いと考える。長期間に渡り異常に安値放置し続けているツケは必ず出て来るものだ。絶対買収されないとタカをくくっているのかも知れないが異常値を見逃してはならない。大至急しっかり株価対策を打ってもらいたい。それとも12月決算が下方か?(現在の三分の一の利益であれば現状株価は妥当だと思うが)また今期見通しが暗いので減配か?(安易に増配・減配はしない経営方針だと思うが)

  • 当面信用買いは止めてほしいものです。

  • NEC持ち株分を1100円でTOBする件は間もなく成立するはずだが株価は現時点でTOB価格の1.6倍になっているがどのような扱いになるのか。TOBする側の大儲けという解釈で良いのかな。

  • >>No. 592

    1000円では大赤字。1800円以上でないと困ります。

  • 今回のプレゼンIRも悪くないと思うが上昇要因にはならないどころか下落している現実はしんどいですね。昨年夏以降2500円から3000円を目指す直後の段階で3Q好決算、武田との提携、中国国家お墨付き販売開始、ノーベル賞級人材による諮問委員会設置、マイル受け取り等々、M1進捗の件を除いて予定通りの好IRの連続。普通は3000円どころか3500円以上に向かっても良いはずだが結果は発表の度に下落の連続。何もないサンバイオやカルナにも及ばない低位置から抜け出せない。これは企業価値を正当に評価することなく短期的な金儲けに徹する輩が支配しているマザーズに滞留する限りやむを得ないがやるせない思いも強くなる。全ての好材料をどぶに捨てるような結果は「ネコに小判」、「豚に真珠」のようでもったいない限りだし残念としか言いようがない。M1がなくても現状の企業価値はペプチよりは遙かに上と思う。一刻も早く東証一部プレミアム市場移行に全力投球してもらいたい。

本文はここまでです このページの先頭へ