ここから本文です

投稿コメント一覧 (64コメント)

  • >>No. 146


    >新規店舗獲得報償金とかあれば一件1万円として1万件で1億円。年度更新なら毎年入る。ビリングはどのくらい持ってるかな。
    >
    >そのくらいやらなきゃ利用店舗も利用客も増えないのでは。

    それは流石にない。
    包括代理×新規獲得報奨を1万で且つ年度更新。
    多分決済ビジネス関わってる人なら断言出来る。収益構造とか少し赤字こいてものレベルではなく…。
    ともあれB型入ってきましたね。ほんとはpaypay提携よりもB型申請の方が収益化に繋がるニュースなんですが。

  • >>No. 143

    包括代理加盟店契約だね。
    今後、楽天pay、d払い、LINE、メルペイ等を追加していくんでしょうか。
    1000円paypayで売上が上がったらBSには2円くらいの収益が入るものと思われる。
    差益は多分0.2%から0.4%くらいかな。
    10億なら200万くらい。
    あくまで予想です。

  • >>No. 1014

    そういう時に…
    上市する未来を信じられるなら放っておきますし、信じられないなら売るしかないのかなと思います。
    思惑相場で数百円簡単に動く業界ですが、確たる材料を待てるなら気絶してれば良いのかなと。

    どちらかというと勝ってる時も売り時が難しいなと思ってます。

  • 明日いくらでも寄るかなぁ。PTSで調達するか迷う。
    が、個人的に1900円台なら買いなので夜間に漁っておこうかな。

  • ソフトバンクが出資するとどうか…既にグループ会社と事業領域が重複するので、純粋にpaypay加盟店の純増で経済条件が折り合ったのかな、と思っています。

    尚、国策に乗ってくれは同感です。
    キャッシュレス予算2800億ですが、BS、及びBSの加盟店は1円たりとも恩恵を受けられない。
    BSが経産省に申請してないから。

    これが加盟店開拓のマイナス要因として働くのは自明の理。

    もうちょい様子見ですね。

  • 賛否あるがpaypayが業績に与えるインパクトは軽微。またpaypay側の意向は公金系を取りたかったものと予想。
    他にもpaypay加盟店獲得は協業先が複数あって獲得力の強いところが数社ありますしね。

    それはそうとキャッシュレスアプリ…どうにかならないのかあのクオリティ…。

  • >ついでに言えば消費税増税だからって還元をキャッシュレスやクレジットにする理由ってなに?

    キャッシュレス比率を上げたいから。
    インバウンドを見据えたインフラの整備。
    国をあげて現金管理コストを下げること。造幣もATM設置も現金輸送もコストがかかる。
    後はマネロン対策と税金徴収をきっちりやること。
    現金って匿名性高いからね。

    個人的には法人経費をキャッシュレス化で義務付けるくらいやった方が良いと思うけど。

    尚、今回カード会社や決済ベンダーはかなり収益的には痛んでいるはず。

  • >ペイペイの決済手段になっただけで
    >普通にペイペイ使ったって
    >ここには何も落ちないよね?

    契約形態による。ACQ権を付与されていたり、包括代理という契約なら差益が出る。獲得代行なら獲得報奨金。
    獲得報奨金契約以外の場合、そして加盟店から手数料を取った場合、paypay、カード会社、ネットワーク提供事業者(NTTDなど)、BSで分け合う。

    取り分は決済単価に寄るが、カード会社、paypay、BS、NTTDの順。
    決済単価が低い場合、bsとNTTDの順番が入れ替わる。


  • >勿論そうですよ。
    >
    >ただ、paypay分は増加しますからね。

    私の例えが悪かった。失礼。

    今まで
    クレ100円
    銀振200円
    という取扱高が
    クレ100円
    銀振100円
    paypay100円
    になったら減益になるよ、ということ。
    今まで現金払いの方がpaypayに流れ込むこともあるからそれは仰る通り取扱高純増ですね。

    paypayの加盟店手数料って結構クレジットカード会社に持ってかれちゃうんですよ。

  • そう。なのにB型申請してないなんて新規端末契約を獲得する気あるのか?と思ってしまう。

    せっかくのキャッシュレスの流れ、猫も杓子もB型申請して国の補助で端末無料にしてるのに。

    申請落ちしたのか、申請してないのか分かりませんが。


  • >ビリングは決済支援とクイック入金が事業の柱。
    >
    >つまり、paypayと提携してもほぼ収益が増加するだけであらたな経費の発生は限定される。
    >
    >今Paypayで利益が伸びない理由がない。

    それは違うんです。
    なぜなら利益率が銀振やクレジットカードよりも低いから。
    銀振、クレカ決済してた人がpaypayに流れると減益要因。
    一方、新たな利用者、加盟店を増やせれば増益要因。

    まぁ駄菓子屋が利益率低いお菓子並べたら、客寄せパンダになるが利益率は下がるってのと同じ話ですね。

    なので加盟店開拓に精を出してもらわんと、というところでしょうか。


  • >pay payとの提携はいいが、どれだけの利益をもたらすのか?実は大したイパクトないよ。
    >盛り上るのはいいけど、残念な結果となります。

    利益インパクトは大してない。それは説明出来るし、利益に多大な影響を及ぼすであろう説明もどこにもなされてない。
    が、思惑やら需給で上がっていくのが株であり、私は怖くて手が出せなかった。
    このへんは私の見る目がなかったってことですね。

    この業界に身を置くものとしての一意見です。

  • 短期的に4,000割るかもしれん。
    だけどTBIの申請で7,000行くかもしれん。
    申請がなされず2,000に向かうことだってあり得る。

    TBI申請が滞りなく進むと見るなら今の価格で買って気絶しておけばいいんじゃないかな。
    バイオ×売り浴びせ×狼狽売り からの高騰は悔やんでも悔やみきれん。

  • MSOLぽくないジワ上げ笑
    ストーン、ガコーンが持ち味だったのに。

    だんだんと切り上げていくと入りどころがないなぁ

  • 実際、QRの覇権は誰が握るんだろう。

    今って各社赤字覚悟でキャンペーンやってチキンレースの真っ最中。数年内に決着がつき、QRの数は収束していくのではないか。

    weとaliの中華QRは別にしても、楽天経済圏は魅力的だし、既存ユーザーの多いLINEや、ポイント吐き出し口になるメルペイなど各社強みがある。
    BSは別にpaypayに固執せず、QRラインナップをこれから増やしていって欲しい。

  • 早くB型申請して欲しい。
    せっかくpaypay取扱いを開始したのにBSのスマホ決済サービスだとポイントが付かない。加盟店手数料の還元も不可。
    消費者還元事業期間、政府の補助を一切取れないのはもったいない。
    この追い風に是非乗るためにも是非。

  • NTTデータが資本参加した主な理由は自社のネットワークインフラであるCAFISを利用して欲しいからです。
    このCAFISというネットワークを通過するとNTTデータはカード会社から伝送1件あたり数円のお金を頂けます。
    現状、この決済ネットワーク市場はNTTデータとJCNの2社しかありません。

    決済端末競争やカード会社競争の裏でネットワーク競争というのも実は起きてるんです。
    尚、NTTデータのネットワークシェアが高い理由は元々国営の独占領域だったことに起因し、その後JCNが参入し、この2社で寡占しています。

  • BSの端末には補助が付かず、加盟店の手数料もpaypay利用分しか補助が付かず、ポイント還元もpaypayのみでクレジット、電子マネーは対象外。
    営業観点からしんどくないかな。

    一方適用事業者は…
    国費を受けて端末無料。
    加盟店手数料も1/3は国が還元。
    ポイント還元もクレ、電マネ、QR対応。

    これで営業出来るわけで…。

    BSもB型申請してるのかな。早くした方がいいのに。決済端末は結構高いから。

  • キャッシュレス消費者還元事業の対象事業者にビリングの名前が見当たらない。
    METIが2,800億の予算積んでるのに。


  • >ビリングの大株主には金融システム大手のNTTデータが入っている。
    >
    >銀行系、クレジット系決済サービス最大手のね。
    >

    え…。NTTデータが決済サービス最大手なら2番手はJCN、3番手は存在しません。
    正確には決済サービスインフラである、オーソリ、売上伝送のネットワーク処理最大手ですよ。
    銀行系最大手はSMCCじゃない?

本文はここまでです このページの先頭へ