IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (22コメント)

  • >>No. 971

    コロナなんだから事は1年以内に決着がつくだろう

  • 5年間、何の成長ももたらさなかった絵餅社長が
    まるで成功者気取りで2億円近い報酬をむさぼっている
    雇われの身分で仕事内容が世界一周旅行なのか
    物凄い暇を持て余している様子だ
    そろそろ身を削ってでも改革を断行してほしい

  • いよいよ決戦の4Q

    推定30億円ほど軽くなる有利子負債の返済
    2本に絞る研究費削減効果
    税還付金
    ピーターリストラの人件費削減効果
    下期に集中する提携一時金
    武田らからの初期マイル
    中国ウルシー、世界エナジア発売開始
    ステムリム、IPOモダリス、CVC株売却特益

    おさえてもおさえきれぬ噴火山のような黒字決算を待つのみ

  • 世界一の薬作っても1円も上がらんじゃ
    コロナジュースとか言ってる偽物バイオしか日本に残らなくなるぞ
    特許20年延長せんかい厚労省

  • LABA+ICSのアドエア(喘息)が1兆円近くの売り上げになった事は記憶に新しい
    そのアドエアとスピリーバの合剤に勝るとも劣らず前評判の上位互換性のありそうなLAMA+LABA+ICSのQVM149(喘息)の承認おめでとうございます

    QVM149がアドエアより効果的となれば、高薬価あわせていとも簡単に医薬品売上年間世界一を目指せ、利益予想400億円でPER250(バイオ)なら時価総額10兆円と、日本一の製薬会社に飛躍する転機がおとずれたものと感じております

    またコロナウイルスには数少ないステロイド喘息吸引剤が有効かもしれないと世界中で噂になっているように、ようやく効果が試される年になりそうで、コロナウイルス特効薬に指定されるかも楽しみの一つです

    NVA237使用剤はそーせい3品目目の成功で、ノバがQVM承認後に4品目目コロナ適応拡大などに取り掛かるかも注目点、今後の呼吸器会における重要なポジションを占めていくことになるだろう

    <投資は自己責任で>

  • ここの10倍規模の会社が圧倒的なS高張付き2回を経て寄付き、
    認知症薬治験が1ステップ進むってことはものすごい事なんですね

    そーせいもステップが100回1000回と用意されていることでしょうから
    焦る必要は無いでしょう

  • 伝言ゲームで誰がどう聞き違えたのか

    田村さんがおっしゃられたのは『 数 兆 円 企 業 』であり

    1兆円企業でもバイアスをかけた5兆円以下でも無いと思います。
    あれからかなりの年月が経ち、今やれる条件も整ったと感じております。

  • APNTを譲り渡した時は見当違いだったのか?と思いましたが、
    マイルストンを受け取れるという契約になっていたのには驚かされました。
    これで治験入り化合物がアクティバスルートからも増えていく事なるのでしょう。

  • M1再開か中止かの大方の予想を裏切り、1本でやるか2本でやるかなんて月初めには誰も予想してなかったようなサプライズな話に進展したつかの間、
    今度はアラガンの買収案件が持ち上がり、先方の資金配分次第では今あるバックアップ全てを始めちゃうなんて可能性も出てきたわけですが。

    こんなのも氷山の一角で、3ヶ月後に何が起こるか何人たりとも予想できないのがそーせいです。
    「無尽蔵にアルツのバックアップ出せる会社(だとしたら)が、年内武田薬品超えなんてちっぽけな目標で良いの?」
    なんて急展開していくこともありえるのです。

    わかった関係者面して語るのは50年先でいいのです。

  • 他社が安く手放したから・中断・延期・治験やり直し・なかなか販売されず・なかなか売り上げが伸びない

    これらはブロックバスターという大成功のプロセスに過ぎないと私は考えています。
    倦怠期のプロセスをこなした時間が経過したことに意義があると思っています。

  • 個人的に思うのだが

    提携先パイプライン
    ノバルティスはNVA237のフェーズⅢも入れて2本
    アストラゼネカは複数の固形癌のフェーズⅡは5本以上
    アストラゼネカEGFRmNSCLCのフェーズⅠが2本以上
    M1は9366、18318、バックアップのフェーズⅡが3本以上

    他にも、ファーザーが10本
    カイマブが数本
    mAb 炎症性疾患が数本

    あるのではないかと思っています。

    見にくいからまとめて1本にしたことなど短期投資家の誰が知っているのでしょうか、逆に線を引くことによって10本が1本しかないように見せてしまっている。
    会社によっては地域ごとにライン伸ばしてパイプラインがたくさんあるように見せて、そーせいを抜かしている。
    これでは数千億円、間引いて見られるだけで一生が終わってしまうのではないのでしょうか?
    絵画家じゃなんだから死んだ後に評価されてもしかたないと思うのです。

  • ◇15. 3* (年度)
    568(利益)
    2.5記 (配当)
    ◇16. 3*
    -1,432
    0
    ◇17. 3*
    9,311
    0
    ◇18. 3*
    -2,654
    0

    多少の凸凹はあるものの、公約通りの配当実施と4年で57.93億円の黒字を果たしたともいえるでしょう。
    この調子で現金を減らさずにPLの進捗をしていけば、いつか大きな当たりを引かずとも現状維持は可能でしょう。
    PLが多ければ失敗も比例して多いものです。
    そーせいが4つの成功に対し、時価総額が上回るバイオは何か1つでも成功したのでしょうか?

  • オラビ承認おめでとうございます

    これで申請品4連続承認ですね
    この調子でヘプタレスからも承認を取ってまいりましょう

  • エーザイを旧スケジュールと予想した理由は、18ヶ月のPhⅡ試験を行っている点。
    そーせいを新スケジュールと予想した理由は、PhⅠに1年以上かける点、PhⅡ試験が12週と短そうな点、DLBは2020年代前半に商業化計画という点。

    エーザイとバイオジェンは共同開発品BAN2401のPhⅡ結果発表をして時価総額が2兆円以上増加した。N証券の目標6600円UPから割り出されるアルツ1剤の時価総額寄与は推定15兆円。HTL18318の場合アルツ,DLB,M1/M4デュアルと現在3つの開発品にかかわっているため注目度や安定性はBAN2401以上かもしれません。下図のスケジュール通りであればHTL18318が先行上市となり、メガバイオになる可能性もあるでしょう。

    下記の個人的見解も加えると、今期中に株価2万円以上になっても不思議だとは思いません。

    ☆水面下の大きな進捗(非開示マイルストンだけ見ても10個以上発生)
    ☆今年の株主総会で「現在時価総額は9000億円あってもいいと思っている」といった質問に、「私はもっと上だと思う」という主旨の会長回答があったとのネット情報
    ☆A2aのPhⅡ開始観測
    ☆8月厚労省でSO-1105製造販売承認について報告予定
    ☆DLB日本のPhⅡ投与開始予定(年間売上800億円で現時点成功率30%とのレポートも)
    ☆時価総額>USD10Bn(10ビリオンドル≒1兆1000億円)以上と記載されていた、後期開発ゾーンへの突入
    ☆年間売上500百万ドル以上に達する見込みの化合物をターゲットとした治験が4つ以上予定中
    ☆MINA買収思惑(ヘプタレス買収で株価は一時7倍に)、銀行から数百億円を無担保で貸りられるバイオ異例の信用度
    ☆ウルティブロは欧州市場シェア1位、米国2019年初めフォーミラリー収載予定、中国認可
    ☆QVM149の承認申請予定(喘息COPDは約4兆→6兆円市場へ画期的新薬の登場により拡大するとの予測)
    ☆2019年予想売上が140億円だと資産ともにPD(およそ時価総額5200億円・PBR 36)の倍以上の規模で、PBR 36で株価21946円(成長途上バイオの利益は開発を減らせば増える傾向にあり、比較の意味は無いと考え省略)
    <予測と異なる可能性がありますので、投資は自己責任でお願いします。>

  • M4 フェーズⅠ入りおめでとうございます。
    また株価が付いてきていないサイクルのようですが、メガバイオへの重要な1歩が歩まれたことを確認できました。

  • M1導出おめでとうございます。

    いよいよ第2ステージが幕を開けた感じですね。

  • 祝 QVA・NVA 米国承認

    本当に長い年月でした。
    田村社長を信じていたからこそ付いて来れました。
    関係者の皆様お疲れ様でした。

    次は数兆円企業という険しい道のりかと存じますが、
    必ずやってくれると信じてその日を待ち続けます。

  • 昨日の説明会お疲れ様でした。

    「数兆円企業」目指すというお話を生で聞けて良かったです。
    間を取って時価5兆円なら株価は36万円(旧3600万円)ですね。
    パイプラインを見比べても普通に聞けたのが感動的でした。

  • heptares 買収成功おめでとうございます。

    遠く見上げて眺めるだけだった月面に
    いつの間にか足を付ける時が来るのかという気分です。

  • 散々笑われたコテハンの1株1000万円(現10万)が見えてまいりました。

    現実的に可能だと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ