ここから本文です

投稿コメント一覧 (34コメント)

  • Market Speedからは、大引け6秒前に2000株の成り行き買いがありうち1200株が2呼び値範囲で即約定、残り800株は(成行買いが入る)直前の約定値から2呼値上の1782円で買い気配となりそのまま大引けとなったように読み取れました。

  • >>No. 434

    すみません、今になって返信に気づきました。 m(_ _)m 大変ありがとうございました。 また大変失礼いたしました。

    当日(結果的にはほぼこの一月半くらい)の高値で売り物が断続的に出て瞬時に食われたということで、おそらく変型のクロスではないでしょうか。 840円程度の価格で名義を移したかったとか。 ただ寄付や引けでなくザラ場でやったということは、敢えて思惑を呼ぶことを期待した仮想売買的なものだったかもしれませんね。 機関投資家なら立合外でやると思いますし。

  • >>No. 432

    すみません、842円での大量の取引は大量の売り板を食ったのか、買い板が売られたのかどちらだったのでしょうか? それとも断続的に30000株程度の注文が出て瞬時に食われるような状態だったのでしょうか?

  • 元々高収益にもかかわらず配当性向を採用せず着実な配当としておきながら、一時的な事象で減配したのは大きな間違いと思われ。  減配がなければ既に800円台の株価は下げてもしれていたはずで、株主も配当をもらいながら落ち着いて業績の回復を待つことができる。

    「もし」今回の件でしばらく株価が大きく低迷しているうちに50%超を保有するホンダが株式交換等で完全子会社化を図るようなことがあれば、減配に加え先日の完成車事業の安値取引もあるので、仮に法的にグレーにとどまるとしても、企業倫理的には完全にブラックであることを念のため記しておきたい。

    今回の損失は完成車事業の売却代金でカバーできることを考えれば、株価下落時には機動的に自社株買いを行い、事態の早期収拾と来期以降の業績回復への強い意志を示すのが経営者としての務めでしょう。

  • マックスバリュ中部と比べて EPSは3倍以上、BPSは4倍以上、配当も3倍以上だが株価は1.6倍弱と比較上東海が極端な過小評価状態。  別の見方をすれば売上、利益、自己資本、自己資本比率のすべてで大きく上回る東海の時価総額が中部を明らかに下回っているというのが現状の株価。

    イオンの持株比率的に株主総会決議でひっくり返ることはほぼないだろうから、自分が中部の株主ならすぐさま東海に乗り換えたいと思う。(100株株主だと金額的にそのまま乗り換えられないのが難点ではありますが)
    発行済株式数の数%でも商いの薄いこの2社にはかなりのインパクトとなるので、徐々に両社の株価は実態を反映して開いてゆくと思われ。

  • 日証金速報 貸株残23.6万株 差引-18.7万株 に売り一色の掲示板。。。

    10/2以降の逆日歩は如何に?

  • >>No. 346

    株主総会決議の不確実性および統合比率変更の可能性(を多少なりとも考慮)のためでは?

  • 利益上方修正の主な理由は貸倒引当金の戻入れと為替差益/税負担減であり、「一部海外事業が弱含み」で売上未達であることにも留意したい。  あと長年の業績推移からはバイテックと1:1の合併比率は違和感が強い。 バイテックの万年強気の業績予想に引っ張られたというべきか、それを認めても合併を選択するほどUKCを取り巻く環境が厳しいと経営陣が認識しているということか??  自己資本比率が2割程度しかないバイテックとの合併では痛んだ財務状況も好転しない(数字上は悪化する)し。

    以上より総会で2/3のハードル(間違ってたら指摘ください)は低くないように感じられるけれど、この統合案ではすんなり可決されるのと揉めたり否決されたりするのとどっちが良いか投資家・投機家の立場により異なるのでは。

  • >>No. 447

    株主さんでしたら、是非生の声を直接社長およびIR担当役員あてに届けてください。 意外に目、耳に入っていないことも多いです。

  • 粗利も上がっているし、既存店プラスなら基本的に減益にはならないはず。

    1Qについては、前に創業者功労金6億円というIRがあったと思いますが、今回営業外や特損でそんな大きな金額が見当たらないので販管費に計上されているはず。 その分を足し戻せば実質は営業増益だったと思われ。

    もっとも、実質であろうが特別な理由であろうが、2Q以降のその分が戻ってくるわけではないので下振れ懸念は残りますが、足元地震・豪雨という要因があるし出店も1Qに集中気味なので2Qはソコソコいい数字でクリアできるのではないか。

    すでに下げてたうえに更にここまで売られる内容ではなかったのでは?

  • 1600近くで待ちますので、よろしくお願いいたします!

  • 一部上場って時価総額250億ははるか彼方では、、、。。

    しかし、二部経由2段構えでの一部狙いなら「東証第二部への市場変更を目指し」と書くはずだし?

    形式要件の充足とも言っているので、やはり直接の一部上場を狙っているということか。。

  • 利益率がイマイチなのはその通りですが、それは売上に先行して社員を増やしてるからでは?

    2013.9期従業員数 1657人 売上327億円
    2017.9期従業員数 2430人 売上471億円 (有価証券報告書より)

    株主的には一人当たり売上を増やして利益増につなげて欲しいところですが、足元の受注を見ると人員増強が間違っていたとは言えない。

    怖いのは大規模なプロジェクトの不採算化くらいでしょうか。 2年分の売上近い受注残を抱えた今では危ない橋を渡る必要性も薄れていくとは思いますが逆に緩みが生ずる余地もあるわけで。

  • 4Qの利益率低下は確かにひどいですが、東京製鐵や合同鉄も似たりよったりで、この規模の自社株買いがあればそう酷い下げにはならないのでは。

    しかし、コスト構造(スクラップ/電気/電極等価格)は上記2社とそう変わらないと思うのにこれだけ今期予想が違うのはなぜなのか??

  • 減損損失17.1億+非継続事業利益(対前年比増加分)14.8億=31.9億円 (営業利益から剥落した分)

    営業利益従来予想120億円ー今回の予想95億円=25億円

    4Qの非継続利益が0と仮定しても、継続事業の利益は小幅ながら実質上方修正になると思うのですが、、、。

    売却が決まっている組み立て事業の利益が予想外に多かったのが嫌気されている面もあるのかもしれませんが。

    単純に17億の減損で1割も下げてるんだととすればやり過ぎと思われ。

  • 7万株@1650 は誰の売りオーダーでしょうかね?

  • >>No. 36

    売上進捗は多少遅れているでしょうが、受注・粗利益率・販管費とも良好な推移です。

    仮に通期売上900億にとどまり、下期粗利が上期比1%以上落ち、販管費も昨年を1-2億上回ると仮定しても、予想利益よりは数%上に出るはずで仰る通りの状況と思います。

    実質無借金でこの業種にしては財務的余力はあると思うので、今の倍くらいは普通に配当して欲しい会社とは思いますが。

  • こんな根拠不明の予想を出すくらいなら、当面予想を出さずに物件の竣工、受渡しの目処が立った時点で予想を出すとしておいたほうが株主に対してずっと誠実でマシだと思う。  でも守谷の物件が繰り延べになったにもかかわらず上方修正出た以降の重ーい株価は一部にこの予想のニュアンスくらいは漏れてた感アリ。

  • 物流投資事業で、竣工済+今期完成予定で3.1万坪なのに 売上予想134億円とか、 

    近年の同事業の利益率15-20%出ているのに今期予想6%とか まったく不自然極まりない。

    発表の場でどんな説明をしたのだろうか? ケネディクスも投資していきなりこんな業績予想出されて納得ゆくんだろうか???  自社株60万株は半年で丸々買い戻すのではあるまいに。

  • 前1Qにシロキの完全子会社化に伴い多額の負ののれん(株式交換益)が発生し、それがP/Lのその他収益210.66億(前年比+175.33億)に含まれて前期の営業利益を大きく押し上げていたということではないでしょうか。

    熊本の影響がなくなった分でどれくらい今期増益であるべきかという問題をさておき、通常のオペレーションからの利益で比べれば前期比3割程度の増益だったと言えるのでは?

    計算間違ってるかもしれないので、各自前1Qの有価証券報告書で確認してみて下さい。

    株価については、発表前にデンソー他にくらべて相対的に高い位置にあった(過度な1Q期待があった)ので売り先行になっただけかもしれませんね。

本文はここまでです このページの先頭へ