ここから本文です

投稿コメント一覧 (611コメント)

  • 件名:個人投資家が保有する株式数をすべて端株に出来るような割合での株式併合って、本当にありなの??

    個人投資家が保有しているすべての株式を買い上げたいからとって、非常識な割合での株式併合を株主総会で承認して個人投資家が保有している株式数をすべて端株にしてしまい、その結果上場廃止に持って行くというなやり方が、果たしてありなのでしょうか?

    完全子会社化したいのなら、株式交換も利用するべきじゃないの?

  • >>No. 400

    >もっと高いところで売れなかったのかよって思うけど

    権利落ち前に株価が上がると思ってじっと我慢していたら、ファーウェイ問題等の影響で、予想に反してジリジリと株価が下がってしまったというところでしょうね。
    権利落ち後は、さらに株価が下がりますから、信用で買っている投資家にとって残された日数はあと僅かです。投げ売りも辞さず?かもしれませんね。

    信用売残
    250,500
    信用買残
    5,982,200

  • >>No. 486

    >信用買い勢はまず全滅で2800を割るなら個人の投げ売りが大量に出るでしょう。

    3200円くらいで信用買いした投資家は、そろそろ(2800円あたりで)追証の危険に晒されます。3200円くらいといいますと、8月くらいの株価でしょうか?

    権利落ち後は、配当狙いでの買いは当分なくなりますから、このまま株価が下がり続けると、信用買残勢はますます苦しくなりそうです。

    投げ売りを予想する人もいるようですが、確かに売り遅れれば、信用買残勢は更なる株価の下落に直面せざるを得ないかもしれません。

  • >>No. 486

    >空売りだから権利日までに上がる、というのは短絡的です。

    250,500株(12/14)の信用売り残勢(前週比-156,200)は、その大半が配当金支払いの負担を避けるために権利落ち日までに買い戻しに動くはずです。

    信用買い残勢は、売り遅れないように、彼らの買いがあるうちに、先を争って売るしかありません。

  • 底が抜けたな。
    NYも大幅安だったし、これで年初来安値になるかも。

  • >>No. 560

    つるべ落とし。追証で苦しむ信用買勢
    信用売りの買戻しは、どのくらい残っているのでしょうか

  • 2018/12/20 09:51

    年初来安値目前

  • 今日の急落は凄まじい。
    信用買残勢がどれくらい残っているかが問題ですね。
    これだけ急落すれば、持越しできない信用買残勢はすでに振り落とされているでしょうから、もしかすると配当落ち後は、高利回りを狙う投資家の買いが入って値を上げるかもしれません。

    明日、さらに下げるかどうかは、今日の信用買残がどれくらい残っているかで決まるでしょう。

  • 昨日までの出来高
    2018年12月19日 7,639,700
    2018年12月18日 6,794,700
    2018年12月17日 4,660,900

    今日の出来高
    10,471,500 (14:23現在)

    かなりの出来高ですね。
    信用買残も、それなりに減っていそうですね。

  • 2018/12/20 14:41

    >今日の出来高
    >10,471,500 (14:23現在)

    今年に入って10,000,000の出来高を超えたのは、わずかに今日を除いて13日しかありません。
    多い順に、3/22、2/7、6/22、11/7、3/9、5/2、2/6、3/23、2/8、10/11、4/20、2/13、7/18です。

    今日は、すでに10,996,700 (14:39)の出来高ですから、かなりの出来高ということになりますね。

  • 日証金 貸借取引残高 (12/19)確定
    貸株新規 1,011,300  新規融資 841,900
    信用売りと信用買いがセットのような12/19の貸借残高の動き

    今日は、信用売りを仕掛けた投資家がいそうですね。
    通常日より出来高が多い理由は、これかもしれませんね。

  • 2018/12/20 19:40

    キャノンも年初来安値

  • 大口定期の金利が0.010%にしかならない今日、5.44%の利回りは捨てがたいという考え方もありますね。
    2016 130
    2017 140
    2018 150
    しかも、筆頭株主は財務大臣で33%保有です。

  • キャノンも同じような動きです。
    日証金 貸借取引残高 (12/19)確定
    貸株新規 2,502,100
    同じ手法で信用売りを仕掛けた投資家がいるようです。

  • >>No. 982

    各銘柄の信用残は、毎週の金曜日時点における東証市場の合計残高を、翌週の第2営業日(通常火曜日)の17時頃に更新します。つまり、いま公表されているのは、先週の14日の集計値です。
    次の21日の集計値は、翌週の第2営業日に公表されます。
    さて、買い残はどれくらいになっているでしょうか?

  • 日証金 貸借取引残高 (12/19)確定
    貸株新規 1,011,300  新規融資 841,900
    信用売りと信用買いがセットのような12/19の貸借残高の動き

    今日の下げは、この貸株(信用売り)が要因かもしれません。
    しかし、ここまで値を下げた後は、売り方の調整は相応に済んでいるでしょうから、買戻しが大変かもしれませんね。資金に余裕のある人は、今のうちに拾っておきましょう。

  • NYダウが大幅に下がっているのに、日経は大きく反発しています。
    つまり、公的資金が動き始めた可能性がありますね。

  • 日経平均は反発して始まっていますが、今日のNYダウが連日の急落傾向にSTOPを掛けられるかどうかが問題です。おそらく難しいと思いますね。

    そうすると、日本の株式市場から逃げた外国勢のお金がそう簡単に戻ってくるとは思われませんから、もしも日経平均が底を打つようなら、年金資金が動いているのかもしれませんね。

  • 20日から始まった大商いが今日も続いて4日目です。
    ということは、大商いをこなすだけの買い注文も入っているということですから、そろそろ、反転かもしれません。JTの場合は、6%利回りが節目かも知れません。
    公的資金が本格的に動き出すのはいつかな?

  • 漸く出来高が減ってきました。
    そろそろ、底打ちですね。
    時は今

本文はここまでです このページの先頭へ