ここから本文です

投稿コメント一覧 (110コメント)

  • 子会社に在庫を売ったことにして架空売上を計上するなんて、監査法人がすぐわかりそうですけどね。監査法人もグル?

  • ここのイタリア料理はあまりおいしくありません。でも、お店にはよく行っていて、いつもドリンクバーとティラミスなどのお菓子を注文し、読書をしながら2時間くらい過ごします。スタバなどより、すいているし、椅子もテーブルもゆったりしていて、いいですよ。

  • 同業のパルタックは年初の安値から2割以上上昇しているのに、ここは今年にはいって下落傾向ですよね。パルタックは同業他社を吸収合併しながら大きくなったけど、ここもパルタックに吸収合併されるのかな。

  • >>No. 5085

    オーナーも株主もどちらも自己責任でしょう。どちらも投機・投資であり、ただ、不動産か株式かという対象の違いがあるだけ。

  • >>No. 3688

    戦う相手はレオパレスだけで、国や銀行は戦う相手てしてお門違いではありませんか?

  • kabさんのおっしゃる通りだと思いますよ。のれんのついた資産を売れば、のれんの償却分だけ、売却益は増える一方で費用が計上されるから、会社全体の利益は変わらず節税にはならないですよね。のれんのついた資産を売らなければ、のれんの償却分だけ費用が増えて利益が減るから、節税になるでしょうが、それでソフトバンクは困らないのですかね。のれんの償却を考慮しても、利益が出てさえいればよいと割り切っていいのでしょうか。

  • 2018/08/20 12:05

    過払金ですが、もともと利息制限法で貸金の利息は金額によって年15%から20%の上限があって、貸金業法という法律で、登録した貸金業者に一定の要件のもと、利息制限法所定の利率を超える貸付が認められていました。この要件のなかには、制限利率を超える利息を任意に支払うこととか、法定事項を記載した契約書や領収書の交付などがありましたが、最高裁が、支払の任意性や契約書・領収書の記載事項などについて厳格に判断したため、貸金業法に基づいて制限利息を超える貸付をするのが事実上不可能となり、数多くの場合に過払金が発生することになりました。さらに、最高裁は、過払金には発生時から年5%の遅延損害金が発生すると判断し、その影響で武富士や商工ファンドなどは倒産してしまいました。それまでの慣行を覆すような判断をし、大手の貸金業者を倒産にまで追い込む最高裁に問題はありますが、あくまで法律の解釈の結果としての判断なので、違法性はありません。最高裁がこうした判決をしなければ、アコムの株価は一貫して1000円を上回っていたでしょうが、その一方で、最高裁のこうした判決により、アコムの株価は5,6年前には200円台であり、2,3年前に一時600円台になったことなども考慮すると、これにより利益を上げた人も大勢いるのではないでしょうか。

  • 配当は会社からの資金の流出だから、理論的にいって配当の多寡は株価に影響せず、増配によって株価が上昇することが多いのは、経営陣が今後の会社の業績をポジティブに捉えているとみられるからに過ぎないといわれていますけどね。2017年3月期に1400億円を過払金引当金に繰入れて790億円の損失となり、2016年3月期に3000億円あった純資産がまだ完全に回復できていないから、2018年3月期の配当が1円でも仕方がないんじゃないかな。2018年3月期に過払金引当金への繰入がなくなり、今後は徐々に財務が改善するだろうから、配当も少しずつ増やしていけばよいと思いますがね。

  • >>No. 402

    会社更生手続終結後、再上場できるまで、事実上、買えませんよ。大王製紙、山陽特殊鋼、サンウェーブなどが、会社更生手続終結後、再上場しています。

  • 株主の過半数で会社更生の申し立てを取り下げられるという投稿がありましたが、本件では、監督命令などが発せられているので、裁判所の許可がないと申し立ての取り下げはできません(法23条など参照)。この状況下で裁判所が取り下げを許可することはないでしょうから、債務超過である以上、もはや株主に何の権限もないといっていいと思います。なお、会社更生の申し立て後も、社長などの役員は引き続き業務にあたっており、会社のホームページによると、会社更正手続開始後も、役員は更生管財人となって、会社の運営に当たるつもりのようです。スポンサー企業の意向しだいでしょうが、会社を倒産させておきながら、役員は引き続き居座る可能性はありますね。

  • 掲示板で株価対策の要望がありますが、会社自身による自社株の株価対策は、株価が割安に放置されているような場合にはしてもよいのでしょうが、株価が下がっても割高な株価が是正されているだけなら、すべきではないと思いますよ。ここは、PERは17倍、PBRは3倍だから、少なくとも株価が割安だとはいえないと思います。とくに、ここはカビの生えたザルでうどんを出したり食中毒を起こしたりしたことがあるから、そうした非常事態に備えて剰余金は大目に確保しておくべきで、 自社から資金を流出させる自社株買いや増配などの株価対策は絶対にすべきではないと思います。

  • ここが作っているダイヤモンドワイヤーは半導体ウェハの切断に使うんでしょ。今、半導体関係の株は全般的に調整局面ですよね。ここは会社の規模などからいって、どうしてもボラティリティが高くなるから、株価の下げも目立ってしまうんでしょう。

  • Wikipediaに、あらたについて次のように記載されています。
    「新興企業ゆえか業容拡大、利益追求のみが唯一の経営課題となっており内部組織体制整備、コンプライアンス等は置き去りにされており、社員は過酷極まりない労働環境と労働条件下に置かれている。精神を病むもの身体を壊す者多数。従業員の内9割程度が非正規社員。全国各地の事業所に於いて労働基準監督署の是正勧告を繰返し受けている。又、公共職業安定所では各事業所所在地にてブラック企業と判定され求人の際利用できない。正規社員・非正規社員の定着率は極めて低い。」
     これは真実なのでしょうか、そうでないなら、あらたはWikipediaに対し何らかの処置をとらないのでしょうか。

  • 「他人のことは放っておけ」と言う人は、他人のことをとやかく言う人だけは放っておけないからこそ、わざわざそのようなことを言うのですから、発言に矛盾はないと思いますよ。

  • フライパンに洗剤をつけたまま調理していたとか、店にゴキブリがいたとかいった投稿がありましたが、カビの生えたザルでうどんを出したり、食中毒を起こしたりした後も、衛生状態は改善していないんですね。

  • >>No. 428

    東芝メモリが売れれば、売った年のキャッシュフローは大幅な黒字だけど、東芝に帰属するメモリの収益が大幅に減るから以後のキャッシュフローは悪化するし、エフィシモなどのハゲ鷹ファンドが、自社株買いや増配を要求する可能性があるから、安心できないと思いますよ。

  • 株価が大きく値下がりしましたが、LIFULLの今後の成長の程度についての見通しもおおよそ定まり、適正なPERに基づいた株価に収斂していく過程なんじゃないですかね。

  • 他の人材関係の会社がこの1年で株価が2倍くらいになっているのに、こんなにも株価が低迷している人材関係の会社は珍しいですね。私が思うに会社名を変えた方がよいと思いますよ。2003年にキャリアリンクという教材販売会社の社長が内職商法(試験に合格したら関係する仕事をあっせんすると言って教材を売り、試験は難問ばかり出して合格させない商法)で有罪判決を受けた事件がありましたが、そんなところと同じ名を名乗るのは縁起悪いですよ。

  • 楽天が損保に参入するようですが、ついこの間の携帯電話への参入などとともに、アマゾンとの競争で、本業のインターネットモールでは業績を拡大できない楽天のあせりを感じますね。

  • 確かウルフさんは、杉村倉庫の株価が3000円になると言い、杉村倉庫の株価は3500円くらいまで上がったんでしたよね。ということは、ウルフさんの言う通りに杉村倉庫の株を買った人は皆、利益を上げる機会があり、現在、杉村倉庫の株で含み損を抱えているとすれば、その直接の原因は売るタイミングを誤ったからということになりませんか。ウルフさんを非難するのは筋違いだと思いますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ