ここから本文です

投稿コメント一覧 (152コメント)

  • 懐かしいです。

    初めて買った銘柄です。

    20円で買って30円で売って、一週間で20万円ほど儲けました。

    その一ヶ月後くらいに上場廃止の発表がありました。

    お守りがわりに少し買います。

  • 機関がどこまで株価を釣り上げるかが重要だと思います。

    好材料がでてますから、下はあまり意識しなくていいかと思ってます。

    ただ、今回の承認を予定に入れても赤字決算が予想されていますから、本来の上値は限定的な気がします。

    仕手筋が今回の承認を材料にどこまで仕掛けてくるか次第ではないでしょうか。

  • 驚異的な信用倍率ですから、とんでもない踏み上げ相場が来るかもしれないですね。

    3千円は序の口で、ことによっては新高値なんてこともあるかも。

    株の世界では信じられないことが当たり前に起きますから。

    でも、それを過ぎたら本来の姿に見合う株価に落ち着くと思います。

    3月期末の決算の数字が全てじゃないかと思っています。

  • 昨日のテレビを見ると企業としては終わってる感じですね。

    ただ、信用倍率が改善されるまで売りは様子見の方がいいように思います。

  • 素人の空売りを踏み上げ目的で買ってくる大口外資がいるかもしれませんが、この事実を知ってついてくる買い方がどのくらいいるかでしょうね。

    完全にババ抜き状態でしょうから。

  • 補修費用と公募株主の集団訴訟に対する和解金支払い。

    加えて入居者激減で家賃保証の支払い。

    下手すると会社更生法ですか。

  • 元社員さん、勇気ある発言をありがとうございます。
    今まで、モヤモヤとしていたものがスッキリしました。

    この先も心ある社員さんたちが数多くやめて行くのでしょうね。
    プライベートブランドを立ち上げた時点でもう出店企業さんのことなど考えていなかったのでしょうね。
    これでは、会社が傾いても不思議ありません。

  • 下方修正はともかく、減配までは織り込まれていないでしょうから、明日はちょっとひどいことになるかも。

  • 今回のサンバイオショックは、ZOZOの決算結果に対する反応にそれなりの影響を及ぼすように思うのですが、いかがでしょう。

    減益、通期下方修正みたいな結果が出た時に、オーバーシュートしてS安みたいなことが起きることもあるんじゃないかと思ったりします。

  • ARIGATOの会員収入がどのくらいあるかでしょうね。

    3Qには会員収入は反映されないでしょうから、3Qは減益かもしれませんけど、会員収入の現金収入で通期は増益なんてこともあるかもしれません。

    ただ、割引額はZOZOの負担ですから、長期で見れば頭打ちになるんじゃないでしょうか。

    決算見てからの売りでもいいように思います。

  • 空売り個人の処分が終わるまで株価の上昇は止まらないと思います。

    今の出来高の2、3倍で高値をつけたところが ピークで、そのあとは急転直下の下降トレンドになると思います。

    今度は高値掴みの処分売りで2千円割れはもちろん、瞬間的には千円割れもあるかもしれませんね。

    上はどこまで行くかはわからないですが、3千円は超えてくると思います。

    決算が相当悪ければ下げてくると思いますが、さほどでなければ、悪材料出尽くしとか言って更に上げてくることもあり得ます。

    ただし、あくまで需給の綾で高値をつけているだけですから、いずれ下げてくると思います。

  • 空売りが、溜まってます。
    決算までは、怒涛の踏み上げが来そうな気がします。
    ストップ高もあり得るかもしれませんね。
    売るのは、決算の数字を見るまで待ってからでいいかなって思うのですが、いかがでしょう。
    今回の決算が悪ければ、通期の下方修正を出さずにはいられないでしょうから。
    大口の踏み上げ組は、それまでに勝負してくると思います。
    3千円を超えてくると、空売り個人の追い証投げ売りもあるのじゃないでしょうか。

  • とりあえずは決算を見てから売りか買いか決めようと思います。

    作られた決算でもよければ、信用倍率がすごいので、吹き上げるでしょうし、悪ければ売り禁出ても下げ続けるような気がします。

    悪い場合には、債務超過、上場廃止も視野に入ってくるかと。

  • 業績は悪化しているでしょうね。
    ただ、決算の数字はいくらでも作れますから、表目的にはそれなりの決算を発表してくるように思います。
    その時に、株価がどのあたりにいるのか、信用倍率がどの程度なのかで株価の上下は決まると思います。
    有料会員やバーゲンは、目先の現金を手に入れるための方策でしょう。
    有利子負債が1倍を超えてますから、利子の支払いも負担になってるはずです。

  • 出来高が急増し始めたのが12月28日から、場中に出たオンワード撤退の記事がきっかけ。

    1月4日も出来高を伴ってもうひと下げ。売り残の急増。

    翌週、7日から踏み上げ開始。

    現在、日証金の信用倍率0、1倍台で逆日歩発生。

    万一、売り禁が出れば買い方のやり放題に、空売りできずに売り方は見守るだけ。

    大口機関なら、投げ売りだけをこなせば好きなだけ株価を吊り上げられる。

    実際には、株価上昇に淡い期待を持ち始めた高値つかみのホルダーは、中々手放そうとはしない。

    トドメに、ストップ高の二連投でもさせれば、一気に投げてくる売り方の特売りで利益確定。

    あとは一気呵成の売り攻勢で、トコトン値を下げて、もう一儲け。

    あくまで素人の妄想ですが、あり得る話だと思います。

    今日の日中足チャートも、ひどく下げたように見えますが、単なる行って来い。値幅も100円少々。前日比マイナス25円。1%程度の下げ。

    しばらく様子見して売りタイミング探そうと考えています。

  • どなたか、zozo社内でお仕事されている方がいたら、今の社内の雰囲気伺いたいですね。

    時価総額が半分になっても、上層部は悠然と構えているのか、キレまくって当たり散らしてるのか、どうなんでしょう。

  • そりゃあ、半年足らずで時価総額1兆円が半分近くになれば誰だって焦るでしょう。
    社長さんの心中お察し申し上げます。

    出てくるのは、悪い話ばかり。

    でも、株価は道理とは裏腹に動くもの。

    個人の売りを踏み上げて上昇しても不思議ないのです。

    以前、シャープに空売り仕掛けて大損こいたことがあります。
    最終的に売値の3倍まで跳ね上がり、泣く泣く損切り。
    でも、そこがピークで、その後売値の下まで下落しました。

    逆日歩がついて、踏みあげるには絶好のタイミング。
    大口機関がここぞとばかりに踏み上げ攻勢かけてきている気がします。

    冷静に判断すれば売り銘柄だと思いますが、慎重に入るタイミングを見極める必要があるように思います。

    2500円や3000円といった株価まで引き上げられることも想定して、資金ショートしないように慎重に仕掛けるべきかと模索中です。

  • 売り上げは伸びているでしょうね。
    見境なくバーゲン仕掛けているでしょうから。
    ただ、ゾゾスーツのお直しや返品の費用負担やバーゲン値引きの負担が利益を下げているんじゃないかと思うんですよ。
    有利子負債も発生してますし、担保に差し入れた株の価値も下がってる訳ですので、経営状況は厳しいと思います。
    半期での達成率も25%だと、最終的に未達に終わる可能性もあり得ると思います。
    PBRが2倍とか3倍というなら買い妙味もあると思いますけどね。

本文はここまでです このページの先頭へ