ここから本文です

投稿コメント一覧 (1308コメント)

  • 東京大学とソフトバンク、世界最高レベルの人と知が集まる
    『Beyond AI 研究所』に向けた協定を締結
    ~日本のAIを、次のステージへ~
    研究所は「東京大学本郷キャンパス」と「ソフトバンクの竹芝新オフィス」の2拠点に設置
    ❖『Beyond AI 研究所』における研究と事業化のエコシステム

  • ❖ソフトバンクとe5ラボ、次世代通信衛星を活用した海上ブロードバンドサービスの提供に向けて共同検討を開始~

    日本の海運業界の課題である船内通信環境の改善を目指して、ソフトバンク株式会社と株式会社e5ラボは、次世代通信衛星を利用した海上ブロードバンドサービスの提供に向けて、共同検討を開始した。

    e5ラボは、電気推進船の開発および普及促進を通して、新しい海運インフラサービスの構築に向け、旭タンカー株式会社、株式会社エクセノヤマミズ、株式会社商船三井などが設立した新会社である。

    両社は今後、下記の実証実験を行う。
    •通信衛星を利用した実証実験(期間:2020年1月~2020年5月末予定)
    e5ラボの企画に沿って、ソフトバンクが船舶に平面アンテナおよびローカル無線局を設置し、通信衛星を伝送路にした通信試験を実施する。
    •次世代通信衛星を利用した実証実験(期間:2021年1月~2022年3月末予定)
    2019年7月に、ソフトバンクと業務提携契約を締結した英OneWeb Ltd.の低軌道衛星通信サービスや、平面アンテナを使用した通信試験を実施する。同通信試験では、船舶でのIoTデバイスの活用や、リモート操縦に向けた陸上との通信試験を行う。

  • 中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングが26日、香港株式市場に上場し、初日の取引を6.6%高で終えた。

  • *ソフトバンクとHAPSモバイル
    <提案の今後>
    今回、両社からの提案が、
    アジア・太平洋地域の共同提案のひとつに含まれることになった。
    この提案は、2019年に開催される国際電気通信連合
    無線通信部門(ITU-R)の世界無線通信会議(WRC-19)で議論される。

    WRC-19は10月28日~11月22日まで、エジプトで開催される
    世界各地からの提案に対して、2023年の世界会議(WRC-23)の
    議題として採択するための議論が進められる。

    ソフトバンクによれば、両社による提案だけではなく、
    米大陸諸国間電気通信委員会(CITEL)やアフリカ電気通信連合(ATU)の
    地域共同提案のひとつになっている。

  • 成層圏通信プラットフォーム向け周波数、ソフトバンクの提案も世界会議へ~
    ソフトバンクとHAPSモバイルは、
    両社が提案した成層圏通信プラットフォーム向けの周波数案が、
    2019年の世界無線通信会議の議論対象のひとつになったと発表。
    HAPSと携帯電話を繋ぐ電波は、現在、2GHz帯の利用が国際的に認められている。
    一方、グローバルで携帯電話向けに活用される周波数である700~900MHz帯や、
    1.7GHz帯、2.5GHz帯の使用は認められていない。
    ソフトバンクとHAPSモバイルは、2GHz帯以外の周波数も、
    HAPS携帯電話基地局でも利用できるよう提案することになった。
    *Alphabetの子会社「Loon」とソフトバンクの子会社「HAPSモバイル」
    高高度通信ネットワークの展開に向けた戦略的関係の構築について合意。
    ~HAPSモバイルがLoonに1億2,500万米ドルを出資~

  • ・英国の通信衛星スタートアップ企業、ワンウェブのアドリアン・シュテッケル
    最高経営責任者(CEO)がポルトガルの首都リスボンで「日本経済新聞の取材」
    小型の通信衛星を使えば、携帯電話や固定回線よりも安く広範囲にネット通信網ができる。
    ワンウェブ19年末から毎月、30基以上の人工衛星を打ち上げる計画。
    *ワンウェブには米クアルコム・テクノロジーズ、エアバスなども出資…
    世界中どこにいても衛星通信ネットワークが繋がることで新たな地域での期待も大きく
    アフリカなど新興国では携帯やネット利用者の急増が見込まれる。
    先進国でも災害時のバックアップなどの需要があるという。

  • *英新興ワンウェブ、通信衛星6千基打ち上げへ …
    ソフトバンクグループ(SBG)が出資する英国の通信衛星スタートアップ企業、
    ワンウェブは今後10年で衛星6千基を打ち上げる計画を明らかにした
    小型衛星を軌道上に置き、地球上のどこにいてもインターネットが利用できるサービスを提供する
    米アマゾン・ドット・コムなども通信衛星ビジネスに参入するため、通信体制づくりを急ぐ…
    SBGは16年にワンウェブに約10億ドル(約1080億円)を出資した
    英米に拠点を置くワンウェブが3月に米クアルコムやルワンダ政府などから
    計12億5千万ドルを追加調達した際にも、SBGは追加出資している
    また、米衛星通信ベンチャーのワンウェブと業務提携をしているソフトバンク「SB-(9434)」は、
    基地局展開などで一部、人工衛星を活用してきており、技術的なノウハウを持つという
    こうした技術的ノウハウを生かして、ワンウェブの商用サービス開始に向けて協力する

  • ソフトバンク「SB/9434」2019年11月12日プレスリリース 
    住友電工とソフトバンク、工場での5G活用に向けた実証実験を実施~5Gを活用し
    設備の稼働状況などに関する膨大なデータをリアルタイムに収集し、
    工場の生産性と安全性の向上を目指す~
    住友電気工業とソフトバンクは、工場での第5世代移動通信システム「5G」)の
    活用に向けた実証実験を実施することに合意しました。

  • ソフトバンク「SB/9434」2019年11月12日プレスリリース 
    ロボットが活躍するための施設環境等の変革の検討に着手~
    ソフトバンク株式会社は、施設管理、
    小売・飲食および食品の各分野におけるロボ ットの社会実装に向けて、
    ロボットユーザーが主導して抽出する施設環境等の共通 課題の解決のため、
    ロボットユーザーとシステムインテグレーターなどが協力して 取り組む
    「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に参加し、変革の検討に着手…
    【ユーザー】
    イオン株式会社 がんこフードサービス株式会社 キユーピー株式会社
    トヨタ自動車株式会社 パナソニック株式会社 株式会社パルコ 東日本旅客鉄道株式会社
    株式会社ファミリーマート 株式会社本田技術研究所 三菱地所株式会社 森トラスト株式会社
    ロイヤルホールディングス株式会社 株式会社ローソン、株式会社スシローグローバルホールディングス

  • <SB,,プレスリリース> 
    商用レベルの環境で5Gコネクテッドカーの技術検証を完了
    ~商用レベルの通信機器などを使用し、256QAMと4×4 MIMOを用いた
    5Gコネクテッドカーの走行試験に世界で初めて成功~
    「ソフトバンク(9434)」は、株式会社本田技術研究所「本田技術研究所」と取り組んでいる、
    5Gを活用したコネクテッドカー技術の共同研究の一環として商用レベルの環境において
    5Gコネクテッドカーの技術検証を行い、無線検証やユースケースの検証などの
    さまざまな条件で安定した通信が行えることを確認しました。

  • 此処で楽天買い煽るのは逆効果だし、予定遅れの携帯移動基地局設置開始が来年の春だっかの状況でありながらSB板で楽天買い煽るのはどうかしてるな⁉

  • 黒字決算の期待と5G&AI&IOT等の材料からして、
    個人的には長期で期待しております。

  • SBは年内の株価はどうでもいいけど、
    来年の株価2000超えはあると思うよ。。。

  • 正しい言い分があるなら掲示板じゃどうにもならんから
    その消費者庁とやらに電話しなよ。

  • 大引けの日経平均株価は前日比169円34銭安の2万1878円90銭と反落。東証1部の売買高概算は13億5366万株。売買代金概算は2兆3672億5100万円だった。値上がり銘柄数は418と全体の19%程度、値下がり銘柄数は1677、変わらずは42銘柄だった。

     前日のNYダウは、トランプ米大統領への弾劾問題などが懸念され反落した。これを受けた、東京市場も軟調な展開。この日は配当権利落ちで日経平均株価は160円程度押し下げられたが、直近までの株価上昇もあり機関投資家などが利益確定売りを出した様子だ。日経平均株価は一時300円を超す下落となったが、引けにかけ下げ幅は縮小した。結局、配当権利落ち分を考慮した実質ベースでは10円前後の下落だった。

  • 本日、日本株式市場が暴落した訳...⁉

  • 不自然じゃなく一般的には機関が空売りするから下がるだよ、、、

  • 権利落ちの下げで機関のバイトが増えてきたな、

  • ソフトバンク(SB)「2019/9/25」国立循環器病研究センターとソフトバンク、
    循環器病対策の先端医療の研究開発で協力~AIやIoT、ビッグデータなどを活用~
    循環器病対策の先端医療の研究開発で協力
    国立研究開発法人国立循環器病研究センターとソフトバンクは
    国民の健康寿命の延伸や医療費抑制に貢献するため、心臓病や脳卒中をはじめとする
    循環器病対策の先端医療の研究開発に関する包括連携協定(以下「本協定」)を締結。

    両者は、国民が健康に暮らす社会の創造を目指し、オープンイノベーションにより、
    循環器病対策につながる医療・ヘルスケア機器やソリューションの研究開発と実用化に…

  • ❖トヨタとエヌビディア、提携を拡大…自動運転技術の開発を促進 『2019年3月19日』
    2019年3月19日 - エヌビディア(NVIDIA)は3月18日、
    米国カリフォルニア州サンノゼで開幕した「GPU テクノロジー カンファレンス(GTC)2019」において、
    トヨタとの自動運転分野での提携を 拡大すると発表した。

    ❖2019年3月28日 - ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社であるMONET Technologiesは、
    日野自動車、本田技研工業と、資本・業務提携に関する契約を締結したと発表した。

    ❖ソフトバンクは『2019/9/19』米エヌビディア(NVIDIA)と協業してクラウドゲーミングサービス
    「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供
    ~2019年冬のベータ版サービス提供に先立ち、本日から申し込み受け付けを開始~

    ✰ソフトバンク&トヨタ(自)&エヌビディアは自動運転(5G通信)分野でも繋がることになりそうですね⁉

本文はここまでです このページの先頭へ