ここから本文です

投稿コメント一覧 (306コメント)

  • 2015/04/10 21:40

    ヤフーの時価総額より上にいる。koboも外国投資もイマイチだし、ホルダーには悪いけど超天井。もう大天井。

  • 2015/05/11 15:45

    ダメダメ。営業利益・純利益が倍くらい違うヤフーと時価総額がほとんど同じ。ホルダーには悪いが今の水準は明らかに買われすぎで買えない。長期でみると大天井。

    今の決算は証券市場か一時的に良くなってるから。証券・カード・銀行が瞬間的に良くなってるだけ。でも市場には流行があって良くなったり悪くなったりする。悪くなれば特損計上で大惨事だ。つまり金融業はイーブンで伸び白がほとんどない。永続性があって伸び白があるのが楽天市場とか楽天トラベルでこのセクターは景気に左右されない。でもここが急ストップしてる。

    つまり楽天の右肩あがりはいずれ止まるし(もう止まってるように見える)。成長余力がほとんどない。あるいはM&Aを永遠と繰り返して連結子会社を増やして決算をとりこんでいく道しかない。

  • 2015/06/04 18:19

    たまたま買った次の日にこれだ。悪材料なくザラ場でおちるなら仕方ない。でも発表すれば株落ちるの解っててやるわけだから。もう三木谷の爆弾はうんざりだ。
    楽天買うのやめる。

  • 楽天の新株が発行されてまたおかしなことになってる。

    日本トップのヤフーの時価総額を超えた。アマゾンジャパンも基本的に非公開だが、一度だけ決算を公表したことがあって楽天より4倍上みたいだ。だから楽天は日本のIT専業で業界3位と言うことになる。

    ヤフーの営業利益・純利益で比べるも倍くらい違うわけだから、もうこれは比較するまでもなく、全然ヤフーの方が上だからとても楽天の株が割高に感じる。

    もどす過程で少しとりかえせた。

  • 2015/07/25 07:58

    >>No. 1841

    私もホルダーで楽天は応援中なんですが、まだ比べるのは無理だと思う。

    Amazonは昨日の大幅高で時価総額24兆になった。ウォルマートを抜いてほんとに世界的な小売企業に成長してる。

    それに比べてまだ楽天は国内レベル。増資で増やしたがそれでも時価総額2兆9千億。

  • もう駄目かもしれんね。決算から弱くなった。以前の楽天なら決算が少し悪くても悪材料出尽くしとか言って、買われたりして強かったが、今は全体相場と連動するクソ株になってしまった。

    楽天もいよいよ終わりか。少なくともアメリカの投資ファンドはそう考えだした。これは増資した三木谷のせいではない。会社が大きくなると成長余力が少なくなってくるからいっそうの成長はより難しくなる。

  • 2016/05/24 18:19

    3流の三木谷。5年前に海外展開について株主総会で質問されて「少ないリスクで試験的にやっていく」と答えてたが、5年経ってもほとんど変わってない。今だに四季報には海外は先行投資と書いてある。

    海外展開はどこまで行っても試験的であり、暖簾が発生しない外国基準でM&Aする場合には数字の上では成長してるように見える。でも結局は特損を出すので右肩上がりの成長は描けない。もうずっとこれを繰り返してる。

    12年前なら特損だしても「一過性」とか「悪材料出尽くし」とか言って買われまくってたが去年からそれも変わった。

    株価が上がれば必ずまた増資すると思います。にわか楽天ファンなら投資はやめたほうがいいです。

  • 楽天。成長急ストップ。海外はどこまで行っても試験的であり。三木谷は失敗に気づいたようで今になって「選択と集中」とかカッコイイこと抜かしてるが、そんなものすでにやってると思ってた。

    つまるところ株主から集めた金で失敗してるだけ。もう俺はビタ一円もださん。株買うということは楽天に金出すことになる。

    三木谷に利用されるだけだから買うのはやめときなさい。他に良い株はいっぱいある。株高になればすぐ資金調達の大型ファイナンスしてくるし。そんで粉飾決算で一発退場だから投資家はリスク高すぎる。楽天の場合は株が上がらないようになってる。

  • 楽天はもう駄目。2015年6月の2000億の公募増資の時がピークで、あの時はまだ決算もよかったし楽天市場もなんとか成長してたから期待も維持していた。でも、よりどころだった楽天市場が成長止まって、あと何がある?もう割高を許容できる点がどこにもないよ。IT企業は最先端だけどでも業界内での競争もあるし業界では楽天は負け組で技術ないし、もう勝負できないでしょ。M&Aも失敗してるし。株主の金をドブに捨てまくって..。前はしこたま株買ってた時もあったけど、もう騙されない。

  • 決算はあんま関係ない。ネット起業は成長が当たり前で、でも時代が変わって今でも右肩上がりなのはヤフージャパン。さすがヤフーで15年間ずっと右肩上がりを続けてる。

    楽天は楽天市場が成長ストップでついに楽天市場単体での決算発表をやめた。つまり投資家への目くらましで楽天トラベルとの合算で数字を発表するようになった。

    海外も「すくないリスクで試験的にやっていく」と5年前の株主総会では言ってたがプライスミニスターやコボで特損だしてイギリスやスペインやタイやシンガポールやその他いろいろな国から撤退や売却するようだ。

    買収した企業はプレミヤを上乗せで割高に買ってるし、その企業が買収時より伸びれば成功だけど、利益出せずに売却するわけだから最悪で株主資本は著しく棄損する、結果論だが結果は大事でこれならなんもしないほうが良かった。

    そいえば流通総額とか言う言葉も聞かなくなった...。これも見くらましで、もうほんと楽天はダメダメ。

    もうほんとに国内の金融業社になっていくと思う。
    過去に長い年月にわたってワンストップとか言いづつけてたが最近それも言わなくなったし、もう騙されてるの気づいたほうがいい。

  • バルサに高額の宣伝費だすようだが、でも海外は結局駄目で撤退や縮小に走ってるわけだから、逆行していてこれはおかしい。
    中国の百度の宣伝も昔よくみかけたが、だからと言って百度の検索エンジンは最初の一日だけ利用してそれっきりだった。

    せっかく日本の客や株主が楽天に金おとしてくれてんのに外国にどんどん移っていく。バルサに金やっても国内の景気にも寄与しないし、ほんと三木谷はどうしようもない。

    世界中の投資家もバカではない。悪い決算でも悪材料出尽くしで上がってた時代も過去にはあったが。成長が止まった楽天への投資家の見方は厳しさを増しており、まだ三木谷はそれに気づいていない。

  • >>No. 11204

    ほんとだ2月7日に設立されてる。でも10周年のお祝いもなかったし、20周年も当然ないでしょう。
    ここは企業文化が金儲けだけで他にはなんもない。だから年金日を狙い撃ちしたスーパーポイントセールはやるが他はやらない。

    三木谷は凡庸で主体性がなくweb2.0が流行した時はweb2.0を連発してたし、今はAIとか言ってるが、それもグーグルとかアマゾンとかの流れで言ってるだけで、ほんと凡庸。でも楽天もM&Aを連発して時価総額1兆5千億の企業にはなった。

    でも成長のエンジンだった楽天市場が完全に成長ストップして、あとは楽天トラベルだけだが、これは国内だけだし、ホルダーさんには悪いがここまでの企業だと思う。

    「少ないリスクで試験的にやってた」はずの海外が縮小の方向に向かっているし、楽天市長の成長ストップ等を考慮すると、本当にここまでの企業だと思う。今となってはバルセロナへの広告出稿もクルシマギレに見える。

    楽天だが、もちろん国内のネット金融の会社として生き残っていくことは出来ると思うが、もうそれは死に体だ。

    過去には長い年月に渡って決算が良かろうが悪かろうが買われまくって時代がずっと続いてきたが、もうそれもなくなった。今の楽天の時価総額が1兆5千億なのだから、成長性があまりなくなってる事を考えるともう十分買われてる。

  • 楽天は国内のネット金融に力を入れたほうが良いと思う。そうすれば今の1兆6000億の時価総額はなんとかキープしていけると思う。

    もうシリコンバレーを目指しても無駄だし、そんなだと半永久的にM&Aをしないと駄目だし、結果だけみるとその9割で買収時より価値を下げてしまって特損が出て売却とか撤退とかしてるわけだから、その都度、株主資本は著しく毀損してるわけで、もう株主犠牲の成長戦略はやめたほうが良いと思う。ほんと三木谷さんはあまり先見性が良くない人だと思う。

    でも朝一は悪材料出尽くしで上がったのか、2年前だったら決算が良かろうが悪かろうが「悪材料出尽くし」で決算日翌日は必ず上げてたが、もうすっかり変わった。

  • 決算発表後4日連続でマイナスか..。
    昔の楽天とは全然ちがう。
    株式市場がつけた楽天の企業としての価値は1兆5000億。
    それは時価総額でハッキリ示されてるから議論の余地がない。
    つまりベンチャー企業としてはすばらしく成長した。これは三木谷さんの大きな功績。

    株投資では決算の先読みが必要だが、つまりこれ以上の会社になるかどうかだが、俺には全然わからない。
    プロの機関投資家でもわからないと思う。

    でも海外のM&Aはほとんど全滅に近い形で失敗してるし、これはそうとうおかしくて、だって2012年から社内の公用語が英語なんだよ、おかしいでしょ明らかに。買収先の幹部と積極的に話し合ってたらこんなに長い期間に渡って失敗が続くはずがない。

    だから言ってるんだよ、もう国内のファンドで生き残れと。

  • なに~~~自社株買いだと!
    創業から20年だが初めてだと思う、三木谷さんにもできるんだ。むかし株主総会で自社株買いを質問されて、「出来ることと出来ないことがある」と言ってたが、やればできるじゃん。ホルダーさんたちおもでとう。

    1000億を自社株買いに使うのは株にはプラスだと思う。でも1年かけて買ってくわけだから楽天が高値で買い上がってくれるわけでもないし。この数か月で買った人はほとんど含み損かかえてるし、短期取引さんには吹き上げたところが絶好の逃げ場かも。

  • 海外はあまり期待できないと思う。だって海外ではグーグルとかクラウドサービスが強い会社がいっぱいあるし、もう使い慣れたサービスでやってる人達が、それを辞めてまでキントーンに乗り換えるとは考えにくい。

    そもそも取引先も同じクラウド利用してるだろうし、他国のしかも使い慣れたクラウドを辞めてまで乗り換える魅力がサイボウズにあるかと言えば、俺はないと思う。だから国内の中小企業をどれだけ取り込めるかで株価は決まる。それにたくさんの企業(顧客)をもつことでサイボウズが買収先としての魅力も増していくし、株価もあがりやすくなる。

    サイバーエージェントの藤田社長も海外へ進出してるネット企業は損を出し続けて最終的には全部撤退するだろうと言ってた。

  • >>No. 13185

    一週間で30億の自社株買いか。

    自社株買いの、実施期間は1年で、1000億を上限と言ってるが、このペースだとかなり早く終わりそうだ。
    成長余力が消えてマイナス決算が続いてるが、それでも三木谷さんは本気で今の株価は安いと思ってるようだ。

    すでに時価総額が1兆5000億だが、まさかな...。

    今は下支えあるから買い方有利。(´・ω・`)つ

  • 株価粘ってるな。ずるずる落ちていかないから楽天さんが買ってるのかもしれない。

    どうやら自社株買いすると、一般的には落ちやすくなるみたい。
    成長のための投資ではなくて自社株を買うことにお金を使うから、あまり将来性がなくなるから、のようだ。
    まあでも公用語英語で大失敗して決算も悪くなってるし、株主総会前にポーズとして必要だったのかもしれない。

    いつのまにか楽天の代表電話番号がサイトに載ってるね。これが一番びっくりしたわ。
    とっくに大企業ではあったけど、電話番号すら解らない会社で、そいう意味でずっとインチキIT企業だったけど、
    すこしまともな企業になってきた。三木谷さんも株主のことを気にしだしたのかな..。

  • 昨日の日経新聞では3割を占める外国人投資家達の動きについて書いてあって。最近はより好業績銘柄への選択が顕著なようだ。出来高が好業績銘柄に集中してるとか。楽天は好業績銘柄ではない。

    特損いっぱい出したから来期の決算は今期よりは良いだろうけど、楽天はナナメの方向から意味不明な特損も出す傾向があるから読めない部分も多い。暖簾が発生しない外国基準でいっぱい買収してるから特損の可能性がてんこもり。

    機関投資家も楽天はよく解らないと思う。機関投資家も損した時は出資者に説明しないといけないから、よく解らない銘柄買って損だしたらおこられちゃう。自社株買いも未来への投資ではなくて株券買うことにお金を使うから一般的には落ちやすいようだ。今の楽天は上がりにくいと思う。

  • すごいもどしてる。でも自社株買いは「成長への投資ではなくて、株を買うことにお金を使うから」一般的には下げの要因みたいだし。株の消去まで同時に発表してくれてればわかるのだが。過去に買収してきたM&A案件も特損の可能性があるのを500億近く抱えてるから今期もどこかで減損だしてくる。だから色々な意味でまだ折り込んでない。

    しかし楽天は四季報さんには好かれてて、とうとう、「海外は先行投資期」の文章が消えた。たぶん6~7年間ずっと載り続けてたと思う。さすがに四季報さんも期待がしぼんで、もうこれ以上言うのはいやがらせになってくるし、言えなくなったのかもしれない。

    (・ω・)つ

本文はここまでです このページの先頭へ