ここから本文です

投稿コメント一覧 (282コメント)

  • ❖5G基地局整備、税軽く 計画前倒し条件に 総務省要望≪
    総務省は2020年度税制改正で次世代通信規格「5G」の
    携帯電話基地局を整備する企業に対する法人税や固定資産税の軽減を要望する。
    NTTドコモ、KDDI、SBなど携帯4社が計画を前倒しして整備する場合や
    地域限定で通信する「ローカル5G」の基地局が対象だ。
    20年春の5G商用化を見すえ、普及を後押しする。

    20年度予算の概算要求は一般会計で17兆1928億円と19年度当初予算より5633億円多い。
    自治体に配る地方交付税の原資として16兆4246億円を求める。
    5G基地局や光ファイバー回線などのインフラ整備の補助金は132億円を計上する。
    機密情報をハッカーに盗まれないように送る次世代暗号技術「量子暗号」の
    研究開発費として15億円を要求する。

  • 世界の株式市場は米トランプ氏に委ねられているのか⁉
    株式市場は更に続落...

  • ソフトバンク株式会社 CEO:宮内 謙、とMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、)CEO:宮川 潤一、「MONET」)は、千葉市(市長:熊谷 俊人)と、千葉市をフィールドとする近未来技術の実装に向けた包括連携協定を、2019年8月22日に締結。

    1. 趣旨・目的

    千葉市は、2016年に国家戦略特区の指定を受け、ドローンや自動運転などの近未来技術を取り入れたまちづくりを推進~ ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、ICT(情報通信技術)を活用して社会課題の解決に取り組むことで、人々が豊かに暮らすことができる社会実現~ また、MONETは「モビリティサービスを通じて人々の暮らしをもっと豊かに」という企業理念の下、自動運転社会を見据えて最新技術を活用したMaaS(Mobility as a Service)事業を展開~ このたびソフトバンクとMONETと千葉市の3者は、互いの資源や技術を生かし、千葉市をフィールドとして近未来技術の実装を推進することで、社会課題の解決や地域の活性化、市民生活の向上を図ることを目指して、包括連携協定を締結することとなりました。

  • “ワイモバイル”、下り最大988Mbpsに対応し、
    大容量バッテリーを搭載したモバイルWi-Fiルーター
    「Pocket WiFi 803ZT」を8月29日に発売~
    ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、“ワイモバイル”の新商品として、下り最大988Mbps※1の高速通信に対応し、大容量バッテリーを搭載したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 803ZT」(ZTE製)を、2019年8月29日に発売。

  • ソフトバンクは、2019年8月15日(木)より、台風10号の接近にともなう安否確認の手段として、「災害用伝言板」と「災害用音声お届けサービス」を提供開始しました。

    「災害用伝言板/災害用音声お届けサービス」          ▪詳細<h ttps://www.softbank.jp/mobile/service/dengon/>
    ▪災害伝言板利用方法<https://youtu.be/oSJgLUGlTGM

  • 「SoftBank 5G」のイメージキャラクターに日本人初の
    NBAドラフト1巡目指名を受けた八村 塁選手を起用
    ~テレビCMや屋外広告などを8月22日から展開~
    ソフトバンク株式会社は、
    第5世代移動通信システム「5G」「SoftBank 5G」のイメージキャラクターとして、
    プロバスケットボールプレーヤーの八村 塁(はちむら るい)選手を起用。
    八村選手は、2019年6月に行われたNBAのドラフトで、日本人として初めて1巡目に指名され、
    日本バスケットボールの世界を大きく変える存在となりました。
    「世界を変える」というところが、高速・大容量、低遅延の通信で
    人々の生活や産業を大きく変える5Gのイメージと重なり、イメージキャラクターに起用の決定。
    また、ソフトバンクは2016年からB.LEAGUEおよびバスケットボール日本代表のトップパートナーとして、
    バスケットボールを応援、今後も日本バスケットボール界のさらなる発展に向けて応援…

  • 「バスケットボール日本代表国際試合International Basketball Games 2019」で
    5Gプレサービスを提供
    ~5Gを活用したVR/AR観戦や自由視点視聴など未来のスポーツ観戦体験を提供~
    ソフトバンク株式会社は、日本のバスケットボール新時代の幕開けとして開催される
    「バスケットボール日本代表国際試合International Basketball Games 2019」において、
    さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で8月22日から行われる5試合で、
    一般のお客さまが体験できる第5世代移動通信システム(以下「5G」)のプレサービスを提供。
    *ソフトバンクは、高速・大容量、低遅延の通信が可能になる5Gの実用化に向けて、
    今後もさまざまな取り組みを推進していきます。

  • SoftBank Airは、工事不要!
    置くだけですぐ使える自宅用Wi-Fi
    データ容量無制限!※1速度制限なしで
    スマホもパソコンもゲームも家中ネットし放題!
    コンセントにさすだけなのでインターネットの
    使い方がわからない方にもピッタリの...

  • コンゴ民主共和国(以下コンゴ)東部でエボラ出血熱の流行が宣言されてから1年近くが経過した。現地では今も流行を抑えこめずに、1600人以上がエボラに…

  • NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社は31日、総務省から次世代通信規格「5G」の基地局免許を取得したと発表した。今回の取得で実際に5Gの電波を発信できるようになる。4月に楽天を含む4社に5G参入が認められてから免許の取得は初めて。2020年春の商用化に向けて、試験サービスが活発に...

    NTTドコモは信越地方を除く全国で計222局を申請し、商用免許を取得した。同社は9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)で5Gを活用した試験サービスを提供する予定。今回取得した商用免許は主にラグビーW杯向けに活用する。

    KDDIは関東、中国、九州地域で計11局の商用免許を取得した。ソフトバンクは東北、関東、中国、九州地域で計15局の予備免許を受けた。商用サービスの開始はKDDIとソフトバンクが20年3月、NTTドコモは20年春を予定。

  • 政府は2日、安全保障に関連する物品の輸出管理で手続きを優遇する
    「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。
    韓国に対しては7月から半導体材料などの輸出管理を厳格化しているが、
    ホワイト国除外で他の幅広い物品の輸出についても原則、優遇措置がなくなる。

    韓国はホワイト国から除外しないよう求めており、
    米国も2日午後に開く予定の日米韓外相会談で
    「仲介」に乗り出す姿勢を示しているが、除外決定に踏み切った。

  • PayPay株式会社とソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)、SBペイメントサービス株式会社(以下「SBPS」)は、登録者数900万人を超えるスマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」と、ソフトバンクとSBPSが共同で提供する「ソフトバンクまとめて支払い」および「ワイモバイルまとめて支払い」を連携させ、「PayPay」へのチャージ分を“ソフトバンク”および“ワイモバイル”のスマホの利用料金とまとめてお支払い可能に...

  • ✰<SB.既出情報>~8月決算
    ソフトバンクがイオン九州と商品配送の効率化に向けて協業 宅配業の抱える課題とは?
    ソフトバンクと村田製作所が世界最小クラスの通信モジュールを共同開発。
    KDDIとソフトバンク、基地局資産の相互利用で合意 5G基地局の早期整備に向けて...
    ソフトバンク、約6.26型大画面スマホ「LG K50」を7月5日に発売 3500mAhバッテリー搭載。
    ソフトバンクがフジロックで5Gプレサービスを提供 実験用の5Gスマホも稼働。

    2号ファンドは、ソフトバンクGが380億ドル(約4兆円)出資、米マイクロソフトや米アップル、台湾の鴻海精密工業が参加する。参加機関は今後も増えそうで数百億ドル規模の追加出資を得られる可能性がある。
    ソフトバンクGは2017年に設立した運用額10兆円規模の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通じ、世界中のAI企業に投資。すでに80社超に投資している。

  • ソフトバンクと米衛星ワンウェブが業務提携
    ソフトバンクグループ(SBG)の国内通信子会社ソフトバンクは23日、
    SBGが出資する米衛星通信ベンチャーのワンウェブ(バージニア州)と業務提携を発表。
    ワンウェブは計650基の人工衛星を打ち上げ
    地球上のどこでもインターネットを利用できるサービス提供を計画している。
    ソフトバンクはワンウェブの事業展開を手助けするほか、共同でビジネスを推進する。

    SBGは16年にワンウェブに約10億ドル(約1080億円)を出資
    ワンウェブが3月に米クアルコムやルワンダ政府などから
    計12億5千万ドルを追加調達した際にも、SBGは追加出資している。
    ワンウェブは2019年2月に、最初の人工衛星6基の打ち上げに成功
    19年末から毎月、30基以上の人工衛星を打ち上げる計画で
    21年からの商用サービスを予定している…
    ソフトバンクは、基地局展開などで一部、人工衛星を活用してきており、
    技術的なノウハウを持つという。こうした技術的ノウハウを生かして
    ワンウェブの商用サービス開始に向けて協力する。

  • 適時開示情報≪アスクル株式会社≫
    ヤフー株式会社に対する当社「アスクル」株式の売渡請求にかかる
    取締役会の招集と本日の一部報道について ~
    *本日、当社は以下のとおり、取締役会の招集をいたしました。 日 時:2019 年 8 月 1 日 13 時 40 分~14 時 30 分(予定) 目的事項:ヤフー株式会社に対する当社株式の売渡請求の件 上記取締役会において、ヤフー株式会社に対する当社株式の売渡請求を行うことに関する審議および決 議を予定...
    ☆以下①~③記載省略

  • 目先の底値は、本日前場の安値1441前後と成りそう..
    最早決算前に下げる理由がない‼

  • SB「FUJI ROCK’19 EXPerience by SoftBank 5G」 を提供開始。
    ソフトバンクは、CGで再現したフジロックの会場を歩き回れる無料アプリ※1「FUJI ROCK’19 EXPerience by SoftBank 5G」の提供を、2019年7月22日(月)から開始しました。 「FUJI ROCK‘19 EXPerience by SoftBank 5G」は、5Gネットワークを通して届けられる画像を基に解析された会場のにぎやかな様子が3D空間に再現され、フジロックの雰囲気を楽しむことが...

  • ソフトバンク株式会社は、画像認識ソリューションの開発および提供を行う100%子会社「日本コンピュータビジョン株式会社」(以下「日本コンピュータビジョン」)を設立。

    日本コンピュータビジョンは、AI(人工知能)などの技術がもたらす利便性と効率性をあらゆる産業に提供し、全ての人々の暮らしをより豊かにすることを目指しています。現在、日本国内でも顔認証をはじめとした画像認識技術が、空港などさまざまな場所で活用されています。日本コンピュータビジョンは、こうした画像認識技術を活用し、さまざまなビジネス向けソリューションを提供...

  • ソフトバンク/2019年7月5日
    岩手県とソフトバンク、包括連携協定を締結~
    岩手県とソフトバンク株式会社(代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙「ソフトバンク」)は、双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、県民が安心して健康で豊かに暮らすことができる社会の構築を図ることを目的とした包括連携協定を、2019年7月5日に締結しました...

    <本協定の内容>
    (1)被災地復興・防災に関すること。

    (2)教育・文化・スポーツの振興に関すること。

    (3)働き方改革に関すること。

    (4)産業の振興に関すること。

    (5)その他、地域社会の活性化・県民サービス向上に関すること。

  • <ソフトバンク/2019年7月3日>
    *ソフトバンクとKDDI、基地局資産の相互利用により地方における5Gネットワークの早期整備で協争~日本の産業育成や地方創生、国土強靭化に貢献することで国際競争力の向上を目指す~
    ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)とKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下「KDDI」)は、2019年7月3日、両社が保有する基地局資産を相互利用し、地方における第5世代移動通信システム(以下「5G」)のネットワークの早期整備を共同で推進することに合意。

本文はここまでです このページの先頭へ