ここから本文です

投稿コメント一覧 (282コメント)

  • 本庶佑氏ノーベル賞受賞のがん免疫療法関連銘柄が一時的に買われてるから、、、

  • FIG(株) (グループ会社)
    東証一部上場企業
    時価総額/10,538百万円
    *<モバイルクリエイト株式会社>
    携帯通信のインフラを活用した移動体通信網(MVNO事業)及び
    GPSを活用した移動体管理システムの開発・販売・運用・保守

    *<株式会社石井工作研究所>
    半導体・自動車関連自動化装置、医療関連機器製造装置、
    自動包装装置などの設計・製造、精密金型、精密加工部品の設計・製造

    *<株式会社トラン>
    観光タクシ一・バス事業
    定額タクシ一事業

    *<ciRobotics株式会社>
    無人飛行機またはロボッ卜制御システムの研究開発、製造、施工
    保守管理、販売及び輸出入

  • FIG(株) (グループ会社)/【 No.2】
    *<株式会社オプトエスピー>
    コールセンターシステム事業
    システム開発事業
    センサーシステム事業
    eコマース事業

    *<Mobile Create USA, Inc.>
    米国におけるモバイルクリエイト株式会社製品の販売及び
    移動体通信システムの開発

    *<株式会社M.R.L>
    モバイルクリエイト株式会社の製品のレンタルおよびリース

    *<沖縄モバイルクリエイト株式会社>
    沖縄地区におけるモバイルクリエイト株式会社の製品の保守および管理

  • >>No. 163

    うむうむうちがうよ
    むうむうだから、、、

  • ✩此のネタ16日のIR出る前から知っていた輩は少ないから次の材料で⤴⤴...


    燦キャピタルマネージメント株式会社は、理化学研究所発のベンチャー企業であり、
    理化学研究所等が行った研究を基礎に、複数の発明を保有し、
    人間の体内のナチュラルキラーT(NKT)細胞を標的としたがん免疫療法
    に必要な技術を実用化し、その技術を医療機関に提供している

  • >>No. 460

    と言う事は待ってれば何れ爆上げじゃね。。。

  • 年初来高値:78(2018年1月16日) 年初来安値:43(2018年8月16日)

    此れを見れば底値は43って事だから後は…言うまでもない。

  • 明日辺り‼⤴⤴でも...


  • FIG/グループ会社「即出情報」

    2018/10/01
    株式会社ケイルックが運行する路線バス「京都らくなんエクスプレス R’EX(レックス)」「京大病院循環路線バス hoop(フープ)」で路線バスの「WAON」決済サービスを開始

    グループ会社

    2018/09/20
    IP無線「iMESH」の専用端末IM-550を販売開始

    グループ会社

    2018/09/14
    グループ会社の商号変更ならびに新コーポレートロゴのお知らせ

    グループ会社

    2018/09/04
    大飯発電所及び高浜発電所防災訓練においてモバイルクリエイト株式会社の業務用IP無線システムが使用されました

    以下「省略」...

  • ✩<なるほどtheWorld~政府が本腰>ってことでね...

    MSプレミアム=自動運転関連の物色加速―無人タクシー実用化に政府が本腰、FIG、モルフォなど食指…
    無人タクシーの実用化に向けた動きが進展しており、
    自動運転関連株への物色が今後、加速しそうだ。 
    政府はタクシーやバスの運行において
    運転手がいなくても走行できる「レベル4」水準の実現に向けたルール整備・・・

  • 何だよ此処は、ほとんど毎日安値更新って
    結局は此処の経営者は個人投資家の事など無視で
    期待もたせの茶番劇は、なるべくして成った結果じゃないの⁉

  • 「GIF(株)/グループ会社」
    *グループ会社のciDrone株式会社(以下、「ciDrone」)が、大分県が実施するドローン宅配の実用化に向けた「ドローン定期便」の実証実験の委託先として選定されましたのでお知らせいたします。

    実証実験は、少子高齢化が進む過疎山間地等で生じている買い物弱者の解決策として期待されている小型無人飛行機「ドローン」を利用した宅配サービスの実用化を目的としており、ciDroneは、2018年3月9日に実施した大分県佐伯市宇目の山間部におけるドローン宅配の実証実験の結果を踏まえ、携帯通信網を活用した完全目視外飛行による長距離定期宅配を提案し、採択されました。

    実証実験は前回同様、大分県佐伯市で行う予定となっており、佐伯市番匠商工会が実施する「商工会宅配事業」の買い物支援エリアを2019年1月から2月のあいだ、毎週1回ドローンによる生活用品の宅配を行う予定です。

  • >>No. 1387

    投資は銘柄選択も重要ながら結局は
    売り買いのタイミングと言う事ですね。

    ところで、一つ気になるのは空売り機関の
    存在ですがJPモルガンは早期参入で要注意⁉
    野村INはやる気次第で高騰もあり得る⁉
    そして17日ドイツ参入で更に上値期待も高まるが、、、、
    さてどうでしょうか⁉

  • 今日の売りがモルガンなら明日は⤴⤴...上げあげ

  • 買うなら今...
    結局は時間差で買いが入る筈。。。

  • FIG株式会社
    株式会社ゼンリンデータコム「業務提携」の即出情報より

    FIG株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役社長:村井雄司、以下、「FIG」)と、株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水辰彦、以下:ゼンリンデータコム)とは、両社の強みやノウハウ、経営資源を利用して、以下のような具体的な取り組みを含む案件を推進することを目的とした業務提携に合意しましたので、お知らせいたします。

    (1)物流プローブ位置情報データを活用した生産性・安全性向上のサービス展開

    (2)タクシープローブ位置情報データとAIを活用した需要予測等のサービス展開
    (3)テレマティクス市場における車載器ビジネスの共同提案
    (4)ドローン事業における三次元地図と大型機による商業サービス展開
    (5)ロボット分野・自動運転ソリューション分野への新規展開

    (6)その他双方合意した内容

    ゼンリンデータコムは、プローブ位置情報データを地図情報と紐づけることで、移動経路や交通手段、目的地での滞在時間、頻度、立ち寄り場所などを判定することができる位置情報解析プラットフォームを保有しています。分析されたプローブ位置情報データは道路整備効果調査や観光実態調査、災害実態調査などの公共事業をはじめ、様々な分野での活用実積があります。

    FIGのグループ会社であるモバイルクリエイト株式会社(以下、「モバイルクリエイト」)は、タクシー、バス、トラック向けの動態管理システムを通じて、車両およそ7万台のプローブデータを保有しており、これらのデータをゼンリンデータコムの位置情報解析プラットフォームにて分析することで、より細やかなサービスを提供することができ、動態管理システムを導入いただいているお客様の業務改善や事業に資するものと考えております。具体的には、予測と業務実績のギャップ分析を通し、タクシーであれば重点配車地域や業務改善ポイントの抽出、トラックでは運行ルートの見直しや休憩スポットの可視化が可能となります。

    その他、テレマティクス市場における車載器の開発や、三次元地図を用いたドローンの自動飛行支援システムの商業化、屋内動態管理システムを用いた室内ロボットの開発など...

  • 東証一部銘柄としては
    こんなに安い株価で放置されてる事態
    不名誉なのだからFIG(株)目指せ株価4桁台‼
    其れだけ価値あるの銘柄なのだから...

  • 90割れの燦キャピタルが死んだと思わす様な底値辺りの株価で振るい落とし~の買い戻し...であれば あのどいちぇ様でしょうか⁉ 
    其れとも...

  • 「2018年10月23日」即出情報より

    「当社CVC‐FUND第3号投資先」「RIKEN IMMUNE REGENERATIVE MEDICINE PTE.LTD.」「中山医学大学付属病院」

    《 第3号投資先 》
    10月も後半となり、秋らしい季節となっています。皆様、お元気にお過ごしでしょうか?
    前回のトップメッセージで、今年4月に組成した「社会課題解決ビジネス成長ファンド」の第1号投資先と第2号投資先が正式に決定したことをお伝え致しましたが、第3号投資先として、株式会社理研免疫再生医学(東京都千代田区、代表取締役徳岡治衛氏、以下「理研IRM」といいます。)を決定し、今月1日に、普通社債を引き受けました。理研IRMは、国立研究開発法人理化学研究所(以下「理化学研究所」といいます。)発のベンチャー企業であり、理化学研究所等が行った研究を基礎に、複数の発明を保有し、人間の体内のナチュラルキラーT(NKT)細胞を標的としたがん免疫療法に必要な技術を実用化し、その技術を医療機関に提供しています。また、理研IRMは、ノーベル化学賞を受賞された野依良治先生が理化学研究所理事長の時に、理化学研究所発のベンチャー企業として認定されています。まさか、この発表を行った10月1日当日に、京都大学名誉教授で神戸医療産業都市推進機構理事長の本庶佑先生が、ノーベル生理学・医学賞を受賞されるとは、本当にビックリ致しました。がん免疫療法が、世界的に注目されることになりました。今後の理研IRMの技術が、世の中に広まっていくことを期待致します。当社は、理研IRMとの間で、同社が日本国内及び海外において行う事業を伸長・拡大させることを目的とする協働に関する基本合意書を締結致しました。

本文はここまでです このページの先頭へ