ここから本文です

投稿コメント一覧 (477コメント)

  • 今後の米利上げとブラジル国債格付け見直しという、更なるレアル安要因に備えて、当面、もう少し上げて欲しいけど、なんか、弱々しくて困りますね~

  • No.68

    でも

    2015/05/27 23:43

    今年はタイミングが悪かった

    昨年の暮れにNK証券にだまされました

    証券会社は数ヵ月後の事態をかってて売るのかな
    それも酷いけど、わからなかったんだとしたら、素人同然の情報力だし、どっちにしても

  • No.201

    確かに

    2015/08/09 13:26

    格下げは痛いですが、今のところS&Pは見通しネガティブで、一年から一年半のうちに格付けを見直しで悪くすると投資不適格級になるといわれています

    一方、ブラジル政府は、実現可能な範囲に財政再建計画を修正して、着実な達成を図っていくとしているところ

    今回の修正後の計画達成は必須ですが、その状況がわかるまでジヤンク債への格下げ猶予はあり、それまでは一進一退の状態が続くのではないでしょうか
    今回の下げは一時的に大きすぎるため、当面少し戻すと期待しています

    ブラジル政府には頑張って計画達成してもらうしかないです

  • No.428

    格下げ

    2015/09/10 09:10

    なってしまったようです

  • No.429

    格下げ

    2015/09/10 09:10

    なってしまったようです

  • 2016/05/17 00:55

    ブラジル中央銀行は当面一ドル3.5レアル前後の維持を目安に為替介入するらしい。介入はレアル売りドル買い
    現状の水準がしばらく維持される可能性が強く、中長期的水準はわからない
    現状では多額の含み損
    とにかくNK証券にだまされ
    たとしかいいようがありません。
    皆さんもくれぐれも

  • No.237

    本当に

    2016/05/17 01:04

    NK証券は怖いですよ
    オレオレ詐欺より怖いし悪いです。ch2さんの書き込みも被害者をなくす意味ではプラスかも

  • No.352

    このまま

    2016/06/02 00:46

    ルセフ大統領が復活して国家資金をばらまき続けたら、デフォルトの可能性は全く無くはないと思います。
    将来のことはわからなかったけど、投資は自己責任でお願いしますよと、NK証券にはいわれています。
    皆さんもご注意ください。

  • No.974

    円安基調

    2016/12/15 17:49

    対ドルでみると、円は100円切る水準から一気に上がり(円安になり)現在117円台後半で、約17パーセント上昇しているが、レアルはあまり動きがないので、今の対円でのレアル高は、レアルが買われているというよりは、円安の影響によるものだと思います。レアルの動きに関しては、今後もドル円相場が重要なのかもしれません。

  • 2017/01/16 18:10

    レアルに自律的な動きが出るのは、2月以降のブラジルの年金改革法の行方でしょうが、それまでは、トランプ政権の表明する意見などに揺れ動くように思います。円高が進まなければいいのですが。ブラジルの財政再建に資する形で年金改革法が通るようであれば、対ドルでもレアルの上昇は見込めると思います。逆に骨抜きにされたり頓挫する可能性が増すと厳しい状況が懸念されます。

  • No.29

    しかし

    2017/01/16 20:48

    しかし、ずるずる下げて行くのはやなかんじですね

  • アプリでしか見れなくなりました。円安はここちいですね。

  • 2017/02/15 20:35

    くうぅ~っ(嬉し泣き)

  • 円高が進み、また、ひどいことになってきました。心配です。

  • 今までは円高がレアル下落の要因となることが多かったですが、今回は円安なのにレアル下落してるので、世界の通貨全体の中でレアル下落となっています。ブラジル国内で年金改革法が通れば37円代で安定することも考えられるけど、汚職のはびこる衆愚政治なので、しばらくは乱高下が続くような気がします。でも、36円は維持してほしいですね。

  • 2017/03/23 22:28

    37円は一瞬だった

  • ブラジルの国家財政を蝕んでいる手厚すぎる年金改革法案が下院で今月から五月にかけて採決されて、それが通れば七月ころに上院で採決される予定になってます。
    議員へのアンケートでは厳しい状況のようで、それが最近の下げの大きな原因です。
    通れば、かなりのレアルの上昇が見込まれますが、通らなければ、ブラジル国債の債務不履行につながる程重大な問題になるので、大変な逆風になります。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00010003-nikkey-s_ame

  • とりあえず34円台になってしまいました。

  • 2年後くらいには。36円以上で落ち着いてほしいけど見通しはどうでしょう。
    汚職事件の捜査が現職閣僚、議員に及んで、年金改革等の重要法案の審議、決議がストップしてる状況で、格下げ機関のブラジル格下げの見込みも報道されていますが、今は市場がそれらを織り込みはじめている感じ。
    年金改革等が骨抜きにされず可決し、来年の国政選挙で財政再建、経済復興内閣の成立を切に祈ります。

  • 今はまだテメル大統領が、年金改革等を断行できることを前提で、でも、ちょっと心配だなということで今の為替水準になっているようなので、この数カ月が正念場です。
    断行できればレアルは対ドル、円とも上がると思いますが、汚職による政治の混乱、年金改革反対の声が勝ってしまったときは、格下げとともにまた底割れのおそれがあります。その時はブラジルの経済的混乱も再燃すると思うけど、ブラジルの人たちはそんなことどうでもよくて、今の権利が少しでも減るのは我慢できないのかもしれません。

本文はここまでです このページの先頭へ