IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5478コメント)

  • >「黒字化したバイオベンチャー」で、
    >米国ナスダック上場を目指しているシンバイオ製薬

    >日本で上場しているベンチャー企業の中で一番夢のある企業だと思います。

    >2021年1月からの大相場に去年参加しました。


    今年のシンバイオは
    去年と比べると全く別の企業ように決算も良い数字を出しています。

    シンバイオは、好材料がいくらでも出てきます。

    「早ければ去年の高値を年内に超えるかもしれません」

  • シンバイオ製薬の現在の株価は、855円

    今日は5日線が、25日線・75日線とゴールデンクロスしました。

    「25日線と75日線は、7月20日にゴールデンクロス」

  • >>No. 1077

    「黒字化したバイオベンチャー」で、
    米国ナスダック上場を目指しているシンバイオ製薬

    日本で上場しているベンチャー企業の中で一番夢のある企業だと思います。

    >2021年1月からの大相場に去年参加しました。

    >シンバイオのチャートを毎日見ていました。

    >昨日からやっと2021年の6月からの高値からの調整が終わったと思って、
    >またシンバイオに参戦しました。

    >決算でしっかりと良い数字を出していて、
    >2021年と比べると「黒字化したバイオベンチャー」の本物の企業になりました

    >米国ナスダック上場まで、ホールドしたい企業ですね。

  • 2021年1月からの大相場に去年参加しました。

    シンバイオのチャートを毎日見ていました。
    昨日からやっと2021年の6月からの高値からの調整が終わったと思って、
    またシンバイオに参戦しました。

    決算でしっかりと良い数字を出していて、
    2021年と比べると「黒字化したバイオベンチャー」の本物の企業になりました。

    米国ナスダック上場まで、ホールドしたい企業ですね。

  • >>No. 868

    >10日に内閣改造、原発再稼働担当大臣って本当かよ


    内閣改造、原発再稼働担当大臣というのは、本当ですか?

    情報元を投稿してください。 よろしくお願いします。

  • >>No. 53

    東電の株価は、窓埋めの384円まで下がるかもしれません。

  • なんで寄り前の気配が下っているの?

    何か悪材料は出たのかな?

  • 廃炉資金は「外部拠出」/エネ庁、有識者議論に着手

    2022/07/28  電氣新聞 1面

    経済産業省・資源エネルギー庁は27日、
    原子力発電所の廃炉資金確保に向けた、外部拠出方式の導入などについて
    検討を開始した。

    2020年代半ば以降、
    原子炉本体の解体など本格的な廃炉作業が開始されるのに加え、
    電力小売り全面自由化や近年の燃料費高騰などを受けた電気事業の
    収益性悪化を踏まえ、現状の各事業者による内部引当制度より、
    安定的かつ透明性の高い資金確保の枠組みが必要と判断。

    米英などの海外事例も踏まえ、
    外部基金への拠出金支払い方式への転換を有力な選択肢として、
    有識者による議論を開始した。

    https://www.denkishimbun.com/archives/220626

  • どうやらドル円相場の円安トレンドは終わったようです。

    「円高は、内需株の東電には有利です」


      9月の電気料金 東電と中電が値上げ発表「過去5年間で最も高い水準に」

    7/28(木) 22:27  日テレNEWS

    「9月の電気料金」について、
    電力大手10社のうち2社が値上げすると発表しました。
    「比較できる過去5年間では最も高い水準」となっています。

    電力大手10社のうち9月の電気料金の値上げを発表したのは、
    「東京電力と中部電力の2社」です。

    東京電力の場合、
    標準的なモデルケースの家庭で一か月当たりの電気料金は
    先月と比べて8円値上がりし、
    前の年の同じ月と比べると、2028円の値上がりとなりました。

    値上げしない8社は、
    料金が高騰しすぎないよう設けられている上限額にすでに達していて、
    東京電力も今回、上限に達しました。

    この上限は、
    「規制料金」と呼ばれる大手電力会社の一部の料金プランでは国の認可がないと変更できませんが、

    「自由料金」プランでは各社ごとが設定できるため、
    「上限撤廃」の動きが相次いでいます。

  • どうやらドル円相場の円安トレンドは終わったようです。
    8月は、7月より円高になるでしょう。

    「円高は、内需株の東電には有利です」


      9月の電気料金 東電と中電が値上げ発表「過去5年間で最も高い水準に」

    7/28(木) 22:27  日テレNEWS

    「9月の電気料金」について、
    電力大手10社のうち2社が値上げすると発表しました。
    「比較できる過去5年間では最も高い水準」となっています。

    電力大手10社のうち9月の電気料金の値上げを発表したのは、
    「東京電力と中部電力の2社」です。

    東京電力の場合、
    標準的なモデルケースの家庭で一か月当たりの電気料金は
    先月と比べて8円値上がりし、
    前の年の同じ月と比べると、2028円の値上がりとなりました。

    値上げしない8社は、
    料金が高騰しすぎないよう設けられている上限額にすでに達していて、
    東京電力も今回、上限に達しました。

    この上限は、
    「規制料金」と呼ばれる大手電力会社の一部の料金プランでは国の認可がないと変更できませんが、

    「自由料金」プランでは各社ごとが設定できるため、
    「上限撤廃」の動きが相次いでいます。

  • 廃炉資金は「外部拠出」/エネ庁、有識者議論に着手

    2022/07/28  電氣新聞 1面

    経済産業省・資源エネルギー庁は27日、
    原子力発電所の廃炉資金確保に向けた、外部拠出方式の導入などについて
    検討を開始した。

    2020年代半ば以降、
    原子炉本体の解体など本格的な廃炉作業が開始されるのに加え、
    電力小売り全面自由化や近年の燃料費高騰などを受けた電気事業の
    収益性悪化を踏まえ、現状の各事業者による内部引当制度より、
    安定的かつ透明性の高い資金確保の枠組みが必要と判断。

    米英などの海外事例も踏まえ、
    外部基金への拠出金支払い方式への転換を有力な選択肢として、
    有識者による議論を開始した。

    https://www.denkishimbun.com/archives/220626

  • ADRだと東電は536円  +2.49%

    どうやらドル円相場の円安トレンドは終わったようです。
    8月は、7月より円高になるでしょう。

    「円高は、内需株の東電には有利です」


      9月の電気料金 東電と中電が値上げ発表「過去5年間で最も高い水準に」

    7/28(木) 22:27  日テレNEWS

    「9月の電気料金」について、
    電力大手10社のうち2社が値上げすると発表しました。
    「比較できる過去5年間では最も高い水準」となっています。

    電力大手10社のうち9月の電気料金の値上げを発表したのは、
    「東京電力と中部電力の2社」です。

    東京電力の場合、
    標準的なモデルケースの家庭で一か月当たりの電気料金は
    先月と比べて8円値上がりし、
    前の年の同じ月と比べると、2028円の値上がりとなりました。

    値上げしない8社は、
    料金が高騰しすぎないよう設けられている上限額にすでに達していて、
    東京電力も今回、上限に達しました。

    この上限は、
    「規制料金」と呼ばれる大手電力会社の一部の料金プランでは国の認可がないと変更できませんが、

    「自由料金」プランでは各社ごとが設定できるため、
    「上限撤廃」の動きが相次いでいます。

  • 8月は、現在より円高になると思います。

    もしかしたら円安トレンドは終わったかもしれません。

    円高は、内需株の東電には有利です。

  •  9月の電気料金 東電と中電が値上げ発表「過去5年間で最も高い水準に」

    7/28(木) 22:27  日テレNEWS

    9月の電気料金について、電力大手10社のうち2社が値上げすると発表しました。比較できる過去5年間では最も高い水準となっています。

    電力大手10社のうち9月の電気料金の値上げを発表したのは、
    東京電力と中部電力の2社です。

    東京電力の場合、
    標準的なモデルケースの家庭で一か月当たりの電気料金は
    先月と比べて8円値上がりし、
    前の年の同じ月と比べると、2028円の値上がりとなりました。

    値上げしない8社は、
    料金が高騰しすぎないよう設けられている上限額にすでに達していて、
    東京電力も今回、上限に達しました。

    この上限は、
    「規制料金」と呼ばれる大手電力会社の一部の料金プランでは国の認可がないと変更できませんが、

    「自由料金」プランでは各社ごとが設定できるため、
    「上限撤廃」の動きが相次いでいます。

  • 東電は、今日の陽線でトレンド転換したかもしれません。

    FOMCを通過しました。 来月はFOMCはありません。


    >原発フル活用へ布石 岸田首相、新増設も視野か―GX会議

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022072700995&g=pol

    >議論ないまま「了承」 柏崎刈羽原発のテロ対策施設 
    >経済団体からは再稼働強く求める声【新潟発】

    https://www.fnn.jp/articles/-/389928

    >今日の上げはやはりこの2つの新聞記事の影響か?
    >政府が水面下で着実に動いていると思われますね。

  • 今日は、5日線と75日線がデッドクロスしました。

    寄り付き直後の安値は、一目均衡表の「雲」に入りました。

    東電の株価は完全にダウントレンドに入りました。

    昨日の終値498円より上で買った投資家全員が含み損を抱えています。

    75日線より株価が下っているので、
    4月8日の「384円の窓埋め」まで下がっていきそうな感じがします

    >柏崎刈羽は、「活断層の上にある可能性が浮上」して
    それが決着つくまで稼働できない
    「活断層があるとわかれば法律で廃炉になる」

    >福島第一原発と同じ種類の構造の原発は
    再稼働のハードルがかなり高いと思います。

    >原発は、
     新しい基準クリアして
    「知事の許可」と「周辺50キロの全自治体の許可」貰わないと稼働できない
    「女川と浜岡は絶望的で全市町村と知事が反対している 」

  • 日経平均は、寄り天になって来ています。

    安倍さんは株価を上げようとしましたが、
    岸田さんは株価を上げようとする気は一切ありません。

    11月1日からから日経平均がどれだけ下がったかチャートを見てみてください。

    日本の年金は株式投資で運用しています。
    このままだと年金は消費税アップで補填するようになると思います。

  • 東電は、「原発再稼働」の可能性があるという事で
    株価が上昇してきた「仕手株」です。

    「その思惑は外れました」 

    昨日の終値498円より上で買った投資家全員が含み損を抱えています。

    75日線より株価が下っているので、
    4月8日の「384円の窓埋め」まで下がっていきそうな感じがします

    >柏崎刈羽は、「活断層の上にある可能性が浮上」して
    それが決着つくまで稼働できない
    「活断層があるとわかれば法律で廃炉になる」

    >福島第一原発と同じ種類の構造の原発は
    再稼働のハードルがかなり高いと思います。

    >原発は、
     新しい基準クリアして
    「知事の許可」と「周辺50キロの全自治体の許可」貰わないと稼働できない
    「女川と浜岡は絶望的で全市町村と知事が反対している 」

  • >スリーマイル島原発の廃炉作業は2019年に再開され、
    >2079年に終了する予定
    >実に60年かかる果てしない作業なのだ
    >目先の利益や利便性にとらわれ原発を稼働することはまったく愚かと言える


    廃炉作業が終了するまで60年ですか・・・
    「気が遠くなるような年月ですね」

    今日は、ローソク足が一目均衡表の「雲」に突入しそうですね

    昨日は、日足チャートの75日線が 511円
    昨日の高値は509円 ローソク足が75日線より下で株価が推移していました。

    75日線より株価が下っているので、
    4月8日の「384円の窓埋め」まで下がっていきそうな感じがします

  • >原告の株主側が22日、東京都内で記者会見し、
    東電旧経営陣「4人の財産の差し押さえを求める要望書を東電に送った」と明らかにした。


        13兆円賠償差し押さえ要請「原発事故の東電株主訴訟」

    2022/7/22 14:28  共同通信

    東京電力福島第1原発事故を巡り津波対策を怠って会社に損害を与えたとして、
    勝俣恒久元会長(82)ら東電旧経営陣4人に対し、
    計13兆3210億円を東電に支払うよう命じた株主代表訴訟の東京地裁判決を受け、原告の株主側が22日、東京都内で記者会見し、
    「4人の財産の差し押さえを求める要望書を東電に送った」と明らかにした。

    13日の東京地裁判決は、
    判決確定前でも強制執行が可能になる仮執行宣言を賠償命令に付けた。
    株主側はこれに基づき東電に要請。
    賠償額は国内の民事訴訟で最高とみられる。

    「要望書を郵送したのは20日」

本文はここまでです このページの先頭へ