ここから本文です

投稿コメント一覧 (6020コメント)

  • アメリカは大型が暴落して、中小型株は爆上げしてるね。

  • ハートシートの承認の可否がどうなるか不明だから、下がれば間違いなく買いは入る。

    下で買って、ハートシートの承認で一発当てたい人は多い。

  • 空売り溜まってるんだから、まし担でも現引すれば勝手に上がっていくんだから…

    株価上げたいなら、他の銘柄売って現引、貸し株オフ。これだけやれば青天井。

  • みんなで現引して、貸し株オフにしたら機関は買い戻さないといけなくなるから、勝手に株価上がりますよ。

    機関にわざわざ安い価格で買い戻させる必要もあるまい。

  • 信用全力なんてしたら絶対、振るい落とされるからな笑

    一見お得そうに見えて、実は見入りが少ない。

  • ロットの多さが、振り落とされる確率をかなり引き上げます。

  • 信用でMAX買ってたら絶対振り落とされますよ…

    振り落とされない事が利益の最大化に繋がります。

  • ストップ高なるまえに現引しときましょ。


  • >よくご存知の様で、以前から何度も書かせていただきましたが、3年基準ギリギリでぶん投げで書類を提出したと認識しております。
    >
    >
    >
    >はて。


    ハートシートの承認の可能性を考える際には、いくつかの重要な要素を考慮する必要があります。以下はその主な要素です:

    1. 臨床データの品質と量

    • 条件付き承認の期間中に収集されたデータ: ハートシートが条件付き承認を受けた後、十分な臨床データが収集され、安全性と有効性が確認されたかどうかが重要です。期限内に目標症例数を達成できなかった場合でも、収集されたデータの質が高ければ、承認の可能性は高まります。

    2. 薬事審議会の評価

    • 緊急招集の背景: 薬事審議会が緊急招集されたという事実は、審査が進行中であり、重要な決定が下される可能性があることを示しています。これが正式承認に向けた前向きなステップである可能性もありますが、詳細は審議内容に依存します。

    3. 公式情報と企業からの発表

    • 厚生労働省や関連企業の公式発表: これらの情報源からの最新の発表を確認することで、承認の進展状況を把握することができます。特に、製造販売承認及び再審査期間の指定に関する情報は重要です。

    4. 再生医療市場の動向

    • 市場のニーズと競合製品: 再生医療市場における心筋シートの需要や、他の競合製品との比較も承認の可能性に影響します。ハートシートが市場での競争力を持ち、治療の選択肢として求められているかどうかも考慮すべきです。

    5. 書類の信頼性

    • 憶測に対する公式な対応: 書類の作成に関する憶測がある場合、それに対する公式な声明や対応が透明性を示すために重要です。これにより、信頼性の向上と承認の可能性が高まります。

    総合的な判断

    ハートシートの承認の可能性は、収集された臨床データの質、薬事審議会の評価、公式情報、再生医療市場の動向、そして書類の信頼性に依存します。現時点では、正式な情報と企業からの発表を待つことが最も確実です。以下のように評価できます:

    1. 臨床データが質・量ともに高い場合: 承認の可能性は高い。
    2. 審議会の評価が前向きである場合: 承認に向けた重要なステップとなる。
    3. 公式情報が透明で信頼できる場合: 承認の可能性が高まる。


  • >ハートシートって期限内に目標症例数達できずに期限を延期しなかったっけ?
    >
    >本承認されることで利用が急拡大するもんなんやろうか。
    >
    >余計な症例報告がなくなるだけという認識。


    ハートシートの本承認が得られることで、利用が急拡大する可能性は高いです。
    これは単に余計な症例報告がなくなることだけではなく、信頼性の向上、保険適用の拡大、医療現場での普及促進など多くの要因が複合的に影響する結果です。


    ◼️利用の急拡大の可能性

    1. 正式承認の信頼性向上:
    • 本承認が得られることで、ハートシートの安全性と有効性が確立され、医療機関や患者からの信頼が高まります。これにより、治療の選択肢としての採用が増え、利用が急拡大する可能性があります。
    2. 保険適用の拡大:
    • 本承認されることで、健康保険の適用範囲が拡大し、患者の自己負担が減少します。これにより、より多くの患者が治療を受けやすくなり、利用が増加することが期待されます。
    3. 医療現場での普及:
    • 本承認を受けることで、医療現場での普及が促進されます。医師や医療機関がハートシートを治療の選択肢として推奨しやすくなり、利用が広がる可能性があります。

    余計な症例報告の削減

    • 条件付き承認からの移行:
    条件付き承認では、症例報告や追加データの提出が必要となるため、これが医療機関にとって負担となることがあります。本承認されることで、これらの追加義務が減少し、医療機関がより積極的にハートシートを採用できるようになる可能性があります。

    現実的な見方

    • 需要の見極め:
    ハートシートの正式承認は、確かに利用拡大の一因となりますが、実際の利用拡大は医療機関や患者の受け入れ状況、競合する治療法の存在、コスト面など多くの要因に依存します。正式承認だけでなく、これらの要因が総合的に作用して利用が拡大するかどうかが決まります。

  • このハートシート案件は、今まで出たどんなIRよりも超絶案件なのでは?

    少なくとも前回1000円を超えた時よりも、かなり状況が良いのは間違いない。

  • 上がったら買って、下がったら売ってをしてたらいつまで経っても勝てませんよ笑

    そもそもファンダメンタル分からず買ってもすぐ振るい落とされるだけでしょう。

  • 三井esホルダーの皆様おめでとう御座います!


  • 確かに断定表現は違いますね。
    私が間違ってました。
    あくまで確率の話であって世の中絶対なんか無いですよね。

    >>どれくらいの期間で見るかですよね…
    >>
    >>
    >>
    >>エンジンやクレーンが長期的に好業績になるのは確定してるわけですが、株価が短期的にどうなるかは私もわからないです。
    >>
    >>
    >>
    >>現物はそのままで、維持率がきついなら信用は一度売るのも良いと思いますし、維持率に余裕あるならそのままでも良いと思いますし、何が正解かは誰にも分からないと思いますよ。
    >>
    >>
    >>
    >>
    >>
    >>>正直跳ねる直前とその後に欲張っちゃって
    >>
    >>>現物6割@1700円台 信用4割2000円台なんですよね。買うタイミングってすごく難しい😓
    >
    >
    >確定って言えるのすごい
    >カッコイイですね

  • どれくらいの期間で見るかですよね…

    エンジンやクレーンが長期的に好業績になるのは確定してるわけですが、株価が短期的にどうなるかは私もわからないです。

    現物はそのままで、維持率がきついなら信用は一度売るのも良いと思いますし、維持率に余裕あるならそのままでも良いと思いますし、何が正解かは誰にも分からないと思いますよ。


    >正直跳ねる直前とその後に欲張っちゃって
    >現物6割@1700円台 信用4割2000円台なんですよね。買うタイミングってすごく難しい😓

  • 底を完全に見極める事なんて不可能なんだから多少損しても上がるの見越して買うか、買わないかのどっちかでしょ。

    底で買おうと置いてかれる人は多い。
    まあ買えなくても損はしないわけでどっちが正しいとかではない。

    長期で上がるか下がるかそれだけ考えてトレードするべき。

  • 三井es長期投資勢からしたら、一度株価が下がっただけで、何も計画は変わってない。

    他人のせいにしてぐちぐち文句言ってるのは、目先しか見てないからでは?

    これからどんどん株価上がるわけだし別に良いじゃない。
    結局は業績次第でしょ。

  • そうですね。

    >Xで成績公開されてるかたですよね?

本文はここまでです このページの先頭へ