IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (29コメント)

  • 中小企業ホールディングスの動きに大きな変化を感じるが投資家の皆さんいかがでしょうか?今までは毎日のように1円~2円下げました、その時の動きと違って、今回はかなり強い買いの力を感じます、どこか大きな所が介入したと感じられます。もしかしたら日本版ロビンフッド現象の予感が!

  • ここ3日間からの中小企業ホールディングスの動きに大きな変化を感じるが投資家の皆さんいかがでしょうか?それまでは毎日のように1円とか2円ずつ下げてついには41円位まで付けた時の動きと違って、今回はかなり強い買いの力を感じるが、なぜかどこか大きな所が介入したと感じられる。もしかしたら日本版ロビンフッド現象の予感が!

  • 本来、東京証券取引所の適時開示に発表されるべきものが、東証とは言えIRに準じる東京証券取引所のニュースのニュースページに変わった事は本来のニュースとしては充分だと思う、IRに準じる事だと充分に理解できます。ましては日本介護連盟のことで今後何かがさらに起きると言うことです、大きな期待が寄せられます。
    いずれにしても、4000団体の介護の連盟を牛耳る陣容で大きな病院や介護施設と関係する薬店チェーンなど大きな組織がみえます。共に厚生省のOBさんなども協力すると考えられます。
    投資家の皆様は、ここは株価の位置からも断固、買いと思います、冷静にお考え下さい。

  • 本日12時過ぎに中小企業ホールディングスと日本一の介護施設4000団体を統括する日本介護連盟と今後のブイブロックスプレー及びその他中小企業ホールディングスが取り扱う商品の事について業務提携をしたとホームページニュースに報じられた。
    又今回テレビで話題になったり【JST】で認められた検査キットも含め、取り扱うと発表され、これが順調に推移すれば介護連盟の周りの業者や大企業、介護のみならず介護連盟の裾野が深く相当な発注が予測される介護連盟の理事長も関係者もこの事業に期待している。

  • 国立研究開発法人科学技術振興機構【JST】 ダチョウ抗体による検査キット
    新型コロナウイルスがライトを当てると光るダチョウ由来のタンパク質が光る仕組み。サーズ、コロナ、デング、インフルエンザ、あらゆるウイルスの進行過程が可視化される、JSTの発表により朝日新聞やYahooニュースで大きく塚本先生が紹介された、これにより国内に及ばず世界からも注目され問い合わせが殺到している模様だ。

  • 自ら世界の為にありがとうございます。
    コロナ付いたら光るマスク ダチョウ研究者の学長、自らの体で実証朝日新聞デジタル702
     ライトを当てると、新型コロナウイルスがついているか分かるというマスクを、京都府立大学が開発した。マスクの表面で、ダチョウ由来のたんぱく質が光る仕組みだ。その輝きを確かめたのは、自らも新型コロナ感染者となった塚本康浩学長(52)だった。

  • 2021 年 10 月 12 日
    各 位
    中小企業ホールディングス㈱
    代表取締役社長 岡 本 武 之
    ダチョウ抗体による検査キットに関するお知らせ
    2021 年 10 月4日に当社より「㈱ジールバイオテックのニュースに関するお知らせ」でご案内
    しました、ダチョウ抗体担持マスクを用いた検査キットの販売について、当社子会社の V BLOCK
    販売㈱が、㈱ジールバイオテックと協議を開始しましたことをお知らせ致します。
    ダチョウ抗体担持マスクを用いた検査キットについて
    2021 年 10 月1日付けで国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)と京都府立大学の共同発
    表により「ダチョウ抗体を坦持させた不織布マスクを用いて口鼻からの新型コロナウイルスの可
    視化に成功」に関し、実用化に向け米国スタンフォード大学医学部での臨床検体での検証を経て、
    京都府立大学発ベンチャー(オーストリッチファーマ㈱[京都府精華町]、㈱ジールバイオテッ
    ク[大阪府吹田市])と検査機器メーカーが製品化(検査キット化)し、国内外で販売する予定
    である旨が発表されています

  • 株主の皆様、なぜ適時開示にかけないかのお答えは前経営陣が10年余りに渡り、適時開示した事柄がことごとく不発に終わり大きな累損を積み重ねてきた事と思われます。東京証券取引所としては正式に注文の発注等でない限り厳しく適時開示にはあげさせない状況にあると思われます。今迄とは変わり科学技術振興機構JSTやインドの件など冷静に考えても進んでおります、まもなく大きな注文や発注がある事でしょうダチョウ抗体は万能で有りますから期待しましょう。

  • 先週発表されたJSTの世界に大きな役割を果たす検査キットの話が、本日ホームページに出ていますね、期待通り中小企業ホールディングスが正式にかかわっていました
    今一番の課題はクラスター対策です、インドやその他の国々も同じだと思います。ダチョウ抗体は人類を救うとまで言われ介護施設、病院、自衛隊、警察、刑務所、又学校関係にもダチョウキットは役に立つでしょう。
    大きなビジネスチャンスも自然に訪れると思います。

  • 皆さん良かったですね、世界中にコロナウイルスには予防できクラスター対策にも有効である事が分かり販売実績もマスク累計8000万枚売り上げ200億円超の大ヒットでした。今年の7月30日 科学技術振興機構JSTと言われる国立研究開発法人から効果が認められプランBの科学イノベーションによる対策アップグレードとしてプランビーに認められ、ダチョウスプレイ等が新型コロナウイルスに対し感染抑制率99.6%以上 新型インフルエンザ抑制率99.9%と言われ本日もJSTからより詳しい情報がでました。皆さん冷静にいきましょう。

  • とんでもないことになっています。
    JSTホームページ

  • 最近の日本の株式マーケットにおける注目点は1従来の業績や次のテーマは何だと言って、一通り循環した感がある。以前はこういう時材料株や、仕手株が登場してくるが、作今はそういうやり方も新鮮味がないところである。こういった時アメリカでは従来のたいしたことないと思われるために大量のヘッジファンドが、空売りを仕掛けて大量の売り残がある株をターゲットにロビンフッド現象が起きていると言う。そういうものをターゲットに個人投資家が届くんで大量の街を入れながら相場が10倍15倍になったケースがたくさん散見される。置き換えて日本市場でも同じような現象がいくつか起きつつある。例えばここに中小企業ホールディングのことを考えてみよう。誰が見てもこの会社は過去も現在もボロ株であるが。今起きているインドの案件とかが、もし本物で大きな実を発表したりする方向に切り替わった場合この会社は一気に黒字展開、また大きな商談が発注されたらこの会社はどうなるだろう。と考えた場合40,000,000以上入っているから後にはとんでもないエネルギーになってしまう事は確実である。

  • 一般的には各国の大使館を通じて直接各国の厚生省に医学的にも効能が認められ物を寄付する場合であってもそう簡単では無いのです。
    科学的に認められた水準であり、色々な文献やエビデンスを求められたはずです。
    ましてはそれをクリアし大使のお墨付きを貰ったダチョウ抗体関連はJTSも認めたように驚くべき効能が認められています、今後の大型商談はあり得ると思います。

  • 今迄にも、ダチョウコウタイ効果ともを数多く関連放送で紹介されています。また人類を救うとまでテレビ放映されました。
    この度今年の7月30日 科学技術振興機構JSTと言われる国立研究開発法人から効果が認められプランBの科学イノベーションによる対策アップグレードとしてプランビーに認められました。ダチョウのスプレイ等が新型コロナウイルスに対し感染抑制率99.6%以上 新型インフルエンザ抑制率99.9%と言われています。
    このお墨付きを手に入れておりますので今後大きな提携や商談に熱源する事間違いないと思われます。

  • 良い花は後から 好転している中小企業ホールディング。

  • 秋口にかけて第5波収束が見通せない中専門家は早くも冬の第6波への懸念をを示している、株価もよく似た動きをすると思われる。
    この為のインドの業務提携は推奨もあり必ずや大きな商談に結びつくであろう。
    この他にも10月11月にかけて元々言われていた大企業との前向きな提携ともが目白押しであることからロビンフッド現象の期待が持たれている。
    いずれにしても有名ヘッジファンドの連中もこの中小企業ホールディングの売り上げとか業務提携などまともな話が前向きに出たら普通の投資家と違って頭脳明晰な
    ファンドマネージャーは、いち早く買戻しをするに違いない過ちを改むるに憚こと勿れである。40.000.000株以上の空売りは驚愕のバイバック現象を起こすであろう。
    なぜなら今から明らかにされる色々な材料は皆本物だからである。

  • 最近の日本の株式マーケットにおける注目点は1従来の業績や次のテーマは何だと言って、一通り循環した感がある。以前はこういう時材料株や、仕手株が登場してくるが、作今はそういうやり方も新鮮味がないところである。こういった時アメリカでは従来のたいしたことないと思われるために大量のヘッジファンドが、空売りを仕掛けて大量の売り残がある株をターゲットにロビンフット現象が起きていると言う。そういうものをターゲットに個人投資家が届くんで大量の街を入れながら相場が10杯15杯になったケースがたくさん散見される。置き換えて日本市場でも同じような現象がいくつか起きつつある。例えばここに中小企業ホールディングのことを考えてみよう。誰が見てもこの会社は過去も現在もボロ株であるが。今起きているインドの案件とかが、もし本物で大きな実を発表したりする方向に切り替わった場合この会社は一気に黒字展開また、大きな商談が発注されたらこの会社はどうなるだろう。と考えた場合40,000,000以上入っているから後にはとんでもないエネルギーになってしまう事は確実である。

  • ロビンフッド 注目するかもしれません。

  • 賢進カンパニーアヌ―クはマハラジャの出身でお父様はインド国鉄総裁の大物です。
    大阪大学で研究者として、ボストンコンサルティングに入り日本の薬品会社と、インドの財閥系企業との提携及び合併などに大きな役割として関わりインド人の大物コンサルティングとして知る人ぞ知る存在です。インドの元総理大臣とも今の総理大臣ともつながりがある。
    その人間関係は大きな武器となっている。
    中小企業ホールディングに対してなぜ興味を持ったか分からないが近く大きな商談が控えているだろう。

  • 先日の、インド大使館の贈呈式のニュースがYouTubedeで、ダチョウスペースインドを音声で入れたり検索したりすると時々通信ニュースを始め10社以上がニュースとして取り扱ってますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ