IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (101コメント)

  • チョーセン人は自分が悪いと思っていても
    そのまま突き進んだり、攻撃したりする
    精神障〇者です。
    皆さんの周りにもいるんじゃないですか?
    頭にきて思考回路止まって目つきがイッテル奴

  • えー、この一週間お隣の韓国に何か動きがあったみたいですねー

    ナメたことほざいてたらお前らの処罰方法を街頭で
    100人にきくぞ!カス

  • >>No. 669


    >一部の難民の世話で 国内は乱れるでしょう

    世話などしない。
    ガス室に放り込む、それだけ。

  • こりゃあ、近いうちにこのオバハンの
    復活あるか〜?
    もしかして?

  • No.305

    FU〇 K YOU!

    2019/08/22 19:20

    FU〇 K YOU!

  • 国の政策に従って、粛々と征韓金融制裁を
    進めていけよ。
    売国行為を少しでもしたら、即終わりやぞ。

  • 皆さん!

    今晩、クソアホ番組、報道ステーションが
    どれだけねじ曲がった見方で
    ニュースを展開するか?
    ぜひ見てください。
    録画出来る人はぜひ録画を!

  • >>No. 618

    じゃあ、神棚の代わりに
    売春婦像を置けニダ、ってか?

  • GSOMIAを延長しようがしまいが、
    ホワイト復帰は、無い!

    とはっきり言ってくださいね。

  • 日本が南朝鮮をホワイト除外→
    南朝鮮がアホみたいに怒り狂う→
    イマココ

    物資が足りなくて半導体製造会社で事故→
    半導体会社が倒産→
    南朝鮮が日本に損害賠償、反日デモ→
    南朝鮮の日系企業がとばっちり、窃盗、破壊行為→

    ホワイト除外から更に発展、禁輸

  • 軍事情報共有無効なら日本海沿岸の監視を
    強化して南朝鮮の競取り、北朝鮮のボートピープル
    を一網打尽に叩けばいい。
    GSOMIAとやらはアメリカと南朝鮮が
    共有を続けてれば、アメリカ経由で
    横流ししてくれるんじゃない?
    トランプとシンゾーの関係性があれば?

    南朝鮮はマジで日本海の領海、領空を完全封鎖して
    文句言ったらイージスアショアでチェジュ島ちかくに
    威嚇してやればいい。

    特別高等警察を復活させて国内の朝鮮人を
    収容所にぶち込んで、実験材料にしたれ!

  • 報道ステーション、
    チョーセン人観光客が減った事を
    クライシスのごとく騒ぎ立てる反日クソニュース
    番組潰れろや。

  • 韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は21日、北朝鮮に対し、韓国政府を信じて朝鮮半島の運命を変えることに共に参加するよう期待すると述べた。

     ソウルで開かれた第2回東アジア鉄道共同体フォーラムでの祝辞の中で語った。今後も韓国政府は南北の鉄道連結、東アジア鉄道共同体の実現に向けて忍耐心をもって努力すると強調した。

     今年に入り朝鮮半島非核化・平和プロセスが進まず、鉄道分野の協力をはじめ南北交流も停滞している状態だが、「時間がかかるとしても南北間の鉄道連結を通じた人の往来は結局われわれが向き合うことになる未来であり、朝鮮半島の平和経済の時代が必ず開かれるだろう」と強調した。

     北朝鮮は最近、韓国の軍備増強や韓米合同軍事演習などを強く非難しながら韓国に対する不信感をあらわにしている。金氏の発言はこうした状況を念頭に置いたものとみられる。

    →先週あれだけ北の親分にdisられても、
    このKY発言、、、バカなの???

  • 是非一度、関西空港がらみで
    JR西のや、南海電鉄を利用している日本の一般人に
    インタビューしてくれ。



    「南朝鮮からの観光客が少なくなってますが、?」

    「最高〜。」

  • 韓国の所得に対する対外援助規模が経済協力開発機構(OECD)29カ国の援助国のうちで最下位水準であることが分かった。

    1日、OECDによると、昨年開発援助委員会(DAC)所属の援助国29カ国が出した公的開発援助(ODA)支援規模は、1426億ドル(約16兆円)で前年比8.9%増えて過去最高を記録した。

    これらの国々の国民総所得(GNI)に対するODA比率は昨年平均0.32%で、2015年(0.30%)に比べて増加し、2005年(0.32%)以降で最も高かった。昨年の総ODA規模は、2000年の709億ドル以降、16年で倍に増えた。

    所得に対する開発援助規模が最も大きい国はノルウェーで1.11%に達し、次いでルクセンブルク(1.00%)、スウェーデン(0.94%)、デンマーク(0.75%)、ドイツ(0.70%)、英国(0.70%)の順となっている。一方、規模が最も小さい国はスロバキア(0.12%)、ハンガリー・ポーランド(0.13%)、韓国・ギリシャ・チェコ(0.14%)の順だった。

    GNIに対するODA比率は、米国(0.18%)や日本(0.20%)も29カ国の平均値(0.32%)をはるかに下回った。韓国は2カ国間援助額の増加により、ODAへの拠出額が19億6000万ドルで前年比2.6%増となったが、所得に対する援助規模は相対的に小さかった。

    →援助してもらう、カネを恵んでもらう意識は高いが、援助する、献金するという意識は皆無の
    甲斐性なし国家。
    今、ウリは他国に援助してる、とかエラそうな
    事をほざきたけりゃ、外国で窃盗したり国際法を
    違反したり、特許を侵害したり、ゆすりたかり
    をするなや。
    おまエラが援助してると思ってるカネや技術は
    外国からもらったもん、パクったもんやろ?

    恥ずかしくない?




  •  大韓航空が20日発表した日本との路線見直しには、釜山-関西、済州-関西の運休が含まれた。関西では今夏、韓国から日本への旅行予約の半分がキャンセルされるなど、韓国人訪日客の減少が顕著になりつつある。関西国際空港は日韓関係悪化の直撃を受ける形となった。(牛島要平、黒川信雄)

     ■「旅行者回してほしい」

     関空では現在、ソウルをはじめ韓国6都市との路線が運航されている。関空から昨年入国した外国人のうち韓国人は28・3%を占め、トップの中国人(30・1%)に迫る規模だった。

     大韓航空のほかにも、既に格安航空会社(LCC)のエアプサンが釜山-関西便を27日から運休すると決めるなど、韓国系航空会社が関空路線を運休、減便する動きが広がっている。関空を運営する関西エアポートは今月中旬の時点で、韓国路線の約1割、週64便が減る見通しを示していた。

     関空の広報担当者は「現在は、日韓関係が厳しくなる前に旅行を予約した韓国人客が利用し、まだ目に見えて減っているわけではない」としつつ、「今後は減ることを視野に入れないといけない」と語った。空港の免税店売り上げなどにも影響が出ると見ている。

     訪日客向けの旅行代理店「フリープラス」(大阪市北区)の小西宏明取締役は、「韓国人客を受け入れているホテルやバス会社からは、経営が成り立たないとの悲鳴が聞こえる。(他地域からの)旅行者を回してほしいという問い合わせもある」と話す。同社の取引先などでは今夏、韓国からの予約の半分がキャンセルされ、秋も前年比で大幅減になる見通しという。

     ■韓国航空会社にも打撃

     関空のターミナルでは20日、帰国で釜山に向かう韓国人の自営業の男性(47)が「韓国では周囲の目が気になり、『今はやめよう』と日本旅行を思いとどまる空気が出ている。私の友人も、11月に予定していた大阪観光をほかの国に組み替えた」と話した。

     ただ、日本の航空3社は対韓路線への依存度が高くない。一方、韓国メディアによると、韓国の航空8社は旅行需要低迷などから今年4~6月期決算はすべて赤字になっており、7月以降は日本路線の相次ぐ運休・撤退で収支がさらに悪化する恐れがあるという

    →さすが産経新聞、韓流まっさかりやね。
    ホテルやバス会社が悲鳴をあげている??はあ?
    そんな時こそきっちり営業して穴を埋めるのが
    仕事やろが!それができんのならやめちゃえよ。

    てゆうか、本当にそんな事コメントしてんのか?
    逆に南海電鉄やJR西の利用客に聞いてみろ、
    (鮮民が減ったら最高!)って
    コメントが返ってくるやろが。

  •  【ソウル共同】大韓航空は20日、日本と韓国を結ぶ路線を大幅に見直すと発表した。9月16日から釜山―関西、11月以降に済州―成田、済州―関西をそれぞれ運航休止とするほか、9月下旬から11月中旬まで仁川―小松、仁川―鹿児島を、9月下旬から10月下旬まで仁川―旭川をそれぞれ一時的に運航を取りやめるという。

     日韓関係の悪化に伴う訪日客のキャンセルが相次ぎ、収益性が低下したのが理由。日本の地方空港とを結ぶ他の路線でも減便を計画している。大韓航空は7月に札幌と釜山を結ぶ路線の運航停止を発表していたが、今回のような大幅な路線見直しは初めて。

    →やったー!!!
    二度と関空使うなよ、簿卦

  • 2019/08/20 09:00

    なんとかしてや

本文はここまでです このページの先頭へ