ここから本文です

投稿コメント一覧 (1073コメント)

  • 今日は買い方にとって痛恨の下落だろうね。
    450ノジマラインを大きく下まわった。
    支え、軸みたいなものが見当たらない。
    迷ったら、バクチはするべきではない。来週は様子見か。

  • ダウ史上最高値更新、それがかえって暴落を予兆させるから、自分としてはそれだけが心配である。
    でもクリスマス商戦と言われる時期になり、今年は年末迄は大丈夫だろうと思うようになった。

  • 今日、決算2日後のスルガ銀行、順調に買いが入っている。
    暫くはじわじわ上がってくると思われる。
    自分の読みとしては、来年の本決算辺りまで強い上昇期間だと思っている。そこで配当を戻す発表。
    ノジマが先月末に創業家から株を買い取るにあって、スルガ銀行と、そこまでの話し合いは済ませているのではないか。
    既に業績を戻しつつあり、本決算辺りには収益も戻り再建見通しも立つだろう。そこまでの青写真は描いてるはず。
    気がかりなのはダウ、日経がどうなるか。
    少々の調整くらいは跳ね返すくらいの、上げ圧力はスルガ銀行にはある。
    でも本決算までの半年、何が起こるか分からない。

  • ホルダーとして先週一週間は決算もあり、若干不安な面はあった。来週は好決算を支えに株価は引き上げられていくだろう。
    次の決算含め、しばらくは何ら懸念材料がない。
    どんどん買いが入ってくるのではないか。

  • 事故や不正等で大暴落して、そこから立て直した企業幾つもあるが、その経験が今のスルガ銀行を投資するにあって有利になるかもしれない。
    自分はシャープと三菱自動車くらいしか知らない。
    シャープにあっては、89円から500迄行ったが、僅か8か月もの期間。
    8月に89円をつける。
    10月の決算、通期黒字達成で180円くらいまで上昇。
    そこから、一部復帰等もあり、翌4月に500円までいっている。
    そこからは業績維持しながらも右肩下がり。
    株は先回りされて買われる。
    今のスルガ銀行、年末迄一気に行くかもしれない。

  • 来週600円タッチ、ありそう。

  • 利確するタイミングだが、正直自分が恐れているのは、ダウの暴落くらい。
    スルガ銀行は落ちに落ちきっていて、今回の好決算、次の決算の見通しも良さそうで復配期待もあることから、次の決算迄はじわじわ上げていくだろう。
    今の株価なら、日経が崩れようが、逆高になるくらいの上げ圧力はあると思う。
    目先600付近で利確が出てくるだろう。そこを越え700、800、その辺りからは外部環境の影響も受けやすくなるかもしれない。
    結論、株をやる以上リスクはある。
    でも今のスルガ銀行、株価は底辺近くにあり、業績も回復しつつある、株は先回りされて買われる。地銀を取り巻く環境も良くなりつつある。内需株でもある。
    スルガ銀行、東証1安心して保有できる銘柄だと思っている。

  • 本日決算後、力強く上げてきた。上昇というよりは、しっかり積み重なり底上げしているような、そんな動きになりつつあるような気がする。決算では業績が順調に回復している。
    ここは500円の株価が適正ではない。2500から崩れ落ちてきている。株価が上がるというよりは、自然と元に戻っていく、そんな流れになるだろう。しばらくは静観してるのが一番良いと思う。

  • 今の株価で決算後下げてくるのは考えにくい。

  • pts、519円、好感されてる。

  • 今日のスルガ銀行昨日に引き続きプラス一円陽線引け。
    前回高値を越えてくる場面ももあった。
    決算発表は引け後だから、明日も材料出ないなら、今日みたいな値動きだろうか。
    関心どころは、決算跨ぎをするか否かだろう。
    自分は迷うことなくホールドする。理由は10月29日に450円で100億もの追加出資をしたノジマの判断を信頼出来るからだ。
    入念にスルガ銀行の状況を調べているはず。ノジマ社長はノジマの上層部を納得させられたからこそ、100億もの出資が出来たのである。
    自分は決算後からじわじわ買いが入ってくると予想している。
    ただSBI絡みがあればこの限りではない。福島銀行を見ての通りである。

  • おはようございます☀️
    今日はあるいは500を越えてくるかもしれないですね。

  • SBIの資本業務提携思惑により、業績の芳しくない地銀に買いが入っている。筑波銀行、栃木銀行等。既に島根銀行、福島銀行が業績提携を結ぶ発表があり株価は跳ね上がっている。
    SBIは地銀との業務提携に意欲的で、今後も幾つかの地銀の支援をする可能性がありそうだ。
    スルガ銀行はSBIに支援要請を申し入れており、SBIに業務提携される候補の筆頭に上がっていると言える。懸念された創業家問題も片付いた。
    中間決算で発表されることも十分考えられるし、期待している。
    発表がなくとも、決算後もその期待から株価を押し上げてくれるだろう。

  • 今日のスルガ銀行、プラス一円、陽線引け。
    朝方弱かったから何とか、持ち上げ、明日に繋げてきた終わり方だろう。
    材料なくして500円を大きく越えてくることを期待していたので少し拍子抜けしてしまった。上方修正等出してこなければ、この辺りの株価で決算発表になりそうか。

  • 今日のスルガ銀行、堅調に上げてくれた。好決算モードに突入したということか。
    それにしても福島銀行、ものすごい上昇。島根銀行もだが、SBIの支援発表により30%を超える跳ね上がりをみせる。
    今までも持ち上がってたことから、ここにもSBI支援の発表が今週にもくるかもしれない。
    決算迄、期待させてくれる材料が幾つもある。
    当面の底はノジマが100億もの追加出資をした450円だろう。
    今日の終値496円。2,500から下がり続けてきた株。
    反撃の狼煙は上がっている。
    自分は462円、全力で参加させてもらっている。

  • 来週木曜日の中間決算がどんな内容か、誰もが気がかりだろう。どんな内容かは分からない。
    今分かっていること、形式から考えてみたい。
    10月29日に13%を追加取得した、実質経営権を持つノジマはどうしたいか。勿論ここの株価を上げたいに決まっている。どんな風にか。一時的に良い材料を出しつくして、利食いされても意味はないだろう。
    堅調に、半年先、一年先を見通した材料の出し方をしてくるのではないか。
    とういうことは、新たに株主を増やす必要がある、業績回復をアピールする、新規事業計画を打ち出す等してくるのではないか。じわじわ上昇させるために。
    素直にノジマを信じてついていく、それが一番良いかもしれない。

  • 中間決算は来週木曜日。来週早々には上方修正を出してくると期待している。その弾みで500円を越え、決算をむかえると予想する。
    ノジマは10月29日に450円で追加取得している。18%程の株を保有しており、平均単価は480円。スルガ銀行の実質的経営権はノジマにあると言える。
    買収後の最初の決算で直前に買った450円を割る内容を出してくることは考えられない。480円もまた然り。今日の終値は474円。
    ノジマは半年先くらいまでの、スルガ銀行の青写真は描いている。業績を回復させ、配当を戻す。ノジマとスルガ銀行上層部は通通になっているだろう。株価の計算もしていると思う。
    だからこそ100億程の追加出資をしたのである。
    自分としては、半年先、配当が戻るくらいまでの保有する価値があると思っている。
    幸いここは内需株であり、株価も落ちに落ちきっているから。

  • 今日のスルガ銀行、昨日の勢いのまま上げてくれると思ったんだが、でもまあ、ノジマが先月末に創業家から買った株価450円を当面の底とする、自分の読みからは逸れることはなかった。
    それにしてもノジマ電気は株価、イケイケだね。
    今の勢いのままスルガ銀行の中間決算で良い、材料を出してくる、そんな気がする。

  • おはようございます。
    今日は堅調に上げてきそうてすね。

  • 10月29日にノジマは創業家から450円で株を買い取り、現在平均480円程で18%の株を保有しているようだ。ノジマは新たにカードビジネスに乗り出すと言っているようだ。今現在では、それが上手くいくかは不透明だろう。
    確実なことは何かと言えば、中間決算迫る10月29日に450円で約100億もの追加投資をして創業家から株を買い取ったこと。
    契約時には既に筆頭株主であったノジマは、おそらくスルガ銀行の半年先の青写真は描けていたであろう。業績回復の見通しがたった、だからこその今回の契約だったと考えられる。
    すなわち、ノジマはスルガ銀行の内部に立ち入り、業績、経営状況を精査しての決断だったわけである。
    繰り返すがノジマの平均取得単価は約480円。
    下手な考え休むに似たり。
    素直に買いで入るのが良いと思う。

本文はここまでです このページの先頭へ