ここから本文です

投稿コメント一覧 (278コメント)

  • 浮動株 激減

    資本業務提携
    払込期日は11月30日
    12月から正式にスタート

    2兆円規模といわれる
    保有不動産の有効活用を急ぐ日本郵政から、
    早晩、堰を切ったように、
    仕事が舞い込んでくるでしょう

    日本郵政、数千億円規模と言われた野村不動産HD買収交渉中止 → → 
    そしてフィルカンパニー、日本郵政・いちごと資本業務提携

    >日本郵政・・・2兆円規模の保有不動産の活用へ

    h
    ttps://zuuonline.com/archives/152354

  • 日本郵政・・・

    新たな収益源として、遊休地を活用した不動産開発を加速する方針
    土地を有効活用して不動産事業強化する

    所有する土地の面積は東京ドーム5万5000個分
    建物などを加えた固定資産の総額は3兆円

    もともと国営の事業だったこともあり、逓信病院などの医療施設、かんぽの宿といった宿泊施設など、民間では考えられないような多数の不動産を抱えています


    数千億円規模~~野村不動産HD買収交渉中止

    そして・・・フィルカンパニー・・・期待大!

  • 10月20日(金曜)のひるおびで、9月15日以来、
    北朝鮮がミサイル発射・核実験をしていない理由として・・・

    辺真一氏によると・・・
    アメリカはトランプ大統領のアジア歴訪中に
    北朝鮮が(ミサイル・核実験)撃たなければ
    対話も考えているという
    情報もあるが
    北朝鮮はそれを待たないのでは?

    辺氏の番組での話を要約すると
    ○アメリカが、「北朝鮮が二ヶ月間(ミサイル・核実験)何もしなければ、対話に応じてもいい」とロシア(プーチン大統領)を通じて北朝鮮にメッセージを送ったという情報がある。それはちょうど11月15日、トランプ大統領がアジア歴訪を終えるころ。
    ○「けれど、(ミサイル・核実験)何もしない可能性は低いのでは? 交渉にのぞんだとき、アメリカに弱みを見せつけることになる。対内的にも権威が失墜する」と辺氏は否定的

    しかし、(ミサイル・核実験)何もないまま、トランプ大統領のアジア歴訪がはじまる

  • 米国が北朝鮮問題を武力解決の可能性を示唆 ロシア外相は憂慮
    2017年10月31日 19:56
    h
    ttps://jp.sputniknews.com/politics/201710314236328/
    ロシアのラブロフ外相は、米国から朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)問題を議会の承認を経ずに武力を行使して解決する可能性について声明が表されたことを受け、これに対する憂慮を表した。


    ティラーソン米国務長官 無制限の武力行使権の許可を議会申請
    2017年10月31日 18:12
    h
    ttps://jp.sputniknews.com/politics/201710314236007/
    ティラーソン米国務長官は米議会に対し、時間枠や潜在的な攻撃の地区を確認せずにテロリストに対する武力を行使する権限を大統領に与えるよう呼びかけた。

  • ロシアは、まさにハイエナ国家、
    今後の有事後を見据え、
    朝鮮半島に影響力を残したいだけ

    北朝鮮を利用することはあっても、
    本気で助けるようなことはしない

  • トランプ大統領、来日時に「北朝鮮を厳しく非難」
    2017/10/27~テレビ朝日
    h
    ttp://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000113199.html

    >アメリカのトランプ大統領の政権移行チームを統括したアド・マチダ氏はトランプ大統領が来日する際、北朝鮮を厳しく非難するという見通しを示しました。

    >アメリカと北朝鮮がもし軍事衝突した場合、トランプ大統領は日本に軍事的支援を求めるだろうという認識を示しました。

  • >北朝鮮で大規模な住民避難訓練が行われる
    2017年10月29日 16:55

    >北朝鮮で大規模な避難訓練が行われた。「戦争に向けた準備」と関係している可能性がある。米国のニュースポータルNKニュースが報じた。

  • たとえ近々ミサイル発射・核実験がなくても、
    トランプ大統領の訪日韓中を控え、
    米朝の威嚇エスカレートだけで、株価は強含み期待↗↗

    石川製作は、9月15日以来、
    ミサイル発射・核実験のないまま、
    2000円台から最高値4435円まで上げた

    しかし、その威嚇の言葉が、
    やがて現実に近いものとなる可能性有り

    過去、アメリカがかかわった幾多の戦争と決定的に違う点は、
    米本土への脅威と成り得る敵対国との争いであること
    しかも人類史上初の核戦争勃発懸念もある

    北朝鮮の「核目標達成された 宣言」で、
    アメリカ世論はますます北朝鮮脅威論が高まる

    北朝鮮の核・ミサイル放棄が難しい現状、
    今回ばかりはアメリカも本気でしょう

  • 米・韓・(日)・(中~米の軍事行動黙認へ、戦後中国寄りの北体制樹立へ) Vs 北朝鮮(ロ たんなる口先介入、あるいは様子見的な後方指南)

    トランプ大統領の訪中は、
    おそらくアメリカが北朝鮮を攻撃した場合、
    黙認してもらう確約のため

  • 北朝鮮の核に米「大規模な軍事対応」・・・
    AFPBB News - 2017年10月28日

    米朝間の緊張が極度に高まったまま、ドナルド・トランプ米大統領の訪韓が迫る中、ジェームズ・マティス米国防長官は28日、北朝鮮に対し、いかなる核兵器を使用した場合にも「大規模な軍事対応」を取ると警告した。

    米空母三隻態勢へ

    北朝鮮「核目標達成された 報道」

    北朝鮮の核開発、米は「最終段階」も想定 CIA長官

    トランプ大統領の日・韓・中訪問を控え、
    北朝鮮が非核化に応じなければ、
    遅かれ早かれ、米朝、軍事衝突の方向でしょう!

    訪中後がやばいと予想します

  • トランプ大統領

    訪日 → 11月5日(日曜)
    訪韓 → 11月7日(火曜)
    訪中 → 11月8日(水曜)
    ベトナムへ 11月10日

    h
    ttp://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171020/Recordchina_20171020036.html
    >米ホワイトハウスによると、トランプ大統領は最初の訪問国となる日本には11月5日から滞在。7日に韓国入りし、8日に中国へ移動する。
    10日にはベトナム中部ダナンを訪れ、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席。12日に最後の訪問国フィリピンに向かい、東南アジア諸国連合(ASEAN)創設50周年の記念行事などに参加する。

  • >北朝鮮、「太平洋上で水爆実験」示唆は文字通り解釈を=CNN


    水爆実験 本当にやるとしたら・・・
    弾道ミサイル実験と兼ねてやるのかな

    ↓以前のテレビニュースで

    “北”水爆実験の場合
    米研究機関が被害範囲公表

    北朝鮮
    弾道ミサイルを襟裳岬から東へ約3000km
    離れた太平洋上に発射する可能性が高い

  • 昼のNHKニュース

    北朝鮮
    太平洋で水爆実験発言

    文字どおり受け取るべき

  • 買い直し

    ストップ高来るかも

  • EDINETより

    みずほは6月以前と比べた場合、買い増し!

    直近では1%強減っている

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    保有割合
    6月以前 5.40% ⇒
    10月(現在)  5.95%

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    みずほ銀行・みずほ証券・アセットマネジメントOne
    共同保有分

    発行株式総数に対して

    6月7日
    5.40% ⇒ 7.07% 保有増 
    886,756株保有

    10月20日
    7.07% ⇒ 5.95% 保有減 
    現在 746,256株保有

    保有割合
    6月以前 5.40% ⇒
    10月(現在)  5.95%

  • 「韓国から個人資産の移動勧める」 
    トランプ政権高官が警告 北朝鮮に先制攻撃の可能性

    東アジアを専門とする有力ニュースレター「ネルソン・レポート」は21日、複数のトランプ政権高官が非公式の見解として、核・弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する米軍の先制攻撃などの軍事作戦が実行される可能性を真剣に受け止めるべきだと警告したと伝えた。高官らはその上で、「韓国から個人資産を移動させることを勧める」と指摘したという・・・

    h
    ttp://www.sankeibiz.jp/macro/news/171022/mcb1710221953003-n1.htm


    先週末売りそびれた
    増し担保嫌気売りが一巡したら、おそらく上↑

  • >トランプ氏、北朝鮮の脅威に「万全の準備」 衝突に含み

    米韓(日)(中) Vs 北(ロ?)

    アメリカが軍事演習以外、大人しくしているのは、
    共産党大会中の中国に配慮しているから

本文はここまでです このページの先頭へ