ここから本文です

投稿コメント一覧 (619コメント)

  • 板が閑散としとるので、ASKA3Dの話ではないですが話題提供で…
    アスカネットさんが先日提携したSpotTourさんのクラウドファンディングのページですが、なかなか面白いアイデアですね。オリンピックに合わせて12言語対応でサービス開始も良い。うまくすれば、ぐるなびやメルカリみたいに大化けするかもね。
    h
    ttps://unicorn-cf.com/info.php?type=items&id=I0000001#cnt-1

    社長さんの野心溢れる感じも俺は好印象。アスカネットさんもベンチャー精神を思い出して、早く本気の勝負をかけて欲しい。クラウドファンディングで自社開発製品(空中デジタルフォトフレーム希望)の開発資金を集めるなら、俺は応募するよんo(^^o)

  • ちょっと古いけど、こちらの記事が情報が多いです
    h
    ttps://robotstart.info/2019/01/16/vaio-hpl.html

  • おお、久々のリリース、なかなか良いですね。単発のロボットへの搭載ではなく、ロボット汎用プラットフォームとしてVAIOさんが拡販してくれるのも期待できる。ロボットの音声対話に関しては着々とトップランナーの地位を固めてますね。
    下記に試作品の写真等も紹介されてます。詳細発表は10月のCEATEC JAPANらしいので、楽しみです。
    h
    ttps://ascii.jp/elem/000/001/893/1893265/

  • >>No. 340

    アスカネットさんに事業化に賭ける覚悟が足りないように見えるという点は全く同意です。事業化の意思決定迅速化と責任所在を明確化する意味で、早くASKA3D部門を分社させ、3年後の親子上場でも目標に掲げてくれることを願います。この際、他社との資本合弁(ただし30%以内)ならなお良し。総会に出られるか微妙ですが、出席できれば是非提案したいと思います。

    なお、パリティさんはNICT(情報通信研究機構)の成果のスピンアウト企業なので、国から補助金等のバックアップは継続的に受けていると考えられ、そうでなきゃ事業化前の状態で10年近くも活動は不可能。つまり立場は似たようなものかと…

  • >>No. 329

    ライバル?のパリティさんは日東電工さんと協賛し、漫画家,映像作家などのクリエイターや学生を巻き込んで、エア・フローティング・メディア委員会という普及団体?で活動しています。ASKA3Dに関しては素材屋なので売った後の事は知らん、という態度でなく、自ら率先して一般向けの情報発信に努めるのも非常に大事。
    折角フォトブック関係でクリエイター達と強いコネクションがあるんですから、もっと活用してPRしては如何でしょうか?俺は、第一弾として、樹脂プレート活用の空中デジタルフォトフレームを自社製品として発売と同時に、有名写真家や漫画家と協力して空中映像を活かした写真・映像企画展を全国行脚で開催すれば、ほとんどコストをかけずに一般人への知名度UPが図れると思いますo(^^o)

  • 株価が上がっているのは大人の事情もありそうですが、それはそれとして、アスカネットさんにはASKA3Dの量産準備状況の進捗に関してもう少し情報発信をして欲しいですね。些細な情報をSNSで発信するだけでも良いので…
    今後もし何らかのイベントが控えているのだとしたらなおさらの事。理由もなく株価が先に上がって、大手だけに情報をお漏らししていたなんて疑われたら心外でしょ!

  • 裸眼での空中映像の方式はいろいろ提案されていますが、ASKA3Dは下記の点で有利な立場と考えています(私見なのでご意見下さい)。ただし、大した優位性ではないので、「早く売り出して市場独占にしないとアカン」点は全く同意です。

    ・画質面:再帰反射方式やパリティさんより上、レンチキュラー方式には劣る(あくまで展示会で自分で確認した範囲)
    ・設置面:再帰反射方式ほどの大きい設置スペースは原理的に不要(レンチキュラー方式には劣る)
    ・奥行き再現性(タッチレスパネルで重要):レンチキュラー方式は論外、他は同レベルか
    ・知財面:ASKA3D(短冊)方式とマイクロレンズアレイ方式(のパイオニアさん出願分)を両方抑えており、簡単には回避できない

    現状、最大の脅威はやはり日本カーバイド&三菱電機連合の再帰反射方式ですかね。面積当たりのコストでサイネージ分野ではおそらく勝ち目がないので、一刻も早く樹脂プレートの組み込み応用製品に戦略を絞って勝負をかけないと、パリティさんに先を越されたらアウトだと思います。

    長文失礼しました。

  • >>No. 114

    展示会でご覧になったのであれば、空中映像の浮き上がり方はどんな様子でしたか?ディスプレイ面に対して平行に手前に浮き上がっていればマイクロレンズアレイやレンチキュラーだと思いますが、斜め方向であれば、ASKA3Dやパリティさんのコーナーリフレクター方式か日本カーバイドさんなどと同様の再帰反射方式かと…
    後者だとすると、今後のライバルにもパートナーにもなり得るので要継続チェックですね

  • >>No. 111

    なるほど、マイクロレンズアレイ方式の可能性が高そうですね。確かパイオニアさんのフローティングビジョンの特許群もアスカネットさんが取得済だと思いましたが、違う方式なんでしょうか?
    樹脂量産化も達成したし、2方式のハイブリッド製品も早く見たいですね。

    もう1件見つけました。こちらでは「空中映像素子」と言ってますが、情報量は変わりません(^^;
    h
    ttps://towa.inboundtools.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/jimtof2018/

  • >>No. 106

    確かに、下記の展示会紹介に「空中映像ディスプレイ」とありますね。俺は他の情報は発見できませんでしたが…

    h
    ttps://www.towajapan.co.jp/jp/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/carele2018/

    アスカネットさんの方式(鏡面を短冊状に並べて交差)は特許でガチガチに防御されて真似出来ない筈だし、パリティさんのパートナーはSCIVAXさんだし、謎ですね。可能性としては、再帰反射シートの一種か、むしろTOWAさんがアスカネットさんの樹脂生産のパートナーの可能性もあるかも?

  • 掲示板が静かな方が株価も調子いいな。極端な煽りも少なくなったし、平和也…

  • うって変わって閑散とした板になってしまった…
    アシストさんも中の人がいなくなって沈黙しちゃったし、アスカネットさん自身から近況報告をSNSで発信してくれませんかね。些細な話でも良いので、皆で話題にできる公式かつ具体的なネタが欲しいです。

  • >>No. 771

    「投資家のみなさまへ」も更新されたし、株主通信もなかなか前向きな内容ですね。後は、起爆剤として、今夏予定の手ぶら決済の実証実験についてのIRが欲しい!

  • ようやく落ち着いて技術談義できる板に戻り、何より(^-^)
    ご紹介のGo throや下記のプロジェクションマッピング、落合さんの網膜投影への応用は、途中に障害物があっても冗長な光路で迂回し焦点のみと光をやり取りできるというASKA3Dの光学デバイスとしての特質をうまく活かしていて、大変興味深いです。
    h
    ttps://shiropen.com/seamless/shadowlessprojector

    今後解像度を上げることで、医療や検査などでも未知の応用が考えられそう。例えば、OXGさんの水中カメラのアイデアを発展し、生体に近い環境下で、溶液中の障害物を透かして微生物や細胞を3D撮影するための顕微鏡なども考えられるかも…

  • 良い情報有難うございます。アスカネットさんは確か新興市場の特許資産規模ランキングでも昔1位になりましたよね。パイオニアさんの特許資産も安く買い取ったし、非常に戦略的に防衛特許網を構築しているように見える。外堀は十分埋めてるので、後は覚悟を持って製品化するのみ!

  • ごめんプーさん、俺も仕事があり常時相手できる訳じゃないので、勝手に話を進めないように…
    679番等の投稿の通り、ガラスプレートと樹脂プレートは工程も受託会社も全く違うはずだと最初から主張しております。また、ガラスプレートは、切断と多層接着で少なくとも2工場以上で分担、樹脂プレートはインプリント、反射面蒸着、コーティングの主要工程はほぼ1工場(準クリーンルーム内)で完結していると類似製品の事例から推測を述べております。
    もし、アスカネットさんから量産体制に関する核心情報を個別に聞きだしたのであれば、正式な状況報告としてHPで公開するように会社に厳重注意して下さい。量産体制と量産計画は今後の売上まで予測できるトップクラスの秘密情報の筈なので、もし個別に教えているなら立派なインサイダー。会社自体の存続にも関わる話です。

  • 総会も終わったし、HPの社長の挨拶「投資家のみなさまへ」も早く更新して欲しいですね。こういうIR姿勢も株主は見ていますので、宜しく!
    株主通信はまだ届いてませんが、楽しみにしてます。

  • >>No. 766

    種まきさん、ご報告有難うございます。LOVOTの実物見れたのは良かったですね。
    iFLYTEK、SK holdings C&Cとの提携活動については何か言ってましたか?

  • 種まきさん他、総会に出られる方、改めて本日は宜しくお願い致します 人(´д`;) 
    俺も行きたかった…

  • フューさんがiflytekさんに技術提供したのは音響技術だけ。翻訳でやらかしてもフューさんは関係ないよ!
    とはいえiflytekさんもSKさんも信頼に足る企業かと言われると正直?なので、なおさら提携活動について中間報告が欲しいですね。

本文はここまでです このページの先頭へ