IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (426コメント)

  • 去年の今頃、商社株なら住商、伊藤忠、商事まで……
    敢えて物産まで、手を出す事もあるまいと
    ネットで某株屋が言っていた事は、本当だと思った。

  • 生産が出来ても、売れなければどうしようも無い
    そのどうしようも無い段階に来てるのか
    どうにか、しろよこの株価

  • 今の車は電子制御で動いてるから、半導体は重要な部品の一部
    半導体が無ければ、エンジンの燃焼制御も出来なくなる。
    相当なダメージだな。
    不景気は続くよどこまでも。

  • ダウ30銘柄から除外されているので、インカム狙いの長期保有
    の対象からも外れている様な気もする。
    40$を超えなければ、損切を考える可能性も捨てきれない。

  • 長期保有株の代表株です。
    所持していれば、間違いなく資産が増えます。

    ただし、キャピタルGで手っ取り早く、馬券を購入する気持ちで
    この株を購入すべきでは無いでしょう。
    ワクチンの承認は2月にずれ込みましたので、現在は購入には
    一番適していると思います。

  • 日本経済新聞 から要約
    「米J&J、月内にも最終治験の結果公表 
    コロナワクチン新型コロナ」
    2021年1月12日 8:07

    ”米国、J&Jは11日、開発中の新型コロナワクチンの大規模な
    臨床試験(治験)のデータ分析が「最終段階」にあり、近く
    公表すると明らかにした。
    有効性や安全性が確認できれば、各国で緊急使用の承認を
    申請する。
    J&Jのワクチンは接種が1回のみで、保管や輸送に特殊な
    設備を必要としない。
    実用化すれば早期のワクチン接種拡大に追い風となりそうだ。

    J&J製のワクチンは、英アストラゼネカと英オックスフォード
    大が開発したのと同じ「ウイルスベクターワクチン」と
    呼ばれるタイプ。
    比較的安価に大量生産できる強みがある。
    J&Jは21年内に10億回分の生産を目指している。”

    管理が容易であり、生産性も向上し更に接種も1回で済み
    安価と言う事で、既に公表されている他社のワクチンよりも
    市場には浸透しやすいはずです。

  • 日本経済新聞
    2020年12月3日 7:14の記事の要約

    ”国連麻薬委員会は大麻を国際条約既定の
    最も危険な薬物分類から削除する勧告を承認した。
    国連本部での手続きを経て、早ければ2021年春にも
    適用になる見通し。

    患者の痛みの緩和などに向け、大麻の合法化を
    後押しする可能性がある。
    世界保健機関(WHO)が危険な薬物分類から削除を勧告
    していた。
    米国や欧州各国は賛成し、日本は反対票を投じた。”

    世界的に、マリファナが危険物質では無く、今後は医療の
    分野で貢献する事を国連(WHO)が認めた事で世界的に株価が
    上昇している模様と見ます。

    12月末に購入した株価が、3週間で4$近く上昇しました。
    コロナワクチン以上に株価は上昇すると考えられます。

  • エネルギーセクターですからインカムG目的の長期保有資産株
    です。
    キャピタルGを目的として、短期トレードで利益を獲得する
    セクターでは無いでしょう。
    成長しないのでは無く、成長がMAX近くに到達しているセクター
    です。
    成長性を目論みキャピタルGに目を付けて株式投資するならば
    GAFAMやテスラ株を20年前に購入しないと中々、簡単に利益は
    得られません。

  • 米モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンの
    日本での承認は5月以降になる見込みだと、ロイター
    通信が報じた。

    同ワクチンの日本における臨床試験などを請け負う
    武田薬品工業の国内ワクチン事業幹部、今川昌之氏は
    治験には数カ月かかる可能性があり、承認は最も早く
    て5月になるとロイターに述べた。

  • "テレ朝ニュース" 1/6(水) 19:07配信

    ポルトガルの地元メディアによりますと、
    腫瘍学(しゅようがく)研究所で働いていた41歳の女性が
    先月30日、ファイザーなどが開発した新型コロナのワクチン
    接種を受け、その2日後となる今月1日にベッドの上で
    亡くなっているのが見つかりました。

  • ★ポルトガル看護師、ファイザーワクチン接種後2日後に急死
    ★イタリアの医師、ファイザーワクチン1回目接種から6日後
      に新型コロナ感染

  • VZ:一株利益 4.42170 一株配当(年間) 2.510
    T:一株利益 1.51420 一株配当(年間) 2.080

    Tはワイヤレス事業の低成長、有料テレビ事業の縮小、
    莫大な負債、VZとは営業成績が大きく異なる。

  • トヨタがM&A(子会社化)かTOB(完全子会社化)する事を
    望みたい。
    そうなれば、株価は少なくとも40%は上昇する。
    経営破綻はする訳が無い、もしも経営破綻など許したら
    スバルの企業城下町・群馬県も破綻そして日本も破綻する。
    スバルはEV車と旅客機の主翼製造に特化した方が良い。

  • 2021/01/04 20:14

    JTの10年間の最高値
    2016年2月1日 4,850.0
    現在値よりも2790円高
    夢の様な、JT株だったんだな。

  • エネルギー関連の株は、2020年は最低の年でしたね。
    だからと言って、これからも奈落の底にこのまま下がり続ける
    と言う事は無いはず。
    エネルギー事業が続けられない程、経済が低迷したら、国家存亡
    の危機にも匹敵する。

    公共事業に近い産業が消える事は絶対に無い、エネルギー
    ヘルスセクターは永遠に続かないときは人類が亡びると時と
    言っても良いだろう。
    キャピタルGで小刻みに売買するような株ではありません。

    経済が世の中に存在する限り、資本主義は必ず右肩上がりに
    結果的になっている事は常識。
    ただし、米国株は為替レートに注意して売買しないといけない
    株価が上昇しているにも関わらず、円貨では損する事がある。

    この株は短期トレードで利益を得ようとする株では無い事は
    確かなはず。

  • ウィルスは変異するのが常識のようだから、これからも
    変異するのだろう。
    インフルエンザも同じで変異している。
    インフルエンザは10年以上経過しているが、毎年 流行する。
    収束には向かっているが、終息はしていない。
    製薬メーカーにとってみれば、需要は切れない。

    この先には従来的な日常の予防と新規ワクチンの予防が必要
    となって来る。
    発症した時の処方薬の早期の出現が望まれる。

  • >>No. 63

    取得額が不明な場合には、譲渡益は売却額の95%として
    処理すのが規定ですから、スピンオフに譲渡されたVTRS
    の株は売却時には売却額の95%が譲渡益とされる。
    この譲渡益の20.315%が税金として徴収される。

  • ワクチンの営業利益は、ファイザーにとってそれほど
    プラスにはならないだろう。
    株価をもう少し戻して、配当をだしてもらうだけだ。

    キャピタルG狙いでPFEの株を購入した連中は、5年保持してれば
    間違いなく上昇するのだが、それが全く解らないらしい。
    株は潤沢な資金で長期間保持する株主が利益を得る様になって
    いる。
    まず、小銭でキャピタルG狙いは間違いなく失敗する。

  • ファイザーのワクチンを接種して死亡者がイスラエルで発生
    これで2例目との事
    1 保管温度の問題
    2 2回接種が絶対条件
    3 2件の接種後の死亡例が発生
    保管条件が難しければ、医療関係機関もアストラゼネカ、モデルナ
    等の他社のワクチンをより多く求める可能性がある。

  • ● ボリンジャーでは25日線は11月下旬に75日線を下から
      突き抜けゴールデンクロス状態、更に日足もその25日線
      を下から上に突き抜けている。
    ● MACDはシグナル線を、これから正につき抜ける寸前
     (交叉状態)
    ● RSIは50で上昇、全くテクニカル分析を解らない、私も
      試しに購入したくなります。

    某自動車株を来年早々に損切りして、新電元株を購入して
    みたいと思いますが、ファンダメンタルが多少弱いので
    思い切ってとは行きませんが……

    時代は既にEVの時代に突入していると思います。
    国内では国の政策として水素燃料を推し進めているのでEVを
    公に認めたくないのであると思います。

    タダこの先、米国、欧州、中国がEV車の輸入を迫ってきたら
    日本は非常に弱い立場に立たせられると思います。
    その時に、新電元社が他国とのバーターで外国への輸出を
    切り込んでもらいたいと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ