IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (11841コメント)

  • 農業やヘルスケア 5Gで変わり始めた7つの業界
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC1921O0Z11C21A0000000/


    テスラは標準モデルEVに旧来の安価な鉄ベースのバッテリーのみを採用
    ★ttps://jp.techcrunch.com/2021/10/22/2021-10-20-tesla-earnings-iron-batteries-evs-globally/


    東芝が量子暗号通信システムの半導体チップ化に成功、工場などへの展開も視野に
    ★ttps://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2110/22/news040.html


    世界IT支出、2022年は4.5兆ドルに--ガートナー予想
    ★ttps://japan.zdnet.com/article/35178380/

  • 4つの分類で整理、「ワーケーション」の業界地図
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01770/100600023/
    「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語


    非加熱で成形、高熱伝導実現 日本金属など新材料開発
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00615761
    日本金属は20日、産業技術総合研究所、不二ライトメタル(熊本県長洲町)と高い室温成形性と強度、熱伝導率を持つ「ZA系新マグネシウム合金圧延材」を共同開発したと発表した


    高まるUWBによる位置検出需要、村田製作所は民生機器と産業機器の両面で対応
    ★ttps://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2110/21/news038.html


    ペプチドなど「中分子」医薬、欧米優位 日本が追い上げ
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC08C630Y1A001C2000000/


    フェイスブックの名称が変わる?メタバースにフォーカスした名称への変更を計画中との報道
    ★ttps://jp.techcrunch.com/2021/10/20/2021-10-19-facebook-reportedly-plans-to-change-its-name-to-focus-on-the-metaverse/


    ニッポン高度紙、全固体電池に不織布支持体、電解質薄膜化で量産に寄与
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%9d%e3%83%b3%e9%ab%98%e5%ba%a6%e7%b4%99%e3%80%81%e5%85%a8%e5%9b%ba%e4%bd%93%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e3%81%ab%e4%b8%8d%e7%b9%94%e5%b8%83%e6%94%af%e6%8c%81%e4%bd%93%e3%80%81%e9%9b%bb/

  • 日産専務「EV電池コスト半減急務」 CEATEC2021
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC1990N0Z11C21A0000000/


    KDDI、全身読み取りアバター作成 「メタバース」に注力
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC04B0S0U1A001C2000000/


    材料進化の最前線 NIMS最新成果(105)トポロジカル量子ビット、半導体/超伝導体を接合
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00615652
    電磁ノイズによる影響を受けにくいためにエラー訂正アルゴリズムが不要な「トポロジカル量子ビット」に注目し、実現のための材料開発を進めている。
    現在、超伝導回路やトポロジカル量子ビット以外にも電子や光、イオン、原子核などを量子コンピューターの情報担体とする手法が模索されており、百花繚乱(りょうらん)と言える状況である。立ちはだかる難題を突破すべく切磋琢磨(せっさたくま)することは、量子コンピューター実現だけでなく、将来的な量子科学技術全体の礎となるであろう。


    日本特殊陶業、リチウムイオンキャパシター、エネ密度の目標値射程に
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%89%b9%e6%ae%8a%e9%99%b6%e6%a5%ad%e3%80%81%e3%83%aa%e3%83%81%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%91%e3%82%b7%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e3%82%a8/

  • トヨタが米国で車載用電池を生産、2030年までに3800億円投資
    ★ttps://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2110/19/news065.html


    北陽電機、米社と協業 次世代高機能センサー開発
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00615433
    レーザー光を使った高機能センサー「LiDAR」の次世代技術に位置付けられる周波数連続変調(FMCW)方式センサーで、ロボットや産業用途での市場開拓を進める


    アンモニア効率合成、コバルト・バリウムで安価に 京大・名大が新触媒
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00615462
    酸化マグネシウムの上にコバルト微粒子を担持させ、コバルト微粒子を酸化バリウムで覆う。酸化バリウムからコバルトに電子が注入され、窒素分子が乖離する反応を促す。酸化バリウムで覆われることでコバルトの大部分が活性点として機能する。


    日立など3者、アクチニウム225を高効率で高品質製造
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00615571
    日立製作所と東北大学、京都大学の3者は18日、放射線がん治療の一つである「アルファ線内用療法」に必要なアクチニウム225を高効率で高品質に製造できる技術を世界で初めて確立したと発表した


    戸田工業、調湿ナノ粒子でコロナ不活化確認
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00615443
    自社開発の吸湿性多孔質ナノ粒子「レスピセラ」に、抗菌性元素(銅や銀)を均一に含有させ抗ウイルス性機能を付加した素材を作製した

  • EV電池三国志、中国勢独走に韓国3社追随 日本は地盤沈下
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01231/00045/


    日本製鉄がトヨタも提訴 宝山鋼鉄との電磁鋼板の特許侵害で
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/11440/


    TSMCが日本への工場建設を発表、2022年着工で2024年に稼働予定
    ★ttps://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2110/15/news059.html


    隙間攻めるレーザー加工 スタートアップが微細化技術
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC06EF70W1A001C2000000/

  • 省エネモーター、開発競う 米新興やダイキンなど
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF232I30T20C21A7000000/
    米スタートアップのターンタイド・テクノロジーズは小さなコンピューターで制御するモーターを2019年から生産、販売する。顧客の消費エネルギーを平均64%削減できるという。
    日本では米国と異なり、必要に応じてモーターの周波数や電圧を細かく制御する技術が広く普及する。これをさらに進化させるための研究に取り組んでいる。


    ホンダ、中国で電動化加速 EV専売店展開
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00615004
    電気自動車(EV)専用の工場とブランドの立ち上げに併せて、販売や車載電池の調達も強化する。


    京大など、CO2から多孔性材料合成 炭素資源に活用
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00615050
    京都大学アイセムスの堀毛悟史准教授らは、常温・常圧下で二酸化炭素(CO2)から多孔性材料の合成に成功した。JEOL RESONANCE(東京都昭島市)との共同研究。金属イオンと有機分子のジャングルジム構造を持つ「多孔性金属錯体(PCP)」を、CO2と有機分子アミンの反応で合成。


    味の素、核酸医薬の開発・製造受託、独自製造技術で差別化
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e5%91%b3%e3%81%ae%e7%b4%a0%e3%80%81%e6%a0%b8%e9%85%b8%e5%8c%bb%e8%96%ac%e3%81%ae%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%83%bb%e8%a3%bd%e9%80%a0%e5%8f%97%e8%a8%97%e3%80%81%e7%8b%ac%e8%87%aa%e8%a3%bd%e9%80%a0%e6%8a%80/

  • 反撃なるかARグラス「Magic Leap」、560億円調達 新型を22年に
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01537/00223/
    エンタープライズ向けでは、マイクロソフトの「HoloLens」シリーズという強力なライバルがいる。Magic Leap 1はHoloLensシリーズに比べて安価なものの、ケーブル接続が必要で取り回しの面でHoloLensシリーズに劣る。
    新型機Magic Leap 2の詳細を明らかにしていない。Magic Leap 1に比べて広い視野角や業界最小・最軽量の端末を目標に掲げる。これにより、企業が求めるような終日装着して利用できる端末を実現したいとする。


    高電圧「キロボルトカー」目前 対応避けられぬトヨタ
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC068NP0W1A001C2000000/
    焦点はどこまで広がるか。高級車にとどまるのか、それとも大衆車まで広がるのか、見方は分かれる。一方で電圧倍増を追い風に、電力制御に使うパワー半導体として現状のシリコン(Si)からシリコンカーバイド(SiC)への置き換えが進む


    エナックス、空飛ぶクルマ向け電池開発 高容量・高出力
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00614895
    負極に使うシリコンの割合を一般的なリチウムイオン電池と比べ2・5倍超の約80%に高め、飛行時間を延長できるよう高容量化。併せて離着陸時に求められる高出力化にも対応した。
    主要材料のシリコンは充放電の際に膨張収縮する性質がある。このため、電池の高容量化に向けて負極のシリコン割合を高めることが難しかった。


    自己密着素材 ガス透過 三井化学、市場開発を開始
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00614796
    自己密着性とガス透過性を持つ新素材「溶剤系 特殊ポリオレフィンコート剤」の市場開発を開始した。

  • アプライアンスから保険まで総ざらい、サイバーセキュリティーの業界地図
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01770/092800018/


    【海外技術情報】マーレ:90秒で充電が完了するバッテリーのコンセプトを公開
    ★ttps://motor-fan.jp/tech/article/5950/


    「核融合・熱」によるボイラーが実用化へ、金属積層チップで熱を取り出す
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/06098/
    新エネルギー関連のベンチャー企業、クリーンプラネット(東京都千代田区)とボイラー設備大手の三浦工業が「量子水素エネルギーを利用した産業用ボイラーの共同開発契約を締結した」と発表した。


    沸騰・半導体市場 素材各社の戦略(26)昭和電工マテ、技術で勝つ
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00614649
     昭和電工マテリアルズはシリコンウエハー用研磨剤(CMPスラリー)や研磨剤、パッケージ向け銅張積層板、ダイボンディングフィルム、感光性フィルムなどの複数製品で世界トップレベルのシェアを持ち、半導体材料市場で世界トップを走る
    前工程での回路微細化が限界に近づく中、同社が多くの製品をそろえるパッケージ技術などの後工程はますます重要になっている。

  • 量産間近のEV向け大容量電池、中国企業が350Wh/kg品を22年に
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/06121/
    密度は、EVで先行する米Tesla(テスラ)の主力製品「Model 3」が搭載する電池セルと比べると、約1.3~1.4倍に相当する。
    320Wh/kg品の体積当たりのエネルギー密度は約680Wh/Lである。充放電サイクル寿命はクランピングしない状態で、25℃、100%の放電深度(充電上限電圧4.2V、放電終止電圧2.5V)、充放電レート1Cで1400回充放電した後で、容量維持率は80%だという。45℃では、同じ条件で1069回の充放電後で容量維持率は80%とする。充電レート3Cの場合、17分で満充電に対して80%まで充電できるという。


    トヨタも採用する「バイポーラ型電池」、出力を向上できる仕組みとは
    ★ttps://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2110/11/news012.html


    量研機構など 水素吸蔵合金、希少金属使わず
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC274740X20C21A9000000/
    量研機構と東北大学、高エネルギー加速器研究機構は合金の組成などを工夫し、レアメタルを使わずアルミニウムと鉄を使って水素を蓄積できることを発見した。どちらも水素と反応しにくい金属だが、7万気圧以上の環境でセ氏650度以上の高温の水素と反応させると、吸蔵して新たな金属水素化物になることが分かった。


    国内量子コンピューター市場、2030年度には2940億円規模に--矢野経済研究所
    ★ttps://japan.zdnet.com/article/35177800/

  • Facebookが先端通信技術を紹介 光網敷設ロボや60GHz帯通信など
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01537/00217/


    欧州でスタートアップ投資活発 調達額最多は通信衛星
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC052WA0V01C21A0000000/


    半導体基板向け絶縁材料ビルドアップフィルム、熱帯びる次世代品開発
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e5%8d%8a%e5%b0%8e%e4%bd%93%e5%9f%ba%e6%9d%bf%e5%90%91%e3%81%91%e7%b5%b6%e7%b8%81%e6%9d%90%e6%96%99%e3%83%93%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%80%81/
    首位に立つ味の素、高機能材料で一定のシェアを握る積水化学工業の2社が市場をほぼ独占する。成長領域の取り込みに向け、両社ともに研究開発に力を注いでいる。

  • ノーベル化学賞、米独の2氏に 環境配慮の有機触媒
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC069N00W1A001C2000000/


    TechMAP 水素は総合力で日本先行、リード生かせるか
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD158UU0V10C21A9000000/
    脱炭素の切り札として、世界が水素の普及に取り組み始めた。水から作ることができ、燃やしても二酸化炭素(CO2)を出さない「夢の燃料」と期待を集めてきた。
    技術情報分析を手がけるアスタミューゼ(東京・千代田)が10~19年に世界で出願された17万弱の特許について、総合的な競争力を評価した。先頭を独走する日本、米中韓の2位集団、独などの後続という構図になっている。


    何社知っている?注目AIベンチャーの業界地図
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01770/091700015/


    量子コンピューティングのD-Wave、汎用マシンも開発へ--特化型は継続
    ★ttps://japan.zdnet.com/article/35177619/


    GMがより低コストで航続距離の長いEV用バッテリーの開発施設を建設中
    ★ttps://jp.techcrunch.com/2021/10/07/2021-10-05-gm-builds-new-center-to-unlock-cheaper-longer-range-batteries/

  • ノーベル物理学賞に真鍋氏 温暖化予測、気候モデル開発
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC055BF0V01C21A0000000/
    気候研究の分野でノーベル物理学賞が授与されるのは今回が初めて。
    地球科学から異例のノーベル賞


    シリコン価格が約2カ月で4倍近くに高騰、中国での電力供給不足からくる減産がハイテク企業を直撃か
    ★ttps://jp.techcrunch.com/2021/10/05/lower-silicon-production-china-apple/


    ニュース拡大鏡/独EOS、積層造形でEV開拓
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00614099
    積層造形(AM)装置大手の独EOS(バイエルン州)がコンサルティング活動を強化している。
    電気伝導性や熱伝導性の高さから純銅によるAMの熱交換器やEV関連部品への注目度も高い。シュミッツ氏はEVのドライブシャフトに使われる純銅AMの商用インダクターと、電動モーター部材への純銅AMの適用で電磁コイルを高密度化するケースを挙げ、「両者の組み合わせでEVの高いパワーを引き出せる」と強調する。


    半導体洗浄剤さらに高度化、化学大手が成長領域狙い開発競争
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e5%8d%8a%e5%b0%8e%e4%bd%93%e6%b4%97%e6%b5%84%e5%89%a4%e3%81%95%e3%82%89%e3%81%ab%e9%ab%98%e5%ba%a6%e5%8c%96%e3%80%81%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%a4%a7%e6%89%8b%e3%81%8c%e6%88%90%e9%95%b7%e9%a0%98%e5%9f%9f/

  • ソニーやソフトバンクも産業ドローン参戦、DJI寡占崩壊後に照準
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01267/00108/
    国内のドローン市場に地殻変動が起きている。点検、農業、物流といった産業用途でのドローン活用の本格化と、中国製ドローンに対するセキュリティーの懸念を背景にした国産ドローンの特需だ


    NEDOプログラム 地球を救え!ムーンショット(8)東大 ゼオライトで窒素循環
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00613767
    二酸化炭素(CO2)排出を減らすためにリーンバーン(希薄燃焼)を採用すると逆に窒素酸化物(NOx)が増えてしまい、排ガス触媒に要求される性能は格段に上がってしまう。アンモニア混焼など窒素化合物を燃料として使う技術も開発されている。排ガス触媒の性能向上は内燃機関の選択肢を広げるため、CO2とNOxの両方を低減させる重要技術となる。


    EU電池覇権に執念 リサイクルで対トヨタ・CATL
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC274QO0X20C21A9000000/


    サンエース、CNFで微粒子捕集機能向上 フィルター表面にスプレー、マスクなど用途探索
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%81%ef%bd%83%ef%bd%8e%ef%bd%86%e3%81%a7%e5%be%ae%e7%b2%92%e5%ad%90%e6%8d%95%e9%9b%86%e6%a9%9f%e8%83%bd%e5%90%91%e4%b8%8a%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a3/

  • ホンダが「空飛ぶクルマ」、ガスタービンのシリーズハイブリッドで航続距離4倍に
    ★ttps://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2110/01/news064.html


    日立が小型軽量インホイールモーター、世界最高水準の出力密度
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/06077/
    モーターとインバーター、ブレーキを一体化したことなどで小型軽量化し、2.5kW/kgという世界最高水準の出力密度を実現したのが最大の特長である


    他人事ではないJR東日本の監視カメラ問題、多様化する「顔認識技術」導入リスク
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00989/093000065/
    世界を見渡せば、プライバシー保護の観点から、顔認識技術の安易な活用を制限する動きが活発になってきた。例えばEU(欧州連合)の欧州委員会は、2021年4月に公表したAIの包括的規制案について、顔画像など生体情報の利用を厳しく制限する内容を盛り込んだ


    CO2をオレフィンに変換、茨城大・東大が触媒 製造プロセス簡略化
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00613621
    CO2をメタノールに還元する触媒と、メタノールからオレフィンに変成させる触媒を混合した新しい触媒を調製した。製造プロセスを簡略化できる可能性がある。

  • 出資・供給関係が一目で分かる、リチウムイオン電池の業界地図
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01770/090900012/


    日本触媒、アンモニア分解触媒開発 25年めど量産技術
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00613454
    水素運搬形態の一つであるアンモニアを水素と窒素に分解できる触媒を開発した。アクリル酸などの化学品を工業的に生産するために使用する「プロセス触媒」の設計開発や製造技術を活用した。


    人工光合成、近づく実用化 三菱ケミなど大規模実証成功
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC147R50U1A910C2000000/


    全米最強スポーツメディアESPN、先端技術の取り込み加速
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00729/00050/

  • 特許が示唆する新規上場の成否 公開・保有企業に優位性
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00736/00032/
    2020年に新規上場を果たした企業は全部で92社あったが、うち特許を公開・保有している会社(特許あり)は32社と、全体の35%にすぎない。しかしながら、公募価格に対する初値の騰落率(対初値騰落率)は、特許を公開・保有しているグループが平均で155%と特許を持たないグループの121%を大きく上回った。
    ただし、特許の件数が多いほど株価が上がるかといえばそうではないことに注意すべきである。


    関西電力、電柱が「自動運転の目」 270万本寿命予測も
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF144TM0U1A910C2000000/


    材料進化の最前線 NIMS最新成果(103)バイオミメティクス 生物に学ぶ接着機構
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00613333
    虫や爬虫(はちゅう)類の脚の裏は、木の幹や葉、平たんな窓ガラスなど多様な表面上でも容易に着脱することができる。
    泡を利用するハムシの脚をモデルとした人工的な水中接着機構を開発
    ナイロン繊維とアルギン酸カルシウムで容易にヘラ状構造が形成できることを示し、「付きやすく、剝がしやすい」接着機構を再現

  • EV充電のインフラ競争に終止符? CHAdeMOが放った第三の矢とは
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01757/00002/


    走行中のEVをワイヤレス充電できる道路、ミシガン州がテストへ
    ★ttps://japan.cnet.com/article/35177152/


    「エンジンのヤマハ」EVモーター開発 素人集団の底力
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2141F0R20C21A9000000/


    レアメタル・レアアースの業界地図、1国への依存はリスク大
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01770/090800010/


    再エネ合成燃料、CO2削減の有力手段に、高効率触媒と併せ開発推む
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e5%86%8d%e3%82%a8%e3%83%8d%e5%90%88%e6%88%90%e7%87%83%e6%96%99%e3%80%81%ef%bd%83%ef%bd%8f%ef%bc%92%e5%89%8a%e6%b8%9b%e3%81%ae%e6%9c%89%e5%8a%9b%e6%89%8b%e6%ae%b5%e3%81%ab%e3%80%81%e9%ab%98%e5%8a%b9/
    水素と二酸化炭素(CO2)を反応させて作る合成燃料がカーボンニュートラルに近づけるための有力な手段となる。


  • 日本発新素材「MOF」に世界が注目 脱炭素のカギに
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC136VI0T10C21A9000000/
    微細な穴が無数に開いた金属有機構造体(MOF)は1グラムにサッカーコート1面分の表面積があり、狙った物質をとじ込められる


    丸紅、木質素材「CNF」を靴底に すり減り4割減
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC183020Y1A710C2000000/
    丸紅は中越パルプ工業と共同で植物由来の新素材、セルロースナノファイバー(CNF)の販売促進に注力している。中越パルプ工業がプラスチックやゴムに分散しやすいCNFを開発し、製造を担う。


    e-fuelは内燃機関を救えるか? ポルシェやBMWの本音
    ★ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00878/091400022/


    容量密度は黒鉛の2倍、NTO採用のEV向けリチウムイオン電池が2023年度に商業化へ
    ★ttps://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2109/27/news048.html
    東芝と双日、ブラジルのCBMM(カンパニア・ブラジレイラ・メタルジア・イ・ミネラソン)の3社は2021年9月24日、ニオブチタン系酸化物(Niobium Titanium Oxide:NTO)を用いた次世代リチウムイオン電池の商業化に向けた共同開発契約を締結したと発表した


    ファーマフーズ、5年内に売上高1000億円へ、新製品・市場創出に力
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%80%81%ef%bc%95%e5%b9%b4%e5%86%85%e3%81%ab%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e9%ab%98%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%90%e5%84%84%e5%86%86%e3%81%b8/

  • 豊田合成、熱エネ発電VBに出資 新技術の導入推進
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00612840
    熱を電力に変換する独自技術を持つEサーモジェンテック(京都市南区)に出資した。出資額と出資比率は非公表。Eサーモジェンテックと連携を深め、工場でのゴム・樹脂の成形時に排出する熱エネルギーを利用した発電システムの開発に取り組む


    EU、スマホの充電端子をUSB Type-Cに統一する法案--「iPhone」にも影響
    ★ttps://japan.cnet.com/article/35177056/


    SNSの未来形「メタバース」 発展支える新興90社
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC211Q10R20C21A9000000/


    三洋化成とファーマフーズ、新素材でペプチド農業
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00612755
    植物が持つ力を利用して植物や土壌の品質を向上させるバイオスティミュラント(BS)を活用し、新たなペプチド農業を確立する


    ポストLiBをチャンスに
    ★ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bd%8c%ef%bd%89%ef%bd%82%e3%82%92%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ab/

  • 量子コンピュータービジネス変革加速 日本IBM、経営戦略リポート
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00612558
    経営層に対して、量子コンピューティングがもたらす将来のビジネス変革に備える戦略を提示するリポート「ザ・クアンタム・ディケイド(来るべき量子コンピューティングの時代)」の日本語版を公開した


    国産の航空再生燃料「SAF」、原料調達に壁
    ★ttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC130DG0T10C21A9000000/
    国内の航空会社や流通大手幹部などの訪問が絶えない工場がある。廃食油からバイオ燃料を製造する新興企業、レボインターナショナルだ廃食油に含まれる水分や塩分を取り除き、メタノールとアルカリ性触媒を混合して反応を起こし、燃料にする。原料の状態は様々で、品質管理には高度な技術が必要だ。工場では1日3万トンのバイオ燃料を製造し、廃食油の98.5%を再び資源にする


    米MITなど、核融合向け磁石で20テスラ成功 炉の小型化に貢献
    ★ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00612585
    トカマク型プラズマ熱核融合炉向け高温超電導磁石の実験で、この分野で世界最大となる20テスラの磁場強度の発生に成功した
    磁石にレアアース・バリウム銅酸化物(REBCO)の高温超電導物質を平らなテープ状にした材料を使った


    バイデン大統領が掲げる2050年太陽光発電の目標を達成するために米国に必要な4つのこと
    ★ttps://jp.techcrunch.com/2021/09/21/2021-09-08-the-4-things-needed-to-reach-bidens-ambitious-2050-solar-goal/

本文はここまでです このページの先頭へ