IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (164コメント)

  • No.1134

    強く買いたい

    アンジェス これが問題  …

    2021/07/24 22:32

    アンジェス これが問題 

    何故
    ブラックロックさん ほぼ150万株 6月マトメテ一気買い

    なーぜだ

    ----
    がたがた言うのがいるから 5月と6月比較だよ

  • No.1104

    強く買いたい

    アンジェス これが問題 …

    2021/07/24 22:12

    アンジェス これが問題

    何故
    ブラックロックさん 150万株 6月マトメテ一気買い

    なーぜだ

  • アフリカ型だとか
    インド型だとか
    コロナにはいろいろある
    (南極型??)

  • > 「ブラックロックによるアンジェス株保有が増加している」
    > とこの掲示板に散見。
    > 株式プロでは1年前より件数が105から116に増加。
    > 数か月前から変化無し。
    > ETFとかですかねー?

    これですね


  • 「ワクチン、ハシゴ外された」全国知事会が国へ緊急提言
    朝日新聞社 2021/07/11 19:35
    新型コロナウイルス対応の4度目の緊急事態宣言が東京都に出ることを受け、全国知事会は11日、オンライン会議を開いた。ワクチン供給が急減していることについて、政府に「ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ各社のワクチンを総動員し、円滑な接種が可能となるよう迅速に改善すること」などを求める緊急提言をまとめた。近く国に提出する。
    提言では、自治体のワクチン接種の現状を、「7月以降のワクチン供給量の減少に伴い、接種予約の受け付け停止やキャンセルが生じるなど接種体制を見直さざるを得ない状況」と指摘し、「市区町村は国の方針に基づいてワクチン接種に全力を挙げてきたのにハシゴを外されて混乱していると、政府は厳しく認識すべきだ」と迫った。
    その上で、希望量のワクチンを必要な時期に確実に供給する▽供給スケジュールや配分量を速やかに示す▽市区町村の在庫量の情報を共有し、都道府県に十分な調整枠を確保する▽接種対象年齢の12歳以上への拡大を踏まえ、接種のガイドラインを定め、国民の理解を得る、などの措置を求めた。

  • 気を付けましょう
    インド型 目からも感染
    ----
    "インド型"感染疑い拡大 耳鳴りや血栓の報告も…専門家「日本人の免疫で防ぎきれずワクチン重要性」指摘
    北海道ニュース 2021/07/08 20:33
    マスクを着用しない団体が北海道と札幌市を訪問
    関係者によりますとこれとは別に、コロナウイルスの存在を否定しマスクを着用せずPCR検査も受けない団体が6月29日に北海道へ、30日に札幌市を訪れ、対応をした札幌市職員3人が「インド型」への感染した疑いが確認されました。会議室で最大1時間対応したということです。札幌市は感染経路不明としていますが、北海道医療大学の塚本容子教授は、「目からの感染もありうる。同じ空間に1時間もいるとエアロゾルによる感染リスクも高まるし、着用しているマスクの隙間からの飛沫感染というのも考えられる」とし、感染リスクが高かった状況を分析します。

  • 皆さん お気をつけてね
    ----
    ワクチンの効果「少し弱まってきている」尾身会長
    テレ朝news 2021/07/07 15:07
    ワクチンの効果「少し弱まってきている」尾身会長
    ワクチンの効果が「少し弱まってきている」と述べました。
    政府分科会・尾身会長:「全く効かないということはなくて、このワクチンは基本的にはよく効くワクチンだと思いますけど、少し効きが弱まっているということもあるので」
    議論となったのは、新型コロナの変異ウイルス「デルタ型」が拡大してからワクチンの感染防止効果が低下しているというイスラエル保健省の調査結果です。
    これについて政府の新型コロナ分科会の尾身会長は「デルタ型の感染力が従来に比べて強いことはほぼ間違いない」と述べ、マスクの着用や換気などの感染対策が今まで以上に必要だと強調しました。

  • 怖いですねー
    ----
    変異株「ラムダ株」が南米で猛威 「最凶」といわれるその感染力とは?
    2021/07/07 16:05
    南米で猛威をふるっているラムダ株。ペルーの街中には、医療用の酸素ボンベを待つ人で溢れる(写真/アフロ)© NEWSポストセブン 提供 南米で猛威をふるっているラムダ株。ペルーの街中には、医療用の酸素ボンベを待つ人で溢れる(写真/アフロ)
     南米・ペルーでは、2020年8月をピークに減少していた新型コロナウイルスの感染が今春に再拡大。感染者数は200万人を超え、人口10万人あたりの死者数は世界最多の500人以上に達している。公共機関では、二重マスクとフェイスシールドの着用が義務化された一方、首都リマでは治療用の酸素ボンベの不足が深刻化している。
    その余波は隣国にも及んでいる。ボリビア・コチャバンバ在住のボリビア人女性看護師が本誌・女性セブンの取材に語る。
    「人口約180万人のコチャバンバでは、1日平均850人の患者が発生しています。医療用酸素の消費量が通常時の4倍に達し、病院では入院できる患者数の半分しか受け入れられない状況になり、ガスの補充に病院を訪れたボンベメーカーの職員が群衆に取り囲まれる事件が起きました。
    人工呼吸器の数が足りず医師らが手動で人工呼吸を行い、自宅療養の感染者を家族から隔離するため、路上の車中やテントで寝泊まりする感染者も少なくない。感染防止で遺体の火葬が義務化され、市内に2つしかない火葬場は患者が死んでから4日待ちになるほど混雑しています」

     その原因とされるのが、ペルーを起源とする変異株「ラムダ株」の猛威だ。ペルーのカエタノ・エレディア大学の分子生物学博士であるパブロ・ツカヤマさんが指摘する。
    「昨年12月に確認されたラムダ株はペルーの全症例の1%未満でしたが、急速に拡大して今年5月には80%を超えました。現在の感染者は概ね1日2500人ですが、ピーク時には1日約1万人を記録したほどです。ペルーは専門家が少ないため詳細な分析が難しいですが、昨年半ばの第1波に比べて、ラムダ株は2倍のスピードで重症化が進むという報告があります」


  • 米食品医薬品局(FDA)や世界保健機関(WHO)がコロナワクチンの有効性の基準として設定していたのは50%。

  • 2021/07/05 15:51


    日本国策ワクチン 認可は近い DNAアンジェスワクチン
    インド同じDNAワクチンで66%堂々の名乗り


  • 或る日突然に導出発表になるため

    常に握っていないと話になりません。

    ロイヤリティ入り高収益会社に変貌(結局爆益)


  • 政府も創薬におけるベンチャーの重要性として認めている。
    ソレイジアの凄さが今に理解できる。


  • これを見たらベンチャー企業ソレイジアの優秀さが理解できる。
    承認申請で認可はほぼ確実。
    後は買って待てばよい。


  • 後はほっとけば上がるだけしかない。
    この上もない幸せな株にぶち当たったもんだ・・・・


  • > 誰も6月中に申請IR出すよ
    > とは言ってないよね


    そうですね
    2021年6月末までに国内での承認申請を行う予定で

    ですね


  • 或る日突然に導出発表になるため

    常に握っていないと話になりません。

    ロイヤリティ入り高収益会社に変貌(結局爆益)

  • 労働者、大挙し首都脱出 デルタ株猛威、封鎖強化―バングラ
    2021年06月27日20時54分

    【スリナガル(バングラデシュ)AFP時事】バングラデシュは、隣国インド由来のデルタ株の猛威で新型コロナウイルス感染者が増えているため、28日からロックダウン(都市封鎖)を強化し、住民の外出を禁止する。これを受け、首都ダッカからは27日、労働者数万人が大挙して脱出。すし詰めの船に乗って故郷の村へ向かった。
    ウガンダ選手団、感染はインド株 成田空港での陽性者から
    警察高官は「定員オーバーの乗船はやめてほしい。しかし、誰も聞いてくれない」と嘆いた。ダッカ近郊スリナガルの船着き場で乗船を待っていた女性(60)は「仕事ができなければ、どう家賃を払うのか。村に帰るしかない」と話した。

  • デルタ株猛威、モスクワ死者最多 ワクチン不信で接種低迷―新型コロナ
    2021年06月27日20時39分
    AFP時事
     インド由来の新型コロナウイルスの変異株(デルタ株)が猛威を振るうロシアの首都モスクワで27日、過去24時間の死者が114人に上り、パンデミック(世界的大流行)が始まって以来最多となった。インタファクス通信が伝えた。
    ソビャニン市長は26日の国営テレビで「われわれは『武漢株』に打ち勝っていた」と指摘。デルタ株を克服すべく、ワクチン接種を推し進める考えを強調した。
     第2の都市サンクトペテルブルクでは、26日に107人と過去最悪の犠牲者が確認された一方、7月2日にサッカー欧州選手権の準々決勝が行われる。AFP通信によると、今月21日には1次リーグのベルギー戦のため隣国フィンランドのサポーターが来訪し、多数の感染者が出た。

本文はここまでです このページの先頭へ