ここから本文です

投稿コメント一覧 (65コメント)

  • チャートはまあまあ
    三角保ち合い上放れが近そうだ。

  • 長期分は持続
    短期分は一旦利食いゾーン
    しかし、放置も面白いかも

  • 先日、どう言う訳かSBIでJIAを出遅れ銘柄として取上げられてたが・・・・
    まあ、これだけ底値を這っているから、出遅れって言えば出遅れだわな。
    しかし、1,437円を底にして少しずつ上向きはじているようないないような☆☆

    もし、投資成績が思わしくない御仁がいたらワシのブログ見てみ
    手前味噌で恐縮だが、100%とは言わないがかなりの確立で好成績。
    (ブログおやじの反乱で検索:最近は気が向いた時更新)
    上がった株を上がる上がると吼える輩はたくさんいるが、リスクを伴う。
    そういう銘柄は、見切り売りが出来なければ触ってはいかん。
    株は一言で言えば研究だ。
    更に、如何にポートフォリオを組んで、業績から利益が硬い銘柄、割きり短期リスク銘柄、超長期放置銘柄、を選別投資すること。
    投資方法は人それぞれだが・・・・

    JIAについては、コンセンサスは最終経常利益を前期並みと見込んでいるが、第3Qで経常利益は前期の半分程度、これで前期並みの利益を見込むのは厳しいと見る。会社想定利益は論外。
    ということは、決算発表前にせめて半分でも売るのが定石と見る。

  • >>No. 96

    > 今はいくらでもチャンスがある銘柄が出て来ている。
    > もう関わっても無駄な気がする。

    そうだろうね まさしくその通り。
    しかし、業績悪で叩かれて安値を這っている銘柄も、超長期リストに入れるのも、面白い。
    当然好業績で新値追い銘柄の順張りが株式投資の基本。
    だが、逆張りも少しは狙うのも良かろうと思うが、投資は人それぞれ。
    がんばりましょうぞ。

  • 週足で見ると良く分かる。
    各決Q決算発表前後
    第1Qは、あまり上がらず発表翌日に窓明け暴落
    第2Qは、1週前にあげるも発表翌日に急落
    第3Qは、決算思惑で徐々に上がって発表翌日に窓明け急落

    さて、第4Qは、どうのような動きになるか・・・・・
    1,437円は、1番底1,432円まで際どかった。
    既に業績下方修正は織り込み済みじゃろう。
    決算思惑で徐々に下値切り上げと見る。
    但し、利が乗れば決算発表前に半分以上利食い方針。

  • 127円の下値支持線を割れました。

  • 経常利益は第3Q 2,692百万(会社想定26.9%)
    とてもじゃないが、会社想定10,000百万は無理じゃろう。
    コンセンサスは、前期利益より低い6,500百万を想定しちょる。
    前期では、通期経常利益は7,405百万であったが、第3Qで既に4,973百万 67.1%の達成率であった。しかし、今期のこれまでの利益は2,692百万円と相当低いので、残りの第4四半期利益でコンセンサスの3,800百万を上乗せするのも厳しいと見るべきかもしれないじゃろう。

    チャートは
    1番底が1,432円
    現在のところ安値は1,450円
    ここから、投売りが出ると思うが、1,432円で止まるかどうかだな。

    現在の株価低迷は、その辺を読んでいるのかも知れんのう。
    決算発表は2月上旬を予定しているので、売上が集中する第4四半期利益の思惑で大きく反騰する場面は、一旦逃げ場かものう。

  • ソロソロ大底圏
    しかし、前期比マイナスでもそれなりに利益あげとるのに、何で配当出さんのか?

  • テイクオフする株は、どういう銘柄か・・・・
    ①前期比増益
    ②決算発表時に会社想定・コンセンサスを上回る
    ③テーマに乗る
    ④業績悪織込み次期は良くなる見通しが付いた銘柄

    出来れば銘柄選定は③まではクリアーした銘柄をマークすべし。
    JIAは④だが、なんせ来期以降につながる決算発表ががあるかどうかだ。

    マザーズ指数は、大きく出遅れており、大型株優位な展開。
    しかし、好業績で大底近辺の銘柄も多数あるので、逆に狙い目とも思える。
    少し放置して別の銘柄で勝負だな。

  • 今のところ安値128円まで、
    2日前の突っ込み127円までの下げを見ていたが、どうだろう。
    ここで踏みとどまれば、反発期待。
    割れれば、120円台前半までの下落を想定。

  • RCIは、-100~+100%の間を推移し、一般的に、底打ちしてから-80%を超えてきたら「買い」、天井を打ってから+80%を下回ったら「売り」としている。
    現在RCI:87%

    新興市場は、全体が上向き方向。
    まず、市場の流れを読むほうが重要と見る。
    ケアネットの週足は、ようやく雲に届いたところ、
    2週前の一本陽線から、押し具合を見極めていたが、下値ではすかさず拾う動き。
    業績も会社想定80.4%を達成しており、経常利益前期比33.3増と堅調だ。

    下落するのが心配だったら、打診程度。
    落ちたら、買い下がり。

  • 三角保合い(トライアングルフォーメーションとも言う)
    放れに付け!
    絶好の買い場到来!

    ケアネットは、ワシのブログで紹介
    おやじの反乱 で検索

  • 3日間安値を更新していない。
    目先の大底確認の可能性。
    ここから、打診買い下がり方針。
    NY大幅高
    月曜日は高寄り予想
    買戻しも入ると思えるので、面白くなりそうだ。

  • ロングチャートを見るとわかるぞ。
    決算発表の度にドスンと売られておる。
    穴リスト得意の、コンセンサスに届かないという理由で叩き売られるパターン。
    PER:50倍
    PBR:9.2倍
    指標は割高、配当なし
    前回安値1,534円

    マザーズ指数は、上昇トレンドへ転換しておる。
    いずれ、2番底確認から上昇トレンドへ転換すると見る。
    前回安値1,534円
    2番底が幾らになるか・・・・
    いずれにせよ、1,600円台から打診買いゾーンと見る。

  • 本日より買い下がり。
    2番底近辺。
    この位置なら、落ちても戻る水準。
    前回安値2,267円。
    バーゲンハンティング。

  • 2019/12/05 発表
    アナリスト予想 コンセンサス
    2020/12期 (来期) 単位:百万 (今期コンセンサス比)
    売上17,000(13.3%)
    営業利益9,000(12.5%) 
    経常利益7,500(15.4%)
    当期利益5,000(13.6%)
    コンセンサスでは、来期の見通しは今期コンセンサスより2桁増見込み。
    (コンセンサス予想は、通期決算後に変わる可能性有り)

    指標
    RSI:前回50%であったが、想定通り下落歩調 20%前半まで落ちれば買いシグナル
    オシレータ:93% 買いシグナル
    ボリュームレシオVR①65%:買いシグナル
    少しずつ買いシグナルが増加傾向。

    ソロソロ突込み警戒感が出る水準。(この位置なら落ちても戻る価格と推測)
    逆張り2番底狙いは、慎重に、そして一度に買わず少しずつ仕入れるのがコツ。

    ※週足では、前回安値を下回らずに反転した場合、大底N字型。

  • 2019/12/04発表
    2019/12期(通期連結)
    コンセンサス 単位:百万 (前期比)
    売上15,000 (-1.5%)  
    営業利益8,000 (-10.5%)
    経常利益6,500 (-12.2%)
    当期利益4,400 (-14.4%)

    2019/10/31発表
    2019/12期(通期連結)
    会社予想  
    売上20,000 (31.4%)  
    営業利益11,500 (28.7%)
    経常利益10,000 (35%)
    当期利益6,280 (22.1%)

    〔コメント:減収減益を予想。今期経常利益に関する現在のアナリスト予想の平均値は12.2%減益の6,500百万円で、会社予想10,000百万円に対し弱気の予想となっています〕

    コンセンサスは、前期比マイナス予想
    会社予想と開きがある。
    遅かれ早かれ再下方修正が出るだろう。
    しかし、そこは悪材料出尽くしになる可能性はある。
    次期は売上 経常利益 共に増益予想だ。

    株価は、2番底近辺。

  • チャート
    ミニペナント上抜け
    RSI:再び上向き
    出来高:再度大きく上昇
    三役好転から、再び上値志向

    目先900円台乗せから1,000円台は既定路線と見る。

本文はここまでです このページの先頭へ