ここから本文です

投稿コメント一覧 (912コメント)

  • No.2218

    25日線

    2013/03/18 07:45

    25日線との乖離122
    2007-11-8 -162がある
    株主総会あるのからね そして
    だれもが700円がそこと思ったに
    ちがいない

    市場は
    単価を下げながら株価を上げるか
    同期トレンドか

  • 2013/03/25 12:30

    アフターランチ
    ヒマラヤ(7514)
    ネットプライスドットコム(3328)
    ともにフィスコ銘柄(フィスコ紹介)
    急騰した

    ヒマラヤ
    8月決算
    チャート(確認することね) は夏枯れしない
    13年8月期 15店舗出店計画(ゴールデンチャート社)のようだ 業績にのってくる
    オリンピック話題だってそうかも
    儲けさせていただくってことね

    ゴールデンチャート社 なら
    シグナルチャート(節分天井彼岸底チャート?)株

    3月は無難に通過(フィスコ)かもしれない
    彼岸底に逆らう銘柄あるね

  • 2013/03/27 13:24

    アフターランチ


    道具は
    ゴールデンチャートの週足チャートで長期のもの
    銘柄 ヒマラヤ(7514) だ

    週足チャート
    09年から13年3月が見えるね そして
    ハッキリと2つ
    関門が見える いいだろう
    きれいなチャートだ で
    昨年は夏枯れした そうだよそのとうり
    夏に太るんだ

    日経と比べようじゃないか
    ドルエンと比べるさ

    ここからもうけてくれに仕込む
    みえるね なつに太るのよ だが
    夏枯れした だからいいだろう

  • 2013/03/30 09:10

    アフターランチ
    相場の本質

    げんきなのは不動産電力ガス(ETF)
    株単価 てもとの数字は
    11-01-26 758円
    13-03-29 731円
    11-03-11 812円


    ゴールデンチャート株単価6日移動線
    01年から13年をみると震災前天井位置
    支持抵抗線がうかぶ 次に
    日経平均 抵抗線12000円を抜き
    ドル円歴史線100円接近

    相場は下げ局面 だが29日村上レポートは
    上げ景気を契機する

    ただちに判断をするリバモア(?)は間違いと
    いうリズムという 腑に落ちることだった

    なのだろう

  • 2013/04/01 07:34

    アフターランチ
    ただいま工事中にて
    もともとデタラメだがデタラメがひどいのよ
    スマンハズカシイ

    75日乖離
    3月28日 211 だった
    リーマン時 -225
    225-211=14
    買うのか 立派だが

  • No.2225

    純銀信託

    2013/04/04 04:07

    純銀信託
    ETF
    純銀信託とNYダウが乖離すると
    ダウは銀側へ調整(下げ)してるのね
    銀3番底を試す
    ようなことになってる

    今日はいそがしい

  • No.2231

    岡部

    2013/04/07 07:35

    宣伝が賑やかだがまけずにいく
    岡部
    は下げ すでに手の内

    700円のうえは
    間違い
    向こうの当事者が上げる なら
    こっちも意地
    出来高
    ほそってるのよ 勝ちね
    目先はわからない だが
    目先のことだから いま
    てにした四半期業績を精査してるだろう

    下げる理由
    人手不足 (こまっているよう)
    原材料値上がり

    株価にくると
    おもっている もともと上げすぎだと
    おもってるだけ

  • 2013/04/08 07:14

    >>No. 2228

    株クラ殿
    はサヤとり法で成功されたようす
    儲けるがなにより嬉しいことだとおもい
    ます
    当方も儲けにはこだわります うれしいこ
    とであります
    当方は相場感にこだわります 相場は間違
    いですが正しい ひとのおこないですから
    もうけは家族や恋人や学校や仕事やなど
    のためにだぶついたお金をまわしてやり
    たいと思います 国家とてわざわざダブツ
    イテみせます そのトリコになった相場であり
    ます しかし経済が株価を規定します な
    により楽しみです
    株クラ殿の相場観をききたいとおもいます

  • 2013/04/13 05:53

    金曜日現在
    終値 13485円↓
    株単価6日 759円 ↑は下げ局面

    ETFの様子
    純銀信託今位置からははNYダウの下げを
    誘う


    目先はわからない だが
    目先のことだから

  • No.2238

    やるきに

    2013/04/15 07:55

    やるきに
    チャンスだから だから
    宣伝は必要よね

    Yahooの都合だとおもうが
    貧乏野心家はツライ

    オレも極細エンピツ

  • 2013/04/17 02:40

    終値株単価6日の
    乖離をやめ同期する なら
    出来高は支持線から反発した
    第3の時代ということになる

    なにをいまさらたじろぐかというキがする

  • No.2240

    強く買いたい

    なにより

    2013/04/22 03:56


    うれしいこだとおもう

    儲けたら自分が
    (勉強させていただく)
    うれしい
    (100000000円が手の内におちた
    個人投資家のことよ
    自分のことだ すごいのは
    そう思うことことだ)
    はず

    花火あげたいね
    PALTAC(8283)(ゴールデンチャート銘柄)
    業績よし
    チャートよし
    いいね いいね
    (ただし ソンキリ位置もみておく 自分の責任ね)

  • No.2244

    進捗率

    2013/04/27 05:55

    会社計画(中間期)進捗率
    売上0.47
    営業利益0.51
    経常利益0.54
    純利益0.55
    1株純利益0.55

    上振れ発進だね

    株価位置は妥当か 自分はわからない
    業種別
    偏り(時期別)
    日銀
    金融緩和

    国策 など
    勘案するのだろう

    目先のことはわからない だが
    目先のことだから
    ハズシタスマン

  • No.2248

    今週

    2013/05/19 08:41

    今週
    下げ局面
    だが
    株単価日経終値乖離の形をみながら
    拾う
    ことにする

    ヒマラヤ(7514)
    25日線をキリ返すとこ と
    前高値をぬくとこ
    だろうね

    Paltac(8283)
    花火上がらず失敗
    業績は地方景気次第で
    年度後半に上ぶれるだろう

    とおもっただけね

    ものにしたい
    「待ってたぜ…) と
    「統計学が最強の学問である」

  • No.2249

    並べれば

    2013/05/27 03:25


    バーナンキの企て(フィスコ配信記事を推測)
    欧州の緩和政策
    中国の緩和政策
    日本の緩和政策
    世界の緩和政策
    米国の緩和政策出口観測
    とならぶ

    阿部首相の企てを
    否定するか
    イマサラタジログカ

  • No.2250

    今週

    2013/06/02 07:52

    今週
    上げ局面でいこうと思う
    いつもどうりだ

    純銀信託が金が跳ねた
    NYダウは下げたが このとき
    銀は下げているか(パリは燃えているか)

    一旦 もどすようなキになってるのよ

  • 2013/06/11 04:42

    新モデル
    前日+引けは+1
    前日-引け で-1 の
    5日平均チャートが 新モデル
    5連騰しないかね

  • 2013/06/11 04:49

    >>No. 2251

    新モデル作ってみてよ

  • No.2254

    なし

    2013/06/15 12:59

    なし
    なし

  • No.2255

    今週

    2013/06/16 08:29

    今週
    上げ局面でいく
    NYダウ二番底(フィスコ)完成
    日経終値株単価の乖離 が注目

    データベースが全くダメ
    講習会(セミナ)あるんだよ
    Webセミナー 1時間 ウンザリだね
    図解でワカル初級者用で突破
    楽しめることになるだろう

本文はここまでです このページの先頭へ