ここから本文です

投稿コメント一覧 (798コメント)

  • >>No. 515

    それは誤解です。上がって欲しい人はネガティブコメントに”そう思わない”を押すでしょうね。それは、その投稿或いは投稿者、個に対する評価だからです。

    「ネガティブコメンティターが買いに加担している」という理論は曲解としか言いようがありません。株や景気を動かすのは、個ではなく総体即ちセンチメントだということぐらい、初心者でも分かることですから。

    ぼくの言いたいことは以上です。言い残したことは何もありません。あっ、最後に、「頑張れ!北達!」

  • >>No. 507

    vzo*****さん自身の投稿No.472の続きのコメントですよ、星さん。

    >格言全文「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」を受けたものです。

    だからvzo*****さんにも一理あると思いますよ。いいんじゃないでしょうか?それはそれで。誰か特定の人の発言で、株が動くわけもなく。全て市場の判断ですから。

  • 「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」
    これは、ジョン・テンプルトンの言葉です。皆が悲観的になっているときは買い場で、皆が楽観的になっているときは売り場ってことでしょう。短期的ですね。

    しかしてこれが中長期投資となると話は変わってきます。株主意識はありですね。
    応援団になっちゃいます。だから、北達の中身を精査するようになります。それで。「あれ?方向が違ってきたな」って思ったら見限って売ればいいだけのこと。

    「楽観」は、「先見」の中にも生まれます。「脳天気」とは限らない。

    以上、株取り組みのスタンスが異なると正解回答が真逆にもなるという話でした。
    土俵が違うものは比較できませんね。

  • ミケンディープパッチ,いいじゃないですか!とてもいい!
    ヒアロディープパッチと形状が違うだけ。追加コストがかからず、「ヒアルロン酸の針」というインパクトを、シリーズ化で潜在顧客に焼き付けるPR効果が高い。

    ミケンディープパッチ自体の需要は当てにしなくても「北の達人」の知名度・注目度を上げることには間違いなく寄与するでしょう。面白いものを出す会社、例えば小林製薬のような。知名度は取扱商品すべてへの注目度を増大させ、利益を生み出す。

    北達の株価について、550円への意識はあったにせよ、560円は硬いラインと思っていただけにちょっと意外。でもぼくは底上げはしてると思ってるし、全然安心してますけどね。600円にはあと9%程度上げれば行くんだし。そんなに悲観的に……。

    ただ、過去のトラウマもあるしイライラも当然。だから「もっと頑張れ!北達!」

  • >>No. 330

    バンパイアさん、ぼくが読めない投稿に対してですが、いつもぼくを支えて下さっているようで、ありがとうございます。ぼくのNo.308の投稿には恐ろしい程の速さで青ポチが入ります。使い捨てハンネでのポチですね。応援団の皆さんも同じですね。

    それぐらい、どっちに転ぶか分からない局面だということなんでしょう。アンチ北達が必死に北達応援団潰しにかかってるつもりなんでしょう。無駄なのにね。

    赤ポチ・青ポチなんか気にせず、ただただ自分の思いをここに書き込みましょうね。
    北達応援団は、北達への逆恨みの人を無視して、北達を応援しましょうね。いずれ、どうせ、このまま行けば、絶対我々が勝ち組になるんだし。さあ来い青ポチ^^

  • 「560円手前で揉んで、あっさり570円台に戻って、調整終了で600円台回復できそうですね(要約文)」って先週金曜日に言いましたけど、まだその範囲内の動きですよ。あれからたった1日。株価は確実に底上げ中。材料もある。あとは1Q次第。

    出来高87万株と日に日に減少傾向。短期の損切・利確で、こんなもんじゃないですかね?はがゆいですけど。やっぱり我慢我慢の北達ですね。

  • 今だら~~っとしてます。そしてぼんやり頭に浮かんだこと・・・。
    北達は、梅さん、ブラックマネーさん、ビッグXさん、丸さん、gboさん、zeroさん、バンパイアさん、shiさん・・・、と書き出したらきりがないほどの数の北達愛溢れる応援団に支えられているんだなぁって、つくづく思います。あっ、ぼくも。

    だから「頑張れ!北達!」   やっと上昇気流に乗れたようだから

  • 株が上がる「根拠」なんてそもそも存在しないですよね。「なぜ上がったか」は後付で誰でも言えますけどね。「なぜ上がるか説明しろ」と言われても、「好業績予想」としか言えないですもんね?予想は根拠には成りえないです。

    株は理論だけでは勝てませんよ。今数字で見えてないものを、時流の軸に乗っかって見通せる先見性が勝負なんです。ぼくはそう思う。だから赤字会社にも投資する。株は先行投資なんです。宝探しなんです。だから重要なのが経営者の質だったりする。
    以上投資の話。中長期のね。(投機は全然別の話になりますね。)

    そこで北達のこと。もはや割高と騒ぐこともなく、毎期毎期4~5割利益を伸ばし、ビジネススタイルもストック型と呼べるもので、広く大衆に人気拡大中・・・。投資対象として何か問題がありますか?あるのは「根拠」ではなく「確信に近い期待」です。仮にこの投資が失敗に終わっても本望。ぼくはね。だから「頑張れ!北達!」

  • どうやら、やっぱり、昨日前場560円あたりの睨み合いが調整完了のサインだったようですね。鬼門の570円もあっさり抜けて、5日線も25日線に支えられて上向きになりそうです。そうなれば、チャートとしては上に行くためにはとても強い形です。

    600円台を回復できそうですね。地合いはありますが。あとは1Q次第ですね。

    中長期期待はこんなもんじゃないですけどね。ゼロが一個足りないくらい。
    まずは800円、次いで1000円に向かって、「頑張れ!北達!」

  • >>No. 23

    >ぶら下がった蜘蛛の糸、切れはしないか心配で、気が気ではない投資家、自分を鼓舞してるだけ、

    chi*****さん、そうですよ^^少なくともぼくはこの局面は気が気じゃない。
    自分を鼓舞しないと「我慢」なんかできるわけがない。中長期も今も大事だから。
    意地悪なこと言わないでくださいよ^^

    そんなこと言ってる間に・・・、やっぱり調整完了かな?上に出来高膨らんじゃいましたよ。このまま終わればまた上昇基調に戻るのかな?期待しましょう。
    だから「頑張れ!北達!」

  • まぁ上昇中の25日線が支持線になって下降中の5日線と重なったのが今、560円弱ですよね。ある意味きれいなチャート、調整終了にも見えます。出来高も少なく様子見状態。どっちに転ぶか、転んだ方に一気に出来高が動くんでしょうね。さてさて。

    でもね、人気度・注目度が高まってる今これは調整終了と見た方が無難かも。即ち、短期買い場とは言わないまでも売り場ではないんでしょう。いいとこ様子見。「閑散に売りなし」。とは言え、これはあくまでも短期の話。

    1Qでサプライズはなくてもこの辺りはキープできるでしょうし、少なくとも一発上方修正で800円、もう1回のサプライズで4桁も可能かと。人気株とはそういうもの。いずれにせよ中長期では安心して見ています、ぼくはね。だから「頑張れ!北達!」

  • 東海カーボンって、好業績・PER4.83・配当利回り4.29%・目標株価2052円、で、
    今落ちに落ちて1066円です。これってどうなの?今日ぼく沢山買いましたけど。

    株って、割高割安・業績・レーティング関係なく、テクニカルだけでこうも長期間動かされるものなんだねって、あらためて疲れを覚えました。勝敗は、我慢できるかできないかだということもあらためて強く感じました。「株の儲けは我慢料」だって。

    銘柄への思いは百人百通り、株への取り組み方も百人百通り、デイ・短期・中期・長期、売りも買いもすべて正しい。個々に狙いも事情もある。人にとやかく言われたくはない。利食いも損切りも個々の事情個々の判断、すべて正しい。ぼくはそう思う。

    北達のこと。木下社長がコツコツの経営方針を変えない限り調子コカない限り初心を忘れない限りビジネススタイルを変えない限り、ぼくは我慢我慢で投資を続けやがて大輪の花を咲かせてくれるものと信じています。 だから、「頑張れ!北達!」

  • 太郎さん、はじめまして。boss.y.tです。遅れましたがいいですか?

    年内1500円、ん~~~っ・・・難しいに一票です。理論的には今の2.5~3倍の利益を出さなきゃならないんですよね?年内ならいいとこ800円台ですかね?

    でもね、割高だから株価は上がらないって言ったら、赤字の会社の株価はマイナス!即ち株を買ったらお金もらえるってことになりますね極端な話。

    先高期待の先行投資なんですよね、株って。中長期投資家はね。デイ・短期の投機家は企業価値無関係。

    何が言いたいかと言えば、赤字でも上がるんだからPERが1000でも上がるものは上がる、将来期待を持たせてくれれば、いいとこ800円台予想の北達も1500円になったって全然おかしくないのがこの世界。少なくとも今の調子でいけば、2020年度には4ケタは理論値になってる。そんな勢いですから。

    「年内1500円」、そんな気持ちで買うものだと思います。株ってそんな感じで買わないと買えないですよ。実はそう言ってて来年1500円になっても嬉しいですよね。「年内1500円」、ぼくもそう信じたいです。  「頑張れ!北達!」

  • バンパイヤさんが戻って来てやっぱりここが和みますね。中立・短文で正義の味方。

  • ちょっとバタバタしてまして、3日ぶりの投稿です。ざっと思うところを徒然に。

    一昨日このタイミングで終値が、気になっていた570円を割るのは意外でした。昨日回復してちょっと安心しました。25日線が支持線になるのでしょう。確かに見せ板は目立ちますが、大口にしてはショボいかなって感じです。出来高は減少中。

    でもね、出来高15営業日100万株超えって、北達にしてはすごいと思いません?
    人気上昇してるってことですよね?注目度というか。これ、業績にも反映されると思いますよ。生産の遅れと経費の増大の問題が解消に向かっていれば、1Qは楽しみになってきますね。

    次に、ヒアロディープパッチでモノを大きくするの件。ファイザーがバイアグラを生み更に進化させているのは勃起不全という病気に類する治療薬としてのステイタス。サプリを始めそのような治療効果のある製品の開発をしていくのは北達の本流でしょう。ただ、モノを大きくするためだけの効果を求める仕事は専門の医療機関に任せるべきかな?って。

    でもね、北達が健康と美容に注力する延長線上に治療という概念が生まれることは素晴らしいことだと思います。北達の益々の発展を意味しますから。楽しみです。

    だらだらと独り言のような投稿にお付き合いいただきありがとうございました。
    皆さん、よい週末を。    そして来週も、「頑張れ!北達!」

  • 最後うわ板を叩いて終わったから、下値での買い意欲旺盛と見て、気分がいいです。

    いずれにせよ、ここからのジャンプが好業績IR待ちなのは確かなんで、しばらくこのあたりでモミモミするのかもしれませんね。我慢我慢の北達です。但し短期ではね。
    中長期はたっぷり儲けさせていただきましょう。ここのホルダー全員でね。

  • ヒアロディープパッチのIRの後もたついたので、思惑相場なので570-610くらいのボックスかな?って言ったのを思い出します。その後カイテキオリゴ機能性表示食品IRで終値で600円台に到達、そして年初来高値・・・。

    700円が見えてきた、反面高値で材料出尽くしで当然の調整で本日に至るわけです。
    現在600円を割り込んでますが、そろそろ600円台の北達は定着してもいい頃と思いますよ。本日は出来高も少なく、「閑散に売りなし」でいいと思います。ぼくはね。

    短期は損気、短期も損期ってとこですかね。ぼくは安心して見ています、今んとこ。
                    「頑張れ!北達!」

  • 「量産契約先を絞る」理由は、「樹脂製ASKA3Dプレート納入価格(単価)が製品価格に吸収できる企業に絞る」ということだと思いますよ。比較的高額で年間36000個程度売れる見込みのある製品でないとねってこと。月産3000枚ロットでは普及にはまだまだコスト高ってことは誰でも分かることです。まだ高いから採用を見合わせてる企業は山ほどあるというのが現状でしょう。

    「第1段階の量産化では月産 3,000 枚程度の生産能力を見込んでおりますが、一部工程の生産設備を増強することで比較的容易に生産能力を月産 1 万枚程度に拡大することができる見込み」と5月8日のIRで明言してます。多分これは、月産3000枚で契約した企業が増産を依頼した場合、或いは他社への一次納入機会の拡大に対応できますということで、これでもまだまだコスト高状態は続いてるんだろうと思います。

    ここまでくると、同業他社を中心に我も我もとASKA3Dプレートを採用せざるを得なくなり、それが更なる量産につながりそれが更なるコストダウンにつながり、どんどん異業種の低価格商品にまで採用されていくという好循環が生まれていくという予想可能な大フィーバーが待ってます。

    ただ、その量産体制が今のままでは月産1万枚で終わりだと思います。だから、大企業との資本業務提携で製販一貫体制を構築しない限り、これは夢で終わってしまうと言ってるんです。株価はよく行って今の5倍程度だと言ってるんです。

    何でも自前でやろうとする会長の限界はそこにあります。だったらもっと早くそっちに舵を切ってくださいよっていうのがアホルダーの言い分です。よろしくです。

  • 福田会長が「会社は社員のもの」という古い中小企業の会長さんなのは、会社概要トップの会長挨拶からも見て取れます。社員にとってはいい会長さんだと思います。

    ぼくはAska3Dの量産契約が一社決まれば、あとは堰(せき)を切ったように採用され、いずれは今の100倍規模の企業になってもおかしくないと思ってるんですよ。

    もし、福田会長に、もう少し起業家としての野心や、上場企業としての自覚や、株主に対する高い意識があれば、もっとスピード感のあるAska3Dの普及・拡販ができるのになぁ・・・と、何年も前から思ってます。何でも自前でやろうとするのが具策。
    大企業とのもっと深い提携が必要です。恐れないで。話はあるはず。

    アスカネットには過去には随分儲けさせていただきましたが、ここ何年もお荷物の状態が続いています。それでも、Aska3Dの量産契約一社決定を待ち続けるアホルダーをやってます。マイペースが過ぎますよ、会長。少しスピードを上げてください。

  • こんな残忍な写真を載せるべきではない。何を示唆するため?趣味?ふざけるな!

本文はここまでです このページの先頭へ