IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (839コメント)

  • エイピアも上がったわ、資金が他のiPoにもきた

  • ダウナスダック大きく上げた、次はファブリカだ

  • エディオン京都四条河原町すごいね、良いIRだ

  • 杉村先生から推奨されていますね。
    業務支援クラウドサービスのファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]、AI技術のAppier Group <4180> [東証M]に注目できる。Appierは上場時の発行株式数が9987万株、現在の時価総額は2147億円と、東証マザーズとしては超大型新人である。

  • 業務支援クラウドサービスのファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]、AI技術のAppier Group <4180> [東証M]に注目できる。Appierは上場時の発行株式数が9987万株、現在の時価総額は2147億円と、東証マザーズとしては超大型新人である。

  • 2021/04/09 18:35

    エディオン3月度月次よかったですね、今後も期待できる

  • ファブリカについて、谷口 政人氏は保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

     ファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]について、谷口 政人氏は4月9日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、谷口 政人氏と共同保有者のファブリカ株式保有比率は25.72%となり、新たに5%を超えたことが判明した。なお、保有株式606,000株のうち、180,000株は潜在株式として保有している。報告義務発生日は4月7日。

    ■財務省 : 4月9日受付
    ■発行会社: ファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]
    ■提出者 : 谷口 政人

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)    提出日時
     2021/04/07  ― % → 25.72%  2021/04/09 10:48

    ◆保有株券の内訳(前回→今回)
     保有株数       ― 株 →     606,000株
      普通株       ― 株 →     426,000株
      潜在株       ― 株 →     180,000株

    ■提出者および共同保有者
     (1)谷口 政人
     (2)株式会社インディゴベース

  • ファブリカについて、近藤 智司氏は保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

     ファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]について、近藤 智司氏は4月9日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、近藤 智司氏と共同保有者のファブリカ株式保有比率は14.47%となり、新たに5%を超えたことが判明した。なお、保有株式329,200株のうち、100,000株は潜在株式として保有している。報告義務発生日は4月7日。

    ■財務省 : 4月9日受付
    ■発行会社: ファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]
    ■提出者 : 近藤 智司

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)    提出日時
     2021/04/07  ― % → 14.47%  2021/04/09 10:52

    ◆保有株券の内訳(前回→今回)
     保有株数       ― 株 →     329,200株
      普通株       ― 株 →     229,200株
      潜在株       ― 株 →     100,000株

  • ファブリカについて、奥岡 征彦氏は保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

     ファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]について、奥岡 征彦氏は4月9日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、奥岡 征彦氏のファブリカ株式保有比率は9.24%となり、新たに5%を超えたことが判明した。なお、保有株式209,400株のうち、90,200株は潜在株式として保有している。報告義務発生日は4月7日。

    ■財務省 : 4月9日受付
    ■発行会社: ファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]
    ■提出者 : 奥岡 征彦

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)    提出日時
     2021/04/07  ― % → 9.24%  2021/04/09 10:55

    ◆保有株券の内訳(前回→今回)
     保有株数       ― 株 →     209,400株
      普通株       ― 株 →     119,200株
      潜在株       ― 株 →     90,200株

  • ファブリカについて、信濃 孝喜氏は保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

     ファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]について、信濃 孝喜氏は4月9日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、信濃 孝喜氏と共同保有者のファブリカ株式保有比率は5.52%となり、新たに5%を超えたことが判明した。報告義務発生日は4月7日。

    ■財務省 : 4月9日受付
    ■発行会社: ファブリカコミュニケーションズ <4193> [JQ]
    ■提出者 : 信濃 孝喜

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2021/04/07  ― % → 5.52%     120,000  2021/04/09 11:31

    ■提出者および共同保有者
     (1)信濃 孝喜
            ― % → 1.84%
     (2)シナノベンチャーレーシング合同会社
            ― % → 1.84%
     (3)株式会社リバークレイン
            ― % → 1.84%

  • 2021/04/07 23:41

    ファブリカやオキサイドと一緒に上がってほしい

  • ファブリカコミュニケーションズ(4193)

     ファブリカコミュニケーションズの事業内容は「業務支援システム開発・販売事業、SMS配信ソリューション事業、インターネットメディア事業、WEBマーケティング事業、自動車整備・レンタカー事業」で、JASDAQスタンダード上場の中型案件(想定時価総額119.7億円、吸収金額32.4億円)です。 総合的に見て、初値の大幅な上昇が期待できます。

    管理人からのコメント

     ファブリカコミュニケーションズ(4193)、複数事業を展開していますが、主に利益を出しているのは、中古車販売業務支援クラウドサービス「symphony」と、法人向けのショートメッセージ送信サービスです。業績推移を見てもわかりますが、右肩上がりの急成長をとげています。2021年3月期も順調で、上場後も継続的な成長が期待できます。やや重ためですが、公開株数は少なめで、主要な大株主に対して期間でロックアップがかかっており、需給は良いでしょう。総合的に見て、初値の大幅な上昇が見込めます。

  • <4180>Appier Group株式会社
    グローバル・プレミア・グループ・リミテッド(GLOBAL PREMIER G
    ROUP LIMITED)
    株券保有割合 -% → 5.57% 報告義務発生日 2021/03/30

    <4180>Appier Group株式会社
    セコイア・キャピタル・インディア・インベストメンツ・フォー(Sequoia 
    Capital India Investments IV)
    株券保有割合 -% → 14.61% 報告義務発生日 2021/03/30

    <4180>Appier Group株式会社
    プラクシー・インク(Plaxie Inc.)
    株券保有割合 -% → 19.30% 報告義務発生日 2021/03/30
    大口さんたくさん入ってますね

  • 2021/04/06 17:47

    オキサイドについて、日立ハイテクは保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

     オキサイド <6521> [東証M]について、日立ハイテクは4月6日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、日立ハイテクと共同保有者のオキサイド株式保有比率は7.06%となり、新たに5%を超えたことが判明した。報告義務発生日は4月5日。

    ■財務省 : 4月6日受付
    ■発行会社: オキサイド <6521> [東証M]
    ■提出者 : 日立ハイテク

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2021/04/05  ― % → 7.06%     320,000  2021/04/06 15:02

  • Appierについて、Sequoia Capital India Investments IVは保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

     Appier Group <4180> [東証M]について、Sequoia Capital India Investments IVは4月6日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、Sequoia Capital India Investments IVのAppier株式保有比率は14.61%となり、新たに5%を超えたことが判明した。報告義務発生日は3月30日。

    ■財務省 : 4月6日受付
    ■発行会社: Appier Group <4180> [東証M]
    ■提出者 : Sequoia Capital India Investments IV

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2021/03/30  ― % → 14.61%   14,589,120  2021/04/06 13:24

  • Appierについて、プラクシー・インクは保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

     Appier Group <4180> [東証M]について、プラクシー・インクは4月6日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、プラクシー・インクと共同保有者のAppier株式保有比率は19.30%となり、新たに5%を超えたことが判明した。報告義務発生日は3月30日。

    ■財務省 : 4月6日受付
    ■発行会社: Appier Group <4180> [東証M]
    ■提出者 : プラクシー・インク

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2021/03/30  ― % → 19.30%   19,272,270  2021/04/06 11:25

  • Appier Group <4180> [東証M]について、グローバル・プレミア・グループ・リミテッドは4月6日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、グローバル・プレミア・グループ・リミテッドのAppier株式保有比率は5.57%となり、新たに5%を超えたことが判明した。報告義務発生日は3月30日。

    ■財務省 : 4月6日受付
    ■発行会社: Appier Group <4180> [東証M]
    ■提出者 : グローバル・プレミア・グループ・リミテッド

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2021/03/30  ― % → 5.57%    5,564,950  2021/04/06 11:26

  • 2021/4/5株式新聞
    MSプレミアム=投資ファンド大量保有銘柄の昨年4-6月の上昇率―アクティビスト保有株に関心

    <株主対策でIRJHDも>

     今後に注目したい銘柄として企業のアクティビスト対策も活発化する可能性が高い。そこで浮上するのが、アイ・アールジャパンホールディングス(=IRJHD)<6035.T>だ。同社は企業のIR(投資家向け広報)が主力で、株主判明調査などに定評がある。
    [ 株式新聞速報ニュース ]
    提供:モーニングスター社

  • 杉村さんも推奨していますね

    GIGAスクール構想に絡み、米ズームと協業、PER10.3倍のテクノホライゾン <6629> [JQ]は見直しの余地が大きい。

本文はここまでです このページの先頭へ