ここから本文です

投稿コメント一覧 (44コメント)

  • >>No. 198

    香港の現状は極めて由々しき事態です。
    先週から今週にかけてはかなり厳しい状況です。
    香港中文大学と、香港理工大学に警官隊が突入した。
    そのやり方として催涙弾に謎の物質が含んでいて、
    皮膚がただれるだけではなくて、体調が悪くなったり、
    気管支がやられたり、内臓もやられたり、
    それを使って突入している。

    香港中文大学の攻防の目的は、
    香港中文大学が巨大サーバーのネットワークの元であったため
    それを奪取するためだと言われている。
    そこで学生達はものすごい抵抗をした。
    夜中にも炎の中で攻防があったが、朝方になると警察側が引いた。
    なぜ引いたかというと、学生達が集団自決する情報が流れたからです。
    実際、香港理工大学もそうですが、学生達は遺書を書いている。
    このままでは明日がなくなる、自由・人権・民主がなくなる
    つまり自分達の将来がない。

  • 日本では、在日朝鮮人らの野党とマスコミで桜を見る会の追及で
    盛り上がっているが、
    香港では、香港理工大が警官隊に包囲され、警察はやりたい放題だ。
    18日、香港理工大から外に出たボランティアの医療メンバーらも拘束された。
    「暴動を支援したとの理由だ。信じられない。本当に警察はひどい」。
    14人の仲間が大学から戻ってこないという
    男性ボランティア(20)は憤った。
    18日未明に大学を脱出し命からがら帰宅した女子高校生(17)は
    「催涙弾の嵐で本当に怖かった。まだ大学に3400人残っていた。
    みんな遺書を書いていた」と話した。
    「理大にゴキブリを殺しに行く。逃げるなよ、
    (1989年の)天安門事件を再現してやる」
    と叫ぶ警官とされる男の声もネットに出回っている。

  • >>No. 31

    以前、ここ桜本に日本人がデモ行進したが、
    在日らがマスコミと結託して「ヘイトデモ」「差別主義者」にして
    日本人の言論が封じてられて追い出された。
    ここは朝鮮でなく日本であるのに、
    朝鮮人が日本人に「帰れ!」と言っていた。
    異様な光景であった。
    そして朝鮮人の歴史の事実を言うと「ヘイト」「民族差別」にされる。
    朝鮮人の不法占拠や戦後増えた朝鮮人は密航者であることは事実である。
    こういう事実を言う言論の自由は今の日本にはない。
    そのうちこういう事実は
    歴史から消されてなかったことにされてしまうのではないか?
    しかし日本からいなくなってほしいのは在日朝鮮人である。
    日本の地で、我が物顔で気持ちの悪い朝鮮民族の踊りなどはやめてもらいたい。

  • 川崎桜本地区「日本のまつり」で
    朝鮮民族の踊りや朝鮮音楽や朝鮮料理。
    川崎市川崎区の桜本地区と言えば在日朝鮮人街である。
    「日本のまつり」という名のもと、
    在日が仕切って朝鮮民族の音楽や踊りである。
    実態は「朝鮮のまつり」ではないか。
    ならば堂々と「朝鮮のまつり」とやったらいいではないか。
    しかもアイヌや沖縄という無関係なものまで登場している。
    これらは反日つながりではないのか。
    桜本の朝鮮商店街を歩けばわかるが日本共産党のポスターが多い。
    次に公明党が多い。
    在日と共産党と公明党の強い結びつきがわかる。

  • 韓国10大グループの営業利益は
    6兆1623億ウォンで前年同期の25兆2862億ウォンより
    75.63%減少した。
    これで公務員を増やす予定という…

  • >>No. 230

    以前、ここ桜本に日本人がデモ行進したが、
    在日らがマスコミと結託して「ヘイトデモ」「差別主義者」にして
    日本人の言論が封じてられて追い出された。
    ここは朝鮮でなく日本であるのに、
    朝鮮人が日本人に「帰れ!」と言っていた。
    異様な光景であった。
    そして朝鮮人の歴史の事実を言うと「ヘイト」「民族差別」にされる。
    朝鮮人の不法占拠や戦後増えた朝鮮人は密航者であることは事実である。
    こういう事実を言う言論の自由は今の日本にはない。
    そのうちこういう事実は
    歴史から消されてなかったことにされてしまうのではないか?
    しかし日本からいなくなってほしいのは在日朝鮮人である。
    日本の地で、我が物顔で気持ちの悪い朝鮮民族の踊りなどはやめてもらいたい。

  • >>No. 130

    以前、ここ桜本に日本人がデモ行進したが、
    在日らがマスコミと結託して「ヘイトデモ」「差別主義者」にして
    日本人の言論が封じてられて追い出された。
    ここは朝鮮でなく日本であるのに、
    朝鮮人が日本人に「帰れ!」と言っていた。
    異様な光景であった。
    そして朝鮮人の歴史の事実を言うと「ヘイト」「民族差別」にされる。
    朝鮮人の不法占拠や戦後増えた朝鮮人は密航者であることは事実である。
    こういう事実を言う言論の自由は今の日本にはない。
    そのうちこういう事実は
    歴史から消されてなかったことにされてしまうのではないか?
    しかし日本からいなくなってほしいのは在日朝鮮人である。
    日本の地で、我が物顔で気持ちの悪い朝鮮民族の踊りなどはやめてもらいたい。

  • 川崎桜本地区「日本のまつり」で
    朝鮮民族の踊りや朝鮮音楽や朝鮮料理。
    川崎市川崎区の桜本地区と言えば在日朝鮮人街である。
    「日本のまつり」という名のもと、
    在日が仕切って朝鮮民族の音楽や踊りである。
    実態は「朝鮮のまつり」ではないか。
    ならば堂々と「朝鮮のまつり」とやったらいいではないか。
    しかもアイヌや沖縄という無関係なものまで登場している。
    これらは反日つながりではないのか。
    桜本の朝鮮商店街を歩けばわかるが日本共産党のポスターが多い。
    次に公明党が多い。
    在日と共産党と公明党の強い結びつきがわかる。

  • 東レは韓国から
    でていけ!

  • 川崎市が執念を燃やすヘイト条例で
    弁護士が圧力をかける項目に恐ろしい項目があります。
    なんと密告を条例化するものです。
    共産主義体制の恐ろしい密告制度で
    市民は何も言いたい事を言えず
    恐怖に身を縮めることになります。
    刑罰は日本人に限定し、
    ヘイトに刑事罰、
    違反3回で罰金
    不法滞在を容認し、
    密告制度を敷く闇社会の
    川崎人民共和国の出現です。
    川崎市民は市長を早くリコールすべきです。

  • 川崎桜本地区「日本のまつり」で
    朝鮮民族の踊りや朝鮮音楽や朝鮮料理。
    川崎市川崎区の桜本地区と言えば在日朝鮮人街である。
    「日本のまつり」という名のもと、
    在日が仕切って朝鮮民族の音楽や踊りである。
    実態は「朝鮮のまつり」ではないか。
    ならば堂々と「朝鮮のまつり」とやったらいいではないか。
    しかもアイヌや沖縄という無関係なものまで登場している。
    これらは反日つながりではないのか。
    桜本の朝鮮商店街を歩けばわかるが日本共産党のポスターが多い。
    次に公明党が多い。
    在日と共産党と公明党の強い結びつきがわかる。

  • 自宅で合成麻薬MDMAを所持して逮捕された沢尻エリカ。
    本人も認めており、同情の余地はない。
    というか、また芸能人か、という感じである。
    それを同じ芸能人らがこんなツイートをしている。
    「芸能人の逮捕に必要以上に大騒ぎしなくていいです。
    騒ぐべきは政治家や特権階級の人たちが法を犯しても
    逮捕されてない現実です」(東ちづる)
    「まただよ。政府が問題を起こしマスコミがネタにし始めると
    芸能人が逮捕される。次期逮捕予定者リストがあって、
    誰かがゴーサイン出してるでしょ」(ラサール石井)
    安倍総理の「桜を見る会」が問題になっているので、
    その矛先を変えるために安倍政権が沢尻エリカを逮捕したという意味か?
    アホか?
    おまエラこそ話のすり替えである。
    普通に考えても麻薬所持していたことこそ問題であろう。
    しかも常習犯ではないのか?
    東ちづるのツイッターには反安倍派が次々コメントして
    東ちづるに理解を示している。
    そんなに安倍総理の「桜を見る会」が問題だというなら、
    捏造・憶測ではなくて具体的証拠を出して証明してみろ、ということだ。
    こういうバカどもが今の日本を停滞させているのだ。
    それでも、安倍内閣支持率、4ポイント増の48% 時事世論調査

  • 禿バンクは
    WeとかLINEとか
    ゴミ収集業者だな

  • 「桜を見る会」について
    立憲民主党やマスゴミの話のすり替え方を見れば
    モリカケメソッドと同質のものです。
    今の臨時国会で内閣提出法案は15本。
    ですがそのうち3本しか成立していません。
    国会審議を進めさせなければ憲法審議に手を付けられないはずだという
    立憲民主党と共産党を中心とした反日野党の
    徹底した遅滞戦術によって法案の大部分がまともに審議されていません。
    ですが国会を停滞させ続けるために
    桜を見る会からずるずると話をすり替え続けては
    「怪しい!」「真っ黒だ!」と騒ぎ続ける
    モリカケメソッドを再び使う事で
    今臨時国会の会期を潰すのが反日野党と
    NHKや朝日新聞などの反日マスゴミの狙いでしょう。
    反日野党に投票した人達はこの税金泥棒どもの
    共犯者であることを自覚してもらいたい

  • 川崎市が執念を燃やすヘイト条例で
    弁護士が圧力をかける項目に恐ろしい項目があります。
    なんと密告を条例化するものです。
    共産主義体制の恐ろしい密告制度で
    市民は何も言いたい事を言えず
    恐怖に身を縮めることになります。
    刑罰は日本人に限定し、
    ヘイトに刑事罰、
    違反3回で罰金
    不法滞在を容認し、
    密告制度を敷く闇社会の
    川崎人民共和国の出現です。
    川崎市民は市長を早くリコールすべきです。

  • 川崎市が執念を燃やすヘイト条例で
    弁護士が圧力をかける項目に恐ろしい項目があります。
    なんと密告を条例化するものです。
    共産主義体制の恐ろしい密告制度で
    市民は何も言いたい事を言えず
    恐怖に身を縮めることになります。
    刑罰は日本人に限定し、
    ヘイトに刑事罰、
    違反3回で罰金
    不法滞在を容認し、
    密告制度を敷く闇社会の
    川崎人民共和国の出現です。
    川崎市民は市長を早くリコールすべきです。

  • モリカケの失敗に懲りない在日朝鮮人たちの野党とメディア
    桜を見る会の追求に懸命な野党とマスコミに対しつくづく嫌になった。
    意図は明らか。これで支持率を下げることで国会混乱させて、
    国会で最大の議論になっている憲法改正のための
    『国民投票法』改正の審議入りをさせずに廃案にする。
    なおかつ、安倍政権の支持率が下がればいいと考えている。
    モリカケ問題であれだけ騒いだのと同じ構図。
    もともとそんなに大した話じゃない問題を、
    とにかく騒ぐことで国会の審議を止め、
    本質的な議論がされずに時間だけが浪費されている。
    その国会の維持費に一体いくらかかっていると思っているんだ

  • 「桜を見る会」について
    立憲民主党やマスゴミの話のすり替え方を見れば
    モリカケメソッドと同質のものです。
    今の臨時国会で内閣提出法案は15本。
    ですがそのうち3本しか成立していません。
    国会審議を進めさせなければ憲法審議に手を付けられないはずだという
    立憲民主党と共産党を中心とした反日野党の
    徹底した遅滞戦術によって法案の大部分がまともに審議されていません。
    ですが国会を停滞させ続けるために
    桜を見る会からずるずると話をすり替え続けては
    「怪しい!」「真っ黒だ!」と騒ぎ続ける
    モリカケメソッドを再び使う事で
    今臨時国会の会期を潰すのが反日野党と
    NHKや朝日新聞などの反日マスゴミの狙いでしょう。
    反日野党に投票した人達はこの税金泥棒どもの
    共犯者であることを自覚してもらいたい

  • 在日朝鮮人らの反日野党とマスゴミが
    「桜を見る会」を買収だなんだと騒いでいます
    これは、国会でモリカケを続けると野党支持率が下がるので
    新しいネタを無理矢理作ったもので、
    「安倍が公職選挙法違反の買収行為をしていた」
    というデマをとにかく広めようとやっています。
    NHKもこのデマの流布に加担している
    NHKについてはちょうどパブコメ募集してます
    デマを流しても全く処罰されないでやりたい放題できて、
    しかも収入や地位についても法律で守られてるなんておかしいです。
    NHKは規模拡大のまえにきちんと「法律で処罰できるようにすること」
    ましてや明らかなデマという有害情報を流しているわけですから
    これはもうスクランブル化しかありません。
    というわけで総務省が行っているNHKのネット同時配信による
    さらなる利権拡大を目論んでいるNHKに対し
    どんどんパブコメに送ってください。

  • 石破茂は
    金丸訪朝団メンバーとして平壌を訪問した際
    女をしつこくおねだりし、
    美女をあてがわれ、
    ビデオ撮影され、
    北朝鮮工作員となりました。

本文はここまでです このページの先頭へ