IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2133コメント)

  • お聞きしたいのですが
    此の橋本さんと言う研究者、塩野義の重要な治験に関係されてなかったですか⁉️

    【橋本 真一 】さん。

    研究者番号00313099 所属 (現在)2022年度: 和歌山県立医科大学, 先端医学研究所, 教授。

    下記の研究の協力関係者なので。


    北海道大学 2022年6月22日

    神経ペプチドシグナルによる大腸がんの悪性化が明らかに~新規がん治療への応用に期待~(遺伝子病制御研究所 准教授 北村秀光)

    ●大腸がん患者の腫瘍組織における神経ペプチド受容体NK2Rの発現と生命予後との関連を確認
    ●NK2Rを介した神経ペプチドシグナルによる大腸がんの腫瘍形成、転移能獲得メカニズムを解明。
    ●大腸がんの再発・転移を防ぐNK2Rを標的とした新たながん治療法開発への応用が期待。

    概要

    北海道大学遺伝子病制御研究所の北村秀光准教授、同大学院医学研究院の武冨紹信教授、旭川医科大学医学部の長門利純講師、小林博也教授、谷野美智枝教授、国立遺伝学研究所の池尾一穂准教授、和歌山県立医科大学先端医学研究所の橋本真一教授らの研究グループは、大腸がんの悪性化に関与する新たな制御メカニズムを発見しました。

    がんの発生に加え、再発や転移能獲得など悪性化を防ぐことは、がん治療にとって非常に重要です。本研究で、一般に痛みやストレスなどによって放出される神経ペプチドの一つであるニューロキニンAの受容体NK2Rが、大腸がん細胞に発現し、生命予後と関連することを発見するとともに、NK2Rの発現誘導とMAPK-ERK1/2を介した神経ペプチドシグナルの活性化によって、大腸がん細胞の腫瘍形成や転移巣形成能が増強することを明らかにしました。さらに自然免疫ジュバント(poly I:C)を担がんマウスに投与するがん治療モデルに対して、神経ペプチドシグナルを遮断する阻害剤を併用投与することにより、抗腫瘍効果がさらに上乗せできることが分かりました。

    本研究成果により、NK2Rを標的として、大腸がんの悪性化、再発・転移を防ぐ、新たながん治療法開発への応用に繋がることが期待されます。

    なお、本研究成果は、2022年5月13日(金)公開のCancer Science誌にオンライン先行掲載されました。

    論文名:IFN-α/β-mediated NK2R expression is related to the malignancy of colon cancer cells(IFN-α/βを介したNK2Rの発現は大腸がん悪性化に関係する)
    URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/cas.15397


    NHK 北海道NEWS WEB
    06月27日 18時12分

    北大研究チーム“大腸がん増殖・転移に関わるたんぱく質特定”

    大腸がんの増殖や転移に関わっているたんぱく質を新たに特定したと北海道大学の研究チームが発表しました。このたんぱく質の働きを阻害するとがん細胞の増殖を抑えることができるとしていて、新たな治療薬の開発につなげたいとしています。

    北海道大学遺伝子病制御研究所の北村秀光准教授の研究チームは、痛みやストレスに関わっている「NK2R」というたんぱく質に注目し、大腸がんとの関わりをヒトやマウスのがん細胞で調べました。

    その結果、「NK2R」が数多く存在しているがん細胞は増殖や転移をする能力が高く、さらに、この「NK2R」の働きを阻害すると増殖を抑えることができたとしています。
    研究チームによりますと、「NK2R」と大腸がんとの関わりを明らかにした研究は初めてで、新たな大腸がんの治療薬の開発につなげたいとしています。

    北村准教授は「がんの悪性化に関係するメカニズムの一端が明らかになった。がんの再発転移をコントロールできるようにすることが大事だと思うので、さらに深く研究したい」と話しています。


    日経電子版 科学&新技術
    2022年6月27日 11:27

    北海道大学大学院医学研究院、旭川医科大学、国立遺伝学研究所、和歌山県立医科大学との共同研究成果が日本経済新聞 電子版に掲載されました。

    大腸がん、神経由来のたんぱく質で悪化 北大仕組み解明

    神経から分泌されるたんぱく質が大腸がんの悪性化に関わることが分かった

    北海道大学遺伝子病制御研究所の北村秀光准教授らの研究グループは神経から分泌される特定のたんぱく質が大腸がんの悪化に関わる仕組みを解明した。「ニューロキニンA」と呼ばれるたんぱく質をがん細胞が受け取ると、転移や増殖が起きやすくなることを確認した。神経由来のたんぱく質は痛みやストレスを感じると感覚神経から分泌されるとみられ、ストレスでがんが悪化するメカニズムが解明され

  • >>No. 261

    此の橋本さんと言う研究者、オンコ関係の治験臨床に関係されてなかったですか⁉️

    橋本 真一 Hashimoto Shinichi

    研究者番号00313099その他のID 所属 (現在)2022年度: 和歌山県立医科大学, 先端医学研究所, 教授。

    下記の研究に協力関連有りなので。


    北海道大学 2022年6月22日

    神経ペプチドシグナルによる大腸がんの悪性化が明らかに~新規がん治療への応用に期待~(遺伝子病制御研究所 准教授 北村秀光)

    ●大腸がん患者の腫瘍組織における神経ペプチド受容体NK2Rの発現と生命予後との関連を確認
    ●NK2Rを介した神経ペプチドシグナルによる大腸がんの腫瘍形成、転移能獲得メカニズムを解明。
    ●大腸がんの再発・転移を防ぐNK2Rを標的とした新たながん治療法開発への応用が期待。

    概要

    北海道大学遺伝子病制御研究所の北村秀光准教授、同大学院医学研究院の武冨紹信教授、旭川医科大学医学部の長門利純講師、小林博也教授、谷野美智枝教授、国立遺伝学研究所の池尾一穂准教授、和歌山県立医科大学先端医学研究所の橋本真一教授らの研究グループは、大腸がんの悪性化に関与する新たな制御メカニズムを発見しました。

    がんの発生に加え、再発や転移能獲得など悪性化を防ぐことは、がん治療にとって非常に重要です。本研究で、一般に痛みやストレスなどによって放出される神経ペプチドの一つであるニューロキニンAの受容体NK2Rが、大腸がん細胞に発現し、生命予後と関連することを発見するとともに、NK2Rの発現誘導とMAPK-ERK1/2を介した神経ペプチドシグナルの活性化によって、大腸がん細胞の腫瘍形成や転移巣形成能が増強することを明らかにしました。さらに自然免疫ジュバント(poly I:C)を担がんマウスに投与するがん治療モデルに対して、神経ペプチドシグナルを遮断する阻害剤を併用投与することにより、抗腫瘍効果がさらに上乗せできることが分かりました。

    本研究成果により、NK2Rを標的として、大腸がんの悪性化、再発・転移を防ぐ、新たながん治療法開発への応用に繋がることが期待されます。

    なお、本研究成果は、2022年5月13日(金)公開のCancer Science誌にオンライン先行掲載されました。

    論文名:IFN-α/β-mediated NK2R expression is related to the malignancy of colon cancer cells(IFN-α/βを介したNK2Rの発現は大腸がん悪性化に関係する)
    URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/cas.15397


    NHK 北海道NEWS WEB
    06月27日 18時12分

    北大研究チーム“大腸がん増殖・転移に関わるたんぱく質特定”

    大腸がんの増殖や転移に関わっているたんぱく質を新たに特定したと北海道大学の研究チームが発表しました。このたんぱく質の働きを阻害するとがん細胞の増殖を抑えることができるとしていて、新たな治療薬の開発につなげたいとしています。

    北海道大学遺伝子病制御研究所の北村秀光准教授の研究チームは、痛みやストレスに関わっている「NK2R」というたんぱく質に注目し、大腸がんとの関わりをヒトやマウスのがん細胞で調べました。

    その結果、「NK2R」が数多く存在しているがん細胞は増殖や転移をする能力が高く、さらに、この「NK2R」の働きを阻害すると増殖を抑えることができたとしています。
    研究チームによりますと、「NK2R」と大腸がんとの関わりを明らかにした研究は初めてで、新たな大腸がんの治療薬の開発につなげたいとしています。

    北村准教授は「がんの悪性化に関係するメカニズムの一端が明らかになった。がんの再発転移をコントロールできるようにすることが大事だと思うので、さらに深く研究したい」と話しています。


    日経電子版 科学&新技術
    2022年6月27日 11:27

    北海道大学大学院医学研究院、旭川医科大学、国立遺伝学研究所、和歌山県立医科大学との共同研究成果が日本経済新聞 電子版に掲載されました。

    大腸がん、神経由来のたんぱく質で悪化 北大仕組み解明

    神経から分泌されるたんぱく質が大腸がんの悪性化に関わることが分かった

    北海道大学遺伝子病制御研究所の北村秀光准教授らの研究グループは神経から分泌される特定のたんぱく質が大腸がんの悪化に関わる仕組みを解明した。「ニューロキニンA」と呼ばれるたんぱく質をがん細胞が受け取ると、転移や増殖が起きやすくなることを確認した。神経由来のたんぱく質は痛みやストレスを感じると感覚神経から分泌されるとみられ、ストレスでがんが悪化する

  • >>No. 259

    ポチ機能悪用!!青ポチ異常連打わー❗

    ヤフーに通報済み!!😬

  • >>No. 259

    補記

    但し、期待はしてないが金曜のIRには、次の文言が記載されてますね❗☹️

    【特に、全ゲノムシーケンス解析に関しては 2021年10月に大口受注を得ており、今後も継続的に大規模遺伝子解析業務へ参画して参ります。】と。

    継続的に大口受注業務が決定してるかの、物言いですね❗🤔

    ※一寸異常な嫌がらせわー発生!!なので、再度訂正ね❗😬

  • >>No. 229

    相変わらず!!
    青ポチ瓜瓜マンわー!!
    板に張り付き寄生虫か!!

    きっしょい餓鬼やなぁ❗😬

  • 臨時

    此処の板で何を言っても、所詮意味を成さ無いが、何期も何期も赤字の会社の役員が、恥も外聞も無く報酬を取る事自体が許される事では無い上に、今期は増額を予定とは!!

    呆れて物が言えないね❗😬
    役職規定違反では無いのか❗😬

    利益が出る迄!無報酬で遣るべき❗
    其れが従業員に範を垂れると言う事❗(・_・)

    其れが出来無ければ、出来る人物を探して、辞職し交替しなさい❗😬

    世間を株主を舐めてますね❗🤔


    ※的屋の啖呵売を其のママに真に受ける方が、此処に居るとはね!!
    一寸吃驚するね❗🤪


    追記

    2日連日のIR、株価的には無反応ですね❗🤕

    金曜のIRも所詮、絵に画いた餅!!
    キレイに画いても、所詮は絵ですね❗🤭

    設計図として、如何に効率的に実行するかが問題ですね❗🤔

  • 語句補注

    そう‐く【走狗】 ... 〘名〙 狩りのときに鳥や獣を追いたてるために、人に使われる犬。転じて、人の手先となって使われる者を軽蔑していう語。

    「狗」は「犬」のことで、走狗は狩猟で鳥や獣を追い立てるのに使う猟犬が原義。 猟犬は善悪など考えず飼い主の指示に従い、鳥や獣を追うことから、他人の手先となって ...

    狡兎死して走狗烹らる、敵が滅びたあと、功績のあった者が邪魔にされ、殺されてしまうことのたとえ。

  • 全て出来レースと❗🤕

    非承認に持って行く為の、小細工 ストーリー作りでしょうね❗😶

    厚生官僚は、鼻から承認する気等更々無いのが、明白ですね❗😬 

    外資メガファーマーの利権の為にですね❗謂わば、外資の走狗ですね❗🤔

    何れ、彼等は
    “狡兎死して走狗烹らる”に成るでしょうがね❗🤒

  • 「厚労省の吉田易範・医薬品審査管理課長」とか言う官僚が、専門部会の後、色々講釈を垂れてるらしいが、

    要は、後日不承認の為のカモフラージュで有り、アリバイ作りの為の後出しジャンケン✊✌️✋の稚戯なのは明白❗なのに

    矢鱈と、官僚を擁護する投稿をする方が此の板には存在するのですね❗🤒

  • 【塩野義製コロナ飲み薬、承認結論持ち越し=厚労省☆06/22 16:24 配信】

    やはり、予想通り!!こう来たね❗

    厚労省官僚の医務技監は、鼻から承認する気等無くて、更なるデータ提供で延期延期で結局は闇に葬り去り、日本製コロナ経口薬を潰す計画なんでしょうね❗(・_・)

    全て外資メガファーマーの、独占化聖域化した利権を護る為でしょうね❗🤔

    メガ+競合製薬会社+日本医師会+厚労官僚+政治族の、所謂闇の三角形(竹中平蔵氏の命名!?)の全ての利権を確保する為でしょうね❗😶 

    アビガンと全く同様の構図ですね!

    日本人の命は、何等関係無いのでしょう❗全て、官僚が利権誘導してるだけの話でしょうね!!😬

    此の構造は、暴動か革命でも起きない限り、変わらないでしょうね❗

  • 此処の板は、どう見ても精神に異常の有る青ポチ瓜瓜害虫わ、一匹必死に掲示板に貼り付いてポチっとしてるとしか思えないね❗😬

    此の投稿の何処に異論が存在するのだ❗
    土器地以外に思い付かないね❗😬

    余りに程度が低い板、ヤフー1のヒドサだな❗
    気分を害するので、此処とは暫く失敬する!!
    寄生虫が去る迄は❗🤕

  • 【塩野義製コロナ飲み薬、承認結論持ち越し=厚労省☆06/22 16:24 配信】

    やはり、予想通り!!こう来たね❗

    厚労省官僚の医務技監は、鼻から承認する気等無くて、更なるデータ提供で延期延期で結局は闇に葬り去り、日本製コロナ経口薬を潰す計画なんでしょうね❗(・_・)

    全て外資メガファーマーの、独占化聖域化した利権を護る為でしょうね❗🤔

    メガ+競合製薬会社+日本医師会+厚労官僚+政治族の、所謂闇の三角形(竹中平蔵氏の命名!?)の全ての利権を確保する為でしょうね❗😶 

    アビガンと同様の構図ですね!

    日本人の命は、何等関係無いのでしょうね❗😬

  • ホントにそうですね!!

    此処の本当の悲劇は、真の司令塔の不在でしょうね❗

    其れが全てに影響して、真の全社的な改革も出来ず、その場その時凌ぎの小手先の先送りに成ってるのでしょうね❗

    中村さんがスカッと全て身を引くか、
    最後の再登場で、真の司令塔として、
    会社を引っ張るか!?

    彼自身が、決断しないと駄目でしょうね❗🤔 ズルズルと行きそうで。

    助言者が不在なら、誰か会社に直言するべきでしょうね。

  • 日経バイオテクが、今回のキャンバスの急騰を詳しく解説してるが、此れを読む📖👓と OTSの治験が進捗していない事情が解る気がするね!

    オンコは研究は一流だが、治験の遣り方が極めて三流だと感じるね、工夫が足りないのですね、此の記事には其のヒントが隠されてる、有る様に思えるね。🤔
    要は、実績が発揮出来る、結果が明確化される、治験デザインのターゲットを絞ったコンパクト化の優劣の問題鴨知れない。🤔


    ー~~~~~~~~~~~ー

    バイオベンチャー株価週報

    キャンバスとリボミックがストップ高、メディネットは膝軟骨NeoCart再開が材料に 2022.06.03 野村和博

     
    日本の株式市場に上場するバイオスタートアップの株価を週ごとにウォッチしていく「バイオベンチャー株価週報」。2022年6月3日金曜日の終値が、前週の週末(5月27日)の終値に比べて上昇したのは38銘柄、不変だったのが1銘柄、下落したのは11銘柄だった。

     この間、上昇率の第1位はキャンバスで+69.5%だった。第2位はリボミックで+36.4%、第3位はモダリスで+33.7%と続いた。一方、下落率では大きい順にファーマフーズが-7.6%、シンバイオ製薬が-7.2%、メディネットが-6.9%となっている。


    キャンバス(300円、前週比+69.5%)

     6月2日、3日と大幅に値上がりし、3日はストップ高となる300円(前日比+36.4%)を付けた。6月1日に、同社の抗がん薬開発品CBP501の、膵臓がんに対する米国第2相臨床試験の進捗状況が報告されたことが、材料視されているようだ。

     CBP501は同社が免疫着火剤と表現する化合物で、カルモジュリンに作用することで「がん細胞へのプラチナ製剤の流⼊促進」「免疫抑制的マクロファージのサイトカイン産生抑制」「がん細胞の免疫原性細胞死の促進」を引き起こすことが分かっている。このためニボルマブ+シスプラチン+CBP501の3剤併用による、膵臓がんの3次治療として米国第2相試験を実施している。

     今回、第2相試験の登録目標症例数36に対して、21人が5月までに登録されたことが発表された。同社では目標の半数(18人)に到達する目標時期を5月中と表現していたが、その想定以上の進捗が達成されたことが評価されているようだ。このペースで進めば、2022年中にも目標症例数の登録を完了できる。

     なお本試験では3カ月以上の無増悪生存期間(PFS)を達成した患者の割合が主要評価項目となっている。このため登録から3カ月後にはその患者の結果が判明することになり、8月から9月にかけて、21人のサンプル数におけるPFS達成割合が報告される見込みだ。このデータ発表が同社の目先の最も重要な発表になりそうだ。

     その結果によっては第2相を早期中止し、第3相へと進むことが可能であると同社は考えている。膵臓がんに対するCBP501の3剤併用療法は、第1b相において3カ月のPFS達成割合が35%という数字を出しており、同程度の数字を出すことができれば、比較群の成績にもよるが、後半パートを実施せずに第3相へ早期に移行する確率が高まるという。ベストシナリオで進んだ場合、同社では2025年末にCBP501を上市できると見込んでいる。


    ーーーーー 参考に!

    メディネット(67円、-6.9%)

     5月30日に95円(前日比+31.9%)を付けた。前週の材料が引き続き評価されてこの日は上げたが、その後下落が続き、週末には前週比マイナスで引けた。株価が安いため短期の値幅取りの買いが集まりやすく、材料に反応しやすい状態にある。出来高が9000万株を超える日もあり取引は大盛況だった。

     大きなサプライズとなったのは、同社が2017年に導入した自家細胞培養軟骨「NeoCart」について、米食品医薬品局(FDA)が5月24日に再生医療・先端治療(RMAT)として指定したと発表されたことだ。塩漬けと思われていたパイプラインが突然息を吹き返した格好になり、材料視されたようだ。メディネットがこれを5月30日に発表する前から情報が拡散しており、前週に値上がりが続いていたのはその影響も大きいと考えられる。

     NeoCartは2017年にメディネットが旧米Histogenics社(現米Ocugen社)から開発販売権を導入したが、2018年に第3相臨床試験で主要評価項目未達となり、FDAから承認申請のためには追加データが必要との回答を得て、Histogenics社は開発を一時中断した。その後Histogenics社は2019年にOcugen社に買収され、Ocugen社はNeoCartの資産を他社に売却する手続きを進めていたが、実現しなかった。

  • 昨日は!プラス➕1円❗🤣

    まぁ値!!先は長~~~い!!😬

    CANBASはストップ鷹❗🤕
    4回目、2連続×2回=4回❗❗

    今日もストップ鷹の様子❗5回目❗🤕

    オンコも急げ🚄💨続け❗🤣😀🤭

  • 此処はスロースターター、慎重居士が多いから、Switchが入ったが中々!
    発射のベル⏰が鳴らないね❗🤒

    確かに!秒読み段階では有るがね❗😶

    昨日よりは、動く気配が出ていたね❗🤔

  • 今日も、株探ニュース(minkabu PRESS)に出てますね❗(・_・)

    本日の【ストップ高/ストップ安】 寄付  S高= 3 銘柄  S安= 1 銘柄 (6月21日)06/21 09:55 配信

    CANBAS <日足> 「株探」多機能チャートより

     「CBP501第2相臨床試験3剤併用投与群で複数の長期無増悪生存を確認」と報じられたキャンバス <4575> や、前日にストップ高を演じたWaqoo <4937> が寄り付きから買い気配を切り上げ、ストップ高買い気配となっている。


    ●ストップ高の銘柄一覧

     銘柄名           現況 ニュース/主な株式テーマ
    シンワワイズ <2437> [東証S] 一時
    CANBAS <4575> [東証G] 気配 CBP501第2相臨床試験3剤併用投与群で複数の長期無増悪生存を確認
    ワクー <4937> [東証G]    気配 前日もストップ高

    以上、3銘柄

    株探ニュース(minkabu PRESS)

    CANBASとよく比較される銘柄:

    アンジェス <4563> 、ブライトパス <4594> 、オンコリス <4588> 、

    ※OTS <4564> 、タカラバイオ <4974>

  • 確かに❗🤒

    此処の青ポチマンわー!!
    一人で、シャカシャカと!?

    昨日わー!!昨日もー!!

    青ポチ必死にクリック🖱️しるが❗😬

    何か特大ネタが洩れてるのか❗🤣

    尋常じゃ無い形相ですなぁ❗🤭

本文はここまでです このページの先頭へ