IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (285コメント)

  • >>No. 325

    そう言えば、「ほっときゃ下がる」が口癖の
    元祖「トランプ大統領」が昔いたが、今いずこに?

  • 今日は、7011,7012,7013の三兄弟揃って、踊り場で小休止、日経爆騰げに反応し、そろってどんぐりの背比べ。
    ウクライナ戦争が始まって、岸田禍のもと、円安15パーセント、換算すれば、2ヶ月前では、日経平均23400円に相当。
    ここは、現状、日経平均にはあまり左右されず、三者の中では一番割安。

  • 相も変わらず、売って儲けたい下目線の売り煽りがここにはいます。
    いまから、ここを売ろうなんて実に社会の空気を読めていない。

    京浜急行さえ、騰げてきてるんだし、コロナも3年目に入って、ウクライナ戦争の前に大した問題ではなくなっている。これから始まる爆騰げ開始、取り残されないようにつかまってください。

    空売りするなら、コロナの2年間で2~3倍になったサービス業か、半導体関連業か、もしくは巣籠もり銘柄ですよ!
    いまの危機は、和平ができるか、核戦争で世界が滅亡するかどうかの危機で、いつまでもコロナごときを煽っている日本社会は、まさにお花畑社会です。

  • ここは本当に読めません。今日みたいに、朝からどんどん下げていったが、後場からもみ合って少し戻す。。。よしと思って買ったら、翌日から連日の下げ。
    押し目と思って買ったときも、さらに下げ続ける。。。
    結局は今晩のダウ次第??
    でも、世界大戦危機の現状では、簡単には戻さないような気がする。

  • 今朝からの値動きを観察していると、今は、かなりの相関性で日経平均について行ってますね。今の感じだと、今晩のダウやナスダック次第でしょうか?

  • 人材派遣系サービス、半導体関連機器はどこもだめ。
    ウクライナ戦争が終わらない限り、決算が一時的良くとも、日本株全体は当面は下降トレンドでしょうか?これでもかと、連日の急落。
    今から、買うなら、次のどれをお勧めでしょうか???
    ソニー、日本電産、リクルート、ソフトバンクG

  • 小売業はどこも厳しい。
    さして悪くない決算出しても、なぜか株価は過重に失望反応を見せて爆下げのパターンが多い。
    今日は、日経上昇と連動した先輩の「ファーストリテ」に連れ添って騰げていると見ています。

  • 4000から8000までの鬼のような上昇していた頃が懐かしい。
    昨日の勢いも今日はない。
    まさか昨日の調整なんてことはないよね!

  • 日経爆騰げでも、今は上値が重いね。
    誰が、重ーい鉄の蓋をのせてるのやらーーー

  • 久々というか、10月から牡蠣ちゃんぽん5回ぐらい食べました。
    これ期間限定だから、たぶん、2月くらいまでしか食べれなかった。
    普通サイズと、スモールサイズがあるけど、両方ともあと100円ぐらい安かったらリーズナブル感があるし,家族の夕食にはちょうどよいが、昼休みの昼食にはやや高めの価格。
    長崎由来のこういった外食店、コロナ不況によく耐えている。これからも業績を伸ばすべく、頑張ってください。

  • >>No. 165

    トヨタが自動車技術開発・販売では成功したものの、MHIが国産ジェット事業を凍結とは実に残念です。
    戦後76年も経つが、日本は不思議な国、イスラムも見習った、東洋の「神風特攻隊」の国、簡単に認可するとアメリカの利権を奪われかねないとされるがが、それだけでもないように思います。

    先の大戦は、物量の差が決定的な国力の差だったが、陸・海軍官僚が国益のために、セクトを捨てて連携するシステムが構築されていなかったことが二つ目の敗因である。
    また、数学の暗号解読技術を軽視して、数学チームを軍に入れていなかったことも三つ目の敗因。
    現在のコロナ対策でも、厚労省や財務省など、全てを一致団結して国益を守る方向に政府は動かねばならないが、現実は戦前と変わらぬセクト主義で、医療体制の確保はおろか、データの分析さえ出来ず、また国民への給付金配布の出し渋り等、枚挙にいとまがない。

  • >>No. 149

    tyh*****さん、ご丁寧にありがとうございます。
    韓国のGDPのことを書かれていますが、彼らが、今日まで日本に対してとってきた行動を見れば大方のことは理解できますし、これは彼らの不幸な歴史にまで遡れば自然に納得できます。
    もし、日本人が逆の立場なら、交わした約束を守り、自己主張はするが、誤りは潔く認め、謙虚に行動する、となりましょうか。しかし、英米人から見れば、日韓の違いは我々が意識したほど大差がないらしいです。

    ところで、日本人のアメリカやヨーロッパに対するコンプレックスは、戦前も戦後も依然強く、ペリー来航以来、英米支持のもと、いくつかの国際戦争を経験してきました。
    今、外資のヘッジファンドが、SQ売買を利用して、日本株式を玩具にしていることは、日本の金融ファンドや政府の力不足ですし、その政策の悪さです。歴史をさかのぼって、欧米人は、幕末から、金と銀との交換比率で莫大な利益を得ていたことと同じような搾取をされている国、それが我が国です。

  • >>No. 142

    韓国のGDPは日本の3分の一(人口5100万)、中国のGDPは日本の3倍(人口14億)なので、ご指摘は当然ですね!
    韓国の経済については、ご指摘の通りですね。
    27年前、仕事で北京に行きましたが、当時の観光ガイドさんは、日本語が堪能な方で、夢は日本の商社に勤務することでした。彼らのどこが違っていたかというと、現代日本の若者とは違って目が生き生きしていて、日本の成長期の若者のようでした。また、現在の北京市内と比べて、よくこんなに発展したものだなあと感心しました。

    日本社会の停滞は紛れもない事実です。あえて失われた30年と言わせていただきます。
    良寛様のように、人里で童達と戯れて、細く長く、楽しい余生を送るのが希望ならそれでも良いと思いますし、その方が幸せな人もいると思います。

  • 実際に、近年の日本の国際競争力の低下は目に余るものがある。
    国民の収入だが、日本は3万8515ドルだ。他方でアメリカは6万9391ドル、ヨーロッパ諸国は、ドイツが5万3745ドル、フランスが4万5581ドル、イギリスが4万7147ドルだ。
    日本の賃金はアメリカの55.5%でしかなく、韓国の賃金は4万1960ドルであり、日本の値はこれよりも低い。

    現実問題ですが、二十代の私立の保育士さんや介護士さんは、月々12~13万ぐらいしかもらっていない人が多い。この少ない収入を、都会の家賃・食費の割り当て、どうやって生きていくのか、厳しいでしょう。
    確かに、この30年、株価は上がらなかったが、極端に貧しくなったという実感も少ない。
    しかし、日本経済の生産能力は低下する一方であり、加えて少子高齢化が顕著になってきている。豊かな日本の経済を享受してきた世代はこのままでもよいが、これからの若い世代が豊かになって欲しい。

  • >>No. 122

    この所、大きく下げるわけでもなく、パットしない。
    現実は厳しいが、増配待ちで、防衛産業のエース「三菱重工」には、近い将来4000円より上を目指して欲しい。損切りも利確もする予定はないです。
    1989年の大納会の3万8915円という株価は、一部の外国人投資家が先物指数を意図的に動かした上昇相場であった。
    しかし、アメリカの株価が30年後に9倍になり、ドイツの株価指数もざっと7.4倍になっている。
    当時としては、3万8915円は確かにバブルだったが、この指数を30年間回復できない日本は異常な状態と言っていい。せめて35000~40000円に回復しても良いと思う。しかし、30年間回復できない現実は日本経済に問題があるとしか言いようがない。

  • >>No. 101

    バブル期が異常だったという見方は、今日のGDPや株価の低迷をみると、案外そうではないと思います。
    30年以上経っても日本は当時の株価に大きく及ばず、アメリカ・中国・ヨーロッパは、当時の3~10倍に成長している。今は先進国の中でも、個人の年間収入が最悪なくらい落ち込んでいます。
    株価の低迷は、金融資産の消失そのものであり、この1週間にどれだけ、日本株式の金融資産が目減りしたかご存じですか?

    わたしのような弱小個人でさえ、5ヶ月分の収入を超えた多くの資産を、この1週間だけで消失させました。

  • いくら何でも今日こそは、日経もリバると思っていたが、
    もはやダウが上昇しても、日経の下落は止まる所を知らない。
    ここは、大きく下げるわけでもなく持ちこたえているが、この数ヶ月の下降トレンドで、資産も目減りしている。

    このままでは、今後日本株式など誰も買うことはなくなるだろう。

    外人投資家は、日本株式を売却し、撤退が始まっているらしい。暴落が暴落を呼び、まさに「岸田ショック」の始まりである。
    たかが、株価かもしれないが、日経が暴落すれば、毎日数百・数千億の金融資産が日本から消えていく。失われた30年の回復はおろか、世界でただ一つ取り残された日本経済は、ますます衰退して若者層の貧乏度が際立つだろう。

  • 配当落ちの9月30日をはさんでここ3~4日の株価の動き
    2020年1月→今年最高値→2021年10月現在の株価の推移です。

    日立    2,600 → 6,944 → 6,423
    ソニー   5,980 → 13,200 → 11,970
    日本電産  4,800 → 15,175 → 11,660
    三菱重工  4,450 → 3,671 → 2,965

    岸田氏の株式譲渡益や配当金の税率が一律20%の所を、今後引き上げを唱えているらしい。岸田氏の目指す富の再配分や格差是正は株式市場との相性が良くなく、日経平均がここ4日間暴落に近い状態である。
    失われた30年を取り戻すどころか、さらに落ち込む懸念さえある。
    せっかく、コロナが収束に向かって動き出した矢先、岸田さんにはがっかりです。
    それから、尖閣や台湾の風雲急にも全くリスク感など持たず、
    サイバー攻撃等のセキュリティー対策など何処吹く風、毎日感染者数の変化に全国民が固唾をのんでいる国、日本は考え方を変えるべきである。

  • 知り合いに方がここを1000株ほどホールドしているそうだが、
    近日の下げっぷりは、ダイナミックで、なんか気の毒です。
    ここは、やっぱり、3~5万円くらいまで値を下げるべきで、実質そのくらいの価値しかないと思っています。

本文はここまでです このページの先頭へ