IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (8272コメント)

  • >>No. 250

    NFKホールディングス<6494.T>は高い。一時前営業日比23円高の114円まで買われる場面があった。前週末20日の取引終了後に現物出資による第三者割当増資の実施を発表。対価として、半導体・電子部品の製造やハードウェア・ソフトウェア開発を手掛けるトリプルワン(東京都中央区)の株式を取得するとしており、これを材料視した買いが向かったようだ。

     今回の第三者割当増資の引受先は資産管理業のZ(東京都千代田区)で、株式割り当て後にNFKHD株の13.93%を握る大株主となる予定。一方、NFKHDはZからトリプルワン株4万4500株を取得し、既に保有する持ち分と合わせてトリプルワン株の3割弱を保有する見通し。トリプルワンはNFKHDの持ち分法適用会社となる。

    出所:MINKABU PRESS

  • NFKHDは高い、現物出資による第三者割当でトリプルワン株取得
    個別株 配信元:みんかぶ 著者:MINKABU PRESS投稿:2022/05/23 14:34
     NFKホールディングス<6494.T>は高い。一時前営業日比23円高の114円まで買われる場面があった。前週末20日の取引終了後に現物出資による第三者割当増資の実施を発表。対価として、半導体・電子部品の製造やハードウェア・ソフトウェア開発を手掛けるトリプルワン(東京都中央区)の株式を取得するとしており、これを材料視した買いが向かったようだ。

     今回の第三者割当増資の引受先は資産管理業のZ(東京都千代田区)で、株式割り当て後にNFKHD株の13.93%を握る大株主となる予定。一方、NFKHDはZからトリプルワン株4万4500株を取得し、既に保有する持ち分と合わせてトリプルワン株の3割弱を保有する見通し。トリプルワンはNFKHDの持ち分法適用会社となる。

    出所:MINKABU PRESS
    配信元: みんかぶ

  • NFKHDは高い、現物出資による第三者割当でトリプルワン株取得
    5/23 14:34 配信

    みんなの株式

    現在値
    NFKHD 94 -6
     NFKホールディングス <6494> は高い。一時前営業日比23円高の114円まで買われる場面があった。前週末20日の取引終了後に現物出資による第三者割当増資の実施を発表。対価として、半導体・電子部品の製造やハードウェア・ソフトウェア開発を手掛けるトリプルワン(東京都中央区)の株式を取得するとしており、これを材料視した買いが向かったようだ。

     今回の第三者割当増資の引受先は資産管理業のZ(東京都千代田区)で、株式割り当て後にNFKHD株の13.93%を握る大株主となる予定。一方、NFKHDはZからトリプルワン株4万4500株を取得し、既に保有する持ち分と合わせてトリプルワン株の3割弱を保有する見通し。トリプルワンはNFKHDの持ち分法適用会社となる。

    出所:MINKABU PRESS

    みんなの株式(minkabu PRESS)

  • >>No. 219

    4.今後の見通し
    NFKホールディングスからは、今後も安定株主として長期保有する予定である旨の報告を口頭にて
    受けており、また、当社が有する各種技術についても評価して頂いております。さらに、当社にお
    いても双方の顧客属性と相互に営業機会の創出が可能であると見込めることから、事業面での相乗
    効果創出の可能性が期待できると判断しており、今年度中には両者間で業務提携に向けてより具体
    化する方向で協議してまいります。

  • >>No. 212

    トリプルワンは、5年間で売上・利益ともに2倍以上の規模に成長する

  • >>No. 213

    売り入れている奴頭おかしいんじゃないか?

  • <トリプルワンの最近5年間の主要な経営成績及び財務状況>
    回次 第23期 第24期 第25期 第26期 第27期
    決算年月 2017年10月 2018年10月 2019年10月 2020年10月 2021年10月
    売上高 (千円) 1,164,474 1,275,474 2,240,907 3,576,577 3,624,279
    営業利益 (千円) 55,944 49,414 149,346 137,416 170,800
    経常利益 (千円) 46,862 58,883 154,720 142,407 171,790
    当期純利益 (千円) 30,931 38,667 101,653 93,608 112,912
    総資産 (千円) 458,721 445,488 779,304 1,532,638 1,423,814
    純資産 (千円) 184,245 217,620 314,863 404,062 512,564
    自己資本比率 (%) 40.2 48.8 40.4 26.4 36.0
    上記の通り、トリプルワンは、5年間で売上・利益ともに2倍以上の規模に成長するなど、
    業容は拡大基調にあります。トリプルワンは、今後も更なる業容拡大を目指しており、その経営基
    盤を固めるための最重点実施事項として、設備投資(①生産拠点の移転・統合及び②本社の移転)を
    実施しております。また、世界的な半導体不足の中で、資材の調達が重要な経営課題となっており、
    そのための運転資金についても、2022 年3月実施の第三者割当増資によって確保しております。な
    お、当該第三者割当増資については当社でもその一部を引き受けております

  • 2022年5月23日 14時34分
    材料 NFKHDは高い、現物出資による第三者割当でトリプルワン株取得
    NFKホールディングス<6494>は高い。一時前営業日比23円高の114円まで買われる場面があった。前週末20日の取引終了後に現物出資による第三者割当増資の実施を発表。対価として、半導体・電子部品の製造やハードウェア・ソフトウェア開発を手掛けるトリプルワン(東京都中央区)の株式を取得するとしており、これを材料視した買いが向かったようだ。

    今回の第三者割当増資の引受先は資産管理業のZ(東京都千代田区)で、株式割り当て後にNFKHD株の13.93%を握る大株主となる予定。一方、NFKHDはZからトリプルワン株4万4500株を取得し、既に保有する持ち分と合わせてトリプルワン株の3割弱を保有する見通し。トリプルワンはNFKHDの持ち分法適用会社となる。

  • >>No. 39

    <トリプルワンの最近5年間の主要な経営成績及び財務状況>
    回次 第23期 第24期 第25期 第26期 第27期
    決算年月 2017年10月 2018年10月 2019年10月 2020年10月 2021年10月
    売上高 (千円) 1,164,474 1,275,474 2,240,907 3,576,577 3,624,279
    営業利益 (千円) 55,944 49,414 149,346 137,416 170,800
    経常利益 (千円) 46,862 58,883 154,720 142,407 171,790
    当期純利益 (千円) 30,931 38,667 101,653 93,608 112,912
    総資産 (千円) 458,721 445,488 779,304 1,532,638 1,423,814
    純資産 (千円) 184,245 217,620 314,863 404,062 512,564
    自己資本比率 (%) 40.2 48.8 40.4 26.4 36.0
    上記の通り、トリプルワンは、5年間で売上・利益ともに2倍以上の規模に成長するなど、
    業容は拡大基調にあります。トリプルワンは、今後も更なる業容拡大を目指しており、その経営基
    盤を固めるための最重点実施事項として、設備投資(①生産拠点の移転・統合及び②本社の移転)を
    実施しております。また、世界的な半導体不足の中で、資材の調達が重要な経営課題となっており、
    そのための運転資金についても、2022 年3月実施の第三者割当増資によって確保しております。な
    お、当該第三者割当増資については当社でもその一部を引き受けております

  • 2.異動する代表取締y区の指名・役職
    氏名 新役職名 旧役職名
    持田 晋 - 代表取締役社長
    豊田 悦章 代表取締役社長 取締役
    3.新任代表取締役の略歴等
    氏 名 豊田
    とよだ

    よし

    あき
    生 年 月 日 1968年10月21日(53歳)
    出 身 地 東京都
    学 歴 慶應義塾大学法学部政治学科卒業 (1991年3月)
    略 歴 1991年4月 安田生命相互保険会社(現明治安田生命相互保険会社)入社
    2007年11月 明治建物株式会社入社
    2008年4月 当社入社企画部マネージャー
    2010年4月 当社IR企画室マネージャー
    2014年4月 当社総務グループマネージャー
    2018年7月 当社管理部部長
    2019年6月 当社取締役(現任)
    2020年8月 日本ファーネス株式会社取締役


    社長交代だね!
    交代してホントによかった。

  • >>No. 37

    <トリプルワンの最近5年間の主要な経営成績及び財務状況>
    回次 第23期 第24期 第25期 第26期 第27期
    決算年月 2017年10月 2018年10月 2019年10月 2020年10月 2021年10月
    売上高 (千円) 1,164,474 1,275,474 2,240,907 3,576,577 3,624,279
    営業利益 (千円) 55,944 49,414 149,346 137,416 170,800
    経常利益 (千円) 46,862 58,883 154,720 142,407 171,790
    当期純利益 (千円) 30,931 38,667 101,653 93,608 112,912
    総資産 (千円) 458,721 445,488 779,304 1,532,638 1,423,814
    純資産 (千円) 184,245 217,620 314,863 404,062 512,564
    自己資本比率 (%) 40.2 48.8 40.4 26.4 36.0
    上記の通り、トリプルワンは、5年間で売上・利益ともに2倍以上の規模に成長するなど、
    業容は拡大基調にあります。トリプルワンは、今後も更なる業容拡大を目指しており、その経営基
    盤を固めるための最重点実施事項として、設備投資(①生産拠点の移転・統合及び②本社の移転)を
    実施しております。また、世界的な半導体不足の中で、資材の調達が重要な経営課題となっており、
    そのための運転資金についても、2022 年3月実施の第三者割当増資によって確保しております。な
    お、当該第三者割当増資については当社でもその一部を引き受けております。

  • >>No. 37

    エンジニアリング事業部では、高密度集積回路であるLSI関連技術を基軸に、クライアントのニーズに応じたハードウェア・ソフトウェアの開発設計サービスを提供しています。
     当事業部では、これまで通信・画像系のLSI開発を数多く手がけ、近年では最先端のミラーレスカメラに組み込まれるイメージセンサーの開発に携わるなど、第一線の製品づくりに注力してきました。さらに大手電機メーカーからは次世代チップの設計オファーが寄せられる等、新たなLSIの設計・開発・検証を通じて近未来のエンジニアリング技術構築に貢献しています。
     ASICやSOCなど、論理設計段階で複数の機能が組み込まれたシステムLSIの開発が行えるのも当事業部の強み。これらは一度組み上げると修正がきかないため、わずかなミスも許されません。そうした繊細な技術が求められる案件を任せて頂けるのは、四半世紀にわたり培ってきた経験の蓄積、仕様書の段階から提案できる総合力、そしてクライアントとの深い信頼関係があってのことと言えるでしょう。
     コンピュータの心臓部ともいえるCPUの性能が日進月歩で向上し、最近はCPUボードに様々な機能や用途が組み込まれるようになってきました。そこはまさに当事業部が得意とするLSI技術の腕の見せどころであり、私たちだからこそ可能となる領域も多々あります。今後は高齢化に対応する介護補助システムや、高感度センサーと画像技術を融合させたロボットなどの分野で、独自技術を生かした自社製品の開発にも取り組んでいく方針です。

本文はここまでです このページの先頭へ