ここから本文です

投稿コメント一覧 (330コメント)

  • ここはOTC取引とそれに対するカバー取引
    が全て。
    業績に対する比率は個人の取引高や途中経過は全く意味をなさない。

    私見です。

  • プレスリリース出てるな。
    まあ傍観。

  • リミックスの株価がどうなるかはわからないがもう少し監視する価値はある。


    2018.10.05 仮想通貨コラム・ノウハウ

    リップル(XRP)のxRapidはメキシコから実用化へ!メキシコの仮想通貨事情【G20】




    メキシコ国内のセブンイレブン全店でビットコインの決済が対応するようになり、Bitso社のJose Rodriguez氏による被災地への義援金で仮想通貨が利用されるなど、メキシコ国内で仮想通貨は普及しつつあります。

  • 先頭を走っていたはずの日本は今どの位置なのか。追いつけるのか。

    スイス金融市場監督局(FINMA)から初の銀行業認可取得へ

    同社はスイスが仮想通貨ハブとして誘致しているツークを拠点とする金融サービス会社であり、事業主はスイス最大の銀行UBSの元バンカーである。

    セバの顧客は法定通貨か仮想通貨のいずれかを利用して取引することができるほか、投資や資産管理(運用)サービスも受けることができる。同氏は「われわれのビジョンは、オンラインバンキングにログインすれば、1つのアカウントで仮想通貨と法定通貨へのアクセスを可能にすることである」と語った。

  • ちょっとずつは前進してるな。


    2018.10.02

    対応取引所追加のお知らせ : 国内暗号通貨取引所「BITPoint」(ビットポイント)へ対応しました

    クリプトフォリオは2018年10月2日に、対応している取引所を新たに 1件 追加しました。

  • 今日だけで仮想通貨関連のニュースはてんこ盛りだな。
    リミックスはどうなるのか。


    米規制当局CFTC委員長、仮想通貨の長期的な可能性を強調

    日本金融庁や米SECも参加する「世界投資者週間」が開催、指南書では仮想通貨に関する記述も

    リップル社SWELLが開幕:1日目内容まとめ|xRapidの商用化を新発表・クリントン氏の発言も掲載

    ゴールドマン・サックス、ブロックチェーン企業に2,500万ドルの資金提供

  • 新内閣の顔ぶれに期待しようか。
    内定でてるな。

  • 騰がってほしいの悲鳴が聞こえているうちは騰がらないんだろうな。
    悲鳴に余裕がある。

    とりあえず23時のSWELLに注目。
    上にいくのか下にいくのか。

  • メンテも気になるがマディソンも気になる。
    ざわつきはじめたな。

    文字変換

    香港証券取引所および香港証券取引所(以下「証券取引所」)は、本発表の内容について一切の責任を負わず、その正確性または完全性について一切の表明をせず、いかなる損害についてもいかなる責任も明示的に否認します本発表の内容の全部または一部に起因する、またはその一部に起因するものマディソン・ホールディングス・グループ・リミテッド(マキシソン・ホールディングス・グループ・リミテッド)(ケイマン諸島に有限責任会社で設立)(コード番号:8057)法律上の拘束力のある買収提案を受け入れることを目的とした声明この発表は、マディソン・ホールディングス・グループ・リミテッド(以下、「当社」と子会社のグループ)当社の取締役(以下「取締役」という。)の取締役会(以下「取締役会」という。)は、2018年9月27日に当社の間接完全子会社であるマディソン・ラボ・リミテッド(以下「買収者」という。 )、独立した第三者(以下「ベンダー」)との法的拘束力のある覚書(以下「MOU」という。)に基づき、(i)購入者が取得を予定しており、ベンダーは、対象会社の発行済株式総数の67.2%を占める日本における仮想通貨取引プラットフォーム事業を行う日本の金融庁に登録された16の仮想通貨交換事業者の1社本発表日現在(以下、「提案取得」という。 (ⅱ)仕入先は、対象者の発行済株式総数の6.8%に相当する対象者株式68株を追加取得する権利をオプションとして付与する予定です。提案公表の完了日から3ヶ月以内に行使することができる本発表の提案買収及びオプションの対価は、MOUの当事者間の更なる交渉の対象となり、一部は現金で購入者によって満足されることが期待され、一部は当社を買収して当社の新株式(「検討株式」)。

  • ヌー、頑張りすぎだ。

    僕は事実を掲示しているだけ。


    仮想通貨市場が強気転換を示唆リップル(XRP)やBCHの急騰劇が、短期筋の投機資金を呼び込んでいるほか、一足先にリスクオン相場に突入した日米株式市場により投資家のセンチメントが急改善。ビットコイン価格の上昇にも影響するなど、金融市場が全面高の様相を呈している。

  • BCHの盛り上がりを見ると、半信半疑だったコンビニ決済が近いうちに本当に来そうだな。ビットポイントのアプリで決済できるかが重要。



    デビットカード発行者Bitnovo、Bitcoinのキャッシュサポートを発表

    Bitcardは暗号ベースのデビットカードであり、暗号化を暗号化することができます。具体的には、銀行を経由する必要はありません。N26は、モバイルベースのバンキングサービスであり、ユーザは、とりわけ、暗号解読(cryptocurrency)を売買することができる。

    Bitnovoによるビットコインの現金化の決定は、店頭や加盟店がデジタル通貨を支払うようになってきています。例えば、以前に報告したように、米国市民は、例えば、BCHの衛星テレビプロバイダDishでテレビ加入料を支払うことができますが、現在、約200カ国で複数のオンライン購入が行われてい  ます。

  • 誰かと思ったらヌーか。
    話が古すぎるし皆ついてこないよ。

    TEOSくらいにしとけよ。
    そもそも現在のリミックスとは関係ないけどな。

    空売り機関はドイツ銀行売っとけよ。

  • 仮想通貨業界が明るいのは確かだがリミックスはどうなるのか……

    クレディスイスは攻撃対象違うだろ。

    シリコンバレーに倣いクリプトバレーと称されるツークを筆頭に、仮想通貨に先進的なスイスにおいて、同国最大の銀行であるUBSの元役員が率いるSEBAが、仮想通貨サービスを提供する銀行を設立するために、1億スイスフラン、日本円にして約117億円を調達したことが分かった。Reutersによって伝えられている。


    マイルストーン達成、ついに銀行口座で仮想通貨を保管可能

    2018/9/27

    ドイツのブロックチェーンバンキングサービスBitwala(ビットワラ)社が、1つの銀行口座で法定通貨(ユーロ)とビットコインの両方を管理できるサービスを開始すると発表した。



    「生き残る」ため、世界的物流大手もついにブロックチェーン採用へ

    2018/9/27

    ブロックチェーン技術に関する取り組みを本格的に始める大企業がまた一つ増えたようだ。

    世界的物流大手FedEx (フェデックス)が、IBM分散型プラットフォーム「Hyperledger (ハイパーレッジャー)」のコンソーシアムに参加する意向を表明した。

    フェデックスを始め、ハネウェル・インターナショナル、および多くの仮想通貨スタートアップが、IBMプラットフォームを基盤とするアプリ開発を試みる。

  • Googleに広告はmast。

    グーグル(Google)が金融商品およびサービスに関する広告ポリシーを10月に更新し、これまで規制対象としていた仮想通貨取引の宣伝をアメリカと日本で許可することを発表した。

  • 逆に考えればここの株を持ち続けるのか否かの期限が明確になったからやりやすくはなった。

  • まだ時間はあるが不安だ。
    前倒しで仕掛けられたらこのままだと負ける。


    SBIグループの仮想通貨交換業者「SBIバーチャル・カレンシーズ」の今後のビジネス展開についても触れ、今年12月に仮想通貨入出金の受付と、イーサリアムの取り扱いを開始することを明らかにした。来年3月には「取引所形式の取引開始」「レバレッジ取引の開始」も予定している。

  • 日本、リミックス、そろそろスピード出していけよ。


    英財務委員会は、脆弱なセキュリティやボラティリティ(価格変動)の激しさ、そして犯罪者にとって有意となる匿名性といった問題に対処するよう政府に求めた報告書を発表した。

    この報告書によると消費者にとって犯罪行為と同様の高いリスクを消費者に負わせかねない曖昧な立場を英国政府が取っていると主張している。また、より良い規制はボラティリティを抑制するであろうことも報告書に記されていた。

    スイスのツークがクリプトバレーと名乗り、シリコンバレーのように仮想通貨の開発の拠点となる目論見に対し、イギリスは仮想通貨のウォール街を目指せるだろうという位置づけのレポートであることが見て取れる。

    取引所のCoinbaseは、取引の拠点を目指す地域はイギリスだけではないため、この規制を進めるのであれば早急な対応が求められるだろう旨をこの報告書に寄稿した。

    仮想通貨を取り巻く法制は世界中で未熟な部分が多く、日本でもまたセキュリティの脆弱さからくる巨額流失事件が起きたばかりだ。果たして消費者、政府、規制当局ともに価値のある方針を打ち立て覇権を握るのはどこなのか。そのような考え自体が仮想通貨のコンセプトとも異なるのかもしれない。

    参考:CNBC

  • セレス、楽天ポイントネタで噴きそうだな。
    ライバルは動き出してる。
    そろそろ強いネタが欲しいところ。

  • そういえばマネックスって数ヶ月前に10億リップルの着金があったよね。
    認可まで空売り機関との我慢比べ。

    どこかのタイミングで祭りになると予想、
    要監視。

本文はここまでです このページの先頭へ